コロナ 風邪 薬 効く。 新型コロナウイルス、症状は? 風邪とどう違う? 医師が解説

新型コロナウイルスに医師が警告「市販薬は飲んではいけない」

コロナ 風邪 薬 効く

新型コロナウイルスによる感染症の脅威が続いています。 感染すると、発熱や咳(せき)、喉の痛みなど風邪のような症状が出ることが確認されていますが、風邪と判別がつかず、こうした症状が出て「風邪かコロナか分からない」「もしコロナだったらどうしよう」と不安に思う人も多いようです。 現時点で新型コロナウイルスの治療法や薬は試験段階ですが、ネット上では、風邪のような症状が現れたとき、「コロナか風邪か分からないけど、市販の風邪薬を飲んでもいいの?」という疑問の声も多くあります。 新型コロナウイルス感染症か風邪かの判断がつかぬまま、市販の風邪薬を服用しても問題ないのでしょうか。 内科医の市原由美江さんに聞きました。 解熱剤含む薬は、しっかり症状把握を Q. まず、風邪とはどのような病気か教えてください。 市原さん「医学的には『風邪症候群』あるいは『急性上気道炎』といいます。 風邪の主な原因はウイルスです。 ウイルスが鼻や喉の粘膜に付着し、そこから感染することで、喉の痛みや鼻汁、鼻詰まり、咳、痰(たん)、発熱などの症状を引き起こします。 ウイルスは寒さや乾燥に強いので、冬場に流行しやすい傾向にあります。 高齢者、糖尿病や心臓病、呼吸器疾患などの持病がある人、透析を受けている人、ステロイドや免疫抑制剤、抗がん剤を使用している人は免疫力が低いので感染しやすくなります」 Q. 新型コロナウイルスによる感染症は風邪とよく似た症状が出るようですが、こうした症状が現れた場合、コロナか風邪かの判断がつかぬまま、市販の風邪薬を服用してもよいのでしょうか。 市原さん「新型コロナウイルスによる感染症の症状は風邪と似ているので、検査をしない限り医師でも判断できません。 ただし、新型コロナウイルスによる感染症はほとんどの場合、通常の風邪と同様、自然に治っています。 肺炎にまで重症化した場合に検査をされているのが現状です。 どちらであっても風邪の症状がある場合、市販の風邪薬を飲んでも問題はありません。 ただ、解熱剤が含まれている風邪薬の場合は熱が下がってしまうので、肺炎など重症になっている可能性があっても判別しにくくなります。 解熱剤を飲むのであれば、薬が切れる時間帯に再度高熱になるのか、息苦しさなど熱以外の症状はどうなのかをしっかり把握しておく必要があります。 風邪の症状でも、新型コロナウイルスの感染は否定できません。 感染拡大防止のためにも、すぐに病院へは行かず、症状が軽い場合は市販薬を飲むなどして自宅で安静にしましょう」 Q. しばらく市販の風邪薬を飲んでも症状が改善しない場合、どうするのがよいでしょうか。 市原さん「現時点では厚生労働省により、風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いた場合は、帰国者・接触者相談センターに問い合わせることになっています。 高齢者や基礎疾患のある人は、2日以上続いた場合は問い合わせてください」 Q. 新型コロナかもしれない風邪の症状がある場合、悪化させないためにはどのような過ごし方をするとよいですか。 市原さん「基本的には自分の免疫力で治していくしかないので、栄養や睡眠をしっかり取って安静にしましょう。 他の人に感染を広げないためにも、風邪の症状があるときは自宅で療養するのが基本です。 先述のように発熱が続く場合や、強い倦怠(けんたい)感、呼吸困難がある場合、早めに帰国者・接触者相談センターに問い合わせましょう」.

次の

コロナに漢方薬が効く?清肺排毒湯は救世主になるか?

