サングローブ。 サングローブ

サンスポーツ取手本店(取手戸頭店):グローブ(グラブ)・スパイクの修理・オーバーホール

サングローブ

グローブ(野球グラブ)・スパイクの修理 オーバーホール(グラブ再生)は (サンスポーツ取手本店 におまかせ! 現在のオーバーホール納期 3ヶ月以上〜 (修理の内容によっても異なりますが、お急ぎの方はご要望書にその旨をご記入下さい) 営業時間の変更 朝 10:00 〜 夜 7:00 定休日 毎週木曜日(令和2年1月16日より) グラブ・スパイク再生・修理 (サンスポーツ取手戸頭本店)では独自開発した、グラブ・ミット・スパイクのオーバーホール<再生>をはじめとした修理、メンテナンス、またスタッフがこだわり厳選したアイテムを取り揃え皆様をお待ちしております。 野球道具天国にも掲載されました! 当社独自の方法で洗浄するため濡れても問題ありません サンスポーツ取手戸頭本店のグローブ(野球グラブ)オーバーホール・グローブ修理 グラブ修理 汚れたグラブ・ミットの革紐を取り、特殊な液で洗浄、除菌、消臭加工後、革を染色し、新しい硬式用の紐を通しなおします。 使い込んで汚れてしまったグラブも、古びてしまった思い出のグラブも再生ができます。 また、中学軟式から高校への硬式へ変わる時でも捕球面に補強革を入れますので「ポジションが決まっていない」「欲しいグラブがまだわからない」という方にも最適だと思います。 ご要望にあわせ同時に修理も行います。 --------------------------------------------------------------------------- サンスポーツ取手戸頭本店のスパイクオーバーホール・スパイク修理 汚れたスパイクの紐、金具を取り、特殊な液で洗浄、除菌、消臭加工後、修理、染色をし新しい金具、紐を付け直します。 履きこんで汚れ・穴の空いてしまったスパイクも再生できます。 ご要望にあわせP革加工なども同時に行います オーバーホールを年間数千個以上手がけ、あらゆるメーカーのグラブの再生実績をもとに、研究、勉強させていただいた結果、より品質の良い「革」を作ることが出来ました。 グラブ・スパイク再生・修理 代表寺田陽一が厳選し、絶大な自信をもつ最高級の「革」で作るグラブこそが、当社オリジナルグラブ《シャイニングスター》です。 特に「革」には究極のこだわりを持ち、「なめし」という工程を通常の倍以上の時間をかけて行うことにより、柔軟性に富み、しなやかな上に、非常に丈夫な「革」を作り上げました。 手にはめると、そのしなやかさと、手の平に吸い付くようなフィット感を直接感じることが出来ます。 そしてこのなめしこそが、最高級のグラブを作る為には重要な工程であり、最も時間をかけなければいけないというのが、再生実績を基に私が導き出した結論です。 もしお届けしたミットが使用前でしたら、返品も可能です。 基本的に受注生産となりますので、納品は一ヶ月以内となります。 期間中であれば再度、発注もうけたまわります。 (オーダーの場合は返品出来ません。 軽さを追求し、使い勝手が非常に良いグラブです。 ステアレザー仕様対象は小、中学生から一般の方まで幅広く使用できます。 当店のグラブは革の素材を証明(確信)できるステアとは思えないほどキメ細かなグラブです。 キメが細かくしなやかで軽さも追求し、高級感あふれるグラブです。 しっとりとして、キメ細かい感触が特徴です。 手入れによって、そのしっとり感はキープされ、なめらかで革らしいグラブの感触が続きます。 / 2011. 4 製作例UP 2010. 27 お買い得品、お客様の声UP 2010. 18 製作例UP 2010. 15 WEBサイトリニューアル 2014. all rights researved サンスポーツ取手本店 : 〒302-0034 茨城県取手市戸頭4-16-13 TEL. 0297-78-6616 FAX. 0297-78-8218 営業時間 AM10:00〜PM7:30 E-mail.

次の

サングローブの福利厚生・SEOの営業電話がマジでしつこいし迷惑だから愚痴る。

サングローブ

サングローブ株式会社が入る西新宿三井ビルディング 市場情報 未上場 略称 サングローブ 本社所在地 〒160-0023 6-24-1 西新宿三井ビルディング4F : 設立 事業内容 Webサイトの企画、制作、Webマーケティング、インターネット広告事業、各種販促物・印刷物のデザイン、制作、映像・CGの企画、制作、各種システム開発、総合広告代理事業、新規事業の企画、開発 代表者 林 崇史(代表取締役) 資本金 85,000,000円(資本準備金含む) 売上高 4. 9億円(2016年12月)8. 5億円(2017年12月)21億円(2018年12月)33. 6億円 2019年12月 従業員数 432名(2020年6月現在) 支店舗数 2 決算期 12月 外部リンク サングローブ株式会社(: sungrove co. , ltd. )は、グラフィックデザイン、広告代理事業、WEBサイトの企画・制作、WEBソリューション事業、デジタルマーケティング、映像、CGの企画、制作、各種システム開発新規事業の企画・開発を行う集客支援企業。 本社が、支社がに所在。 概要 [ ] 代表取締役の林 崇史が東京都文京区で2015年にスタートアップした企業。 当初、広告代理店出身者やWEB会社出身者、グラフィックデザイナーなどの仲間内だけで集まった少人数の会社だったが、業績拡大と共に、同年の10月に初めての一般採用を開始した。 2020年の6期目の現在では東京の新宿に本社オフィス、大阪の堂島に支社オフィスがある。 従業員数:432名(2020年6月現在)• 社員数:336名• アルバイト数:96名 沿革 [ ]• 2月19日 - サングローブ株式会社設立。 3月1日 - 東京都文京区千駄木にて事業開始。 12月20日 - 事業拡大に伴い、東京都新宿区西新宿へ移転。 8月23日 - 事業拡大に伴い移転。 (東京都新宿区西新宿6-12-1パークウエストビル8F)• 2月19日 - 事業拡大に伴い同ビルにて増床。 (東京都新宿区西新宿6-12-1パークウエストビル4F)• 9月27日 - 大阪支社開設。 (大阪府大阪市北区曽根崎新地2-3-13若杉大阪駅前ビル5F)• 10月29日 - 事業拡大に伴い増床移転。 (大阪府大阪市北区堂島2丁目3番5号大阪堂島ビル【旧 電通恒産堂島ビル】2F)• 5月7日 - 事業拡大に伴い本社増床移転。 (東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング4F)• 1月14日 - 事業拡大に伴い本社近くに東京本社サテライトを開設。 (東京都新宿区西新宿6丁目14番1 新宿グリーンタワービル22F)• 2月21日 - 事業拡大に伴い大阪支社近くに大阪支社サテライトを開設。 (大阪府大阪市北区梅田1丁目3番1 大阪駅前第一ビル6F) 事業内容 [ ]• グラフィックデザイン• WEBサイトの企画、制作• WEBソリューション事業• デジタルマーケティング• インターネット広告事業• 各種販促物、印刷物のデザイン、制作• 映像、CGの企画、制作• 総合広告代理事業• 新規事業の企画・開発 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

