退職証明書 書き方。 【記入例付】退職証明書のわかりやすい書き方|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

退職証明書の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート03(ワード Word)

退職証明書 書き方

退職証明書とは? 「退職証明書」は退職後の手続きで利用できる書類 退職証明書とは、勤めていた会社を辞めたことを証明してくれる書類のことです。 なぜ退職したことを証明する必要があるのかというと、厚生年金や雇用保険、健康保険は重複して加入することができないため、退職が証明されて、はじめて次の保険に加入することが可能になります。 そのため、退職証明書を提出することで自分は退職後の新たな環境で厚生年金や雇用保険、健康保険などに加入する資格があることを証明することができるのです。 また、その会社にいつからいつまでの期間在籍していたかを証明することもできます。 「退職証明書」と「離職票」の違い 退職に関する書類としてよく混同されがちなのが「退職証明書」と「離職票」です。 離職票は国が公的機関をとおして発行する公的な書類となります。 会社を退職すると雇用保険の資格が喪失するので、会社は職業安定所に離職票の発行を求め、会社は交付された離職票を退職者へ送付しています。 退職したことを証明するためには、原則として「離職票」を用いれば問題ありませんが、「離職票」の発行が遅れてしまうこともあります。 「離職票」の発行が遅れた場合に、次の保険加入手続きを迅速に行うためには、「退職証明書」を会社から発行してもらい提出することで、手続きをスムーズに進めることが可能になります。 「退職証明書」は公的書類ではない 離職票は公的な書類であることを説明しましたが、退職証明書は公的な書類ではありません。 そのため、決まったフォーマットはなく会社独自の様式で退職者が必要とする項目を記載しています。 退職証明書の記載項目は「退職年月日」「使用期間」「業務の種類」「その事業における地位」「離職以前の賃金」「退職の事由」となります。 退職者はこれらの記載項目の中から必要な項目を選び会社に退職証明書を作成してもらうことになりますが、特別な理由がない限り6項目全てを必要項目として記載してもらうのが一般的です。 退職証明書が必要になるケースとは? ここでは具体的にどのようなケースで退職証明書が必要になるのか説明していきます。 再就職先への提出が必要な場合 再就職先の会社から退職証明書を求められることがあります。 すべての会社において提出を求められるわけではありませんが、履歴書や職務経歴書に記載されている内容や退職理由を確認するために退職証明書を求める会社が多くみられます。 会社としては経歴を疑っているというよりも古くからある会社の慣例であることも多いようなので退職証明書を求められる意味についてはあまり神経質になる必要はないでしょう。 「退職証明書」は国民健康保険加入時は離職票の代わりになる 会社を退職すると会社で加入していた健康保険の資格が消失しますので、再就職先の健康保険に加入するまでは医療費10割負担を避けるためにも国民健康保険に加入しなければなりません。 国民健康保険に加入するには会社で加入していた健康保険の資格が消失していることを証明する必要があります。 通常は離職票を提出するのですが、手元に届くまでに時間がかかる場合があるので、退職証明書は離職票の代用として利用することができます。 ハローワークに提出が必要なのは「離職票」 ハローワークに提出が必要なのは退職証明書ではなく離職票であることを覚えておきましょう。 会社を退職後、失業保険の給付を受けるためには地域の管轄のハローワークにて手続きをする必要があります。 その際に会社を退職したことを証明する書類として離職票をハローワークに提出しなければならないのです。 しかし、離職票が手元に届くまで時間がかかる場合は代用として退職証明書を持参し、ハローワークに手続き可能か相談してみましょう。 退職証明書 (氏名) 殿 以下の事由により、当社を退職したことを証明します。 ・退職年月日 平成 年 月 日 ・使用期間 平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日 ・業務の種類 ・その事業における地位 ・離職以前の賃金 ・退職の事由 1. 自己都合 2. 当社都合 3. 定年・労働契約期間満了等 4. 解雇 5. その他(理由) 年 月 日 事業所所在地 事業所名称 事業主 印 「退職証明書」を発行してもらう際の注意点 退職証明書に関する注意事項をまとめました。 いざというときに困ることなくスムーズに対応できるよう覚えておくと良いでしょう。 「退職証明書」の発行と再発行は請求の必要あり 退職証明書は、請求せずとも会社が発行してくれる書類ではありません。 自ら会社に請求をしなければ発行されないので、注意をしましょう。 もし退職証明書を発行してもらったにもかかわらず紛失してまったなどの場合は、改めて退職した会社に退職証明書を申請すれば何度でも発行してもらうことが可能です。 退職証明書は期限を過ぎると発行してもらえない 退職証明書は会社を退職してから2年以内であれば何度でも発行してもらうことができます。 しかし、退職して2年以上経過している場合会社は退職証明書を発行する義務はありません。 もし再就職先から退職証明書を求められたけれども退職してから2年以上経過しているという場合にはその旨を再就職先へ相談してみましょう。 退職証明書は退職前に申請しておく 退職証明書は退職してからでないと発行してもらえない書類ではありませんので、在職中であったとしても退職が決まった時点で退職証明書の発行を会社に依頼しておくと退職後に必要な手続きがスムーズに行えます。 会社は退職証明書の交付において労働基準法で遅滞なく交付することを義務付けられているからといっても手元に届くまで1週間から10日程度はみた方が無難です。 それを考えると在籍中に退職証明書の発行を依頼しておくことがおすすめなのです。 退職証明書はパートやアルバイトでも入手可能 退職証明書はパートやアルバイトでも退職した会社に申請すれば発行してもらえます。 退職証明書が必要になるケースとしては、退職後に家族の扶養に入る場合や国民健康保険に加入する場合などがあげられます。 パートやアルバイトであっても労働時間や出勤日数によっては会社の健康保険に加入しているので、退職後に国民健康保険に加入する場合には会社の健康保険の加入資格が喪失している証明のために退職証明書が必要になるのです。 まとめ 退職証明書は本来離職票が必要なケースであっても代用としてもらえる場合があるので、現時点で必要かどうかわからなかったとしても念のため発行してもらった方が無難です。 退職後は再就職をする、しないに関わらず何かしらの必要な手続きに追われることになりますので、準備は早め早めを意識するようにしましょう。

