失業 保険 いつから。 失業保険はいつからもらえる?条件によって受給開始日は異なる!

知らないと損する?失業保険の話

失業 保険 いつから

加入期間 1年未満 1年以上 5年未満 5年以上 10年未満 10年以上 20年未満 20年以上 30歳未満 90日間 90日 120日 180日 — 30歳以上 35歳未満 120日 180日 210日 240日 35歳以上 45歳未満 150日 240日 270日 45歳以上 60歳未満 180日 240日 270日 330日 60歳以上 65歳未満 150日 180日 270日 240日 会社都合で会社を退職した場合の失業保険の給付期間は、 「年齢」と「雇用保険の加入期間」によって決まります。 会社都合の場合は自己都合と比べると、 雇用保険の加入期間が1年未満でも90日間給付されることや雇用保険の加入期間が20年以上あり45歳以上60歳未満の場合は最大330日も給付が受けられます。 自己都合とは異なり会社都合の場合は年齢が高い人ほど対象になるケースが多いと言えます。 失業保険はいつから給付される?待機期間と給付開始までの期間 失業保険は申請者が本当に職を失った状態かを確認するために7日間の待機期間があります。 この待機期間が終了すると、「自己都合」と「会社都合」でそれぞれ定められた期間が経過した後に失業保険が給付されます。 では、失業保険は退職後に「 いつから給付が受けられるのか?」についても合わせてお伝えしたいと思います。 この1万円の5割から8割が失業保険の1日あたりの給付額の目安になりますが、5割から8割と聞くと「 給付される 金額に大きな差が生まれるのでは?」とお考えになると思います。 これは、 年収や年齢によって給付率が変わることが要因になります。 そのため、実際にいくらの失業保険が給付されるか知りたい方は「」にて失業保険の早見表を公開していますので合わせてご参照ください。 雇用保険の加入期間は転職しても通算可能? 失業保険の給付条件の1つに「 雇用保険を1年以上継続して加入している」ことが挙げられますし、本記事で解説したように 失業保険の給付期間は雇用保険の加入期間によって大きく変動すると言えます。 そのため、雇用保険の加入期間を通算できるか否かは大きな問題になりますが、結論をお伝えすると、 雇用保険の加入期間は通算可能になります。 そのため、退職する企業とその前の会社の雇用保険の加入期間を合算させて手続きが出来ますので、期間の変わり目に該当する場合は申告漏れがないようにしましょう。 妊娠で退職した場合は失業保険の期間を延長できる? 失業保険の給付期間は退職した翌日から1年以内となります。 そして、失業保険の基本原則は再就職までの支援であるため、 妊娠を理由に退職した場合は当面再就職が出来ないことから失業保険の給付を受けられない。 と考える方も多い言えます。 このような場合でも、 失業保険を受け取れるように「延長」をすることが可能になります。 退職後すぐに「受給期間延長の手続き」を行うことで、 元来の1年間の給付期間に加えて、最長3年間の延長が認められることから合計4年間の延長が可能になります。 手続きを行なっておけば、子育てがひと段落し再就職先を探すタイミングで失業保険の給付が受けられます。 失業保険の給付期間中に扶養に入ることができる? 失業保険の給付を受けながら扶養に入ることは可能ですが、これは失業保険の給付額によって変動します。 扶養家族に入る条件は、月の給与額が13. 5万円前後になりますので、 基本日額に置き換えると3,611円以下であれば扶養家族に入れます。 逆に、 3,612円以上の場合は扶養家族に入ることは出来ませんので事前に基本日額を算出しておきましょう。 失業保険は職業訓練を受けると給付時期を短縮できるって本当? その通りです。 通常、自己都合によって退職した場合は、失業保険が給付されるまで3ヶ月の期間が必要になりますが、 職業訓練を受講する場合は、受講開始のタイミングから失業保険を受け取ることが可能になります。 職業訓練を受けるメリットは、 受講が無料であるにも関わらず、交通費も支給されるなど多数ありますので、再就職に難航している場合はぜひ活用してみましょう。 まとめ 失業保険はいつからいつまで給付が受けられるのかについて解説を行いました。 退職理由は大きく「自己都合」と「会社都合」に分けられますが、その中でも、 「妊娠であれば給付期間の延長ができる」ことや「職業訓練を受ければ給付までの期間を短縮できる」などあまり聞かない制度も用意されています。 失業保険を正しく理解し使いこなすためにも上記の情報を含めてしっかりと調べるようにしましょう。

