梅雨入り 2019。 気象庁

気象庁

梅雨入り 2019

昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値) 梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 気象庁では、気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行っています。 この資料に掲載した期日は、検討の結果、統計値として確定したものです。 今年の梅雨入りと梅雨明けについての速報値は、をご覧ください。 地方別の一覧 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 全地域の一覧• ・csvファイルの公開を開始しました。 2016. 6 ・「-9999」は、梅雨入り梅雨明けの時期がはっきりしなかったため、特定しなかった場合を表します。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。 ・「梅雨の時期の降水量の平年比(地域平均値)」は、全国の気象台・測候所等での観測値を用い、概ね梅雨の期間に相当する6~7月(沖縄と奄美は5~6月)の2か月間降水量の平年比 % を各地域で平均したものです。

次の

気象庁

梅雨入り 2019

梅雨ってどんな時期?2019年と2020年の期間はどう変わる? 梅雨は、春から夏へと移り変わる途中の時期で、 普段よりも雨が多くなる気象現象です。 梅雨は6月から7月にかけて続くのが一般的です。 【どうして日本には毎年梅雨があるの?】 日本には毎年梅雨の時期がありますが、 それは停滞前線の影響です。 太平洋高気圧とオホーツク海高気圧との間には、 停滞前線が挟まれています。 日本には梅雨の時期に停滞前線が発生します。 だから大量の雨が降るわけですね! 上昇気流が起きると大量の雨雲ができてくるんです。 梅雨の時期は晴れ間があまり見えず、 雨や曇りのぐずついた天気が続くでしょう。 停滞前線が日本のどこかにかかっている時期を、 「梅雨」と呼んでいます。 梅雨入りや梅雨の終わりの時期は、 日本全国どこでも一致しているわけではありません。 いつから梅雨に入っていつ終わるかは、 地域によってばらつきがあります。 2020年も梅雨の時期は2019年と大体同じなのでしょうか。 【2019年と2020年の期間はどう変わる?】 梅雨は一般的に6月7日~7月21日頃です。 例年この前後で梅雨が始まり、 終わっています。 関東も関西も2020年の梅雨の時期は、 2019年と大差はないでしょう。 地域によってばらつきがあるものの、 そんなに大幅にはずれません。 ただし2019年~2020年は暖冬だったため、 2020年は梅雨も前倒しになり、 夏が早く来るのではないかと予想されます。 温暖化によって梅雨が早く終わりそうですね! 【梅雨の時期】2019年から推測する2020年の梅雨入りはいつ? 2019年の梅雨入りから、 すでに2020年の梅雨入りも推測されています。 関西の方が一日早く梅雨が訪れる予想ですね。 関西の梅雨は2020年、 2019年よりもかなり早めに来るのが大きな違いです。 関東は2019年も6月7日に始まっているため、 あまり変わらないでしょう。 ちなみに2020年の梅雨明け予想は以下のようになります。 2019年よりも早くに終わる印象ですが、 それも最近の温暖な気候が影響しているのでしょう。 【暖冬のあとは猛暑がくる?2020年の梅雨明けはどうなる】 素人の考え方だと、 暖冬ということは夏もかなり暑くなりそうな気がします。 実際専門家たちは、 2020年の夏をどのように予想しているかというと、 やはり全国的に平均気温が高くなるといっています。 盛夏の時期は九州から関東まで平年より晴れが多く、 ギラギラと熱い陽射しが照り付ける日が増えるでしょう。 東北や北海道の天気に関しては、 数日周期でコロコロ変わる予想で、 天気予報をこまめにチェックしておきたいものです。 夏の降水量については例年並みといわれています。 梅雨の時期もムシムシして湿度が高く、 梅雨明けもカンカン照りで陽射しは強いでしょう。 厳しい暑さだと推測されています。 熱射病にならないように水分をこまめに摂取しましょうね!.

次の

【梅雨入り】2019年はいつからだった?関西と関東の時期と期間の違いは?

梅雨入り 2019

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、 お出かけが雨だとうんざりしますね。 さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいです。 さて、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 ちなみに関東地方・甲信地方とは、一般的には 関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 甲信地方:山梨県、長野県 を指します。 昨年、2019年の梅雨時期の雨量は、平年の7割ほどでした。 今年の梅雨はいかに…!? 梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているの? 実は気象庁が公開している過去のデータにも「頃」と書かれている通り、 梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想 中期予報 を出し、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 2020年 令和2年 の関東の梅雨入り時期を予想! それはで、過去69年分のデータを紐解いて 関東地方の梅雨入り時期を予想していきたいと思います。 気象庁の1951年から2019年までの 関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると 最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。 何と一ヶ月半のもの開きがあります! 1951年から2019年までの69年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。 平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから 若干ですが関東の梅雨入り時期は 早くなっている傾向が見て取れますね。 そして、そして、直近2年間のデータを見てみると 一昨年 2018年 は6月6日、 昨年 2019年 は6月7日が梅雨入りということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 関東の梅雨明け時期の平均値を見てみると おおよそ7月18日頃となっています。 また、平均値を表す黒い線が右下がりになっているため 関東の梅雨明け時期は早くなっている傾向が見て取れますね。 梅雨入り、梅雨明けともに早まっているので 関東の梅雨は早くはじまり、早く終る傾向があるといえるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。 関東の梅雨の特徴は? 関東の梅雨の特徴といえば ジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 過去の例を見ても、 関東では九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、 天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。 しかし、梅雨時期は、 朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、 降ったり止んだりと言うよりはあまりないようです。 カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!.

次の