マルチ エクスペリエンス ディズニー。 【ソアリン】人気アトラクションのファストパスを取るにはアプリが必須!ファストパスの取得方法から裏技をまとめてみた。

【保存版】ディズニーの「マルチエクスペリエンス」とは?出現のタイミング・使い方まとめ !

マルチ エクスペリエンス ディズニー

この記事を読むと…• 知らなきゃ損 デジタルファストパスの仕組みがわかる• デジタルファストパスならではの新しい使い方を発見• パーク体験をより効率的に! デジタルファストパス TDRに上陸 デジタルファストパスが7月17日より運用スタート 東京ディズニーリゾートでは、2000年より「ディズニー・ファストパス」の運用がスタートしました。 ディズニーファストパスはパークを訪れた人なら、ほぼ全ての人が使ったことがあるでしょう。 そして、遂に先月からオンライン上でファストパスを取得できる新サービス 「デジタルファストパス」が東京ディズニーリゾートに導入されました。 デジタルファストパスとは!? デジタルファストパス デジタルファストパスは、 2019年7月17日より、東京ディズニーリゾートに導入されました。 これまでは、対象アトラクションの近くに用意されている発券機を使って紙のファストパスチケットを発券していましたが、デジタルファストパス導入後は、 その必要はありません。 パークではデジタルファストパスについての冊子も配られている スマートフォンを使うことで、オンライン上から 場所に縛られることなくファストパスの発券が可能になりました。 ファストパス発券はアプリから アプリのアップデートで機能が追加された デジタルファストパスはスマートフォンアプリ「」より取得することができます。 ファストパスの発券データはパークチケットに紐づくため、アプリ上でファストパスを取得した後、次回発券可能時間を過ぎずに発券機でファストパスリマインダーを発行…等は行なえません。 デジタルならではの使い方 一度発券したファストパスをキャンセルできる 一度発券したファストパスのキャンセルが可能 デジタル上でファストパスの取得を制御できるようになったため、 一度取得したファストパスをキャンセルすることが可能になりました。 他のショーやレストラン予約等の予定とファストパス利用時間がかぶってしまった場合、ファストパスをキャンセルすることでその時点で発行できる他のアトラクションのファストパスを改めて取得することができます。 キャンセルが出れば発券が終了したアトラクションでもファストパスが取得できる 逆に言うと、当日分のファストパス発行が終了したアトラクションでも、 キャンセルが発生すればファストパスを取得できる可能性があるのです。 キャンセルができるのは、デジタルで管理できるからこそのメリットです! キャンセル状況はリアルタイムに反映されるので、早いもの勝ちです。 運休時には「マルチエクスペリエンス」として機能 そうそう、FP取ったアトラクションがメンテに入ると何にでも乗れるマルチエクスペリエンスに変わるんだよっ🎵 — ぶう kumattyo また、システム調整等により、ファストパス利用時間にアトラクションが動いていなかった場合はファストパスが「マルチエクスペリエンス」に自動で変化。 これまでは、発券機の台数や発行にかかる時間などにより、各アトラクション毎にスピードがバラバラでしたが、デジタルファストパスの導入により、同時に多くのゲストがアクセスしファストパスを発行することができます。 利用時には2次元コードの読み取りが必要 利用時に2次元コードを読み取る ファストパス取得がアプリで上で行えるようになりましたが、その 利用方法もデジタル化されました。 これまで、ファストパスチケットを見せることでファストパスエントランスを利用できていましたが、アプリで発券した場合チケットは発券されません。 利用時間になると2次元コードが表示される 利用時間になると 画面に2次元コードが出現します。 ファストパスエントランス利用時には2次元コードを読み取らせる必要がある このコードを ファストパスエントランスにある専用端末に読み取らせることでファストパスエントランスを利用することができます。 画面ではなく、パークチケットの2次元コードでもOKです。 ファストパスエントランスに設置されている読み取り端末 また、ファストパスリマインダーを発券所で発行した場合も、パークチケットの2次元コードの読み取りが必要です。 効率的なパーク体験にデジタルファストパスは必須 デジタルファストパス導入でパーク体験はより便利に! デジタルファストパスの導入により、 パーク体験の効率は飛躍的に向上しました。 食事をしながら、ショーを待ちながら、アトラクションを待ちながら…ファストパスを手元で発券できる最高に効率的な機能です。 しかし、逆に言うとソアリンの現状のようにデジタルファストパスを知らないゲストはどんどん取り残されていく状態でもあります。

