グレート ジャーニー 意味。 グレートジャーニー

グレートジャーニー

グレート ジャーニー 意味

この重要な旅は、コロンブスの航海を遙かに凌ぎ、人類がこれまで体験したなかでも最大級の冒険にランクされるという。 また、フランスの有名な考古学者のボルドーは、人類の次なる「グレート・ジャーニー」は何かと問われ、「人類が他の惑星系に行く時だろう」と言っている。 1993年12月5日、南米最南端パタゴニア・ナバリーノ島からビーグル水道をカヤックで漕ぎ出したのを出発点として、アメリカf大陸を北上、ベーリング海峡を渡り、ユーラシア大陸を横断して、人類誕生の地であるアフリカ・タンザニアのラエトリに2002年2月10日に到着しました。 足かけ10年の旅となりました。 関野さんには河合塾で何度も講演をしていただき、南北アメリカ大陸縦断の旅は として発行しました。 しかし、 ベーリング海峡をわたりユーラシア大陸からアフリカ到着までの講演記録はこれまでまとめられていませんでした。 そこで今回から何回かに分けて掲載いたします。 関野さんは 「アメリカ大陸縦断は凸凹の連続だったけど、ユーラシア大陸は平らだった」と言いました。 この 「ユーラシア大陸は平らだった」という感想こそ関野吉晴さんしか言えない実感でしょう。 sekino.

次の

クレイジージャーニー

グレート ジャーニー 意味

Great Journeyとは、「」()と「」()の楽曲である。 概要 楽曲 曲名 Great Journey 磯佳江 路太 試聴 歌唱はの「」、は (:)、 (:)、 (:)の3名。 なお上記の3名は、がにも出演している。 (=ハ[]役、=チカ[三千歌]役、原=[宮より]役) に開催された7th「」演「i! 」Y2の中で新曲として歌唱披露され、・両へのが予告された。 を近作では上述の「i! 」演の曲「」を手がけた磯佳江が、作を曲「」の者であり、はのとして活動している「」ことが担当している。 のは、時代の「」以来約3年8ヶぶりとなる。 発売なに配信発売は。 との開催は、の前作「」にて開催された以来、およそ4年半ぶりである。 プリコネR (土)12:00開始の「 MER! 」の曲としてが予告され、後編がした(木)にされた。 にはからの3名が登場する。 その他にもに「」が、また後編に出現するとして「」()にて(・役、・[奈]役)がのムとして考案した「」と、「 42」()の「が解けちゃった」(翌日配信)にてが描いた「きゅうこんちゃん」が登場する。 予告には (予告1)、 (予告2)、 (予告3)の3名が登場し、報酬が通常より1枚多い3種類用意された。 楽曲のを伴うのにおいて、 内予告にが3名登場するのは今回が初である。 () 関連動画 関連リンク• 関連項目•

次の

グレートジャーニー、地球を歩いて気づいたこと

グレート ジャーニー 意味

ツーリング経験、多数あります。 友人などでもグレートジャーニーを使用している者がいましたが、キャリア、バッグに関してはそれ程使いやすいものではありません。 特にグレートジャーニーのキャリアが貧弱なのは有名で、ちょっと重い荷物を載せたりハードに使うと、簡単に折れてしまいます。 バッグもそれなりの価格はしますが、オルトリーブやドイターの製品に比べると、形だけの安っぽい印象が否めません。 バッグ、キャリアに関しては使いやすいものを別に選んで取り付けた方が良いかもしれません。 しかし、これを行うと敢えてグレートジャーニーを選ぶ必要性は薄れ、一般的なクロスバイクやMTBにキャリアを装備しても同じです。 ツーリング用自転車というコンセプトで販売されている自転車はグレートジャーニー以外はほとんどありませんし、価格的には多少グレートジャーニーが安いのかもしれませんが、特にこのバイクに拘らなければならない理由もあまり無いような気がします。 そこそこ安い価格で、最初からツーリング用の装備一式が装着されているという気楽さがメリットでしょう。 また、前後に4個のバッグが装着されていますが、通常のツーリングであれば前二つ、又は後ろ二つのどちらかで十分です。 無補給で大陸横断をするのならともかく、一般レベルでは4個のバッグは絶対に必要ありません。 A ベストアンサー AbsoRedさん こんばんは まず質問を読んでの私なりの意見を述べさせて頂きますね。 私だったら往復で高々15Kmしかないのにグレートシャーニーを持ち出す必要は無いと思います。 荷物が沢山有るとの事ですが、どの程度の量か解りませんがママチャリと呼ばれる軽快車では色々工夫しても乗せる事が不可能な量なのでしょうか???私が自転車の事を説明する時に車に例えるのですが、ロードバイクはフェラーリやポルシェ等のレーシング仕様のスポーツ車・MTBはパジェロ等のオフロードレースに使うスポーツ車・軽快車は軽トラックと称しています。 