二階堂 ふみ 映画。 二階堂ふみの映画( R15指定)まとめはこちら!!

二階堂ふみ 映画「リバーズ・エッジ」(2)大胆なヌードシーン!

二階堂 ふみ 映画

古山家に女の子が誕生した。 裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)にとって待望の第一子でありながら、音にとっては苦渋の決断を迫られるタイミングでの妊娠となり、女性の生き方の難しさが表現される。 音の妊娠に動揺したのは本人だけではない。 千鶴子(小南満佑子)や環(柴咲コウ)もまた、音と接する中で「妊娠」という事実に様々な感情を表す。 女性にとって、予期せず訪れることのある妊娠、この現実は母になる喜びや責任とともに、たとえ一時的であったにしてもキャリアや夢を中断しなければならないことを意味する。 音にははっきりと歌手になるという夢があったが故に、妊娠は手放しで喜べるものではなかった。 しかし一方で、母になる道を強く望む者もいる。 吟(松井玲奈)は妊娠した音を訪ねた際、帰り際にポツリと「いいなあ……赤ちゃん」と呟いた。 音の母である光子(薬師丸ひろ子)もまた、「夢を叶える人は一握り。 あとは人生に折り合いつけて生きていくの」と語り、母になることを選んで歌劇団で踊るという夢を諦めたと語っていたことがある。 妊娠した音を取り巻く環境は容易なものではなかった。 学校では、妊婦である音が役を降りずにヴィオレッタを演じ続けることに「ヴィオレッタは交代した方がいいんじゃないか。 そのほうがこっちも気兼ねしなくて済む」などという声があがる。 千鶴子はそんな様子を見かねて音に直接「やっぱりあなたは強欲ね。 あなたがどう生きようとかまわない、でも少しは周りのことも考えて。 正直、皆戸惑ってる。 あなたに気を使って思いっきり練習ができないって」と伝えるなど記念公演に向けて士気を高めている一同を、妊婦の音の存在が乱してしまっている状況を指摘したのだ。 千鶴子は最年少で帝国コンクール金賞を受賞した実力者。 環が言うように、技量では音より優れており、選考会で音の気迫に負けさえしなければヴィオレッタを勝ち取っていた人物でもある。 故に音が、伸び伸びと暮らしながらも「歌手を目指す」と軽々しく口に出すことにいつも眉をひそめるのである。 しかし、学校を辞めた音に、千鶴子は海外の留学先から手紙を書くなど、決して2人は不仲であるわけではない。 千鶴子は、良きライバルとして音の存在を認め、共に高め合おうという素直な心の持ち主でもある。

次の

二階堂ふみ出演おすすめ映画ランキングTOP7

二階堂 ふみ 映画

二階堂ふみの映画でR15指定ってどんなもの? 二階堂ふみさんて、いろんな映画出演してるけどけっこうR15指定の映画って多いのでは・・・今回は二階堂ふみのR15指定の映画を紹介していこうと思います。 なんというか確かに、顔も可愛いのですが映画においては、顔で売っている女優さんいうより「演技が売り」の二階堂ふみという印象があります。 特に狂気的な役とかは、けっこう「凄み」があると思います。 だからR15指定が多いんですかね^^; ということで今回は二階堂ふみさんの映画で15指定のものにフォーカスしてみました!! *プロフはにて スポンサーリンク 二階堂ふみのR15指定の映画 二階堂ふみさんが出演しているR15指定の代表作 映画「悪の経典」 こちらは主演ではないですが、伊藤英明さんがサイコパスな学校の先生で次々と生徒たちの命を奪っていく衝撃的な作品。 もちろんR15指定。 グロ好き必見。 二階堂ふみ出演「悪の経典」はこちらで無料で見れますよ~。 公式HPはこちら 映画「私の男」 浅野忠信さんと身内ながら、危険な関係に堕ち濡れ場があるのだとか。 合わせて暴力表現なども含まれて いるためR15指定。 映画「渇き」 こちらは二階堂ふみさんに並ぶ、本格演技派の小松菜奈さん主演ですが、同ブログでも何度も紹介してますが 女学生時代の不良少女役、ドラック、暴行、鮮血などなど当然R15指定。 二階堂ふみ出演「悪の経典」はこちらで無料で見れますよ~。

次の

二階堂ふみ 映画「リバーズ・エッジ」(2)大胆なヌードシーン!