サングローブ株式会社について教えてください。福利厚生・SEO対策などで営...

サングローブ

ビジネスをやっている人であれば、一度は電話がかかってきたことがあるのでは? と思ってしまうくらい、株式会社サングローブからの営業電話が絶えません。 僕個人的には、以下のような理由から、なるべく一旦は営業の電話を受けるようにしています。 どういう営業をしてくるのか、自分の後学のためにチェックする• 「営業=悪」の考えは必ずしも持っていない サングローブに関しても、そういった考えから随分前に一度話を聞いたのですが、 「これは無いな」と思ったので断りを入れました。 しかーし。 その後も営業電話が鳴りやまない。 「鳴りやまない」は大げさかもしれないけど、数日に1回は必ずかかってきます。 しかも、固定電話も携帯番号も含め、番号を変えまくってかけてくるので、非常にタチが悪い。 分からない番号からの着信であれば、出ざるをえない局面はどうしてもあるので。。 崇高かつ孤高のサングローブ そんなこんなで、もう1回サングローブに関して軽く調べてみると、ホームページにはこんな記載が。 毎日のように鳴り止まないホームページ制作会社やSEO業者からの電話。 もう飽き飽きしている方もいらっしゃるでしょう。 、、これほど清々しいブーメランは久しぶりに見た。 「アンタらのことだよ」と来世の分まで叫びたい気分です。 そしてさらにその直後にはこう書いてある。 ただ、あまりに営業がしつこいからと言って、一概にこのような業者を嫌わないでくださいね。 笑 もはや、苦し紛れの予防線を張りたいのか、それとも本気でこちらを煽りに来ているのか分からないレベルです。 百歩譲って、電話営業をすることが悪だとは言わない。 ただ、一度電話をかけた先の結果の成否くらいは、コールセンターの中で共有しろと言いたい。 「NOと言ってるのに何回もかけてこられたら心象が悪すぎる」っていうこちら側からの目線を抜きにしたとしても、 ダメなところに何回もアタックするのは、アンタらの営業効率も悪すぎるだろっていう。 でも、曲がりなりにもウェブ関係でやってる会社なら、それで押し切ることによって生じるデメリットはケアせんで良いんですかね? まぁでも彼らもバカじゃないというか、収支的にはプラスになるから続けているわけで、実際騙される人が少なからずいるんだろうなと。 いや、「騙される」と書くとクレームを食らうかもしれません。 彼らのプランに乗って上手くいくことだって無いことはないのでしょう。 そもそもSEOとは? 福利厚生の提携とは? でも、彼らのようなやり方には、ウェブに疎い人がハマりやすいので一応書いておきます。 SEOとは検索エンジン最適化の意味で、GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索した時に、上位に表示されるようにする施策のことを言います。 検索結果で上位に入ると、アナタのビジネスがお客さんから見つけられやすくなるので、 ウェブ上で新規客の獲得を目指すのであれば、知識として色々知っておく必要があるのは確かです。 ただ、これにはいくつかやり方があるのですが、基本的には「絶対の正解がない」という類のものです。 ですから、例えば「必ず検索結果のトップに表示出来ます」などと謳う業者はまず見切って良いです。 カンの良い方は気づかれたかもしれませんが、上位表示を本当に実現できるのであれば、鬼の電話営業をする必要はありません。 自社を好きなだけ上位表示すれば良いからです。 SEOの効果というのは絶大で、ビジネスに関わるジャンルで上位表示できるのであれば、放っておいてもどんどんお客さんは来ます。 だから、基本的には「SEO業者が電話営業しまくり」というのは、その会社にSEOのノウハウが無いことを暴露しているのと同じです。 また、そもそもSEOに限らず、アナタ自身に良し悪しのジャッジが出来ないものを盲目的に取り入れるというのはかなり危険な行動だと思います。 お客さんを集めたいのであれば、せめて専門業者までとはいかなくても、「言っていることはだいたいわかる」という土俵くらいまではアナタのレベルを引き上げるべきですし、 業者任せの運任せにしてカモになるよりも前にすべきことはたくさんあります。 実際僕の周りでも「よくわからないけど契約してしまった」という方がけっこういますので、参考にして頂ければ幸いです!.

次の