ショート スリーパー 訓練。 ショートスリーパー®になる方法!睡眠時間を短くしても寿命が短くならない理由

何時間寝るのが正しい?自分にあった睡眠時間の見分け方

ショート スリーパー 訓練

世の中にはショートスリーパーという特性をもつ人がいる。 これはその名の通り、短時間の睡眠で平気な人をさす。 時間は有限でありその縛りからは誰も逃れられない。 お金を稼ぐために仕事をしなければならないし、生きていく以上食事や睡眠も欠かせない。 それでも、他に沢山やりたいことがある!という人は多いと思う。 そういった場合にどうやって時間をひねり出せばいいのか? 日常の生活の中に無駄な時間がない場合、それ以上に手っ取り早く時間を作り出すにはズバリ睡眠時間を削るしか無い。 ただし、睡眠時間を削るということは、それによって健康面に何らかの弊害が起こる可能性がある。 無理やり睡眠時間を短くして体調を崩してしまえば本末転倒だ。 ショートスリーパーのいいところは、短時間の睡眠で十分に休養が取れる為にそれ以上の睡眠を必要としないという点だ。 これは無理やり睡眠時間を短くしているのは根本的に違う。 体調にも影響せず、短時間ですっきり目覚められる。 そんなショートスリーパーになれれば、1日に使える時間がグッと増える。 では、このショートスリーパー。 果たして訓練などで後天的にそのような体質になることは可能なのだろうか? 実際に体をはって実験してみた!• ・ショートスリーパーとは まず、ショートスリーパーの定義について改めて確認してみよう。 Wikipediaによると以下のように定義されている。 ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。 一日の平均睡眠時間は7-8時間程度が健康的とされるが、6時間未満でも生活できる人間がいる。 ナポレオン、エジソンは4時間しか眠らなかったという説があるが、真偽のほどは不明である。 逆に、長時間の睡眠を要する人間のことを、ロングスリーパーという。 特徴 ショートスリーパーは、平均的な睡眠時間(7-8時間)の人間と比べて、レム睡眠が圧倒的に少ない。 ノンレム睡眠の時間はほとんど差が無い。 睡眠専門医の多くは、睡眠時間は遺伝子で決められているため、睡眠時間を縮めることは不可能だと指摘している。 年齢によっても睡眠時間は変わることがあり、若い時は睡眠時間が長く、高齢になるにつれ短くなる傾向がある。 睡眠サイクル(体内時計)が乱れると、睡眠時間が長くなることがある。 季節でも睡眠時間に変化はあり、夏は冬より短くなる傾向がある。 ポイントは「短い時間でも健康を保っていられる」という点と「レム睡眠が圧倒的に少ない」という点だ。 レム睡眠とはいわゆる浅い眠りのことで、この間に脳がその日の記憶を整理し夢を見る。 一方、ノンレム睡眠は深い眠りで、脳もしっかりと休息をとっている状態だ。 このノンレム睡眠を十分に取れるかどうかが、十分に休めるかどうかのポイントになる。 ショートスリーパーは短時間の睡眠であってもその中でノンレム睡眠が占める割合が多いため、結果として短眠でも一般人と同じ様に脳を休めることができるというわけだ。 これは睡眠の質に影響する非常に重要なポイント。 