次の

よくあるご質問|オンラインヘルプ|ディズニー

マルチ エクスペリエンス ディズニー

35周年の記念のパークチケット ファストパスとは、ディズニーランドで「無料」で発券できるアトラクションの優先乗車券のことです。 このファストパスがあれば、何時間も並ぶことなくスムーズにアトラクションに乗ることができます。 大人気のアトラクションは100分以上待つことのよくありますが、このファストパスを使うと10〜30分程度の待ち時間で乗ることができちゃいます。 ファストパスには指定の時間が書いてあるので、その時間帯に行くと優先的に乗車することができます。 ただし、書いてある時間を過ぎてしまうと無効になってしまうので気をつけましょう! なお、ファストパスの発券は先着順で、一定の枚数が発券されると終了してしまいます。 ファストパスの発券は開園時間と同時に始まり、ファストパスの利用時間は自動的に決められるため、自分で決めることができません。 しかし、ディズニーの公式サイトやアプリ等でファストパスの発券情報を確認することができます。 1つは、従来の紙タイプのファストパスです。 これは「ファストパス・リマインダー」といって、アトラクション近くのファストパス発券機で発券することができます。 もう1つは、2019年7月からサービが始まったデジタル・ファストパスです。 デジタル・ファストパスは、ディズニーの公式アプリを使ってパーク内どこからでもファストパスを発券することができます。 ファストパス発券機まで行かなくてもファストパスが取れるのは、かなり便利です! 【ディズニーランド】ファストパス対象アトラクション ディズニーランドのアトラクションに優先的に乗ることができるファストパス。 「乗りたいアトラクション全部のファストパスを取っちゃえばいいじゃん!」と思っていませんか? 残念ながら、ファストパスを発券できるのは、ディズニーランドの待ち時間の長い人気アトラクションのみとなっています。 ディズニーランドのファストパス対象アトラクションは全部で8個です! 2020年4月15日(水)以降は、2個のアトラクションが追加され、10個なりますよ。 そのため、事前に乗りたいアトラクションを調べて、どの順番でファストパスを取るのか決めておくことをおすすめします! 【ディズニーランド】ファストパス・リマインダーの発券方法&使い方 ファストパス・リマインダー 上の写真のような紙のファストパスは、「ファストパス・リマインダー」といいます。 ファストパス・リマインダーの発券方法&使い方をご紹介します。 各アトラクションのファストパス発券機は、アトラクションの近くに設置されています。 場所がわからない場合には、近くにいるキャストさんに聞けば丁教えてくれますよ。 また、ファストパス発券機の上部にはタイムボードがあり、今発券したらどの時間帯に使えるファストパスなのかがわかるようになっています。 ファストパスの発券は、当日入園したパークチケットが必要になるので、必ず人数分準備しておきましょう。 チケットを用意したら、発券機のQRコード読み取り部分にパークチケットの二次元コードをかざします。 すると、緑色のランプが点灯してファストパスが発券されます。 ファストパスを利用する場合は、ファストパス専用列「ファストパス・エントランス」へ並びます。 ファストパス・エントランスに行けばキャストさんが対応してくれますよ。 ファストパス・エントランスでは、入園に使用したチケットが必要になります。 ファストパス・リマインダーだけでは利用できないので、気をつけましょう。 【ディズニーランド】デジタル・ファストパスの発券方法&使い方 ビックサンダー・マウンテンのファストパス 2019年7月からデジタル・ファストパスが導入され、「東京ディズニーリゾート・アプリ」を使えば、スマホからファストパスが取得可能になりました。 Step1. ディズニー公式アプリからファストパスメニューを選択 アプリでチケットを購入した方はアトラクションに乗る全員分のパークチケットを選択します。 紙チケットの方はチケットをスキャンしてアプリに取り込みましょう。 アプリでのファストパス取得には「ディズニーアカウント」の登録/ログインが必要です。 事前に登録しておくと良いでしょう。 Step2. 利用時間をチェック アトラクションのファストパス利用時間をチェック。 利用するアトラクションを選択しましょう。 Step3. ファストパスを取得 アトラクション、利用時間、取得枚数を確認してファストパスを取得しましょう。 通常のスタンバイ列(ファストパスを使わずに並ぶ列)とファストパス専用の列と2か所に分かれています。 ファストパスを利用する場合は、ファストパス専用列「ファストパス・エントランス」へ並びます。 利用時間になったらファストパス・エントランスの読み取り機にアプリの二次元コードをかざして入場しましょう。 デジタル・ファストパスを使う時は、乗るアトラクションの二次元コードを機械にかざします。 二次元コードは利用時間の5分前に表示されるようになっています。 この二次元コードが表示されるとファストパスが使えるようになるので、指定の時間より5分早くアトラクションに乗ることができちゃいます。 