次の

退職証明書の無料テンプレート

退職証明書 書き方

退職証明書は、会社を退職していることを証明するための書類です。 複数の企業に重複して所属していないことを証明するために、転職先の企業から提出を求められることがあります。 複数の企業に所属していないことはもちろん、社会保険加入のために被保険者資格がないことを証明する書類としても退職証明書が使用されます。 雇用保険や厚生年金保険、健康保険は、複数の企業に二重加入することはできません。 つまり、転職者が前の企業での被保険者資格を失っていることを確認するために必要なのです。 そのほか、会社ではなく市役所で国民健康保険へ変更・加入する場合や、ハローワークで基本手当(失業保険)の給付手続きを行うときにも、離職票の代わりとして退職証明書の提出が求められるケースもあります。 内定前に企業側が退職証明書の提出を求める主な理由は、転職者が提出した書類の内容を確認するためです。 個人の名前で提出する履歴書や職務経歴書は、あくまで本人の主張に過ぎず、内容を裏付ける証拠はありません。 特に、退職時期や退職理由に関しては、正確な情報がわかっていなければ、採用する企業と転職者との間で思わぬトラブルにつながってしまうおそれもあります。 また、退職証明書は転職者にとっても転職活動に必要な自己分析のための情報が詰まっています。 「自分がどのような仕事を任されていたか」「賃金はどれくらいだったか」などの情報は、今後自分がどのような職業に転職したいかを比較して考える上で必要不可欠です。 退職証明書とよく混同される書類に「離職票」があります。 2つの書類にはどのような違いがあるのでしょうか。 離職票には、企業からの提出書類に基づいて、退職理由や過去半年間の給与、出社日などの情報が記載されています。 主に、市役所で行う国民健康保険の変更・加入やハローワークで基本手当の給付手続きを行う際に必要です。 また、退職証明書と同様に、社会保険に関する手続きの証明にも使用されます。 退職証明書は企業が発行する文書であるのに対し、離職票は国が公的機関を通して発行する公文書です。 退職証明書は企業がそれぞれに発行しているため、内容に間違いがなければ書き方や書式に指定はありません。 一方、離職票は国が発行しているため、2枚にわたる詳細な情報と統一的な書式が特徴です。 また、退職証明書は退職者からの申請があって初めて発行されますが、離職票は退職時の発行が法律で義務付けられています。 社員の退職から10日以内に発行し、企業からハローワークに必要書類と併せて報告をする必要があります。 退職証明書に記載されている6つの項目についてご紹介します。 ただし、退職前から転職活動を始め、すでに転職先や入社日が決まっている場合には、転職先の雇用契約開始日と退職年月日が重複しないように記載してもらいましょう。 雇用が重複している期間があると、社会保険上の手続きが複雑になる場合があります。 会社によっては、入社後すぐの試用期間を使用期間に含めるか否かで異なる対応をとる場合があるため、詳細な在籍期間については確認をしたほうが良いでしょう。 また業務の種類が多岐にわたる場合、どこまで具体的に記載してくれるかは、会社の判断によります。 会社の記載が簡潔だと感じた場合は、履歴書や職務経歴書に詳しい業務の変遷や内容を補完して書いておきましょう。 その役職にいつ就任したかなどの詳細も書かれないことが多いため、業務の種類と同じように職務経歴書などで補ったほうが良いでしょう。 退職証明書には、給与明細の最後にある手取り額とは異なり、税金や社会保険料などを天引きする前の金額に、残業代や交通費を加えた額が記載されます。 退職証明書は離職票の代わりに基本手当の給付手続きに使用することがあり、その場合は離職票と同じ計算がされるためです。 また、この額を基に基本手当の支給額が決まるため、過不足があれば迅速に人事部などの担当者に問い合わせましょう。 例えば、「離職者による自己都合」や「定年、労働契約期間満了等による」「事業主からの働きかけによる」「その他」「解雇」など細かく分けて詳細まで添える企業もあれば、一言で済ませる企業もあります。 提出を求める転職先の企業からすれば一番確認したい箇所でもあるので、内容が不十分と感じた場合は、その他の書類で補完するようにしましょう。 これらの項目のどれを退職証明書に記載するかは、退職者が申請の際に選択することができます。 指定がなければ、基本的に全部の項目が記載されます。 しかし、一部の記載を伏せた状態で退職証明書を転職先の企業に提出しても、「この項目に関して何か後ろめたいことがあったのでは... 」と不信感を抱かれるかもしれません。 特に理由がない場合は、全部を記載するよう申請しましょう。 退職証明書は多くの場合、内定後や最終面接時など転職活動の後半に提出を求められます。 急に書類が必要になった際に焦らないためにも、退職証明書の発行時期や期限について見ておきましょう。 退職証明書の発行を希望する際には、人事の担当者に問い合わせてみましょう。 企業によっては即日発行してもらえることもあります。 また、申請期限は退職時から2年です。 退職から転職活動まで期間がある場合には、事前に申請して発行してもらうようにしましょう。 2年以内であれば、必要に応じて何度でも発行してもらうことが可能です。 退職が確定していて、退職年月日も決まっている場合は、退職前でも発行してもらうことができます。 退職前から転職活動を始める場合は、早めに申請しておいたほうがその後の手続きをスムーズに進めることができます。 発行申請ができる2年を過ぎてしまった場合は、転職先の担当者に相談しましょう。 同じ企業として、すでに退職証明書の発行義務がないという点については理解してくれる可能性があります。 その代わり、離職票を提出するよう求められることもあるため、こちらは大切に保管しておくことが大切です。