つまり軽トラックとは2トン車やトレーラーまでの積載能力は無くても、工夫次第で結構の量を積める車と言う事です。 従って軽快車でも工夫次第で結構な量を積めると言う事です。 そしてグレートジャーニーは、元々は例えば日本一周をするとかアフリカ大陸を横断する等の超長距離ライド用の自転車ですから、高々往復で15Kmしか走らない方がグレートジャーニーまで持ち出す必要があるのかしら??????と考えました。 上記したことはさておいて、御質問のグレートジャーニー1と2の違いですが、外観を見てお解りのとおりジャーニー1の方は附属のバックがリアにしかないですよね。 それに比べてジャーニー2はフロントにも附属のバックが付いています。 その点が違いです。 つまりジャーニー1はフロント用のバック、フロントキャリアが元々ないわけです。 それでいて2車種の価格は同じですよね。 ですからジェーニー2で掛っているフロントのバックやフロントキャリア分の価格を、ジャーニー1では自転車そのものの部品代に使っていると言う事です。 一番解り易い部分ではジャーニー2のディレーラーは、3万円位で買えるギアー付き自転車に使っている超低価格のディレーラーを使っています。 ジャーニー1では一般的に10万円又はそれ以上の価格のロードバイクに使われているディレーラー(ジャーニー2より2ランク上のディレーラー)を使っています。 そう言う自転車そのものに使われている部品の質(丈夫さ等)が違っています。 ですからジャーニー1の積載量で良いのなら、ジェニー2よりコストパフォーマンスが高いのがジャーニー1です。 以上何かの参考になれば幸いです。 AbsoRedさん こんばんは まず質問を読んでの私なりの意見を述べさせて頂きますね。 私だったら往復で高々15Kmしかないのにグレートシャーニーを持ち出す必要は無いと思います。 荷物が沢山有るとの事ですが、どの程度の量か解りませんがママチャリと呼ばれる軽快車では色々工夫しても乗せる事が不可能な量なのでしょうか???私が自転車の事を説明する時に車に例えるのですが、ロードバイクはフェラーリやポルシェ等のレーシング仕様のスポーツ車・MTBはパジェロ等のオフロードレースに使うスポ... Q 自分は近いうちに「GIANTグレートジャーニー2」の購入を考えているんですが、そこで詳しい方に質問なんです。 1 バッグは、購入時に付いてますか? 2 グレートジャーニー2のタイヤの太さはどれくらいですか? 3 タイヤの取り外し 車などに積む時 は、簡単にできますか? 工具が無くても取り外せるか 4 車色は、シルバーとブラックのみですか? 5 使用用途によって全てのバッグの取り外しは、可能ですか? 6 後キャリアの積載量は、どれくらいですか? 人の体重くらいでも大丈夫? 7 自分は、172cmくらいなんですが、フレームのサイズはどうすれば良いですか? もうすぐ高校生なんで、まだ身長は伸びると思うんですが・・・ 8 購入したら速度メーターなどを付けたいと思っているんですが、ワイヤレスの方が良いですか? 車で持ち運ぶ機会が多くなると思います 9 ライトは、白光で一番明るい物が良いんですが、なにかご存知の商品ありませんか? すごく明るくて路面を照らせる物が良いです A ベストアンサー 1.付属します。 一般的なMTB 26x1. 95~2. 10)より若干細め 3.工具がなくても取り外し可能 クイックリリースによる 慣れれば簡単ですが、コツ必要 特にリア) 4.2008年モデルはおそらくシルバーのみ 5.可能 6.不明。 ただ、大人の体重 65Kg はやめておいたほうが無難。 幼児の体重 20kg程度)までなら問題ないと思う 7.微妙なところだけど、ツーリング目的なら500mm M かな 8.好き好き。 使い勝手はどっちも大差なし。 ワイヤーのほうが、価格が安く電波の混線がないというメリットがあり、 ワイヤレスは見た目がすっきりする。 cb-asahi. cycle-yoshida. holkin. html 1.付属します。 一般的なMTB 26x1. 95~2. 10)より若干細め 3.工具がなくても取り外し可能 クイックリリースによる 慣れれば簡単ですが、コツ必要 特にリア) 4.2008年モデルはおそらくシルバーのみ 5.可能 6.不明。 ただ、大人の体重 65Kg はやめておいたほうが無難。 幼児の体重 20kg程度)までなら問題ないと思う 7.微妙なところだけど、ツーリング目的なら500mm M かな 8.好き好き。 使い勝手はどっちも大差なし。 ワイヤーのほうが、価格... A ベストアンサー Great Journeyの良いところは、キャリアとバッグが最初からついててお買い得!ってところなんです。 北海道一周や大学の自転車部の人でよくみかけました。 お値段の割に悪くないってみんな言いますね。 