コロナ禍 まが。 コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

「コロナ禍」でもゴルフ場に行く人の意外な動向

コロナ禍 まが

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の

「コロナ禍」でもゴルフ場に行く人の意外な動向

コロナ禍 まが

「禍」の読み方と意味 「禍」は「か」「まが」「わざわい」と読みます。 「禍」の意味は、 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 です。 「禍」の漢字の成り立ち 禍の漢字の成り立ちを見ていきましょう。 「禍」の部首はしめすへん。 しめすへんはもともと「示す」という文字で、祭壇をあらわしています。 「禍」漢字の右側の意味はくぼんだ穴。 くぼんだ穴と祭壇が組み合わされた漢字で、 「神のタタリを受けて、落とし穴にハマる」ことを表しています。 このことから、「禍」は「わざわい・不幸・災難・災厄」の意味を持った漢字となっています. ちなみに、鍋(なべ)は金属とくぼんだ穴という文字を組み合わせた漢字。 渦(うず)は水を表す「氵(さんずい)」と「くぼんだ穴」という意味を持つ文字が組み合わされています。 「禍」を使った言葉・ことわざ 続いて、「禍」を使った言葉・ことわざを紹介していきます。 「コロナ禍」の意味は、 「新型コロナウイルスによる災難」ということになります。 最後に 今回はニュースの見出しに使われている「コロナ禍」の「禍」の読み方や意味、「禍」を使った言葉やことわざを紹介しました。 「コロナ禍」と書いて「ころなか」と読むのが妥当だと思います。 「禍」は 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 という意味を持った漢字です。 ちなみに、「禍い(わざわい)転じて福をなす」ということわざの「わざわい」は今までずっと「災い」だと思っていました。 今回調べて初めて知りました。 「まがまがしい」も「禍」が使われることも初めて知りました。 といういことで、今回は「コロナ禍」の「禍」ってなんて読むの?禍の読み方・意味・「禍」を使ったことわざについて紹介しました。 あわせて読みたい記事 参考:「例解学習漢字辞典 第八版 オールカラー版 発行:小学館」「広辞苑 第四版 発行:岩波書店」 スポンサーリンク.

次の

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍 まが

「禍」を使う言葉 それでは、「禍」を使う言葉を見ていきましょう。 「禍根」 「かこん」と読みます。 「わざわいが起こる原因」とか「わざわいのもと」といった意味です。 この言葉はよく使われますね。 「将来に禍根を残す」といった形で使われます。 「禍福」 「かふく」と読みます。 「わざわいとしあわせ」という意味です。 「 禍福は糾える縄の如し」という成語で使われる言葉です。 「糾える」は「あざなえる」と読みます。 この成語は、「わざわいと幸福とは縄をより合わせたように表裏一体である」という意味です。 「塞翁が馬」と似たような意味ですね。 「禍災」、「禍難」 それぞれ「かさい」、「かなん」と読みます。 両方とも「災難」とか「災害」といった意味になります。 「禍神」 「まがかみ」と読みます。 「わざわいを起こす神」という意味です。 「邪神」と同じ意味ですね。 「禍々しい」 「まがまがしい」と読みます。 「縁起が悪い」、「いまわしい」とか、「いまいましい」という意味です。 「禍々しい出来事」といった風に使われます。

次の