ミラーコート 剣盾。 【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

【ポケモン剣盾】ココガラの進化先・夢特性・強さ

ミラーコート 剣盾

はじめまして。 松実玄@おまかせあれ! と申します。 【最果】 T N:まつみ くろ 順位:57位 レート:2126 【構築経緯】 私が一番力を入れて対戦をしていたのが第5世代のときであり、そのときにはノオースタンという構築を愛用していました。 今作で対戦に復帰するにあたり、まずはノオースタンを組んでみたところ、襷の対面性能が非常に高いことがわかりました。 その後、に特性:ゆきふらしが追加されていたと知り使用したところ、以上に使いやすかったため、第3シーズンからはを軸にパーティを編成することに。 今シーズンは今までの経験をもとに構築を組み上げていきました。 また、 赤色は性格上昇補正、 青色は性格下降補正です。 霰のおかげで相手のタスキ持ちに一方的に強く、特に最終日は初手を倒して数的有利を得ることが多かったです。 はや等に打つほか、は警戒でダイバーンを打ってくる可能性が高いため、強気にミラコを選択していました。 この技のおかげで特殊の炎や水に勝てるようになるため、対面で対応出来る相手が大幅に広がりました。 は耐久用及び不利対面でのワンチャン狙い用。 襷のおかげで強引に回数を稼げるため、後続に負担をかけたくないこの構築では結構打つ機会はありました。 との初手対面ではで連打します。 今環境は強力な炎タイプが少ないことや主な鋼タイプがドリュナットやアーマーガアなど氷技が通る相手が多いことから、氷技の一貫性が非常に高いと感じています。 その中で必中威力110技を打てるが弱いわけがなく、や この型では所持していませんが を覚えることから、の欠点のひとつである技範囲の狭さを感じさせません。 配分が... と言われたりもしているようですが、など多くの相手を2発で倒せる火力、最速アーマーガアの上を取れる素早さやドラパルトのドラゴンアローをある程度耐える耐久、つぶてに一定の火力を出してくれる攻撃など、この型で使うにはむしろ絶妙な配分だったと思っています。 入りや通りが悪い場合を除き、多くの試合で先発として選出していました。 間違いなく構築のMVPです。 かなり防御に厚く振っておりますが、ドラパやドリュなどにックスをされても一撃入れられるようにするためです。 ハチマキのも耐えます。 持ち物はやックスドラパルトなどをできるだけ削れるように達人の帯を採用しました。 水技は当初 ある程度Dに振ったを1発で倒すため にしておりましたが、あまりにも外したので素直にアリアへ変えました。 この子がいたおかげで初手を意識させることができ、初手が通しやすくなるというメリットもありました。 あと、入りには絶対に選出しませんでした。 の後ろにやピクシーが控えていることが多いため、それらへの対策としてロゼルのみを持たせました。 のダイフェアリーを耐えるなどの恩恵もありました。 今シーズン爆増していたアッキを素で抜けるのは大きなポイント。 ックスエースとしては鈍足でありドラパドリュなどの環境トップに弱いため使い方は難しいですが、うまく構築の穴を埋めてくれたと思います。 最初はHB鉄壁で使用していましたが、や特殊ドラパルトに大きく隙をみせ、この構築には合ってないと感じたことから試行錯誤の末、ハチマキにたどり着きました。 ハチマキにすることでH179までのをで確定1発、耐久無振りドラパルトをで高乱数1発となる火力が出ます。 有利不利がはっきりしているこのにとって対面操作出来るとんぼ返りは非常に強力な技です。 寝言は欠伸持ちへのささやかな抵抗。 また対面で一度大活躍しました。 ダイウォールの元ともなります。 ミラーアーマーのおかげで能力ダウンに対して強く、多くの耐性と十分な耐久があることからハチマキ適正が高いだと感じました。 初見で鉢巻は絶対読まれないため交代でやドラパルトなどが出てくることもよくあることから、そのまま戦闘にすることも多々。 「なにより意表がつける」と言った言葉がありますが、実際そこが最大の強みで、相手にとって想定外の火力を出せることによる奇襲性能はやみつきになります。 できるだけ対面性能を上げるために命の珠を持たせました。 特に影打ちの威力が上がることがとてもありがたかったです。 などのックスエースへの切り返しとしてが非常に重宝しました。 相手からみえない勝ち筋をつくることができることがこの技の最大の強みだと思います。 、入りや対受けループ以外にはほとんど選出していました。 ラムの実を所持していることから欠伸に対して圧倒的に強く、対面で2度をすることでを突破しつつそのまま勝てることも多数。 重いことからヘビーボンバーのダメージは微々たるものなのもありがたい。 相性がはっきりしているため有利対面で積極的にし、交代先のにックスを切って持ち前の耐久とハードロックと合わせて強引に倒す動きが強かったです。 炎のパンチはアーマーガアやの処理に役立ちます。 ただしHB鉄壁アーマーガアにはックスを切る必要があります。 が苦手なを補完してくれ、かつトリルとの相性も抜群で、エースとして活躍してくれました。 出来るだけ対面で削る手段を持たせていました。 パッチラゴンやアーマーガアを嫌ってか選出されない場合もあるため、最後の方は割り切って立ち回っていました。 ・…初手ダルマにはを合わせるしかないのが本当にキツイです。 一度退かせてだいたいいる裏のをの起点にする立ち回りをしていました。 ・ピクシー…先に展開されてしまうと突破になります。 特に下からの行動となるは選出を控えるように意識しました。 ・系統…特に水と草は非常に重いです。 パッチラゴンを連れていくか初手ので強引に処理していました。 【おわりに】 シーズン2からランクマを始め、念願だった最終2桁を、信頼して使い続けてきたと一緒に達成できたことはすごくうれしいです。 また、再びを始めるきっかけをくれ、色々とサポートしてもらった友人たちにはとても感謝しています。 6月末から環境が大きく変わっていくと思うので、引き続きを楽しんでいきたいと思います。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 twitterID: 96omakasepoke omakaseare96.