テントや調理器具をあなたが持ち、シュラフくらいは各自なんでしょうか。 4つもサイドバッグ必要かなぁ。 輪行する=バッグもキャリアも外す、ですからその手間を想像して下さい。 キャリアは前後どちらか一方にしたほうがいいですよ。 輪講袋は前輪のみ外すタイプがおススメです。 これは畳んだときもかさばらず、キャリヤやバッグも(1個なら)入ります。 輪行するとなると15キロは重い方ですよね。 12~3キロのMTBいくらでもありますから。 しかもサイドバッグもあるし。 ただ、ずっとかついで歩くわけじゃないから大丈夫じゃないですか? 駅の階段とかは手分けして運ぶとか何回か往復すればいいでしょう。 cb-asahi. html Q 一応学んだつもりですが、言葉の意味を間違って使っていたら指摘してください。 自転車によるツーリングを予定しており、何を買おうか迷っています。 テントや器具を積み、日本中を旅する大学サークルでのキャンプツーリングです。 自転車を選ぶにあたってこんなことを思っているのですが、他にどんなことに注意したらよいでしょうか? ・ロードレーサーはあまり向いていない ・キャリア取り付け可能 ・ドロップハンドルが良い ・丈夫な車体、長距離に耐えうる太いタイヤ 具体的な候補は、 ・TREK520(一番好きです) ・GIANT グレートジャーニー(世界一周に耐えうると聞きましたが、日本各地のツーリング程度には重すぎるでしょうか?) ・ランドナー、スポルティーフ(本来ツーリング用として作られたものということですが、やはり数が少なくきついです) なのですが、これらはツーリングに向いていますか? 実際気合いさえあればなんでもできると言う意見もありましたが、やはり適性があってかっこいいものがいいです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー >・ロードレーサーはあまり向いていない 狭い意味での競技向けロードはおっしゃるとおりです。 そうではないコンフォート=旅行向けロードも存在します。 >・キャリア取り付け可能 キャリアが取り付け可能な高級ロードバイク?というと GERY-FISHERのロードバイクですね。 =カーボンフレームだが 隠しダボを前後に備えており、キャリア取り付けが可能。 でも、カーボンの特質=打撃に弱い事を考えると実用性は????ですね クロモリバイクが耐久性・修復性からはベストですが… >・ドロップハンドルが良い ドロップハンドルも最近2極化が進んできています。 浅曲がりでドロップ・リーチの少ないコンパクトハンドル・ 深曲がりでドロップ多めのアナトミックハンドル=こちらが旅行用と言われます。 なぜか?それは、旅行用の車体自体のヘッドが高く、 浅曲がりのハンドルだと余り空気抵抗に対しての意味合いが無いからです。 =伝統的な深曲がりの丸ハンドルもスタイルから好まれますが… >・丈夫な車体、長距離に耐えうる太いタイヤ 積載性をも含めた丈夫な車体という考えになると ロードバイクは適用外ですね。 太いタイヤは、端的に「毎日空気圧を確認する必要がない、走行中に空気が無くなりにくい、 乗り心地がよい」という利点で選択すべきですね。 28c以下のタイヤだと、耐荷重の面からも、走行中に空気が減りやすいですね。 >具体的な候補は、 >・TREK520(一番好きです) うん。 ジオメトリなどからも、この車体はロードらしさはまるでありません。 =ホイールや車体が頑丈すぎる・チェーンステーが長すぎる これをロードとして買うと大間違いですが、 おっしゃる目的には最も向いています。 ホイールやキャリアといい、 現代のランドナー(泥よけが標準ではないのでスポールティーフか?)です。 >・GIANT グレートジャーニー 重すぎるというか、在る意味日本国内の舗装道路を走る上では 不必要なサスと車体構成とはいえます。 ルイガノにも同系列車種があります。 北海道内の峠では、同じに持つ満載していても これらフロントサス付き車両は押して歩いていたりしますが TREK520のようなランドナー・クロスバイク系はしっかり走っていることが多いです。 >・ランドナー、スポルティーフ 現代風にアレンジされた=車輪規格を流通の多い物に変更した車種であれば 選択肢の一つだとは思います。 この3種の中で、荷物を積載したときの走行性能が一番良いのは これらのランドナー類です=クロスよりも重心の低い、掛かりの良いジオメトリを持っています。 問題はコストパフォーマンスでしょうね? >・ロードレーサーはあまり向いていない 狭い意味での競技向けロードはおっしゃるとおりです。 そうではないコンフォート=旅行向けロードも存在します。 >・キャリア取り付け可能 キャリアが取り付け可能な高級ロードバイク?というと GERY-FISHERのロードバイクですね。 =カーボンフレームだが 隠しダボを前後に備えており、キャリア取り付けが可能。 でも、カーボンの特質=打撃に弱い事を考えると実用性は????ですね クロモリバイクが耐久性・修復性からはベストですが… >・ドロップハンドルが良い ド... A ベストアンサー 日本一周経験者です。 実物の付属パニアバックは店頭で触っただけなんだけど、だいたいああいうのは防水があってもほとんど意味ない。 カバーかけるタイプのやつも気をつけて。 なぜなら見える範囲の外側をカバーでガードするだけだから。 車輪側はほとんどカバーできないから、車輪が水を巻き上げてカバーの内部に水が入って結果的にビショビショコース。 日本一周でそれなりの雨天時の走行もあるのなら、防水はしっかりしておいた方がいい。 付属のパニアだったら、中に入れる衣類などの荷物を全てジップロックのような袋に入れて小分けにするならばバッグが防水じゃなくても大丈夫なんだけどね。 私はオルトリーブのバックローラークラシックにしました。 かなり優秀ですよ。 ちなみにGMTのキャリアにも「おそらく」つく。 というのは、バッグ背面にあるキャリアに接続する部品の可動域がかなり大きいので、ほとんどのキャリアに合わせることができるから。 万が一合わない場合は、別売りのアタッチメントを使えば大丈夫。 GMTの場合なぜかフロントサイドのバッグが付属しないから、日本一周だったら必要になってきて買うことになると思う。 だったらフロントリアともにオルトリーブで揃えたほうがカッコイイよ。 >ルイガノGMT以外にオススメの旅ができる自転車があったら教えて下さい。 LGS-GMTは良い選択肢だと思うよ。 私はもう絶版になってるみたいだけど、アンカーのUC9にした。 キャリアから何から好きなのを選びたかったんで。 でも実際に日本一周してみて思ったのは、タイヤは26インチでも良いかもってこと。 最初は700Cじゃないとなんて思ってたんだけど、どこでも修理できるってなると26インチのほうがいいね。 ただ個人的にはディズクブレーキがきになる。 性能とかは申し分ないんだけど、メンテナンスがちゃんとできるかどうかで、私は長旅ではちょっと自分の腕に自信なくて使えなかった。 メンテがちゃんとできるんだったら絶対ディスクブレーキのほうが安心だよね。 輪行の時も壊しそうで…… これは自分がビビりだからなんですけどね。 余計なお世話だけど、ペダルは片面ビンディングにすると良いよ。 シューズはMTB用のビンディングシューズだと楽。 んでもってクロックスかなんかのサンダルをくくりつけて、キャンプとか宿ではサンダル履いて、走行時はビンディングだと良い感じ。 ていうか、日本一周だとキャンプツーリングだよね? 日本一周経験者です。 実物の付属パニアバックは店頭で触っただけなんだけど、だいたいああいうのは防水があってもほとんど意味ない。 カバーかけるタイプのやつも気をつけて。 なぜなら見える範囲の外側をカバーでガードするだけだから。 車輪側はほとんどカバーできないから、車輪が水を巻き上げてカバーの内部に水が入って結果的にビショビショコース。 日本一周でそれなりの雨天時の走行もあるのなら、防水はしっかりしておいた方がいい。 付属のパニアだったら、中に入れる衣類などの荷物を全てジップロック... Q 初めまして、ツーリング全くの初心者 女性 です。 普段はママチャリでサイクリングをしたりジムで自転車マシン!? を漕いでいる程度です。 今年の夏休み(9月予定)は、7~10日ほどかけ神奈川から名古屋方面へ観光しながら東海道をツーリングしようと思っています。 途中、箱根は山道に自信がないので、そこだけ電車で輪行するつもり・・ そこで、ママチャリ以外の自転車を購入しようと思っているのですが、何を選んでいいかよくわかりません。 (気持ちはランドナーに傾いています。 ) 今回の旅行の後は、殆ど日帰りか一泊程度のツーリングでの使用となると思います。 電車で運んだり、車に積んだりもしたいです。 また、テントや自炊道具を積んでのキャンプ旅は今のところ考えていません。 ちなみに、女性で身長168cm、普通体型です。 あと、ミニベロはちょっと苦手です。 最初、予算3~5万のトレッキングバイク!?を考えていたのですが、色々調べていくうちにランドナーという種類があるのを知り、ずっと大切にのるのなら、がんばって10万前後かけてもいいかな、と思っています。 ただし初心者なので、いきなり分不相応な感じもするので迷っています。 そこで 1 ランドナーなら丸石、深谷ダボス!? (予算的にそこまで)どちらがオススメか? 2 関東でランドナーが展示してあるお店があるか? 3 ランドナー以外でオススメの自転車は? 4 その他アドバイス など、一つでも、なんでもいいので教えてください。 長くなりましたが、宜しくお願い致します。 初めまして、ツーリング全くの初心者 女性 です。 