二階堂 ふみ 映画

「王様とボク」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 王様とボクは、コミックを実写化した映画です。 キャストが豪華で松坂桃李さんや菅田将暉さん、そして松坂桃李さん演じるミキヒコの恋人役に二階堂ふみさんが出ています。 この映画は難しいです。 一度目は「ん?」となります。 私は何度も見返して自分なりの考察をしました。 なんとなくで見てしまうと訳が分からなくなってしまいますが、映画を見て考察するのが好きな方にはオススメの映画です。 二階堂ふみさん演じるキエが明るく前向きな性格で元気をもらえます。 この映画は少し切ない内容です。 大人になることのうれしさ、その一方で子供のままでいたいという気持ち・・・誰しもそんな気持ちを抱いたことがあるのではないでしょうか。 そんな気持ち真っただ中の中高生や、子供心を思い出したい大人の方まで、幅広く楽しめ、かつ少し切ない思う映画だと思います。 第6位. 「ヒミズ」(二階堂ふみ出演) 「ヒミズ」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 ヒミズはヤングマガジンに連載された漫画の実写化映画です。 この映画は2012年映画芸術日本映画ワーストテン2位を受賞しました。 そして、主演の染谷将太さんと二階堂ふみさんも第68回ヴェネツィア国際映画祭で新人賞を受賞しています。 他にも吉高由里子さんやYOUさんなど豪華なキャストです。 内容は虐待や殺人などサスペンス的ですが、その中にも人間の温かさなどが描かれています。 撮影の直後に東日本大震災が起こり、震災後という設定にしたところが原作との大きな差ですが、震災後の世界がしっかりマッチしていて違和感がありません。 15歳の男女を演じる主演の二人ですが、本当に演技力がすごくてどんどん映画の世界に引き込まれていきます。 原作者のストーリーと監督のアレンジや演出、そしてキャストの演技力で本当に素敵な作品です。 映画好きはもちろん普段映画を見ない人も楽しめる作品です。 第5位. 「何者」(二階堂ふみ出演) 「何者」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 何者は直木賞受賞した作品を映画化したものです。 キャストは、佐藤健さんや有村架純さん、菅田将暉さん、そして二階堂ふみさんなど、今人気の若手俳優がそろっています。 映画の内容も、すごく現代的で現代の若者の現状をそのまま表したような映画です。 SNSでのやり取りや裏アカウントでの悪口、就活・・・今そのものをすごく正確に表していると思います。 一緒に頑張ろうと就活活動のために集まったメンバーが少しずつ嫌悪感や苛立ちを覚えるようになり、みんなが少しづつすれ違っていきます。 そして自分は何者なんだろうと心の闇に飲み込まれていきます。 全ての登場人物にそれぞれの闇があり、これわかるかもと共感する部分が何度かありました。 きっと見る人みんな誰かしらと同じ闇を抱えていると思うので、なんとなく勇気をもらえたりします。 就活中じゃなくても見ていて楽しい映画です。 第4位. 「悪の教典」(二階堂ふみ出演) 「悪の教典」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 悪の教典は、ベストセラー小説の実写化です。 生徒や先生に慕われる教師が、実はとんでもないサイコパスで、生徒を次々に襲っていくストーリーです。 とてもスリルがあり緊張感がすごい映画です。 キャストは主演の先生役に伊藤英明さん、山田孝之さん、生徒役はたくさんいますが特に印象的なのは林遣都さん、そして生き残る重要な役に二階堂ふみさんです。 特にオススメの注目する部分は主演の教師役の伊藤英明さんの演技力です。 本当に怖くなります。 行動や話し方はもちろんですが、目の動きなど細かいところまですごい演技です。 緊張が止まらなく見入ってしまいました。 音楽も映像と合わないあえてポップなものを使っているシーンなどが、恐ろしさやスリルを倍増させています。 グロテスク系が苦手な方にはオススメできませんが、スリルを味わいたい方にはぜひ見てほしいオススメの映画です。 第3位. 「オオカミ少女と黒王子」(二階堂ふみ出演) 「オオカミ少女と黒王子」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 オオカミ少女と黒王子は、少女コミックの実写化映画です。 主演は二階堂ふみさんと山崎賢人さんです。 私は大人ですが、学生ものを見てきゅんきゅんさせられたのは久々でした。 二階堂ふみさんは安定の演技力でした。 顔の細かい表情までよくて気持ちとか情景が伝わってきました。 いつもは変わった性格や人間の闇などを演じる役ですが、この作品は女子高生役で最初びっくりしましたが、演技力がすごいので違和感なく新鮮に楽しめました。 山崎賢人さんのかっこよさは安定です。 山崎賢人さんといえば少女コミックの実写を他にもいくつか演じていますが、それぞれの映画で全然役が違うのに全部型にはまっていてすごいなと感動しました。 オオカミ少女と黒王子では、ドSな王子様キャラを演じていますが、こういった性格は女性ウケすること間違いなしと思いました。 きゅんきゅん不足な方、ぜひ見てほしいです。 第2位. 「SCOOP! 」(二階堂ふみ出演) 「SCOOP! 」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 SCOOP!は福山雅治さん主演の映画です。 普段よく見たり聞いたりする週刊誌のスクープですが、実際にスクープを撮ってくるパパラッチのことは知りませんでした。 だから私はこの映画に興味を持ちました。 キャストは、主演の福山雅治さんのほか、吉田羊さん、二階堂ふみさんです。 福山雅治さんは私の中で歌手というイメージが大きく、この映画で初めて演技をしているところを見ました。 二階堂ふみさん演じる役は、最初から終わりにかけての心情の変化が大きく、それも二階堂ふみさんの演技力で伝わってきました。 始まりから少し過激なシーンで衝撃を受けますし、え?そういう話?と思いましたが見ていくとスクープを狙う記者たちの壮絶なストーリーがすごく面白いです。 狙いのシーンは一緒にハラハラし、うまく撮れた時に私も達成感を感じるほど話に入り込めました。 第1位. 「脳男」(二階堂ふみ出演) 「脳男」(二階堂ふみ出演)がおすすめの理由 脳男は小説が原作の映画です。 サスペンス、ミステリー系です。 キャストは主演が生田斗真さん、共演に松雪泰子さんや江口洋介さん、そして二階堂ふみさんです。 主人公の生田斗真さん演じる感情を一切表さないロボットのような人間と二階堂ふみさん演じる凶悪な殺人犯が最終的には戦うことになります。 二階堂ふみさん演じる凶悪犯のシーンは、正直目を背けたくなるようなグロテスクな拷問シーンなど出てくるので、そういったものが苦手な方にはオススメできません。 アクションシーンや事件が起こるシーンは迫力満点でドキドキしてしまいます。 始まりから過激で気づいたら最後まで見てしまっていました。 好き嫌いが大きく半分に分かれる内容、演出だと思いますが、スリルや非現実的な二次元に近いようなものが好きな方は、オススメの見る価値がある映画だと思います。

次の