幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少。 幼稚園の先生へ寄せ書き 卒園メッセージ例文や年少年中の文例も!

幼稚園 先生 メッセージ 例

幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少

スポンサーリンク 幼稚園の先生へ寄せ書きをプレゼント! もう最近では定番になりつつある、お世話になった担任の先生へのプレゼント。 大抵の場合が、クラス全員からの寄せ書きを贈ったり、メッセージカードを贈ったりです。 寄せ書きの場合は、みんなで少しずつのメッセージを書いて1枚の色紙 しきし で送りますので、あまりたくさんの文章を書く事は出来ません。 そうとは言っても寄せ書きの場合は、メッセージの内容が他のママさんの目に入りますので、自慢と捉えられてしまうような内容はタブーです。 そして、あまりにも深刻すぎる内容や、一部のママさんが不快に思う内容等ももちろん控えましょう。 私の子供たちが幼稚園に通っていた頃にも、担任の先生へのプレゼントとして寄せ書きを贈った事があります。 私のところに寄せ書きの順番がまわってきた時は、だいたい真ん中ぐらいでした。 本当に親子共々、感謝しております。 無理してたくさん書かせたり、親が考えた文章をそのまま書かせても意味がありません。 お子さんに、「先生にどんなメッセージを贈りたい?」とか「先生に最後に言いたい言葉とかある?」 等と尋ねて、お子さんの素直な気持ちをシンプルに書かせてあげましょう。 等など、どんなことでもいいのです。 お子さんが伝えたいメッセージを是非書かせてあげましょう。

次の

「年少さんでも担任の先生へプレゼント」は園恒例イベントだった

幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少

卒園メッセージとは、子どもの卒園時にお世話になった先生へ感謝の気持ちを伝えるものです。 子どもがお世話になったことに対し、保護者としてママやパパが感謝の気持ちをつづります。 クラスごとに色紙に寄せ書きをしたり、個別にメッセージカードに書いたり、卒園メッセージの書き方はさまざまです。 メッセージをファイルにまとめて、スクラップブックを手作りする園もあるようですね。 感謝の気持ちの伝え方は、担当の保護者のやり方や園の方針によって異なるようです。 クラスごとに卒園メッセージをまとめる場合は、文字数や書き方、締め切りなどの細かい指定があることがほとんどなので、まとめる役員や担当者の指示に従い卒園メッセージを考えてくださいね。 〇〇先生には、お世話になりっぱなしの〇年でした。 子どもが毎日楽しく通えるようになったのも、先生のおかげです。 充実した幼稚園(保育園)生活を送れたことに感謝しています。 子どもに誠実に向き合い愛情を注いでいただいたおかげで、ここまで成長することができました。 本当にありがとうございました。 〇〇先生が担任になったおかげで、毎日安心して送り出すことができました。 子どもたちのことを第一に考えて下さる先生だからこそ、楽しく通えたと思います。 先生に担当していただき本当に良かったです。 これからも、素敵な先生でいてください。 「今日は〇〇先生とおにごっこしたよ」と、園での様子を娘(息子)がうれしそうに話してくれるので、毎日聞くのを楽しみにしていました。 今日まで元気に通うことができたのも、先生のおかげです。 本当にありがとうございました。 いつも園から帰ると、〇〇先生と話したことや遊んだことを教えてくれました。 楽しそうに園に通う姿を見て、親も安心して送り出すことができました。 親子ともども楽しい1年間をありがとうございました。 家では楽しそうに〇〇先生の話をしていたので、先生とのやりとりの話が聞けなくなるのは少し寂しい気持ちです。 〇〇にとってかけがえのない園生活を送ることができたのも、先生のおかげだと思っています。 これからも変わらず、園児たちに愛される先生でいてください。 本当にありがとうございました。 卒園メッセージでは園生活の思い出を振り返り、お世話になった先生への感謝の気持ちを伝えましょう。 メッセージを書くときに、子どもと園行事でなにが楽しかったかを振り返るのも良いですね。 ママやパパがメッセージを考えて、子どもがイラストを描くといった共同作業をするのも思い出に残ります。 先生への感謝の気持ちとこれから子どもに頑張ってほしいことなど、ポジティブな内容を書くと、気持ち良く次のステップに向かって進むことができます。 我が子ならではのエピソードを入れるなど、先生の印象に残るメッセージカードを作るのもおすすめですよ。 感謝の気持ちを込めて、素敵な卒園メッセージを贈ってくださいね。 商品によっては入替や品切れの場合があるので、あらかじめご了承ください。