次の

妊娠が理由で退職した場合は失業保険はいつからもらえるの?│タメマガ

失業 保険 いつから

失業してから再就職するまでの間、全色で雇用保険に一定期間以上加入していれば「失業給付」がもらえます。 「失業保険」とはこの「失業給付」の通称です。 雇用保険の加入者に対して、失業した場合に「失業給付」がされることを一般的に「失業保険」と言っています。 さて、この「失業給付」ですが、失業したら自動的に給付されるものではありません。 今まで各種保険等の手続きは会社が行ってくれていましたが、失業すると会社には属さなくなるため離職以降の行動は会社としてはノータッチです。 会社の仕事は「離職票」と呼ばれる「雇用保険被保険者離職票」を退職者に発行して終了です。 では、その後失業給付をもらうためにはどのような手続きをしたらよいのでしょうか。 失業保険をもらうまでの流れをざっと説明します。 失業してから失業給付をもらうまでの流れ 離職票をもらったらハローワークへ行く 「雇用保険被保険者離職票(1)(2)」・印鑑・既定のサイズの写真2枚・普通預金通帳・マイナンバー確認証明書・本人確認証明書を持ってハローワークへ行きます。 窓口で求職の申し込みをする 失業者は無条件で失業給付をもらえるわけではありません。 窓口でまず失業状態で求職していることを申請します。 この求職の申し込みと同時に失業給付を受けられるか、受給者資格の確認をされます。 問題がなければここで「受給資格」が認められます。 失業給付に一歩近づきます。 初日はここまでです。 この申請を行った日から数えて7日間を「待機期間」といいます。 国が申請者を失業状態と確認するための期間で、法律的に定められています。 「雇用保険受給者説明会」に出席する 初日の窓口手続きからだいたい1~3週間後に「雇用保険受給者説明会」が開催されます。 およそ2時間の中で失業保険の仕組みを説明してくれます。 このとき、「求職活動計画書」が配布されます。 これは再就職までの求職活動を進めるための計画を記すものです。 再就職に対する意欲の確認のようなものです。 また同時に「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」も配布されます。 この二つは失業給付をもらうための大事な書類ですので、なくさないようにきちんと保管しましょう。 その後の「失業認定日」に必要になります。 初回「失業認定日」にハローワークで書類申請と面談 説明会から1~3週間後に初回の「失業認定日」があります。 ここで求職活動の実態・実績確認のための書類と職員による面談が行われます。 問題がなければここで「失業認定」がされ、初めて「失業給付」がされることになります。 「失業認定」後約4~7日程度で初日に持って行った通帳の普通預金口座に失業給付が振り込まれます。 どのくらいの期間働けば失業給付がもらえる? 雇用保険に一定期間加入していれば失業保険がもらえる、といいますが、その「一定期間」とは具体的にはどれくらいの期間なのでしょう。 よく「半年以上働いていれば」と説明される方がいますが、それは厳密には間違いです。 退職の理由が自己都合か会社都合かで「一定期間」も変わります。 自己都合退社の場合は、雇用保険に加入している期間が1年以上なければ受給資格は与えられません。 一方で会社都合の退職は加入期間は半年以上です。 この違いを理解していないと、失業給付の資格をもらえなかったなんて事態にもなります。 そもそも、勤務期間と加入期間が必ず一致するとは言い切れない部分もあります。 使用期間を設けている会社など、試用期間が満了し正規採用となってから雇用保険をかける場合もあります。 就職して1年働いたが、試用期間の3か月間は雇用保険に加入しておらず失業保険がもらえないというケースもあり得るのです。 自己都合退職には給付制限期間がある 雇用保険の加入期間が、会社都合退職よりも自己都合退職の方が長くないと失業保険がもらえないのは前項で説明しました。 ですが、自己都合退職の不利な点は他にもあります。 自己都合が理由で退職した場合は、失業給付をもらうまでに「待機期間」というものがあります。 これは、「自分の都合で退職をしたのならそれなりに当面の生活の準備ができるもの」として初回の給付までに3か月期間を設けるというものです。 失業保険目当てで就職しては退職を繰り返されては行政としても困りものなのです。 給付制限は、受給者資格を申請した日から7日間の待機期間ののち3か月与えられます。 その間失業給付はされず、初回の失業給付は待機期間満了後から次回失業認定日までの日数分になります。 ですから4週分満額はもらえないことになります。 しかし、この給付制限期間は失業給付額などに影響はありません。 待機期間7日間を過ぎてから給付制限満了日まではアルバイトをしても、制限期間後の失業給付はもらえます。 気を付ける点は、「待機期間を過ぎてから」です。 待機期間中にアルバイトをしていると、失業状態と認められないことがあります。 会社都合退職と特定受給資格者 倒産や解雇などの会社都合で離職した人は「特定受給資格者」と認定されます。 この「特定受給資格者」になると3か月の給付制限がなく、初回失業認定日から失業給付が始まります。 万が一、会社都合で退職したのに離職票では自己都合になっている、という場合はハローワークに相談をしましょう。 離職票の退社理由は、退職者の雇用保険を脱退するときに会社が書類を作成し、申請します。 そのときに手違いなどがないとは言い切れません。 自己都合でないことが証明されれば会社都合の離職になり、給付制限がなくなります。 失業保険を受給するのに忘れてはならない「失業認定日」 失業保険は申請すればもらえるようなお気軽な制度ではありません。 失業給付を受けるためには「今すぐ就職したいのに、就職先がない」とい場合の給付です。 つまり、働く気もない人には給付されません。 その「働く意欲・意志」を確認するのが「失業認定」です。 「求職活動をしているがまだ就職先が見つからない」という状態を確認・証明するために「失業認定日」があります。 ここで意欲があるのに失業状態であることが認められると「失業認定」をもらい失業給付が振り込まれます。 ですから、この「失業認定」を受けないと失業保険がもらえない、ということです。 「失業認定日」は4週に一回あります。 失業認定日は延長が可能ですので、もし万が一認定日に都合が悪い場合はドタキャンせずに連絡をして日にちを変えてもらいましょう。 会社仕事でなくても、「連絡・相談・報告」は自分を守る大事なツールであることを忘れずに。

