パタゴニア バギーズロング。 パタゴニアのバギーズショーツ購入レビュー!SとXSのサイズ感の違い

2020年パタゴニア・バギーズシリーズ|新色と新商品のお話など

パタゴニア バギーズロング

パタゴニアバギーズショーツの使用レビュー(一年間)• パタゴニアバギーズショーツの口コミ・評判• バギーズショーツを購入する時の注意点 パタゴニアのバギーズショーツは、世間でも人気が高く愛用者の多い短パン。 今回の記事で紹介するのは「」のモデルになります。 アウトドブランド好きの管理人さこりんも、評判を聞いて購入しました。 ちなみに、アウトドアブランドの短パンは、合計5つほどもっています。 笑 それらとの比較をまじえながら、一年間使って分かったデメリット・メリットをレビューします。 公式サイトでは分からない魅力や悪い点もしっかり伝えていきますね! パタゴニアのバギーズショーツが気になってる人は、ぜひ最後まで見ていってください。 さこりん 素材 リサイクルナイロン100% 耐久性撥水の加工がされているおかげで、水陸どちらでも快適に使える。 水に濡れても重くなったりしない。 生地感は少しシャリシャリとしていている。 光沢はなくマットな感じ。 内部にはライナーが取り付けられている。 水着のサポーターの役割。 ノーパンで履くことも可能になってます。 ポケット ポケットは3ヶ所。 水の中でのことを考えて、垂直につけられている前ポッケ。 使いにくそうだけど、以外に使い勝手は良い。 後ろのポケットはボタンでしっかり閉じれる仕様で嬉しい。 前ポケットの 裏地はメッシュになっているので、ムレを防いでくれるし水の中での抵抗も無くしてくれる。 重さ 221g 着ていても全く重さを感じない。 とても軽い履き心地。 バギーズのラインナップ パタゴニアのバギーズには、今回紹介している5インチ以外にも何種類あります。 長さや素材の違うものまで幅広い商品展開です。 さこりん パタゴニアバギーズショーツの口コミ・評判 次は僕だけのレビューだけでなく、 世間の口コミと評判を紹介します。 残念な口コミ パタゴニアのバギーズショーツが楽で夏の時期よく履くんですが、世の女子高生よりも足を出してしまっている気がして、おじさん年々履くのが怖くなっています。 — Na0ki Nagata nagat81 バギーズショーツ履いてあぐらかいてると、かみさんにキンタマが見えるからパンツを履けと注意される。 インナーショーツついてるのに…みんなパンツ履いてるの? — helly he1ic0n2 丈の短さでの口コミが多数。 周りの人のことも考えて、履き方を工夫して対策しましょう! 特に座ったときに油断はなりません。 男のエチケットです。 さこりん ただ、バギーズショーツは本当に絶妙な丈で、 この長さが快適さを生み出す魅力のひとつ。 どうしても抵抗のある人は、バギーズロングを選ぶという手でも解決できますね。 良かった口コミ 夏はpatagoniaのバギーズショーツがよい!! 毎年一色ずつ買い足してる笑 — おじさん b110151 部屋の奥から買った覚えのないPatagoniaの黄色のバギーズショーツ出てきた 今で4着か…… — わさび GSX250R wasabidayo09 断トツで多かったのは、 夏はバギーズショーツ一本で勝負している人のコメント。 あまりの快適さに何枚も所有している人が多数。 その気持ち、今ならよく分かります。 機能性Tシャツと快適な短パンは最強スタイル。 さこりん まとめ:パタゴニアバギーズショーツは評判通り最強の短パン! 今回の記事は、「 パタゴニアのバギーズショーツをレビュー!短パンの名作を徹底解説!」を書いてきました。 結論:世間評判どおりどころか、それ以上に最強の短パンだった。 普段アウトドアブランドのアイテムを良く購入しているのですが、「ベタすぎるかな」と購入を先送りにしていました。 しかし、1年間使用して思ったことは「もっと早く買っておけば良かった」ということ。 ナメてました。 笑 これさえあれば、あの不快だったバーベキューや川遊びも楽勝だったのにと悔やまれます。 それぐらいに、アウトドア・普段着・部屋着なんでもござれの万能短パンだったというのが1年間の使用レビューになります。 これ一枚あるだけで、夏をエンジョイできる可能性が無限に広がりそう。 まだ、購入されていない人も検討の価値は多いにありですよ。 関連記事: 関連記事:.

次の

パタゴニアのバギーズショーツをレビュー!短パンの名作を徹底解説!