次の

退職証明書の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート03(ワード Word)

退職証明書 書き方

退職者が請求したら、企業側は必ずその要求に答える義務があるのです。 (但し発行の期限は退職後2年間なので注意) 労働基準法22条1項 第22条 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあっては、その理由を含む。 )について 証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。 引用元: 退職証明書の記載事項について 企業が退職証明書で証明しなければならない記載事項は5つあります。 ただし退職証明書に記載するのは 記載事項5つのうち退職者が「希望する項目のみ」になります。 退職証明書には離職票のような指定のフォーマットが無く、書き方の決まりも特にありません。 辞める会社に申請して発行してもらうので、その会社によって書式は違うでしょう。 厚生労働省や東京都労働局に退職証明書のフォーマットがありますが、それに従う必要はなく、先ほどご紹介した5つ(ないし退職者が指定した)項目の記載があれば大丈夫です。 退職証明書の公的なフォーマットはこちら 特に決まったフォーマットはないというものの、目安のため厚生労働省が公開しているフォーマットの例があります。 ご参考にどうぞ。 また、ネット上で検索したテンプレートを使用しても構いません。 WordでもExcelでもどちらでも大丈夫です。 退職証明書の書き方・記入例は? 退職証明書の記入例を以下に貼っておきます。 こちらを参考にイメージしてみてください。 退職理由に迷ったら選択式のフォーマットを 退職理由の部分が選択式になっているフォーマットもあります。 退職理由に迷った場合は選択式のものを選ぶとよいでしょう。 手書きでもいいの? 退職証明書は社印の押印と形式が整っていれば手書きでも構いません。 離職票はハローワークに提出して失業手当をもらうためのもの 離職証明書は、退職される人が目にすることがない書類と言えるでしょう。 上記を見ればわかりますが、離職票や離職証明書と違って、退職証明書の発行について直接ハローワークは関係ありません。 退職証明書の提出が必要なケース それではどういうケースに退職証明書が必要になるのでしょうか? 「離職票はもらったけれども、退職証明書はもらっていない」という人もかなりいます。 前述したように、全員がもらうわけではなく 必要な人が会社に請求する形になります。 1.転職先の企業から提出を求められるケース 転職先の企業方針にもいろいろあって、中には履歴書や面接の内容が本当に真実かどうか確認を取ろうとする会社もあります。 面接で話したことを信じていないのか?と嫌な気持ちになるかもしれませんが、そういう求めがあれば応じざるを得ません。 ・退職証明書に記載してある前職場の勤務期間などの自己申告が本当なのか ・退職理由は自己都合なのか会社都合なのか など正式な証明書をもって確認すべき、という価値観が特に古い会社にはあるようです。 まとめ• 退職証明書は前職を辞めたことを証明する書類• 「離職票」や「離職証明書」とは異なる• 雇用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金、退職事由の5つの事項のうち退職者が指定する項目のみを記載する• 会社が発行するものでハローワークは関係ない• 退職日から2年以内が「発行義務」がある• 転職先から提出を求められることがある• 離職票が間に合わない場合に「退職を証明する書類」として代替できる• 指定されたフォーマットやテンプレートはなく、会社が独自に発行する• 退職時には必要がない人ももらっておいた方がよい• パートやアルバイトの人も発行OK• 辞める前に人事に発行してもらうようお願いするとよい この他、退職時に知っておくとためになる知識をこちらのカテゴリーにまとめています•

次の