普段はママチャリでサイクリングをしたりジムで自転車マシン!? を漕いでいる程度です。 今年の夏休み(9月予定)は、7~10日ほどかけ神奈川から名古屋方面へ観光しながら東海道をツーリングしようと思っています。 途中、箱根は山道に自信がないので、そこだけ電車で輪行するつもり・・ そこで、ママチャリ以外の自転車を購入しようと思っているのですが、何を選んでいいかよくわかりません。 (気持ちはランドナーに傾いています。 ) 今回の旅行の後は... A ベストアンサー #1さんのご意見に賛成です。 私も軽いめのマウンテンバイクに、街用タイヤで、長距離&輪行仕様にしています。 輪行をされるのなら、初心者にはランドナーはちょっと大変なのと、 慣れないドロップハンドルは危ないです。 何より、重いですし・・・ あと、長時間のツーリングはお尻が痛くなるので、サドルは女性用のにしましょう。 ポジションによってもかなり違いますので、高さや角度はショップで相談してみてください。 ヘルメットは必ず被って下さいね。 また、ライトやロック、パンク修理キットなどについても相談してみてください。 輪行の仕方やパンク修理の方法も教えてもらった方がいいですね。 関東のことは全く知りませんので、お店についてはアドバイスできませんが、 ちょっと奮発して、なるべく軽くて丈夫な自転車を選ばれた方が、 より楽しいツーリングになると思います。 私が初心者の頃からいろいろと教えてもらったところです。 nifty. com. nifty. 私も軽いめのマウンテンバイクに、街用タイヤで、長距離&輪行仕様にしています。 輪行をされるのなら、初心者にはランドナーはちょっと大変なのと、 慣れないドロップハンドルは危ないです。 何より、重いですし・・・ あと、長時間のツーリングはお尻が痛くなるので、サドルは女性用のにしましょう。 ポジションによってもかなり違いますので、高さや角度はショップで相談してみてください。 ヘルメットは必ず被って下さいね。 また、ライトやロック、パンク修理キットな... Q ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。 MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。 ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。 geocities. html トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。 それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。 基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。 もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。 マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。 元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。 私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。 登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。 マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。 つらければダンシングで上ればいいし。 geocities. html トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。 それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。 基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。 もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。 マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、... A ベストアンサー tuffaさん こんばんは 世の中にはスーパーやホームセンターで売られている1万円で十分おつりがくるママチャリで日本一周をする兵もいますから、長距離ツーリングに適してない自転車は存在しないのかもしれません。 と言う事を前提に置いて説明しますね。 長距離ツーリングで一番考えがいとならない事が、ツーリング先での故障です。 