コロナ 風邪 薬 効く

新型コロナウイルス(写真・CDC) 感染者数が拡大の一途をたどる新型コロナウイルス。 「もはや、明日にでも自分が感染するのではないか」と、不安な方も多いだろう。 「新型コロナによる症状自体は、一般的な風邪とそれほど違いはなく、極度に恐れる必要はありません。 いま流行している『COVID-19』は、致死率も決して高くはなく、感染しても発症しない人が多い。 「そもそも、新型コロナが重症化した方は、『発症時に服用した薬に原因があるのではないか』と、私は考えています」 どういうことなのか? 「多くの人が誤解していることですが、『病気は薬で治す』という考え自体が、本来は間違いなんです。 基本は、人間の体が持つ免疫力で治すもの。 たとえば解熱剤。 一時的には熱が下がって楽になりますし、風邪やインフルエンザで解熱剤を飲んでも、最終的には治るでしょう。 でも、解熱剤を使用すると、治るまでの期間は長くなってしまうんです。 インフルエンザの場合、解熱鎮痛剤を服用すると、服用しなかった場合と比べて、1. 8日治るのが遅くなったという研究結果もあります。 遅くなった原因は、体が体温を上げることで免疫力を上げようとしているのを、解熱剤が無理に止めてしまったからです」 ほかにも、気軽に買える市販薬が、新型コロナを重症化させてしまう可能性は「十分ある」という。 「たとえば、咳止め薬です。 体は、咳をすることで痰を出し、ウイルスが肺に入るのを防いでいるのです。 それを無理やり止めると、肺炎になる可能性が高まります。 しかも、効果の強い咳止め薬は、副交感神経をブロックしてしまいます。 すると、ウイルスなどの異物と戦うためのリンパ球が、リンパ節から出られなくなる。 「私はよく、『薬はローンだ』と説明します。 熱を下げて表面的な症状を抑えることは、借金の支払いを先延ばしにすること。 しかし、いつかは支払わなければならない。 薬には、『重症化のリスク』という高い利子がつくこともあるんです」 では、新型コロナと似た症状が出た場合、どうするべきなのか。 「水分と塩分をしっかり摂って、家で寝ているのがベストです。 味噌汁は、水分・塩分・善玉菌・アミノ酸が補給できて、免疫力を上げてくれます」 ただし、「水が飲めない、息が苦しい、意識がおかしいなどの症状が4日以上改善しない場合は、病院で受診するべきだ」とのこと。 「ビタミンDは、免疫力にとても重要です。 『ビタミンDが低い人が肺炎になるリスクは、高い人の10倍以上』とも報告されています。 おもに日光を浴びることで作られ、食事で十分に摂るのは難しい。 まだ日光が弱いので、サプリでビタミンDを補給して、あえて外に出ることで、被害を最短最小にできます」 次のページでは、いしい医師の監修のもと、「飲んでは行けない市販薬」と「注意すべき薬」を解説する。 市販薬を買う際は、慎重に考えたい。 病気のとき熱が出るのは、免疫力を高めているため。 それを薬によって下げることで、治癒が遅れる。 そのため、脱水や肺炎、脳症などの合併症が増えるリスクがある。 特にウイルス感染時には、症状が顕著に現われる。 より強い解熱鎮痛剤になると、脱水症状になりやすくなる。 最悪の場合、ショック症状、肝障害、腎不全を起こすこともある。 それを止めてしまうと、肺炎のリスクが高くなる。 強いものになると、副交感神経をブロックし、免疫細胞がリンパ節から出るのを止めてしまうことで免疫力が低下する。 また、胃腸の動きを止めることで便秘の原因になる。 胃酸を抑えることによる、体へのメリットはない。 鼻や口の中が渇き、痰や鼻水で有害なものを、体の外に排出しにくくなる。 そのため、免疫力低下に繋がる。 免疫を高めるビタミンDや、ストレスと戦うホルモンの原料は、コレステロール。 「コレステロールが高い人ほど、死亡リスクが低い」という研究結果もあり、海外では、薬で無理やり下げることはなくなってきている。 同様に、病院で処方されるコレミナールなどの精神安定薬も、副交感神経に悪影響を与え、免疫力を下げてしまう。

次の

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

コロナ 風邪 薬 効く

風邪薬は対症療法です、風邪を治す薬ではありません。 インフルエンザなどは、その増殖過程を遮ることで数を抑えて、後は身体の免疫が残りのウイルスを攻撃して治癒していきます。 免疫が高くなる、と言うことですよね。 例えば体温を上げるなどして免疫力を上げておくことで、進入した数の少ないうちにウイルスをたたくことが出来れば、発症はしません。 そう考えたときに、外出時の西洋の風邪薬は対症療法なので意味が無いです。 痛みも無いのに痛み止め飲んでるようなもの。 血流改善の、風邪の初期にも飲む葛根湯辺りは免疫力を高めると言うことでは多少は有効かも知れません。 さて、胃腸炎等のウイルスや食物に大量についた細菌などは胃酸の中を通り過ぎ、増殖するので。 飲むのは良くないですが、少量のコロナウイルスや、インフルエンザなどのウイルスは胃酸の中で死滅します。 のどに付着して喉から感染するより、飲んでしまった方がいいというのは。 そのためです。

次の