日本 相撲 協会 ツイッター。 お相撲さんのお弁当の写真×5枚を特定!日本相撲協会twitterがヤバい!

公益財団法人とは?話題の相撲協会の組織・財団法人について調べてみた

日本 相撲 協会 ツイッター

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 日本相撲協会の懲戒処分 (2010年06月29日 朝刊) 除名、解雇、番付降下、出場停止、減俸、譴責(けんせき)の6種類。 除名には理事会、評議員会で、それぞれ4分の3以上の賛成による特別決議が必要で、退職金は支給しない。 解雇以下の処分は理事会の過半数の賛成で決められる。 解雇は退職金が出るが、理事会決議で支払いを停止できる。 日本相撲協会顧問の現金授受問題 (2014年08月30日 朝刊) 遊技機器に力士の肖像を使う契約を巡り、協会の50代の男性顧問が、パチンコ業者と協会を仲介した人物から現金を受け取っている動画がネット上に流れて発覚した。 顧問が帯封つきの現金500万円を紙袋から取りだし、袋に戻す様子などが映っている。 協会の危機管理委は、顧問は別の日にも1200万円を受け取ったが、いずれも別の人物を通じて返却したと認定した。 顧問に現金をわたした人物は朝日新聞の取材に「金は返してもらっていない」と答えている。 週刊現代の八百長疑惑報道 (2008年10月04日 朝刊) 「横綱・朝青龍の八百長を告発する!」など、07年2月から3回にわたって大相撲の八百長疑惑を報じた。 「『下位力士から一番80万円で星を買っている』との重大証言」(07年2月3日号)など、朝青龍が優勝した06年九州場所や07年初場所などで八百長が行われていたと書いた。 日本相撲協会や記事で名指しされた力士らが発行元の講談社などを相手取り、損害賠償と謝罪広告掲載を求める訴訟を起こした。

次の

公益財団法人とは?話題の相撲協会の組織・財団法人について調べてみた

日本 相撲 協会 ツイッター

少しお硬いイメージのある「日本相撲協会」だが、最近は時代に合わせた柔軟で面白いPRを行っている。 日本相撲協会公式のTwitterには、なんと力士のセクシーグラビアのような画像まで投稿。 SNSなどのネット上では、賛辞の声が飛び交っている。 出典画像:日本相撲協会公式Twitterより まるでグラビアアイドルのような力士の画像が話題に! 4月18日、日本相撲協会公式のTwitterは、桜が咲く公園で稽古に励んだり、カメラに向かってポーズをとる力士の画像をアップ。 なかでも、「桜の下でポーズをとる、勢・御嶽海」というツイートは1万件以上もの「いいね」がつくなど大好評。 まわし一丁で快晴の空の下で桜の木と共に映る勢と御嶽海に対して、「御嶽海関のグラビア感(笑)」「来年の相撲カレンダーの4月の写真に使ってください(笑)」「御嶽海がセクシー。 袋とじだな」とリプライが飛んだ。 <春巡業@常陸大宮場所>桜の下でポーズをとる、勢・御嶽海。 — 日本相撲協会公式 sumokyokai そのほかにも、玉鷲を撮影する御嶽海、芝生を満面の笑みで走る勢・御嶽海・玉鷲といった、グラビア感が漂う画像に対して、「グラビアアイドル玉鷲ちゃんを激写する御嶽海も素敵」「写真集お願いします」「かわいいのう~」など絶賛の声が相次いでいる。 <春巡業@常陸大宮場所>稽古後、玉鷲を撮影する、御嶽海。 — 日本相撲協会公式 sumokyokai <春巡業@常陸大宮場所>芝生を走る、勢・御嶽海・玉鷲。 — 日本相撲協会公式 sumokyokai 日本相撲協会公式Twitterは、力士の画像が大量に投稿されているのが特徴的で、「腹筋ローラーで鍛える、旭大星、竜電」「サービスエリアで休憩中の、小柳」「髪の毛を隠す大砂嵐を撮影する、千代丸」といった舞台裏の力士の表情も見ることができる。 Twitterのフォロワー数は28万を超えており、多くの相撲ファンがツイートを心待ちにしているようだ。 <春巡業@川崎場所>髪の毛を隠す大砂嵐を撮影する、千代丸。 — 日本相撲協会公式 sumokyokai マンガやゲームまで……時代に柔軟に合わせる相撲協会 日本相撲協会は遊び心あふれるTwitter以外にもファンサービスが充実している。 3月6日よりスマホで遊べる力士育成大相撲バトルゲーム「大相撲ごっつぁんバトル」を配信開始。 バンダイナムコエンターテインメントとHINATAが共同でつくった日本相撲協会公認の同ゲームには、白鵬、日馬富士、鶴竜といった実在の力士が登場。 これは…育てなければ!」「ガチャひいたら実写なのおもろいな~」と好評のようだ。 また、公式サイトでは「ハッキヨイ! せきトリくん」という漫画も公開しており、イラスト付きで楽しく相撲に関する知識を得られる工夫がされている。 普段の対戦では、各力士たちの真剣な表情しか見ることができない。 だが、こういったSNSや各種サービスを利用すれば、取り組み中では見られない新たな一面が目の当たりにできそうだ。