次の

【ポケモン剣盾】トリトドンの育成論と対策【最強のクッション!一歩進んだ受けポケモン】

ミラーコート 剣盾

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

ミラーコートとは

ミラーコート 剣盾

はじめまして。 松実玄@おまかせあれ! と申します。 【最果】 T N:まつみ くろ 順位:57位 レート:2126 【構築経緯】 私が一番力を入れて対戦をしていたのが第5世代のときであり、そのときにはノオースタンという構築を愛用していました。 今作で対戦に復帰するにあたり、まずはノオースタンを組んでみたところ、襷の対面性能が非常に高いことがわかりました。 その後、に特性:ゆきふらしが追加されていたと知り使用したところ、以上に使いやすかったため、第3シーズンからはを軸にパーティを編成することに。 今シーズンは今までの経験をもとに構築を組み上げていきました。 また、 赤色は性格上昇補正、 青色は性格下降補正です。 霰のおかげで相手のタスキ持ちに一方的に強く、特に最終日は初手を倒して数的有利を得ることが多かったです。 はや等に打つほか、は警戒でダイバーンを打ってくる可能性が高いため、強気にミラコを選択していました。 この技のおかげで特殊の炎や水に勝てるようになるため、対面で対応出来る相手が大幅に広がりました。 は耐久用及び不利対面でのワンチャン狙い用。 襷のおかげで強引に回数を稼げるため、後続に負担をかけたくないこの構築では結構打つ機会はありました。 との初手対面ではで連打します。 今環境は強力な炎タイプが少ないことや主な鋼タイプがドリュナットやアーマーガアなど氷技が通る相手が多いことから、氷技の一貫性が非常に高いと感じています。 その中で必中威力110技を打てるが弱いわけがなく、や この型では所持していませんが を覚えることから、の欠点のひとつである技範囲の狭さを感じさせません。 配分が... と言われたりもしているようですが、など多くの相手を2発で倒せる火力、最速アーマーガアの上を取れる素早さやドラパルトのドラゴンアローをある程度耐える耐久、つぶてに一定の火力を出してくれる攻撃など、この型で使うにはむしろ絶妙な配分だったと思っています。 入りや通りが悪い場合を除き、多くの試合で先発として選出していました。 間違いなく構築のMVPです。 かなり防御に厚く振っておりますが、ドラパやドリュなどにックスをされても一撃入れられるようにするためです。 ハチマキのも耐えます。 持ち物はやックスドラパルトなどをできるだけ削れるように達人の帯を採用しました。 水技は当初 ある程度Dに振ったを1発で倒すため にしておりましたが、あまりにも外したので素直にアリアへ変えました。 この子がいたおかげで初手を意識させることができ、初手が通しやすくなるというメリットもありました。 あと、入りには絶対に選出しませんでした。 の後ろにやピクシーが控えていることが多いため、それらへの対策としてロゼルのみを持たせました。 のダイフェアリーを耐えるなどの恩恵もありました。 今シーズン爆増していたアッキを素で抜けるのは大きなポイント。 