ヘルペス 食べ物。 原因は、症状は?ヘルペスはこんな病気

口唇ヘルペスについて

ヘルペス 食べ物

身近に潜むヘルペス ヘルペスと聞くと何か特別な病気と思われる方もいらっしゃると思います。 ですが、身近にあるウイルスが原因で多くの方が感染している珍しくはない病気なのです。 例えば幼い頃多くの方が発症する 水疱瘡、そして大人も発症する 帯状疱疹などもヘルペスウイルスに分類されます。 有名な口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどもあります。 そんな身近なヘルペスは、できてしまってから薬で治療するだけでなく、普段の食事に気をつけることで発症の予防を助けることができるかもしれません。 食べ物で免疫力を持続させてヘルペスを予防する ヘルペスは体の免疫力が低下したときや何らかの刺激を受けたときに症状を発症することが多いと言われています。 そのため、免疫力を高めて持続させて行くのも発症予防のひとつと言えそうです。 免疫力をアップさせるために必要な栄養素として、 ビタミン類や鉄分などがあります。 そのほかの栄養素に亜鉛、セレン、リコピン、フコイダン、ゴマリグナン、乳酸菌、オリゴ糖などがあります。 ビタミンAは油に溶けやすいビタミンなので、野菜炒めなどで吸収力をアップさせましょう。 ビタミンAは、皮膚や粘膜の代謝を正常に保つはたらきをします。 ビタミンCは水に溶けやすい栄養素です。 最近ではデトックスウォーターとして、いちごやキウイなどのフルーツとミントなどのハーブを水にいれて飲むことが流行中です。 ビタミンCは免疫細胞のはたらきを高め、鉄分の吸収率を高めてくれます。 鉄分は免疫細胞の殺菌能力を活性化します。 ビタミンEも、油に溶けやすいビタミンです。 抗酸化作用があり皮膚の代謝を高めます。 ビタミンB2は水に溶けやすいビタミンです。 不足すると口角炎や口内炎などがおこりやすくなります。 しっかりと摂取すれば粘膜を正常にはたらかせます。 これらのビタミンは身近な食品に含まれていますので、積極的に摂取すれば予防の一助となりそうです。 ヘルペスとアルギニン ヘルペスと言えば、 アルギニンというアミノ酸成分がクローズアップされています。 アルギニンを含む食べ物として、 大豆類、肉類、中でも豚ゼラチン(皮に多く含まれる)や牛肉、鶏肉、エビやマグロ、かつお節、ごまなどが挙げられます。 さまざまな説がありますが、アルギニンを摂取しすぎるとヘルペスを発症してしまうという説もあります。 しかし、科学研究費助成事業研究成果報告書(平成25年6月13日)によると、アルギニンはヘルペスウイルスを不活化させるとの研究結果が報告されています。 まだ研究段階なので断定はできませんが、アルギニンを含む食べ物やサプリメントを摂取することで、ヘルペスの予防に役立つ可能性が出てきました。 アルギニンの過剰摂取は体に悪いので、適量を摂取することによって体の免疫力を高めヘルペスの発症を予防することが期待できます。 また、発症してからもヘルペスを早く治す手助けとなることが期待できます。