次の

【国技コラボ】日本相撲協会 × あつ森!協会公式が「あつまれ大相撲」

日本 相撲 協会 ツイッター

Contents 目次• 日本相撲協会とは 少し難しい言い回しですが日本相撲協会については以下のように説明されています。 大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年に財団法人として設立され、2014年に公益財団法人に移行した法人である。 (引用:ウィキペディア) 広くいうと「公益法人」といって、社会全体の利益を目的にしている法人でもある日本相撲協会。 一般的な法人(企業)は会社の利益(営利)を目的に活動するわけですが、公益法人はそうではありません。 では、日本相撲協会は何を目的に設立されているかと言えば、相撲を社会全体に普及すること、競技として指導すること、相撲に関する伝統的な文化を普及することが目的になっています。 相撲の普及以外にもの本相撲協会には「社会貢献部」と呼ばれる部署もあるよで、最近では東日本大震災や熊本地震での災害支援を行なっています。 財団法人について 財団法人とはいいますが、通常は一般財団法人といいます。 2008年(平成20年)の新公益法人制度により設立が認められるようになったのが一般財団法人。 制度改正で登記のみで設立が可能となっています。 これまでは内閣総理大臣や都道府県知事の許可が必要でしたが少し簡単になった印象です。 設立が終わると団体の名前で銀行口座や不動産の取得も可能となります。 定款作成や理事、評議員の選任、評議員会・理事会の設置などの流れに沿って登記が完了すると一般財団法人の設立完了。 登記がなされていない団体は代表者との取引なのか、団体を構成している人なのか、わかりにくくなります。 登記をしていると取引が分かりやすくなり、財産の区別もしやすくなります。 一般財団法人は登記のみで設立が可能となりましたが、税制の優遇はありません。 ただ、一般財団法人ならば利益追求のための活動も可能。 (名目上は利益を追求しない非営利団体ですが) では、相撲協会のように「公益」と名のつく財団法人は一般財団法人とどう違うのでしょうか。 公益財団法人とは 公益財団法人は「公益認定」を受けた財団法人となります。 こちらは、内閣総理大臣や都道府県知事から認定を受けることになります。 不特定多数の者の利益(公益)になる事業をするのか、公益目的にお金が使われるか、役員の報酬が理由もなく高額になっていないか、団体自体が他の企業の株式などを過半数保有していないか…。 それらの基準を満たすことが公益財団法人になるための要件になるのです。 厳しめの条件がありますが晴れて公益財団法人になると税制の優遇が受けられます。 公益になるための事業に関しては法人税が課せられませんし、寄付を受けた時も費用の一部扱いになるため税も安くなるわけですね。 逆に寄付をした人も控除を受けることが可能でメリットがあります。 公益財団法人については以下の記事でも紹介しています。 どうぞ、ご覧ください。 気になる相撲界のお金の話 ざっくりですが日本相撲協会は一般的な企業ではなく公益を目的にしている公益財団法人とはお分かりいただけたでしょうか。 気になったのはお金の話。 協会の収入源や力士の収入、立場などなど。 それらを見ていきましょう。 まずは力士の年収ですが以下の引用をご覧ください。 公益財団法人である協会の寄附行為施行細則には、番付ごとの月給の数字が記されている。 