睡眠の質に関してはにも詳しく載っているので是非見てほしい。 ・ショートスリーパーになるためには? 訓練によって徐々に睡眠時間を短くしていき、やがてショートスリーパー同様に6時間以下の睡眠で脳が十分に休めるように慣らしていく、というのがよく言われるトレーニング手法だ。 要するに体に短い睡眠時間を慣れさせる、ということである。 もちろん、いきなり数時間も睡眠時間を短くすれば、ただの寝不足になるだけだし何より習慣化しない。 毎日少しずつ(数分~十数分)というのが重要だ。 そうしてゆっくりと体をなれさせていき、最終的に6時間以下の睡眠が日常的になり、そして十分に体が休息出来ていれば、晴れてショートスリーパーにジョブチェンジしたことになる。 さて、果たしてそううまくいくものだろうか? 実は僕も半年以上前から4時間半熟睡法という睡眠法を使って実際に短眠生活を続けている。 普段は夜中の1時近くまで起きていて、朝は5時半に起きるという生活だ。 詳しくはを参照してほしい。 では僕はショートスリーパーになれたのだろうか? ・実際にショートスリーパーになれた? 結論から言うと、僕はショートスリーパーにはなれていないと考えている。 確かにこの半年間、ほぼ毎日睡眠時間は6時間以下である。 別に日中極端に眠くなることもないし、特段体調がおかしくなったということもない。 実際に6時間以下の睡眠で問題なく日常生活を送れているのだ。 ん?ならば僕は立派なショートスリーパーじゃないのか?? ・僕がショートスリーパーになれていない理由 ・夢をよく見る 冒頭のWikipediaの引用の中に、ショートスリーパーの特徴としてレム睡眠が極端に少ないという点があった。 そして夢を見るのは脳の記憶の整理を行っているレム睡眠のときだ。 つまりショートスリーパーはほとんど夢をみないということだ。 しかし、僕は毎日の様に夢を見ている。 したがって僕の短い睡眠の中では十分に脳が休めていない可能性がある。 ・結局気合で起きている 僕の場合、毎日5時半に目覚ましがなるが、このまま2度寝したい衝動にかられるときは一度や二度じゃない。 つまり自然に目が覚めているというわけではなく、己を奮い立たせて起きているのである。 これは自分自身の単なる気力の問題である。 実は体はもっと睡眠を欲しているのではないだろうか。 ・夜は普通に眠い 実はこの4時間半睡眠法を続けてから、夜モーレツに眠くなることがよくある。 特に10時~11時頃が超危険ゾーンだ。 ブログ書いたり、勉強したりしていると気がつけばウトウトしていたりする。 寝落ちしないようとにかく必死である。 ・結論、訓練して睡眠時間を減らしても体質は変わらない。 が訓練する意味はある。 少なくとも僕の場合、残念ながら本当の意味でショートスリーパーにはなれなかった。 しかし、慣れによって日中の日常生活に影響のない範囲で睡眠時間を減らすことは出来ている。 朝晩眠いとは言え、慣れれば起きることはできる。 それによって毎日数時間の自由時間を手にはいるわけだ。 結果的には4時間半睡眠は続けてよかったと思うし、とりあえず体に異常をきたさない限りこれからも続けるつもりである。 ぜひ君も参考にしてみてほしい。 おしまい.