次の

失業保険はいくら?いつからいつまで?期間や計算方法も紹介

失業 保険 いつから

ハローワークに離職票の提出と求職の申込みを行った日、いわゆる受給資格決定日から通算して7日間を待期期間といいます。 自己都合の離職であっても会社都合であってもどなたでも離職理由にかかわらず一律適用されます。 会社都合での離職は給付制限がありませんが、自己都合による退職の場合には給付制限期間が3か月ありますからすぐに受取ることはできません。 失業手当の受給額はいくら? 失業手当を受給されたことがない方の関心ごとは、「いくらの金額を受給できるのか」といった点でしょう。 所定給付日数分の全額を一括して受給できればいいですが、そのようなことはありません。 また、給料のように30日分というわけでもありません。 退職理由が解雇や会社都合であっても、必ず待機期間が7日あるため28日分よりも少なくなります。 見ずらいかもしれませんが、以下の図をご覧ください。 解雇・会社都合での退職した場合の初回給付日数 解雇・会社都合での退職した場合の例です。 初回失業認定日にハローワークに出向いて失業認定報告書を提出すると、待機期間中にアルバイトなどの仕事をしていなかったかの確認がされます。 問題がなければ、待機期間翌日の分から初回認定日の前日までの分が認定され、約7日後に失業手当 基本手当 が指定口座に振込みされます。 図の例ですと、21日分が支給されます。 次も第二回目の認定日にハローワークに行って、失業認定報告書を提出して、求職活動を2回以上行ったのかアルバイト等をしていたのかが確認されます。 ここで認定された日数分が、約7日後に振込みされます。 アルバイトで4時間以上働いたりしているとその日数分が減ります。 その後も28日分が基本になりますが、ゴールデンウィークや年末年始などの連休にかかる場合は、認定日がずれるので違ってきます。 自己都合で退職した場合の初回給付日数 今度は自己都合で失業した場合の例です。 まずは図をご覧ください。 上記図のように、5月10日から25日までの16日分が初回給付日数となります。 自己都合での退職では、7日の待機期間にくわえて、3ヶ月の給付制限期間もありますので、おおよそ、初回に振り込まれる失業手当日数はだいたい15日~22日分前後になります。 30~44歳は7,100円が限度、45~59歳の方でしたらどんなに高給取りであっても日額7,805円が限度額になります。 基本手当日額は毎年8月1日に見直があります。 給付金回数 日数 失業手当金額 初回 16日分 113,600円 2回目 28日分 198,800円 3回目 28日分 198,800円 4回目 18日分 127,800円 合計 90日分 639,000円 計算事例2 別のパターンで初回の失業手当金を見てみましょう。 自己都合で退職をして、平成27年2月23日にハローワークにて求職手続をした45歳のBさん。 雇用保険の被保険者期間が18年あり、基本手当日額が5,833円です。 最後まで支給を受けた場合には699,960円受給できます。 それでは、手続きの流れをご覧ください。 3月1日:7日間の待機期間終了• 3月5日:雇用保険受給者説明会に参加• 3月16日:第1回目の失業認定日(失業認定書に就職活動の状況等を記入しハローワークに提出します)• 5月30日:給付制限終了(自己都合のため3ヶ月間の制限期間があるため)• 6月22日:第2回目の失業認定日(就職活動を2回以上行い、第1回目と同じ手続きをして認定を受ける)• 6月26日:23日分の初回分の失業手当134,159円が振込まれる その後も2回以上の求職活動を行い、第3回、4回、5回、6回の失業認定を繰り返して失業手当を受給します。 