舌先 三 寸。 舌先三寸、言うだけ番長ってなに? 「小児滲出性中耳炎治療は難しい」

舌先三寸? 口先三寸?

舌先 三 寸

意味 口から出る言葉と、心の中のちょっとした思いは、時と場合によっては悪い結果を生じさせるので、慎まなければならない、ということ。 解説 見たり聞いたりした時、急に思いついた短いことばを、そのまま、口に出してしゃべってしまうと、人をきずつけたり、 あとで後悔したりすることがあるので、ことばは、かるい気持ちで口に出してはいけない、ということのようです。 また、かんたんな思いつきで物事を決めつけたり、あまり深く考えもしないで行動したりすることも、慎む必要がある、 ということと思います。 とくに、怒りを感じた時に思いついたことや、口から出そうになったことばは、 すぐに忘れてしまったほうが、よいのではないかと思います。 「舌三寸」は、「舌先三寸(したさきさんずん)」とも言います。 重要語の意味 舌三寸=「したさんずん」と読み、口先だけのことば。 ちょっとした短いことば。 他人に命令することば。 胸三寸=「むねさんずん」と読み、心の中にあるちょっとした考え。 その時に急に思いついた考え(無明に縁って生じた思い)。 に=同じような意味の言葉を並べてあらわす時に使う言葉。 三寸=「さんずん」と読み、短いことのたとえ。 約9センチ。 胸=「むね」と読み、こころ。 おもい。 結果=「けっか」と読み、何かが原因となってあることが生じること。 慎む=「つつしむ」と読み、心をよく守って軽い気持ちを起さないようにする。 軽はずみな行為をしない。 急に=「きゅうに」と読み、ただちに。 すぐに。 とつぜんに。 後悔=「こうかい」と読み、自分がしたことの悪さを知って心をいためること。 思いつき=「おもいつき」と読み、深く考えないでふと心の中に浮かんだ考え。 決めつける=「きめつける」と読み、他人のことなどをこうであると一方的に思いこむ。 怒り=「いかり」と読み、おこること。 不満に思って腹を立てること。 忘れる=「わすれる」と読み、思いついたことを再び思い出さないようにする。 いわれ(歴史)と重要度 不明。

次の

舌先三寸(したさきさんずん)

舌先 三 寸

「舌先三寸」の意味 「舌先三寸」とは、 口先だけでうまく相手をあしらうこと、或いは、その言葉を意味します。 弁舌が巧みということで、そういった話し方に憧れる人もたまにはいますが、基本的に「舌先三寸」の話し方は、中身が伴っていないので、悪い意味で使われることが多いです。 「舌先三寸」の語源・由来 「三寸」とは 長さが短いことを象徴する言葉です。 ただ、一寸とは約3,03cmで、三寸は9. 09cmです。 人の舌の平均的な長さは7cm程度だと言われているので、舌先の長さとしては、かなり長くなってしまいます。 しかし、ここでは、短いことのたとえなんだとご理解下さい。 また、その一方で、有難い説法をされるお釈迦様の舌は口から出すと、髪の生え際まで届くと言われています。 そのような お釈迦様に比べると、舌先三寸なんて短いという説もあります。 とにかく、このように「舌先三寸」は舌先が短いという意味から転じて、口先だけの薄っぺらい言葉という意味になりました。 「口先三寸」は誤用 「舌先三寸」と似たような言葉で、「口先三寸」がありますが、こちらは誤用です。 ただ、では、本心ではないうわべだけの巧みな言葉を意味する表現とは、という回答について その社長さんは、 舌先三寸でのし上がってきたと聞いているから、やっぱり人望がないんじゃないかな。 「舌先三寸」の例文1 「詐欺師は、 舌先三寸で多くの高齢者を騙し続けた。 」 「舌先三寸」の話をする人の典型的な例は、やはり詐欺師ですよね。 詐欺師は言葉を巧みに使いこなしますが、そこには騙しのテクニックがたくさん盛り込まれているので注意しましょう。 「舌先三寸」の例文2 「あの反省の弁は、 舌先三寸だったのか、彼は、再び同じような犯罪を繰り返した。 」 「舌先三寸」には、聞こえは良いけれども中身が伴っていないという意味があります。 反省をする場合も、表面的には反省しているように見えるけれども、心の底では反省していない場合、「舌先三寸」という表現を使ったりします。 「舌先三寸」の例文3 「彼は、 舌先三寸で組織の底辺から上層部にのし上がっていった。 」 この世の中には、誠実な人よりも、「舌先三寸」の人が出世しやすい皮肉な傾向があるのではないでしょうか。 もちろん、話が上手なことも確かに大切ではありますが、そこに中身が伴っていけるよう、努力する必要はありますよね。 「舌先三寸」の類語 「舌先三寸」には以下のような類語があります。 「二枚舌」 「二枚舌」とは、 前後で矛盾したことを言うことを意味します。 その時に応じて、都合の良いことをいったり、中身が伴っていないという点で、「舌先三寸」と同じような意味があります。 ただ、「舌先三寸」は、弁舌が巧みな時に使うという意味であるのに対して「二枚舌」は、言っている自体が矛盾しているという意味である点が違います。 「歯が浮いたような」 「歯が浮いたような」とは、 言葉が軽すぎて、不快な気持ちを感じることを意味します。 とにかく口先だけは、達者なこというという点では、「舌先三寸」と意味が共通しています。 ただ「歯が浮いたような」は、お世辞やキザな言葉を言った時に限定される表現です。 「口八丁」 「口八丁」とは、 口が達者なことを意味します。 よく「口八丁手八丁」とセットで表現されることが多いですよね。 「口八丁」も「舌先三寸」と同じように悪い意味として、捉えれることが多いです。