次の

あなたはショートスリーパー? 最適な睡眠時間を知る方法 特集「睡眠改善委員会」第2回

ショート スリーパー 訓練

世の中にはショートスリーパーという特性をもつ人がいる。 これはその名の通り、短時間の睡眠で平気な人をさす。 時間は有限でありその縛りからは誰も逃れられない。 お金を稼ぐために仕事をしなければならないし、生きていく以上食事や睡眠も欠かせない。 それでも、他に沢山やりたいことがある!という人は多いと思う。 そういった場合にどうやって時間をひねり出せばいいのか? 日常の生活の中に無駄な時間がない場合、それ以上に手っ取り早く時間を作り出すにはズバリ睡眠時間を削るしか無い。 ただし、睡眠時間を削るということは、それによって健康面に何らかの弊害が起こる可能性がある。 無理やり睡眠時間を短くして体調を崩してしまえば本末転倒だ。 ショートスリーパーのいいところは、短時間の睡眠で十分に休養が取れる為にそれ以上の睡眠を必要としないという点だ。 これは無理やり睡眠時間を短くしているのは根本的に違う。 体調にも影響せず、短時間ですっきり目覚められる。 そんなショートスリーパーになれれば、1日に使える時間がグッと増える。 では、このショートスリーパー。 果たして訓練などで後天的にそのような体質になることは可能なのだろうか? 実際に体をはって実験してみた!• ・ショートスリーパーとは まず、ショートスリーパーの定義について改めて確認してみよう。 Wikipediaによると以下のように定義されている。 ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。 一日の平均睡眠時間は7-8時間程度が健康的とされるが、6時間未満でも生活できる人間がいる。 ナポレオン、エジソンは4時間しか眠らなかったという説があるが、真偽のほどは不明である。 逆に、長時間の睡眠を要する人間のことを、ロングスリーパーという。 特徴 ショートスリーパーは、平均的な睡眠時間(7-8時間)の人間と比べて、レム睡眠が圧倒的に少ない。 ノンレム睡眠の時間はほとんど差が無い。 睡眠専門医の多くは、睡眠時間は遺伝子で決められているため、睡眠時間を縮めることは不可能だと指摘している。 年齢によっても睡眠時間は変わることがあり、若い時は睡眠時間が長く、高齢になるにつれ短くなる傾向がある。 睡眠サイクル(体内時計)が乱れると、睡眠時間が長くなることがある。 季節でも睡眠時間に変化はあり、夏は冬より短くなる傾向がある。 ポイントは「短い時間でも健康を保っていられる」という点と「レム睡眠が圧倒的に少ない」という点だ。 レム睡眠とはいわゆる浅い眠りのことで、この間に脳がその日の記憶を整理し夢を見る。 一方、ノンレム睡眠は深い眠りで、脳もしっかりと休息をとっている状態だ。 このノンレム睡眠を十分に取れるかどうかが、十分に休めるかどうかのポイントになる。 ショートスリーパーは短時間の睡眠であってもその中でノンレム睡眠が占める割合が多いため、結果として短眠でも一般人と同じ様に脳を休めることができるというわけだ。 これは睡眠の質に影響する非常に重要なポイント。 睡眠の質に関してはにも詳しく載っているので是非見てほしい。 ・ショートスリーパーになるためには? 訓練によって徐々に睡眠時間を短くしていき、やがてショートスリーパー同様に6時間以下の睡眠で脳が十分に休めるように慣らしていく、というのがよく言われるトレーニング手法だ。 要するに体に短い睡眠時間を慣れさせる、ということである。 もちろん、いきなり数時間も睡眠時間を短くすれば、ただの寝不足になるだけだし何より習慣化しない。 毎日少しずつ(数分~十数分)というのが重要だ。 そうしてゆっくりと体をなれさせていき、最終的に6時間以下の睡眠が日常的になり、そして十分に体が休息出来ていれば、晴れてショートスリーパーにジョブチェンジしたことになる。 さて、果たしてそううまくいくものだろうか? 実は僕も半年以上前から4時間半熟睡法という睡眠法を使って実際に短眠生活を続けている。 普段は夜中の1時近くまで起きていて、朝は5時半に起きるという生活だ。 詳しくはを参照してほしい。 では僕はショートスリーパーになれたのだろうか? ・実際にショートスリーパーになれた? 結論から言うと、僕はショートスリーパーにはなれていないと考えている。 確かにこの半年間、ほぼ毎日睡眠時間は6時間以下である。 別に日中極端に眠くなることもないし、特段体調がおかしくなったということもない。 実際に6時間以下の睡眠で問題なく日常生活を送れているのだ。 ん?ならば僕は立派なショートスリーパーじゃないのか?? ・僕がショートスリーパーになれていない理由 ・夢をよく見る 冒頭のWikipediaの引用の中に、ショートスリーパーの特徴としてレム睡眠が極端に少ないという点があった。 そして夢を見るのは脳の記憶の整理を行っているレム睡眠のときだ。 つまりショートスリーパーはほとんど夢をみないということだ。 しかし、僕は毎日の様に夢を見ている。 したがって僕の短い睡眠の中では十分に脳が休めていない可能性がある。 ・結局気合で起きている 僕の場合、毎日5時半に目覚ましがなるが、このまま2度寝したい衝動にかられるときは一度や二度じゃない。 つまり自然に目が覚めているというわけではなく、己を奮い立たせて起きているのである。 これは自分自身の単なる気力の問題である。 実は体はもっと睡眠を欲しているのではないだろうか。 ・夜は普通に眠い 実はこの4時間半睡眠法を続けてから、夜モーレツに眠くなることがよくある。 特に10時~11時頃が超危険ゾーンだ。 ブログ書いたり、勉強したりしていると気がつけばウトウトしていたりする。 寝落ちしないようとにかく必死である。 ・結論、訓練して睡眠時間を減らしても体質は変わらない。 が訓練する意味はある。 少なくとも僕の場合、残念ながら本当の意味でショートスリーパーにはなれなかった。 しかし、慣れによって日中の日常生活に影響のない範囲で睡眠時間を減らすことは出来ている。 朝晩眠いとは言え、慣れれば起きることはできる。 それによって毎日数時間の自由時間を手にはいるわけだ。 結果的には4時間半睡眠は続けてよかったと思うし、とりあえず体に異常をきたさない限りこれからも続けるつもりである。 ぜひ君も参考にしてみてほしい。 おしまい.