私の場合は合計4回受取れますが、現在3回目の給付を待っている状態です。 失業保険を受取るまでにこれまでどのような手続をしたのか体験談を書きます。 仕事を辞めて一か月程経ったころに前の職場より離職票(1)(2)・雇用保険被保険者証が郵送されてきました。 受付の人に「今日初めて来ました。 失業給付金を受取りたいので手続きをしたい。 」と伝えると該当の窓口へ案内されました。 窓口で同様に伝えると求職申込書を渡され、記入した後に提出用の箱に入れて、名前を呼ばれるまで待つように言われました。 求職申込書にはこれまでの職歴や今後どのような仕事を希望しているか等を項目に沿って記入します。 私は正社員としての職歴は無いのですが、職歴欄を空欄で出すと、アルバイトでも良いので何か記入するように説明されました。 前職の前の仕事の退職日などは正確な日付は忘れてしまったと伝えたところ、だいたいでいいとの説明でした。 名前を呼ばれると係りの人に求職申込書のチェックをしてもらいます。 これで終わりと思いきや次はあちらの窓口へ行ってくださいと案内がありました。 案内された窓口では銀行口座や退職理由の確認をして(退職理由によって給付条件が変わるのでかなり重要)、諸注意を受け(次回来る日まで仕事をしてはいけないなど)、今後の手続きに必要な書類を受け取り、次回は~日に来てくださいと言われて初日は終了でした。 待ち時間含めて一時間半くらいかかったと思います。 次回一週間後の指定された日の説明会に行くと、ハローワークの利用方法や保険の給付についてのビデオ上映などでした。 かなり複雑だし途中睡魔も襲ってきましたが、手続きについての具体的な方法や不正受給の注意点がかなり凝縮された内容となっていて見応えがありました。 ビデオ鑑賞後補足説明があり、トータル2時間ほど要してこの日は終了。 5日後いよいよ初回認定日です。 私の場合は会社都合での離職であったため、自己都合での離職は初回認定日までに3か月の待機期間があるようなのですが、それが無くすぐに給付が受けられました(たまたま派遣の契約期間が満了したタイミングで継続せずに辞めただけなのですが、窓口の人へ確認したところそれは会社都合の扱いになると言われました)。 初回認定日は指定された日にハローワークへ行き、予め渡されていた失業認定申告書を提出しました。 しばらくすると名前を呼ばれ、一週間前後で給付金を口座に振り込むという案内があり終了でした。 トータル20分ほどでした。 一か月先の次回認定日までに二回以上の求職活動が必要と言われたので、その日の帰りに別の窓口へ行き求職相談して帰りました(これが1回分の実績になります)。 その二週間後くらいにまた窓口で求職相談して(比較的空いていると言われている午前中に行きましたが待ち時間45分、相談15分でトータル1時間かかりました)。 次回認定日にはまた初回認定日と同様の手続きをして、給付金が振り込まれました。 次の3回目の認定日までに求職実績を2回作らなくてはいけません。 ちなみに求職実績とは管轄によって異なるそうなのですが、私の管轄の所はパソコンで求人検索しただけでは実績にはならず、必ず窓口で相談しなければいけないと言われました。 私は職業訓練校に興味がありそのことについて質問しに行ってますが、相談員の方は威圧的な様子もなくいつもかなり親身になって相談に乗ってくれます。 給付金も受け取り安心して次の職探しに励めています。 ハローワークでの失業保険手続きについての体験 ハローワークで失業保険を頂いた時の体験談です。 私は2年ほど勤めた会社を辞めて、転職をする前にちょっとした休養期間を持とうと思っていました。 