次の

舌先三寸、言うだけ番長ってなに? 「小児滲出性中耳炎治療は難しい」

舌先 三 寸

「舌先三寸」の意味 「舌先三寸」とは、 口先だけでうまく相手をあしらうこと、或いは、その言葉を意味します。 弁舌が巧みということで、そういった話し方に憧れる人もたまにはいますが、基本的に「舌先三寸」の話し方は、中身が伴っていないので、悪い意味で使われることが多いです。 「舌先三寸」の語源・由来 「三寸」とは 長さが短いことを象徴する言葉です。 ただ、一寸とは約3,03cmで、三寸は9. 09cmです。 人の舌の平均的な長さは7cm程度だと言われているので、舌先の長さとしては、かなり長くなってしまいます。 しかし、ここでは、短いことのたとえなんだとご理解下さい。 また、その一方で、有難い説法をされるお釈迦様の舌は口から出すと、髪の生え際まで届くと言われています。 そのような お釈迦様に比べると、舌先三寸なんて短いという説もあります。 とにかく、このように「舌先三寸」は舌先が短いという意味から転じて、口先だけの薄っぺらい言葉という意味になりました。 「口先三寸」は誤用 「舌先三寸」と似たような言葉で、「口先三寸」がありますが、こちらは誤用です。 ただ、では、本心ではないうわべだけの巧みな言葉を意味する表現とは、という回答について その社長さんは、 舌先三寸でのし上がってきたと聞いているから、やっぱり人望がないんじゃないかな。 「舌先三寸」の例文1 「詐欺師は、 舌先三寸で多くの高齢者を騙し続けた。 」 「舌先三寸」の話をする人の典型的な例は、やはり詐欺師ですよね。 詐欺師は言葉を巧みに使いこなしますが、そこには騙しのテクニックがたくさん盛り込まれているので注意しましょう。 「舌先三寸」の例文2 「あの反省の弁は、 舌先三寸だったのか、彼は、再び同じような犯罪を繰り返した。 」 「舌先三寸」には、聞こえは良いけれども中身が伴っていないという意味があります。 反省をする場合も、表面的には反省しているように見えるけれども、心の底では反省していない場合、「舌先三寸」という表現を使ったりします。 「舌先三寸」の例文3 「彼は、 舌先三寸で組織の底辺から上層部にのし上がっていった。 」 この世の中には、誠実な人よりも、「舌先三寸」の人が出世しやすい皮肉な傾向があるのではないでしょうか。 もちろん、話が上手なことも確かに大切ではありますが、そこに中身が伴っていけるよう、努力する必要はありますよね。 「舌先三寸」の類語 「舌先三寸」には以下のような類語があります。 「二枚舌」 「二枚舌」とは、 前後で矛盾したことを言うことを意味します。 その時に応じて、都合の良いことをいったり、中身が伴っていないという点で、「舌先三寸」と同じような意味があります。 ただ、「舌先三寸」は、弁舌が巧みな時に使うという意味であるのに対して「二枚舌」は、言っている自体が矛盾しているという意味である点が違います。 「歯が浮いたような」 「歯が浮いたような」とは、 言葉が軽すぎて、不快な気持ちを感じることを意味します。 とにかく口先だけは、達者なこというという点では、「舌先三寸」と意味が共通しています。 ただ「歯が浮いたような」は、お世辞やキザな言葉を言った時に限定される表現です。 「口八丁」 「口八丁」とは、 口が達者なことを意味します。 よく「口八丁手八丁」とセットで表現されることが多いですよね。 「口八丁」も「舌先三寸」と同じように悪い意味として、捉えれることが多いです。

次の