次の

ショートスリーパーになるための3つのコツと具体的な方法とは? |ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

ショート スリーパー 訓練

ショートスリーパーってなに? ショートスリーパーという言葉をご存知ですか? ショートスリーパーとは、睡眠時間が短い人のことを指します。 日本人の平均的な睡眠時間は7~8時間前後ですが、ショートスリーパーは6時間以上は寝ません。 中には2時間や3時間で起床する強者もいます。 寝不足でフラフラ、集中力も欠け仕事に身が入らない、こんな人はショートスリーパーとは呼びません。 それはただの睡眠不足の使えない人です。 エネルギッシュで活動的であってこその、ショートスリーパーなのです。 あなたは一日がもっと長くなれば良いのにと思ったことはありませんか? 仕事の後に遊びにも出かけたいし、家に帰ってゆっくりお風呂にも入りたい。 ストレッチも念入りにしたいし、友人とLINEでおしゃべりもしたい。 でも全然時間が足りなーい! そんな貪欲な現代人こそショートスリーパーを目指すべきです。 ショートスリーパーになれば、 やりたいことをする時間が増え、毎日がもっと充実したものになるでしょう。 健康面が不安だけど・・・睡眠時間が短いと病気になってしまうんじゃ!?」 そんな風に不安に思うのも当然です。 たくさん眠ることが健康につながると、私たちは幼いころから言われ続けてきたからです。 しかし実際は、8時間眠ったから健康、10時間眠ったからさらに健康、とはいきません。 人間は睡眠中、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。 レム睡眠とは深い眠りのこと、ノンレム睡眠とは浅い眠りのことを言います。 眠っているときは、一定のサイクルでこの2つを繰り返していますが、体を休め疲れを取るのはノンレム睡眠のときです。 つまりどんなに長く睡眠時間を確保したところで ノンレム睡眠の時間が短ければ疲労は回復しにくく、健康的だとは言い難いのです。 睡眠は量より質 ショートスリーパーはノンレム睡眠の時間が長く、レム睡眠の時間は短めです。 その結果、睡眠時間は短くとも健康で活動的な毎日が送れるようになっているのです。 女性にとって短時間睡眠最大の敵は美容に悪影響が出ないか? ですよね? 睡眠不足は美容の大敵 このように思い込んでいる人も珍しくありません。 ショートスリーパーになると綺麗を維持することができなくなるのでしょうか? 「答えはNOです」 ショートスリーパーだからと言って美しくなれないなんてことはありません。 芸能人の中にもショートスリーパーが存在します。 例えば• 上戸彩さん• 篠田麻里子さん• 橋本環奈さん いかがですか? 3人とも眩いほどの美のオーラを放っています。 どんなに睡眠時間が長くとも、頻繁にジャンクフードを食べたり スキンケアを疎かにしていれば美しさや健康をキープすることはできません。 栄養のある食事や、スキンケアに力を注ぐことで、短時間睡眠でも健康でツヤツヤになっていくことが可能です。 ショートスリーパーになる方法 では早速ショートスリーパーになる方法をご紹介します。 心配は無用です。 今晩から「睡眠時間は3時間!」というわけではありません。 段階を踏んで徐々にショートスリーパーに変わっていきましょう。 ショートスリーパーになるにはステップ1 ショートスリーパーになるには睡眠時間を減らす必要がありますが 生活習慣が乱れている人は、まず 生活のリズムを整えることから始めましょう。 生活リズムを整えるには、起床時間を設定することが重要です。 就寝時間が何時であろうとも起きる時間を一定にしてください。 そうすることで、その時間になれば目覚める習慣がついてきます。 起床時間に目覚めることが定着したら、次の工程に進みましょう。 ショートスリーパーになるにはステップ2 次は就寝時間を30分遅らせます。 体が慣れるには最低でも2週間はかかるので、睡眠不足を感じても焦らないでください。 2週間が過ぎスッキリ起きられるようになったら、さらに30分就寝時間をずらします。 それを繰り返し、自分が希望する時間まで睡眠を短くしてください。 