にゃんこ大戦争 ワンダーモモコ。 にゃんこ大戦争 超激ダイナマイツの当たりランキング!ガチャは引くべき?|にゃんこ大戦争攻略ノート

にゃんこ大戦争 にゃんこ生態リポートデカ盛

にゃんこ大戦争 ワンダーモモコ

会場までの交通費は、すべて自己負担となります。 当日の様子 参加者の発言、容貌などを含みます は、報道各社による取材・報道などの対象となるほか、無償かつ無期限で、株式会社KADOKAWA Game Linkageの商品・サービスに使用させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。 イベント内容や開催時間などは、天災、交通事情等、不可抗力の事由により変更または中止になる場合があります。 イベントで配布するヨーヨー、スーパーボール、キャンディ、缶バッジチケット、缶バッジ、ぬりえ、キーホルダーの数には限りがあるため、ご参加いただいても景品をもらえない場合がございます。 ヨーヨー、スーパーボールについては1回の参加につき、獲得できた数に関わらずひとつのみお持ち帰りいただけます。 リアルにゃんこの出現時間は当日の状況により変更・中止になる場合があります。 茶屋はイオンモールKYOTO、アリオ倉敷、MARK IS みなとみらい、アリオ川口の4会場での実施となります。 また、イオンモールKYOTOではタピオカドリンクがジュース(りんご、オレンジ)となります。 セブンパークアリオ柏はクッキーのみの販売となります。 なお、茶屋の中止、販売内容が変更になる場合があります。 貴重品等の盗難・紛失に関しては責任を負いかねます。 お客様ご自身にて管理して頂くようお願い致します。 早朝や徹夜での待機及びご来場は固くお断りしております。 危険物と判断されるものの持ち込みは固くお断りしております。 会場内での座り込みや場所取りはご遠慮ください。 会場内外で走ったり、周りのお客様の迷惑となるような行為は怪我やトラブルの原因となりますので、おやめください。 上記以外にもスタッフが迷惑行為と判断した場合、ご入場をお断りすることがございます。 予めご了承ください。 また、トラブルによって発生した事故や怪我等は弊社では責任を負いかねますことご了承ください。 会場内に設置された機材やアトラクションセットなどには、お手を触れないようご協力をお願いいたします。

次の

【にゃんこ大戦争】ワンダー・モモコの評価は?