私は2年間働いていたので、失業保険から受給できるとわかったのですが、他に受給資格として、転職の意思を持って就職活動をしているかどうか、本人に就職できる意思と能力があるかどうか(健康体であれば大丈夫です)、受給前に12か月以上の被保険者期間があるかどうかとなっていましたので、思い直し働くことにしました。 健康上は、全く問題はありませんでした。 そしていよいよハローワークの扉をたたくのですが、その時には沢山の必要書類を持っていかなければいけません。 離職票、雇用保険被保険者証、写真2枚(サイズが決まっていますので前もって調べて撮りに行きました)、普通預金通帳(失業保険を送金してくれる時の口座を知るためです)、本人確認証(運転免許証で大丈夫でした)などです。 離職票は離職した会社が郵送してくれます。 辞めてから14日前後に送られてきた記憶があります。 雇用保険被保険者証はすでに会社から受取っています。 その日は手続きをしただけで、「後日にまた雇用保険受給者初回説明会に参加してください」と言われました。 また、これからの手続きについての冊子を頂きましたので、説明会当日までにきちんと読み込んでおきました。 そして説明会当日、大学の講義室のような場所で、2時間ほどの説明を受けました。 思っていたよりも複雑でした。 その際に、求職活動計画書と失業認定申告書、そして雇用保険受給資格者証などが配られました。 この説明会が終わってだいたい2週間後に、初めて第一回目の失業認定日となりました。 これらの書類は、個人番号などもありますので、大切に保管しておかなければいけないと説明を受けました。 確かに写真なども貼ってありますので、個人情報が印刷されている大切な証明書となります。 就職活動をする際にも必ず必要になってきますので、亡くさないようにしなければと思いました。 そして手当は一括で頂ける訳ではありませんので、4週間に1度通う必要があります。 ここで失業中と認定されれば、手当が受取れます。 その際、必ず最低2回は求職活動をしなければいけませんでした。 少ないように見えますが、意外と面倒でした。 私の場合は30歳で2年間の勤務をしていたので、90日の支給を受けることが出来ました。 年齢や就業期間によって受給できる日数や金額も変わってきますので、自己都合の退職でも最大で150日の受給が出来る人もいるんです。 これは20年以上の勤務が必要なので、中々難しいですけれどね。 気をつけなければいけないのは、手当を受取れる期間に給料が貰えるような仕事をしてしまった場合には、必ず申告しなければいけません。 たった1日だけのアルバイトでも同じです。 申告すると、その給料分を手当から引かれるのですが、申告漏れがありさらにそればバレてしまった場合には、大掛かりなペナルティを受けます。 ほぼ高確率でバレますので、必ず申告した方が良いかもしれません。 私の近くで、注意を受けていた人がいましたので。 せっかくの苦労と手当が台無しになってしまいます。 とにかく、90日(実質動き始めた時期を入れたら100日以上)をかけて、受給出来ました。 ハローワークには感謝しています。 まとめ 初回の失業手当は、日数としてはおおよそ15日~23日分くらいです。 たとえば、基本手当日額は、7,100円で受給日数が16日ならば、113,600円が初回失業手当になります。 基本手当日額とは、離職した日の直前の6か月間に毎月きまって支払われた賃金(賞与等は除きます)の合計を180で割った「賃金日額」から計算をします。 このように計算して残りの手当ももらえます。 以上、「初回失業手当はいくらもらえるの。 待機期間って何?」の記事でした。 《関連記事》 該当カテゴリー: 関連カテゴリー:、.

次の