故障が起こった段階で修理出来ないとその時点でツーリングはおしまいになってしまいます。 一番多い故障は、タイヤのパンクです。 tuffaさんもご存じと思いますけど、まともなスポーツサイクルは「クイックリリース式」と言う方式でホイールがフレームに固定されています。 したがって前後のホイールをフレームから外して再度取り付けるのに、慣れた人だったら10分位で可能なんです。 それに比べ俗称ママチャリと呼ばれているシティーサイクルの場合は、ホイールを外すのにブレーキを外して等結構厄介なんです。 ですからタイヤの中のチューブに亀裂が起こってのパンク等でチューブ交換をする場合、まともなスポーツサイクルは替えのチューブを持ってさえいれば簡単に短時間で交換が可能ですけど、ママチャリの場合は色々な道具を使って時間をかけてばらして交換する事になります。 と言う事を考えただけでもママチャリでの長距離ツーリングは避けた方が良いでしょうね。 後は「MTBルック車」等と言って2万円位の低価格でスポーツバイクの雰囲気だけを味わえるスポーツバイクの形状をしたママチャリが売られています。 そう言う自転車ですと、部品も値段なりの部品しか使ってなくて長距離走行に耐えられない場合も多々あります。 そう言う自転車は主にホームセンターやネット通販専門店で販売されています。 ですからそう言うショップでの購入は避けましょう。 もちろんそう言うショップでもきちんとした自転車を販売しているショップも多々ありますから、値段とメーカーで選ばれたら良いと思います。 自転車の車類にもよりますけど、5万円位以上の価格でまともな自転車屋さんで販売している車種なら、本当の意味での長距離ツーリング向けかどうかはさておいて長距離走っても問題がない車種が沢山売られています。 何処で買うにしてもそう言う自転車を買われたら良いと思います。 #2さんには物凄く申し訳ない事を言う様ですけど、保存状態や走行距離にもよりますけど4年使っていたら「いつパンクしてもおかしくないですよ」と自転車屋さんに言われても致し方がないでしょう。 そんなにタイヤをケチって使わない方が良いと思います。 安全の為にもね。 パンクしないまでもタイヤの本来の性能では走れないでしょうから・・・・。 以上何かの参考になれば幸いです。 tuffaさん こんばんは 世の中にはスーパーやホームセンターで売られている1万円で十分おつりがくるママチャリで日本一周をする兵もいますから、長距離ツーリングに適してない自転車は存在しないのかもしれません。 と言う事を前提に置いて説明しますね。 長距離ツーリングで一番考えがいとならない事が、ツーリング先での故障です。 故障が起こった段階で修理出来ないとその時点でツーリングはおしまいになってしまいます。 一番多い故障は、タイヤのパンクです。 tuffaさんもご存じと思いますけど、ま... A ベストアンサー 私も学生時代は自転車ツーリングの日々で、休みごとに長期で走っていました。 北海道への聖地巡礼(笑)も毎年行っていました。 まず自転車ですが、他の方も書かれているようにツーリングに適した自転車というのは一般的なロードバイクとはかなり異なります。 ロードバイクはレース用ですが、ツーリングとなると実用車です。 馬に例えるなら、ロードバイクが入念な調整、世話をして、一発のレースで最高の走りをするサラブレッドであるのに対し、ツーリング用自転車は最低限の水とエサで死ぬまで働かされる馬車馬や農耕馬です。 サラブレッドは馬車を引けませんし、馬車馬や農耕馬は速くは走れません。 とにかく壊れずに安定して走ってくれる自転車がツーリングに適した自転車です。 ロードバイクはレース用ですから、定期的なメンテナンスなどそれなりの扱いをしてやらないとすぐにトラブルが発生します。 またギアもノーマルの状態では高速寄りの重いギアの場合が多いです。 その意味ではキャノンデールのCAAD9などは非常に良いフレームではありますが、荷物を積んだロングツーリングには向きません。 キャリアの取り付けも原則不可能ですしその耐久性も微妙な所です。 DEFYやFELTのZシリーズは荷物を極力減らした快速系ツーリングを目指すなら何とか大丈夫という所ですね。 逆にこのスタイルは旅慣れた上級者向けだと思います。 難しい事を考えずに、一応のツーリング用自転車をという事ならジャイアントグレートジャーニーやルイガノのGMTをお勧めします。 ベストではないにしてもとりあえず大きな失敗はありません。 これらをベースに自分流に改造する手もあります。 私はこれまでのロングツーリングではすべてMTBをオンロード用タイヤに交換して、後ろにキャリアを付けてサイドバッグを二つ付けるというスタイルでした。 ドロップハンドルは確かに様々なポジションが取れ楽ではありますが、これはかなり慣れの要素も大きいと思います。 