ックスエースとしては鈍足でありドラパドリュなどの環境トップに弱いため使い方は難しいですが、うまく構築の穴を埋めてくれたと思います。 最初はHB鉄壁で使用していましたが、や特殊ドラパルトに大きく隙をみせ、この構築には合ってないと感じたことから試行錯誤の末、ハチマキにたどり着きました。 ハチマキにすることでH179までのをで確定1発、耐久無振りドラパルトをで高乱数1発となる火力が出ます。 有利不利がはっきりしているこのにとって対面操作出来るとんぼ返りは非常に強力な技です。 寝言は欠伸持ちへのささやかな抵抗。 また対面で一度大活躍しました。 ダイウォールの元ともなります。 ミラーアーマーのおかげで能力ダウンに対して強く、多くの耐性と十分な耐久があることからハチマキ適正が高いだと感じました。 初見で鉢巻は絶対読まれないため交代でやドラパルトなどが出てくることもよくあることから、そのまま戦闘にすることも多々。 「なにより意表がつける」と言った言葉がありますが、実際そこが最大の強みで、相手にとって想定外の火力を出せることによる奇襲性能はやみつきになります。 できるだけ対面性能を上げるために命の珠を持たせました。 特に影打ちの威力が上がることがとてもありがたかったです。 などのックスエースへの切り返しとしてが非常に重宝しました。 相手からみえない勝ち筋をつくることができることがこの技の最大の強みだと思います。 、入りや対受けループ以外にはほとんど選出していました。 ラムの実を所持していることから欠伸に対して圧倒的に強く、対面で2度をすることでを突破しつつそのまま勝てることも多数。 重いことからヘビーボンバーのダメージは微々たるものなのもありがたい。 相性がはっきりしているため有利対面で積極的にし、交代先のにックスを切って持ち前の耐久とハードロックと合わせて強引に倒す動きが強かったです。 炎のパンチはアーマーガアやの処理に役立ちます。 ただしHB鉄壁アーマーガアにはックスを切る必要があります。 が苦手なを補完してくれ、かつトリルとの相性も抜群で、エースとして活躍してくれました。 出来るだけ対面で削る手段を持たせていました。 パッチラゴンやアーマーガアを嫌ってか選出されない場合もあるため、最後の方は割り切って立ち回っていました。 ・…初手ダルマにはを合わせるしかないのが本当にキツイです。 一度退かせてだいたいいる裏のをの起点にする立ち回りをしていました。 ・ピクシー…先に展開されてしまうと突破になります。 特に下からの行動となるは選出を控えるように意識しました。 ・系統…特に水と草は非常に重いです。 パッチラゴンを連れていくか初手ので強引に処理していました。 【おわりに】 シーズン2からランクマを始め、念願だった最終2桁を、信頼して使い続けてきたと一緒に達成できたことはすごくうれしいです。 また、再びを始めるきっかけをくれ、色々とサポートしてもらった友人たちにはとても感謝しています。 6月末から環境が大きく変わっていくと思うので、引き続きを楽しんでいきたいと思います。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 twitterID: 96omakasepoke omakaseare96.

次の