にゃんこ大戦争 ワンダーモモコ

超激ダイナマイツガチャは引くべき? 今回の超激ダイナマイツガチャは、 優秀なキャラが多いので引いて損はないです! 超激ダイナマイツのキャラが得意としがちな赤い敵は序盤から強敵が多く、終盤の古代種に対応できるキャラもいたりと使い勝手がいいキャラが多いです。 さらに、赤い敵目的以外にも使えるキャラがいるので、基本的にどの超激レアが出てもある程度の戦力強化が可能です。 絶対に引かないといけないほどではないですが、ネコ缶があるなら引いて問題ありません。 なお、にゃんこ大戦争がどれくらい進んでいるかでもおすすめ度は変わるので、「こんな人におすすめ」という目安を紹介しておきます。 残り体力1%以下で攻撃力50%上昇• 100%の確率で1度だけ生き残る• 生産コストは5400円• 移動速度は8• 射程は320• 再生産時間は71. 体力は34000と少なく、残り1%で攻撃力が2倍に上昇します。 必ず1回生き残るので、倒された後に最後の一撃を与えるイメージ。 通常状態で攻撃力102000、 DPSは6120となかなか高く、攻撃力が上昇すると1発204000、 DPSは12240まで上がります。 ただ、射程が320と短くて体力的にすぐに倒されてしまうので1発のために起用するのは少しもったいないかなという印象です。 再生産自体は71秒と早めですが、第3形態もまだ未実装なので8位となりました。 黒い敵と浮いてる敵を50%の確率でふっとばす• 黒い敵と浮いてる敵を50%の確率で約4. 5秒遅くする• 生産コストは4350円• 移動速度は6• 射程は435• 再生産時間は121. 射程が460に増加• 体力・攻撃力が微増 ねこナースは黒い敵と浮いてる敵の妨害キャラで、確率50%ですが ふっとばすと遅くするの2種類があるので片方が発動する確率は75%と高めです。 射程435、攻撃頻度も6. 6秒と多めなので比較的安定して妨害できます。 経験値ステージの黒い敵や、日本編のぶんぶん先生をはじめ厄介な浮いてる敵などに対応できるのは強いですね。 第3形態になると射程が460まで伸びるので、場持ちがよくなってさらに安定して妨害可能になり、 DPSも5808と妨害キャラにしては高めです。 黒い敵と浮いてる敵以外のステージでも、意外と普通に使えるのでおすすめ。 ただ、第3形態に進化できるレベルになる頃には他のキャラも増えてきている可能性が高いので、常に起用するようなキャラではないかもしれません。 赤い敵とエイリアンに打たれ強い• 体力、攻撃力ともに高め• 生産コストは3600円• 移動速度は9• 射程は140• 再生産時間は64. 射程が190に増加• 体力が1. 5倍に増加• 波動ストッパーが追加 かつては一時代を築いたネコマシンが第6位です。 赤い敵とエイリアンに打たれ強く、 実質体力は50万と高いです。 第3形態になると 体力が1. 5倍になって実質約75万、DPSがも10611と攻撃力にも期待できるキャラになります。 さらに、第3形態で波動ストッパーの特性が追加され、再生産が64. 87秒と早いことから一時はかなり強かったネコマシン。 現在はジャイにゃんやねこタコつぼなど比較的手に入れやすい波動ストッパーが出てきたため、優先度は下がりました。 今でもバトルコアラッキョなど強い敵もいますし弱くはないのですが、必須というレベルではなくなっています。 赤い敵・黒い敵・浮いてる敵を100%の確率で約4. 5秒攻撃力を50%に低下• 3%の確率でクリティカル• 遠方範囲攻撃(最短200~最長500)• 生産コストは3450円• 移動速度は15• 射程は350• 再生産時間は71. 妨害対象に古代種が追加• 妨害時間が微増• 体力が2倍に増加 ネコクエストは3種類の属性の攻撃力を下げることができるキャラです。 さらに、 遠方範囲攻撃で最長500まで届くので安定して妨害できます。 ただ、 攻撃頻度約9秒に対して、妨害時間は約4. 5秒と半分なので1体では不十分な点はマイナスポイント。 第3形態になることで体力が2倍になって場持ちもよくなり、対象に古代種が追加されるので真レジェンドステージでも活躍します。 再生産が比較的早めなので、2体以上出すことができれば安定して妨害できるようになるので重宝します。 他に便利なキャラがいるので5位となっていますが、十分強いキャラです。 第1形態は20%の確率でクリティカル• 第2形態は40%の確率でクリティカル• 生産コストは2250円• 移動速度は7• 射程は195• 再生産時間は48. 射程が245に増加• クリティカル確率が50%にアップ• ふっとばす無効• 体力・攻撃力が微増 ネコシュバリエは高い確率でクリティカルを出せる優秀なキャラです。 進化するたびに確率が上がり、 第3形態になると確率は50%になります。 クリティカルキャラで優秀なハヤブサとの違いは 射程です。 ハヤブサは 遠方範囲なので目の前の敵に攻撃が当たりませんが、ネコパラディンは 射程245までのすべてのキャラに攻撃が届きます。 押し込まれても強いのはパラディンで、敵が近づく前に処理できるのがハヤブサというイメージ。 攻撃力も6800と結構高いので、メタルステージの攻略が非常に楽になります。 浮いてる敵とエイリアンを30%の確率でふっとばす• 動きを止める無効• 生産コストは3150円• 移動速度は9• 射程は140• 再生産時間は51. 100%の確率でLv2波動(射程 532. 射程が240に増加• 体力が微増 2位と迷いましたが、第3位はねこベビー。 第3形態での運用が前提のキャラです。 浮いている敵とエイリアンの妨害能力はおまけ程度で、 一番のメインは第3形態で追加される波動です。 レベル30の時点で 攻撃力が約6万あり、波動でたくさんのキャラにダメージを与えることができます。 体力も10万以上あって耐久力もありますし、ステータスの割に再生産が51. 53秒とかなり早いです。 コストも安いのでガンガン生産していけるのが強みになります。 停止無効も地味に便利で、ヒカル対策が可能。 射程が短いので殴り合い向けで、にゃんこ道場でも常連で活躍してくれるおすすめのキャラです。 赤い敵を50%の確率で約4. 5秒停止• 生産コストは3300円• 移動速度は8• 射程は325• 再生産時間は58. 射程が425に増加• 攻撃力が1. 5倍に増加 ネコアイスも 第3形態での運用が前提の評価です。 赤い敵に特化した妨害キャラで、第3形態になることで停止確率が100%になり、DPSも5016とそれなり、射程も425に伸びます。 攻撃頻度が6. 1秒と多めで、停止時間延長のにゃんコンボと組み合わせると完全停止も可能。 赤い敵にはレッドサイクロンやイノシャシなど突破力の高い厄介な敵も多いですが、ネコアイス1体いれば完封できるレベルで非常に強いです。 ただ、第3形態まで進化させる必要があるので、赤い敵に苦戦しがちな日本編では起用しにくい点が若干のマイナスです。 攻撃力低下無効• 単体攻撃• 第1形態はDPS12375• 第2形態はDPS16875• 生産コストは3000円• 移動速度は12• 射程は180• 再生産時間は28. DPSが28175まで上昇• 体力も1. 3倍に増加 超激ダイナマイツ1位は、タイマン最強の鬼にゃんまです。 単体攻撃ですがDPSが第3形態で28175という異常な火力のキャラ。 攻撃低下が無効なので、天使豚など刺さる敵もいます。 体力も66300なかなか多く、 再生産が28. 53秒と早すぎるのでガンガン生産可能です。 本能を開放することで、攻撃性能をさらに強化することもでき、鬼にゃんまがいることでクリアできるようになるステージが結構あります。 射程が180と短い殴り合いキャラなので、敵が多いステージなど通常のステージでは起用しにくい場面もあるのは欠点。 しかし、それを考慮しても非常に優秀なキャラなのでおすすめです。 3連続攻撃(特性は1撃目のみ)• 赤い敵と黒い敵と天使を100%の確率で約2秒停止• 100%の確率でLv8波動(射程 1732. 波動無効• 生産コストは4500円• 移動速度は13• 射程は375• 再生産時間は124. 攻撃頻度も6. 7秒となかなか多く、妨害自体は2秒ですが波動が射程1732まで届くので、遠くの敵も停止することができて妨害性能は良いです。 射程も375とそれなりに長く、DPSも9134と高いため火力要員になることも可能。 ただし、 波動は3連続攻撃の1撃目しか出ず、1撃目の攻撃力は5100と低いので波動で大きなダメージを与えることはできません。 妨害がふっとばしではなく停止なので射程内の敵にはしっかりダメージを与えれるため、非常に強いキャラです。 なお、体力自体は68000と高いわけではなく、射程375も長いわけではないので攻撃をくらうと倒されやすい点は注意してくださいう。