パタゴニア バギーズロング

春から秋まで、タウンでもレジャーでも旅先でも、コレ1枚あればOKという万能ショーツです。 さらに、エコ素材を使ったり、フェアトレード工場で縫製されている背景など、パタゴニアならではのマインドも共感できるところですね。 パタゴニア バギーズショーツのディテールをレビュー バギーズショーツは、定価7,000円代と決して安いわけではないのですが、さすがパタゴニアといわざるをえないハイスペックぶりです。 まずは、老舗アウトドアブランドであるパタゴニアならではの機能性やディテールをレビューしていきます。 高強度なナイロン素材 バギーズショーツには、サイプレックス・リサイクル・ナイロンという高密度で軽量のナイロン素材が使われています。 極端な話、ノーパンでもOKなわけです。 ウエストは、ゴム素材にドローコードまでついているので水中で脱げてしまう心配もありません。 機能的なポケット ポケットは両サイドに1つずつと、後ろにもスナップボタン付きのものが1つあり、タウンユースでも使いやすい設計になっています。 両サイドのポケットはかなり深く、裏返してみると水が溜まらないよう、底がメッシュになっています。 お尻のポケットは、手持ちのアイフォン8がすっぽり縦入れできるくらいのサイズなので、コインケースなんかも余裕で入ると思います。 また、右ポケット内にはキーループがついていて、鍵などの取り付けが可能なので、水に入ったときでも安心です。 コンパクトに持ち運び可能 バギーズショーツは、折りたたんで丸めると持ち運びのしやすい手のひらサイズにおさまります。 軽いうえ、コンパクトにしてもシワになりにくいので、旅行のときなど1枚持っていくと重宝すること間違いありません。 例えば、旅行で水着が必要かも?部屋着のパンツはどうしよう?なんてときはバギーズショーツを履いていけばすべて解決です。 パタゴニア バギーズショーツのメンズモデルは4種類 一口にパタゴニアのバギーズショーツといっても、メンズモデルだけで4種類あるのを知っているでしょうか。 それぞれ丈の長さや、素材、用途なんかの違いがあるので、特徴を説明していきます。 メンズ・バギーズ・ショーツ 5インチ(品番: 57021) といえばコレという定番モデルで、5インチ(股下13cm)とかなり丈が短いのが特徴です。 ふとももまで見える丈感なので、トレンド感もたっぷりですね。 動きやすくて、221gと軽量なので、スポーツにも使いやすいと思います。 ウィメンズ・アイランドヘンプ・バギーズ・ショーツ(品番: 57030) アイランドヘンプバギーズショーツは、股下8cmで、バギーズショーツとベアリーバギーズショーツのちょうど中間の丈感です。 メンズのバギーズナチュラル同様、肌触りの良いヘンプと、オーガニックコットンの混紡生地で、水陸両用ではありません。 5,000円程度と大人用より価格がおさえめなので、ボーイズの大きめサイズを女性が履くというのもおすすめです。 ガールズ・バギーズ・ショーツ(品番: 67066) ガールズバギーズショーツは、基本のサイズ展開はボーイズと同じですが、股下が10cmと短めです。 こちらも大きめサイズなら普通に女性が履けるので、あえてガールズモデルをチョイスするのもアリだと思います。 ガールズ・コスタリカ・バギーズ・ショーツ(品番: 67087) ガールズコスタリカバギーズショーツは、キッズモデルで一番丈が短く、股下は8cmです。 ウエストバンドが切り替えデザインになっているので、海やプールで映えるデザインになっています。 ベビー・バギーズ・ショーツ(品番: 60278) バギーズショーツには、ベビーモデルまであり、6カ月の赤ちゃんから履けるようサイズラインナップされています。 おむつのうえから履けるゆとりのあるフィット感と、かわいい柄のバリエーションが特徴です。 パタゴニア バギーズショーツ「5インチ」と「7インチ」のサイズ比較 特にメンズの場合、バギーズショーツを買うとき、5インチと7インチどっちがいいのか悩ましいところではないでしょうか。 実際、わたしもバギーズショーツを買うときに一番悩んだポイントはこの丈選びです。 「5インチ」と「7インチ」のサイズ表 まず、バギーズショーツのサイズ表はそれぞれこんな感じになっています。 バギーズショーツ(5インチ)のサイズ表 単位:cm XS S M L XL ウエスト 32 35 39 43 46 股上 29 29 30 32 34 股上 13 13 13 13 13 バギーズロング(7インチ)のサイズ表 単位:cm XS S M L XL ウエスト 32 35 39 43 46 股上 29 29 30 32 34 股下 18 18 18 18 18 ともに各サイズの股下の長さは固定されており、5インチと7インチでは5cmの差があることがわかります。 「5インチ」と「7インチ」の丈感を比較 5インチと7インチ、それぞれ履いたときの丈感を比較してみると、見た目の印象はずいぶんと違います。 5インチは太ももが少し見えるくらい、7インチは膝上くらいでしょうか。 5インチと7インチの丈感を比較(正面) 5インチと7インチの丈感を比較(横) 「5インチ」と「7インチ」どっちがおすすめか 結論として、動きやすいのはバギーズショーツ(5インチ)ですが、街着で着るにはバギーズロング(7インチ)というところでしょうか。 街着の場合、海外リゾートでは5インチでも違和感ないですが、日本の街中だとちょっと短すぎる気がします。 あと、短い丈はトレンド感たっぷりで玄人ウケする一方、万人受けしないというリスクもはらんでいます。 ピタッと履きたい人以外は、普段のサイズでOKというのがわたしの見解です。 それでもサイズ感が不安なら、パタゴニアの公式オンラインショップで、身長、体重、年齢を入力すると最適サイズをレコメンドしてくれるので試してみてください。 パタゴニア バギーズショーツのメンズコーデ バギーズショーツは、夏にカットソー1枚であわせるのはもちろんですが、海の帰りや、春秋にアウターとソックスなんかでコーデしてもおしゃれだと思います。 では、バギーズショーツを使った着こなしをいくつか紹介していきます。 パタゴニア バギーズショーツの偽物の見分け方 年々人気が高まるパタゴニアですが、気をつけなければらないのが偽物の存在です。 特に、バギーズショーツをメルカリやヤフオク、古着屋で買う場合、こんなポイントをチェックして偽物かどうかを判断しましょう。 パタゴニアのアイテムに共通する偽物の見分け方で、一番間違いないのはタグのチェックです。 バギーズショーツでいうと、内側に3枚の白い製品タグがついているのですが、チェックすべきは1番裏にある3枚目のタグです。 3枚目のタグに記載された製品番号は、5桁の品番+販売シーズンで構成されおり、これが間違っていたり、表記がないものは偽物の可能性が高いといえます。