次の

幼稚園の先生へのお礼にメッセージ!失礼にならない例文はコレだ

幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少

幼稚園の先生に年賀状は出す? 出さない? 幼稚園の先生から年賀状が来た場合、出すかどうかはそのご家庭によって違うようです。 大きく分けると、以下のような感じでしょうか。 ・年賀状が届いたら返事を出す ・年賀状が届く前に出しておく ・年賀状は出さない 幼稚園の時に他のママに話を聞いても、毎年必ず返事を出すという方もいれば、上のお子さんのときも一度も出したことがないという方もいて、人それぞれでした。 年賀状は強制ではないので出すかどうかは自由ですが、やはり出せるのであれば出した方が先生も喜んでくれると思います。 私も子供と一緒に書いて出しましたが、新学期に登園したときに先生が「年賀状ありがとう」と子供に声をかけてくださり、子供がとても喜んでいました。 子供にとっては初めての年賀状でしたので、良い経験になったと思っています。 【 年賀状はいつまでに出せばいいの?】 年賀状は一般的には松の内まで(1月7日まで)に出すものとされています。 できるだけ松の内までに返事は出すようにしましょう。 松の内を過ぎてしまってから出す場合は、年賀状ではなく寒中見舞いになります。 もし帰省していたりして年賀状を出し損ねてしまった場合は、無理に返事を出さなくても連絡帳などで年賀状のお礼を伝えれば良いと思います。 スポンサーリンク 幼稚園の先生への年賀状の文章は? もしお子さんが字をもう書けるのであれば、お子さんにメッセージも書いてもらいましょう。 「あけましておめでとうございます」などでも良いですし、「ことしもせんせいとたくさんあそびたいです」など、お子さんが先生に伝えたいメッセージでも良いと思います。 お子さんがまだ字を書けない場合は、お子さんには絵を描いてもらったりシールを貼ったりしてもらい、あいさつ文などはお母さんが書くと良いでしょう。 私が幼稚園の先生に年賀状を出した際は、子供に絵を描いてもらい、文字は私が書きました。 子供の描いた絵が大きかったので文章はあまり書けず、 「あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします」 程度しか書きませんでした。 ちなみに、私の子供が描いた絵は干支とはまったく関係のない、自分が好きな電車でした。 干支に関係のある絵が描ければその方が年賀状っぽくて良いのでしょうけど、まだ小さいのと干支の絵が描けなかったのとで、好きな絵を描かせました。 それでも、先生はとても喜んでほめてくれましたよ。 写真を印刷したものに一言メッセージを書き添えたという人もいますので、お子さんが絵を描くのが苦手だったり嫌がるときには写真もアリだと思います。 幼稚園の先生への年賀状の宛名や住所は? 【 年賀状はどこに送る?】 最近は個人情報の関係から、幼稚園の先生に年賀状を送る場合は 園に送るのが一般的です。 私の子供が幼稚園の時にいただいた年賀状も、すべて住所は幼稚園の住所になっていました。 もし先生から送られてきた年賀状に自宅の住所が書いてあるのなら自宅に送っても良いと思いますが、それ以外は幼稚園に送ると良いでしょう。 年賀状を送りたいからと、先生の自宅の住所を尋ねるのは控えた方が良いと思います。 子供が書くと郵便番号や住所・名前を読み取ることができずに戻ってきてしまうことがあります。 まとめ 幼稚園の先生への年賀状は必ず出さなければいけないわけではありません。 でも、子供にとっては良い経験ですので、先生から年賀状が届いたら一緒に返事を書いてみてはいかがでしょうか。 CHECK!>>.

次の