次の

ワンダー・モモコ

にゃんこ大戦争 ワンダーモモコ

2019. 25現在、にゃんこ大戦争歴1年1ヶ月、常設ステージはオールクリア、無課金で楽しませて貰っております。 カテゴライズされてはいますが、本書『デカ盛』を攻略本として買い求めるのは全くオススメ出来ません。 インターネットの『データベース』、そこにある『味方ステータス 全キャラ 』をご参照下さい。 本書にて掲載のキャラは、数え間違いが無ければ基本9+EX51+レア55+激レア46+超激レア94+伝説レア5=計260種、各形態も加算して600体以上。 キャラの大増量に加え、前作『特盛』にて既出のキャラも大多数が第3形態の追加により見応えUPしております。 また、大人の都合かコラボキャラは殆どが掲載されておりません 歌謡にゃんこなど、権利がPONOSに帰属するモノのみ採用?。 最新は伝説レアのワンダー・モモコまで。 キャラの説明文は1つに集約されており、どうせならゲームオリジナルの解説も形態毎に全て収めて欲しかったです。 また、本能に就いての具体的な言及もありません。 にゃんコンボも無し。 DBの閲覧では起きなかった「次の機会に必ずこのキャラをGETするぞ!」と言った意欲も湧きました。 前回の特盛を購入して、現在版にブラッシュアップされたものがいつ出るんだろうなあと待ち続け数年。 ついに満を持してでた最新作!伝説レアまでしっかり網羅され、ゲーム内ではぼやぼやでみづらかったキャラもしっかりと見れるのは素晴らしい!…しかし、致命的なマイナス点が二つ。 ひとつは「他社コラボキャラが除外されている」もうひとつは「デザイナーの一言コメントがない」。 生態リポートの一番の見どころと言っても過言ではないこの2点が省かれてるのが残念で仕方ありません。 我々が知りたいのはステータスではない。 正直ステータスなんてwikiとかみれば曖昧じゃないしっかりとした数値が乗ってるんです。 ファンブックとして、世界観やキャラが生まれた経歴など、そういったにゃんこリポートを期待してたのに、それがなくなってしまって悲しいです。 前回に比べてコラボ先があまりにも多くなりすぎて許諾とか取るの難しいのもあるとは思いますが、そこも含めてにゃんこの魅力なので、次回こそコラボキャラまで掲載し、キャラの開発秘話的な一言コメントも復活してもらいたいです。

次の