次の

パタゴニア社員が必ず持っている? 水陸両用ショートパンツ「バギーズ・ロング」

パタゴニア バギーズロング

出典: パタゴニアのバギーズショーツは、1982年に誕生して以来、その着心地の快適さと耐久性によって多くの人たちから愛されているアイテムです。 バギーズショーツの最大の魅力は「水陸両用」であること。 パタゴニアのバギーズショーツは素材にサプレックス・リサイクルナイロンを使用していて、速乾性に非常に優れています。 水に濡れてもすぐに乾くので、バギーズショーツ1枚で、海や川遊びはもちろん、バーベキューやキャンプ・釣りなどの夏の定番の遊びをカバーすることができます。 また、パタゴニア独自の耐久性撥水加工が施されているので、耐久性も抜群。 洗濯しても型崩れしにくいところも人気のポイントです。 さらに、バギーズショーツのインナーには下着を付けなくてもいいようにメッシュパンツが付いていて、通気性も良くムレを防いでくれる点も魅力です。 1度バギーショーツを履くと、そのあまりの軽さと快適さにリピートする方が多数。 色違いや柄違いを購入する人も多く、1人で何枚も持っている人もいるほどです。 軽量で丈夫なバギーショーツは夏の定番として必須アイテムです。 ブログで口コミをチェック! バギーズショーツはパタゴニアでも人気のアイテムのため、毎年2月頃に販売が開始されてから、人気のカラーやデザイン、サイズはどんどん売り切れていきます。 夏が終わったタイミングで次年の分を買っておくのも手ですね。 バギーズショーツ、2020年の発売日は? バギーズショーツの2020年新作は、2月頃からすでに販売がスタートしています。 定番アイテムの多いパタゴニア商品の中でも、春〜秋にかけて特に人気のバギーズショーツ。 サイズや柄によっては早々と完売してしまうこともあるため、気になるカラーやデザインがある方は早めにチェックしておきましょう。 【メンズ】パタゴニアのバギーズショーツ パタゴニア「メンズ・バギーズ・ナチュラル」 ヘンプ55%とオーガニックコットン45%の混紡素材でできていて、暑い季節でも涼しく快適なはき心地を感じられるショーツ。 伸縮性のウエストバンドは、内側のドローコードでフィット感を調節できます。

次の