八幡×バンドリ。 俺ガイル×BanG Dream!

ラブライブ!SS おすすめ二次小説作品まとめ【随時更新】

八幡×バンドリ

評価:A 原作:BanG Dream! 、やはり俺の青春ラブコメは間違っている ジャンル:クロスオーバー 主人公:比企谷八幡 投稿サイト:pixiv 天才と言われたほどの腕前 総武高校に通う比企谷八幡は、奇妙な女と出会った。 彼女は、やたらとハイテンションで周囲を巻き込むほどパワフルだ。 名前は、戸山香澄。 彼女の全力で取り組んでいる姿勢に衝撃を受けた八幡は、かつてのバンドメンバーとの面影をかさねつつ、しぶしぶと彼女に付き合うことになる。 しだいに集まるバンドメンバーに、総武高校の面々を思い出す八幡。 』二次小説作品です。 かつてバンドグループの一員だった比企谷八幡は、バンドを抜けました。 八幡は、刺激のない毎日を送っていたのです。 しかし、彼はガールズバンドに魅了し、バンドの音楽に憧れる少女に出会いました。 戸山香澄は、ランダムスターを抱え、その横で戸惑っている市ヶ谷有咲。 徐々にバンドを形成していく中で、彼女の台風のような周囲を巻き込むパワーは、八幡も翻弄します。 ただのクロスオーバーではなく、総武高校のメンバーがバンドをしていたりと、物語に深い役割を担っています。 八幡は、再びバンドに戻るのでしょうか? その他の物語は、から.

次の

博多一番どり居食家あらい FC八幡本城店(地図/写真/八幡西区・東区/焼き鳥)

八幡×バンドリ

都道府県 :• 全国のバンドリ!• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 茨城 0• 栃木 0• 群馬 0• 岐阜 0• 静岡 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 広島 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 長崎 0• 宮崎 0• 沖縄 0 カテゴリ :• 全てのメンバー募集• スポーツ 0• ボランティア 0• チャット 0• 街コン 0• 婚活 0• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のバンドリ!• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 茨城 0• 栃木 0• 群馬 0• 岐阜 0• 静岡 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 広島 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 長崎 0• 宮崎 0• 沖縄 0.

次の

バンドリ!|メンバー募集|ジモティー

八幡×バンドリ

63 ID:i5ZiPDYo /" ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ. 63 ID:1oa1Gp870 真姫「へ~それにしても。 二人共よく頑張ったわね。 おめでとう」 雪穂「えへへ。 ありがとうございます」 亜里沙「早く制服着たいなぁ。 着たいなぁ」 花陽「きっと二人に似合うと思うよ」 凛「うん。 それにしても凛達も来年から先輩か~」 花陽「そうだね。 大丈夫かなぁ…私」 凛「かよちんは大丈夫だよ。 ね?」 真姫「そうね。 凛よりは」 凛「え~言ったなぁ」 真姫「冗談よ。 鞠莉「そ、吸血鬼。 最近噂になってるんだヨ」 ダイヤ「はあ……」 鞠莉「あ、ダイヤ~? その反応信じてないネ?」 ダイヤ「まあ……」 生徒会室で連休前の仕事を三年生三人で片付けながら適当に話を聞き流す。 鞠莉「なんでも、ここ最近夜になると出るらしいんだヨ……」 果南「で、出る……?」 鞠莉「……血……血……って呻きながら、校舎内で女生徒の血を探して彷徨うリビングデッドが……!!」 果南「……ッヒ!!」 鞠莉さんがおどろおどろしい口調で、眉唾な噂を口にすると、果南さんが涙目になって、書類で顔を隠す。 というか、吸血鬼からリビングデッドに変わっているのですけれど……。 鞠莉「Ow! 」 ダイヤ「果南さん、大丈夫ですからね。 こんなのただの噂話ですわ」 果南「……ぁ、ぁはは……そ、そう、だよね……」 鞠莉「もう!! ダイヤ、邪魔しないでよー!!」 怖い話で脅える果南さんを見るのが楽しいのか、鞠莉さんがぷりぷりと文句を言って来る。 ダイヤ「はぁ……噂話もいいですが……。 早く仕事を片付けないと……。 明日からは10連休なのですわよ?」 今年のゴールデンウイークは長い。 ここで仕事を連休明けに持ち越すのはよくないと思い、今日三年生はAqoursの練習そっちのけで生徒会の仕事をさせて貰っているのです。 これで終わりませんでしたなんて言ったら示しがつかないし、申し訳も立たない。 鞠莉「んーもう……ダイヤは頭が堅いんだから! こんな忙しいときにWitに富んだJokeで場を和ませようってマリーの気遣いがわからないの?」 ダイヤ「はいはい……」 鞠莉さんの言葉を聞き流しながら、果南さんに目を配ると、 果南「……………………」 顔を真っ青にしたまま、フリーズしている。 果南さんは普段はサバサバしているけれど、怖い話が滅法苦手なのです。 怖い話が苦手な人は一度こういう話を耳にしてしまうと、それが頭の中にこびり付いてどうしようもなくなってしまうもの。

次の