【ディズニーランド】ファストパスのルール 簡単に発券でき、長時間並ばなくてもアトラクションを楽しむことができるとっても便利なこのファストパス。 「アトラクションのファストパスをまとめて取りたい!」と思いますよね。 残念ながら一気にまとめてファストパスを発券することはできません。 ファストパスを取るための大切なルールが2つあります。 ファストパスを発券して次にファストパスを発券できるのは2時間後! 発券したファストパスの乗車時間になれば次のファストパスが発券できる! すこしややこしいんです。 具体例を交えて説明します。 この2つのルールのうち、どちらか時間の早いほうが適用されます。 次にファストパスが発券できるようになる時間は、ファストパス・リマインダーやデジタル・ファストパスに記載されています。 混雑している時などは、次に発券できる時間ぴったりに2枚目以降のファストパスを発券することが、たくさんのアトラクションに乗る大切なポイントになってきます! 【ディズニーランド】ファストパスを取る時のポイント プーさんのハニーハントのファストパス 混雑時などはこのファストパスをどう使うかがとても重要になってきます。 入園してすぐにすることは、ファストパスを取ることです! デジタル・ファストパスの導入で、ファストパスの発券終了時間がかなり早くなっています。 そのため、ファストパスが比較的早く発券終了してしまうアトラクションのファストパスをいち早く発券する事が大切です! アトラクション毎のファストパス発券情報はディズニー公式サイトや公式アプリで確認することができます。 また、たくさんのアトラクションに乗るには次に発券できる時間ぴったりに次のファストパスを発券することが大切なポイントになってきます! 混雑時では時間が経つとどんどんファストパスは無くなっていきます。 ファストパスが取れる時間になっているのに、後回しにしてはもったいない! その間にも、ファストパスの発券が終了してしまうこともあります。 ディズニーランドで楽しんでいると意外と次のファストパス発券時間を忘れてしまいがちなので、しっかり覚えておきましょう! 【ディズニーランド】ファストパスはキャンセルできる 公式アプリのプラン アプリで表示しているチケット、紙のチケット共通で取得したファストパスをキャンセルすることができます。 キャンセルはファストパス利用時間の終わりの時間まで可能です。 例:10:00〜11:00は11:00までキャンセル可能 ファストパスをキャンセルすると、すぐに次のファストパスを取得できるようになります。 キャンセルする場合、アプリの「プラン」からキャンセルしたいアトラクションを選択します。 また、アトラクションキャストさんもキャンセル対応してくれますよ。 パークチケットを用意して声を掛けてみましょう。 ファストパス対応でないアトラクションキャストや、メインストリートハウス・ゲストリレーションでも対応可能です。 ・ 【ディズニーランド】ファストパス利用時にスマホの電池がない場合 携帯電話充電器(スマホ充電器) スマホの電池がない場合、スマホを使用してファストパスの利用はできません。 ただし、デジタル・ファストパスは当日入園したパークチケットと連携しているので、スマホが起動できなくなっても当日使ったパークチケットの二次元コードをデジタル・ファストパス読み取り機にかざせば乗車できます。 また、充電がなくなったら、モバイルバッテリーを購入することやコイン式充電器を利用することができますよ。 モバイルバッテリーは、ディズニーランドのショップ内で購入可能。 アンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでは、コイン式充電器が設置されています。 コイン式充電器は、宿泊者でなくても利用できます。 ・ 【ディズニーランド】ファストパスが使えなくなる場合のみ発行「マルチエクスペリエンス」 ディズニーでは、点検や何らかの原因でアトラクションが急に運営中止になってしまうことがあります。 マルチエクスペリエンスは、そういった急なアトラクションの運営中止の時にもらうことができますよ。 例えば、ファストパスを取得したアトラクションが運営中止になって乗れなくなった場合や、アトラクションに乗っている時に急に停止した場合などです。 ファストパス対応のアトラクションが中止になりマルチエクスペリエンスの対象になる場合は、ファストパスを発券したパークチケットに付与されます。 アプリでファストパスを取っている場合は、「プラン」にあるファストパスがマルチエクスペリエンスに変わります。 また、アトラクションに乗っている間に緊急停止してマルチエクスペリエンスの対象になる場合は、キャストさんからパークチケットの提示を求められます。 パークチケットをキャストさんがスキャンして、その後にパークチケットにマルチエクスペリエンスが付与されます。 アプリにパークチケットを登録している場合は、「プラン」のところにマルチエクスペリエンスが表示されます。 マルチエクスペリエンスを使う時は、元のファストパスの利用時間以降に対象アトラクションでファストパスと同じように優先的にアトラクションに乗ることができます。 対象のアトラクションは、「プラン」に表示されているマルチエクスペリエンスで確認可能です。 まとめ.