ゆっくりと時間をかけることで、無理なくショートスリーパーに移行できるでしょう。 あいた時間で何をしよう? ショートスリーパーになって、あいた時間で何をしましょうか? 夜更けに一人でじっくりと過ごす時間、考えただけでワクワクする人も多いでしょう。 毎晩ネイルを塗りなおす• フェイスパックで美肌をキープ• 幼いころのアルバムを見返す• 行きたい外国のリスト作成• 恋愛映画をじっくり鑑賞• 自分だけのレシピノートを作る• ファッションスクラップブックの作成• 預貯金の確認• ブログ作成• マネタイズについて考える• 新しいビジネスを考える ショートスリーパーになると、毎日1時間以上自由になる時間が増えます。 よって、普段できないこんなことにまで手が回るのです。 あなたが作り出した、あなただけの時間をどうか有意義に過ごしてください。 ショートスリーパーの3つのデメリット さきほどまでメリットばかり書いてきましたが デメリットについても書いておきます ショートスリーパーに成功者が多いと言っても、結果的に高血圧、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞など 循環器系の病気にかかりやすいという特徴を持っています。 ショートスリーパーは特殊な体質と言えるので それを真似して実践しようとすれば、死亡リスクも伴いますし 体調をきたしてしまうことになりかねませんから注意が必要です。 ショートスリーパーデメリットとしてレム睡眠の時間が短くなる 忙しい、寝る時間がない! などの理由で毎日3時間以下の睡眠を続けていくと、レム睡眠の時間が少なくなることがわかっています。 レム睡眠は体は寝ているけれど脳は覚醒している睡眠状態でしたね この状態では、記憶の整理など、人間が生きていく上で大切な活動が行われているのです。 この状態の時に、きちんと活動できないという事は、結果として深い眠りに入れる状態 「ノンレム睡眠」の質も悪くなることに繋がり、視覚を使う仕事でのミスを連発してしまうことになります。 集中力が必要な作業の時にボンヤリした状態になってしまったら 命にかかわる危険にも繋がるのです。 心臓病、糖尿病のリスクが短時間睡眠で高まる?! 睡眠時間が短くなると、血液中の糖分のコントロールが効かなくなります。 また血圧も上がりやすくなり、心臓への負担も大きくなります。 短時間睡眠は血糖値が正常であっても、インスリンの働きが弱まってしまっているので たった一日3時間ほどの睡眠をとることだけでも成人病の リスクが非常に高くなってしまうと言われています。 マイクロスリープという状態が発生する危険 マイクロスリープとは、過度な睡眠不足に陥っている場合、自分が気がつかない無意識のうちに眠りに落ちてる状態を言います。 あなたも例えば、大事な会議の時など…絶対に眠ってはいけないのに 突然意識が飛んでしまったように眠っていた…なんてことありませんか? これこそがまさにマイクロスリープなんですね 会議などの座っている状態ですと、それほど大きな問題ではないかもしれませんが 車の運転時だったりすると、 衝突事故に発展する恐れもあります。 プラグイン• キーワード• 記事の質• SNSやってみたり たくさんやりたいこと、やらなければいけないことが出てきてしまい 結果睡眠時間を削る このような戦法をとって学んでいきました 結果として今現在ブログ(もう一個のほう)で稼げるようになり あなたに個人で稼ぐ方法として発信できる人間になることができています。 個人的には、根性論は嫌いなんですが何かをはじめる時は、 質より量が大事だと今でも考えています。 まとめ• ショートスリーパーとはなにか?• ショートスリーパーになる方法• ショートスリーパー3つのデメリット• 何かをはじめる時は質より量が必要 と書いてきました。 睡眠時間は長ければ良いということはありません。 量よりも質が重要なのです ショートスリープでも、体が楽なのであれば問題ありません。 ただし万が一、体調が悪い、肌にハリが戻らない、などの不具合があれば無理に睡眠時間を短くするのはやめてください。 体のつくりはひとりひとり異なります 睡眠時間を十分に確保する必要がある人もいるでしょう。 心身ともに健康な、ショートスリーパーを目指してくださいね。 したっけ! またDAOで!.

次の