また、耐久性という点から見ると圧倒的にMTBの方が有利なのは事実で、自分は海外ツーリングへも頻繁に行っていたため耐久性優先でMTBを使っていました。 ポジションに関してもバーエンドを追加する事である程度は増やせます。 もちろん国内の舗装路メインであればさほど耐久性が必要とは思えませんからドロップハンドル採用のツーリングバイクでも問題はありません。 この辺は自分の旅のスタイルと何を優先するかで考えましょう。 ホイールは絶対に一般的な手組みホイールにすべきです。 キャリアとホイールは最も壊れる可能性が高いパーツです。 自分は実家に予備のキャリアとホイールを用意してトラブルの際には送ってもらえるようにしていました。 フレームの材質に関してては特にこだわらなくても良いと思います。 確かにクロモリは修理が容易ではありますが、余程ひどい扱いをしない限りはフレームが壊れる事もありません(特にMTBなら)。 国内ツーリングであればフレームの破損はまずあり得ませんので、フレーム材質をクロモリに限定すると自転車が限定されてしまうと思います。 泥除け対策は必要ですが、後ろにキャリアを付けてキャリア上面にプラスチック板などを置けば泥除けの役目を果たしますから専用品は必要ないでしょう。 また左右のサイドバッグの上にも荷物を載せるのなら荷物が泥除けの役割を果たしてくれます。 防水の袋などに入れると荷物も濡れません。 余計なパーツは輪行や修理が必要になった時に邪魔になります。 荷物も極力減らしましょう。 持っていたほうが便利かも、というものはまず必要の無いものです。 国内であれば至るところにスーパーやコンビニがあり何でも買えますから仮に食料や装備が無かったとしても命に関わる事はまずありません。 使うか分からない重い装備に翻弄されて体力を消耗するのはどう考えても利口ではありません。 ロングツーリングではいかに装備を取捨選択して少なく出来るかで最初の勝負は決まります。 自分は毎年北海道を野宿しながら一ヶ月以上走っていましたが、それでもサイドバッグ左右二つと小さなリュックサック一つ(サイドバッグの上に載せてネットで固定)、容量50リットル程度で重量は15キロ以下だったと思います。 (修理工具、テント、寝袋、自炊道具、着替えなど全て入れて)。 食料などを買った時はリュックに入れるかネットに挟んでいました。 気合を入れてのトレーニングは特に必要ないと思いますが、とにかく自転車に慣れる事だと思います。 どんなコンディションでも100キロ程度は走れるようになる事を目標にしましょう。 これは慣れてしまえばそれ程大変ではないですし、体力よりも慣れの要素が大きいです。 また、荷物を積んでの走行は通常の感覚とは異なりますし、出来れば事前に装備を積んで走ってみるのが良いでしょう。 私も学生時代は自転車ツーリングの日々で、休みごとに長期で走っていました。 北海道への聖地巡礼(笑)も毎年行っていました。 まず自転車ですが、他の方も書かれているようにツーリングに適した自転車というのは一般的なロードバイクとはかなり異なります。 ロードバイクはレース用ですが、ツーリングとなると実用車です。 馬に例えるなら、ロードバイクが入念な調整、世話をして、一発のレースで最高の走りをするサラブレッドであるのに対し、ツーリング用自転車は最低限の水とエサで死ぬまで働かされる馬車馬... Q 私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。 リアは8段変速。 しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。 ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。 私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。 元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。 A ベストアンサー リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。 しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。 でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。 これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。 あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。 それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

次の