次の

【ディズニーランド】ファストパス徹底解説!発券方法&使い方まとめ!アプリ対応やマルチエクスペリエンスも

マルチ エクスペリエンス ディズニー

Multi Experienceというファストパスに切り替わります。 Tier1のアトラクションを持っていてそのアトラクションがダウンした場合大体の場合Tier1Tier2のアトラクションで使用できます。 Tier2のアトラクションがダウンした場合、Tier2のみでの使用ができます。 例、アバターフライトパッセージTier1がダウンした場合、他のアバターアトラクションまたは、エベレストのようはTier2アトラクションで使用が可能です。 またエベレストTier2がダウンした場合、アバターアトラクションTier1では使用できません。 詳しくは、Multi Experienceをタップして、スクロールダウンしてください、使用可能なアトラクション一覧が載ってます。 また、閉園間際にダウンした場合、ものによっては次の日まで使えるMulti Experienceになっている可能性があります。 必ずチェックしましょう。 もしわからないことなどがありましたら各パークのゲストリレーションまで。 もし何かしらの理由でゲストリレーションやリゾートでファストパスをもらった時。 そのファストパスは何に使えるか、いつまでに使わないといけないのか?を確認しましょう。 Multi Experienceをタップし、下に行くと一覧が表示されます。 ものによっては、全パークで使えたり、数日間の使用期間がもらえる場合があります。 効率よく使いましょう。 Multi Experienceの注意点。 普通のFP+はキャストの好意で予約時間の少し前から使用できたりする場合があります。 ですが、Multi Experienceを持っている場合の普通のFP+の使用はご注意ください。 予約時間の少し前から使用しようとすると、システムはMulti ExperienceのFP+を消費してしまいます。 残念ながらシステムはそこまで頭がよくありません。 もしアトラクションのキャストが1分早いけど、入っていいよ!って言っても彼らには、どのファストパスを使用するかがまでは選択できません。 なのでMulti Experienceを持っていて普通のFP+を使う場合、予約時間内にいきましょう!! HAVE A MAGICAL DAY フォローよろしくお願いします! DisneyWorldFan. jp ディズニー オールスタームービーズ リゾート紹介! 毎日更新中 月に数回更新中 毎日更新中.

次の