次の

口唇ヘルペスを早く治す!効果的な食べ物とは?QRIONE調査団

ヘルペス 食べ物

ヘルペスの正体はウイルス 「ヘルペス」は、 「ヘルペスウイルス」というウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる病気のこと。 これだけ聞くと、なんだか少し怖い気もしますが、実はヘルペスウイルスはごく一般的なウイルスです。 くちびるのまわりに水ぶくれができる口唇ヘルペスの場合、2012年には、世界人口の67%がウイルスに感染していたというデータ もあるほどです。 しかし、そのほとんどは症状がなく、大半が感染していることに気付いていません。 ところが風邪や疲れなどで体の抵抗力が落ちると、突然出てきて暴れ出してしまいます。 例えば「帯状疱疹」は、子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが長い間体内に隠れていた後、突然暴れだしてしまう病気です。 ただ、一口に「ヘルペス」といっても症状はいろいろあります。 ヘルペスウイルスはいくつかの種類があり、それによって引き起こされる病気も違ってきます。 主なヘルペスウイルスと病気• 一般的には体の左右どちらか一方に出ますが、病気などで免疫力が低下しているときには帯状のものに加えて水ぼうそうのような水ぶくれが全身に出る場合があります。 さらにウイルスは神経を通って皮膚に出てくるため、激しい痛みを伴うことが多いのも特徴のひとつ。 はじめの症状はチクチクした痛み。 数日するとその部分が赤くなって、水ぶくれができてきます。 体のどこにでも症状は出ますが、胸から背中にかけてが一番多く、顔や手足、お腹やおしりの下などにも現れることもあります。 痛みが始まってから、かさぶたになって治るまで約3週間~1ヵ月くらいかかり、痛みもその頃に消えることが多いようです。 しかし、たまに「帯状疱疹後神経痛」といって、皮膚の症状が治った後もかなり長期間痛みが続くことがあるので注意しましょう。 なお、2016年には水ぼうそうワクチン(水痘ワクチン)を 「50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防」を目的に接種することが認められました。 このワクチンを接種すると、帯状疱疹になる恐れが低くなり、発症しても症状が軽くなります。 ただし、免疫機能に明らかな異常のある人や免疫を抑制する治療を受けている人はワクチンを接種できません。 水ぼうそうにかかったことのある50歳以上の方は、元気なときにワクチンを接種しておくとよいでしょう。 ヘルペスの気になる症状:口唇ヘルペス 「口唇ヘルペス」という名前は知らなくても、風邪で体調を崩したときや疲れがたまったときなどに、 くちびるの辺りにできるデキモノに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?「風邪の華」や「熱の華」ともよばれるこの症状が、実は「口唇ヘルペス」です。 日本人の10人に1人が経験したことがあるといわれるほど一般的な病気です。 はじめ、くちびるや口の周りが赤くなり、数日後小さな水ぶくれができます。 ムズムズとしたかゆみや、皮膚のほてり、ピリピリとした痛みを感じることもあります。 大抵、水ぶくれは2週間くらいでかさぶたとなって治ることが多いようです。 ヘルペスの気になる症状:性器ヘルペス 性器やお尻の周辺の皮膚に赤いブツブツや水ぶくれ、ただれができる病気です。 通常、性交渉などで感染してから2日~12日で発症します。 はじめてかかったときには強い痛みや発熱をともなう場合がありますが、再発の場合は小さな水ぶくれやただれができるだけの、軽い症状ですむことが多いようです。 また、感染しても症状の出ない人や症状に気づいていない人もいるため、 自分では気づかないまま人にうつしてしまうこともあります。 再発しやすい病気 帯状疱疹は、一度かかったら、再発することはまれ。 しかし、口唇ヘルペス・性器ヘルペスの厄介なところは、なんといっても 再発しやすいこと。 治ったと思っても、ウイルスは神経細胞のなかにひっそりと隠れていて、再び暴れだす機会をじっと待っています。 再発を防ぐためには、日ごろから体調管理や心身のリフレッシュを心がけ、ウイルスに負けない体をつくることが必要です。

次の

口唇ヘルペスを早く治す!控えた方がいい食べ物と効果的な食べ物とは?

ヘルペス 食べ物

食生活の変更でもヘルペスを治療出来ます ヘルペスに良い食べ物• あずき、とうふ、納豆などの大豆類• かつお、サバ、サケなどの魚介類• 鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類• ヨーグルトなどの乳製品 食物成分の中で、アルギニンがヘルペスウィルスの栄養源になっている事がアメリカの研究機関から証明されていまうす。 アルギニンを多く含む食べ物• 鶏胸肉• 牛ひき肉• 豚ロース• アーモンドなどのナッツ類• マグロ• エビ 上記の食品は食生活から少なくしましょう。 ヘルペスに効く食事 ヘルペスになりましたら一番しなければいけない事は、バルトレックスなどの抗ウイルス剤で治療をする事です。 抗ウィルス剤には、服用タイプのバルトレックス、軟膏のゾビラックス軟膏、重症化に使う「注射薬」などがあります。 食事ではヘルペスを治す事はできませんが、ヘルペスを発症しずらい体を作る事ができます。 免疫力が低下した時に、隠れていたヘルペスが活動し始めますのでその点を食事で改善しておきましょう。 冬などにうがいをせずに風邪をひいたり、睡眠不足や暴飲暴食、ストレス過多、などで体調を崩している場合も、免疫力が低下してきます。 ですので 食事療法と併用して、日々の生活を見直すことも重要になります。 食生活のキーポイント 偏食や、暴飲暴食、飲み過ぎなどは体調を崩す大きな原因になりますので止めましょう。 普段から、規則正しくバランスの良い食生活をすることが大切です。 食事が野菜と魚類と穀類とあった場合には、最初に「野菜」を食べて「魚 肉 」、最後に「ご飯」が理想的です。 ダイエットにも効果があります! 糖尿病の予防にもなりますので、おすすめです。 この方法はアトピーの食事制限や、ヘルペスの予防食にもなります。 口唇ヘルペスに効果のある栄養素を含んだ食品は下記になります。 病原性大腸菌Oー157をはじめサルモネ... Lリジン ヘルペスに効果のある食べ物として、リジンという栄養素を含む食物が有名です。 リジンはアルギニンを抑制してヘルペスの抑制に効果あます。 蕎麦 リジンが豊富に含まれいる。 鶏肉 コラーゲンを含み、ビタミンCと一緒に食べると効果があります。 牛肉 リジンが豊富な食品です。 カボチャ 抗酸化作用があり、細胞を活性化させます。 肉類全般、卵、牛乳、チーズ、魚介類、小麦胚芽、大豆製品、アボカド、マンゴー、ココナツなども、リジンを多く含む食品になります。 ヘルペスに悪いアルギニンを多く含む食品として、 ヘルペス発症時に避けた方が良いのはみんなの大好きなチョコレートです。 ナッツ類、エビ、ゴマ、レーズンなども、良くないので食べ過ぎないようにしましょう。 ヘルペスの予防として、リジンを含んだサプリなども販売されていまので、使用すると便利です。

次の