手当を含めたその額は、「横綱282万円」「大関234万7000円」「三役169万3000円」「平幕130万円9000円」「十両103万円」だ。 幕下以下には場所手当(およそ7万円)や巡業手当が出るのみで基本給はゼロ。 だからこそ十両以上が「関取」と呼ばれ、土俵入りや大銀杏を結うことが許される。 大関から横綱に昇進したことで、稀勢の里の月給は約50万円アップ。 基本給が年収ベースで600万円も上がったのだ。 さらに、2か月に一度ある本場所のたびに、力士には過去の成績に応じた「力士報奨金」が支払われる。 報奨金は勝ち星や優勝回数、金星の数によって細かく規定され、好成績を積み重ねれば、どんどん加算されていく仕組みだ。 (引用:) ご存知の方も多いかもしれません。 十両以上の番付、いわゆる関取になった途端、月給が発生しますね。 だから、何が何でも十両の地位は守りたいし、登りつめたいわけですね。 幕下に陥落したら引退する。 そう決めている力士もいるようです。 実力次第で大金を手に入れられる夢のある舞台ですね。 ちなみに、力士も含めて相撲協会に所属している人たちは財団法人に所属する「団体職員」という立場。 公益財団と名前がつくので公務員と勘違いする人もいるとのこと。 相撲協会には力士を含め1000人ほど在籍する団体。 特に、力士に支払う高額な給料を考えるとどこからその収入があるのかも疑問に思います。 まずは、2ヶ月に1度行われる本場所を観戦しに訪れる人が購入するチケット。 それから、本場所がない時に行われる地方巡業での収入(チケット代など)。 グッズやお土産の売り上げ、懸賞金・広告収入、テレビ放映権、タニマチ(力士や相撲部屋のスポンサー)などなど多くの収入源を持っています。 よく、財団法人などの公益法人は一般的な企業よりもビジネスモデルがしっかりしていないといけない…と聞きます。 そういう意味で様々なところから収入のある相撲協会は優秀ではないでしょうか。 事実、日本相撲協会はずっと黒字経営の超優良法人。 有名企業や経営者も設立する財団法人 一般財団法人を設立している経営者で有名なのは、孫正義さんですね。 「孫正義育英財団」を設立しています。 こちらは一般財団法人です。 未来を創る人材の育成を目的に施設運営や環境整備を行なっているようです。 代表理事が孫正義ソフトバンクグループ代表、副代表理事は京大iPS細胞研究所所長の山中伸弥さん、評議員には将棋の羽生善治さんも名を連ねています。 気になる方はをのぞいて見てください。 そもそも、言ってみれば大富豪の方が財団をもつ意味はなんなのでしょうか。 それは、財産の運用かもしれません。 財団法人を設立するには基本財産を拠出(出し合い)をしなくてはいけません。 自分の財産を設立のために拠出し、公益性の高い活動ができたり、公益財団法人になると税の優遇もあります。 税の優遇は逆の考えで言えば、財産を守ることにもつながります。 ただ、孫さんほどの人物であれば社会に一石を投じようと設立する人もいるかもしれませんね。 設立のメリットに比べ、デメリットはほぼないと考えられます。 公益財団法人になって税の優遇を受けたいのならば条件を満たす必要があること。 そのハードルが高いこと。 設立までに時間がかかること。 それぐらいでしょう。 財団法人は社会貢献が目的 公益を目的にしていることから、相撲協会のように不祥事があると批判の対象になりやすい財団法人。 しかし、デメリットよりもメリットの多い法人でもあります。 何か起業を考えている方は選択の一つにしてみてはどうでしょうか。

次の