山梨爆。 【顔写真+Facebook】渡辺まゆ=デマ?コロナ後に山梨帰省

山梨県の超大盛りデカ盛りグルメ★お腹壊れる10店

山梨爆

山梨に帰省した20代女性が待機要請を無視して東京に戻る 自宅待機の要請を無視して東京に帰った20代女性について「テレ朝news」は次のように報じています。 東京都から山梨県内に帰省した20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。 山梨県によりますと、 東京都在住の20代会社員の女性は 先月29日に 高速バスで山梨県内の実家に帰省しました。 女性は帰省した翌日、 東京の会社の同僚から陽性者が出たという連絡を受けて 味覚や嗅覚の変化が26日からあったと山梨県の帰国者・接触者外来に相談したということです。 女性は今月1日に医療機関を受診して検体を取り、 高速バスを使用して東京都内に戻りました。 2日になって陽性が判明したということです。 女性は山梨県内で買い物や 友人とバーベキューをするなどして 山梨県 富士吉田市、山梨県 鳴沢村、山梨県 富士河口湖町に滞在していました。 山梨県は女性が使用したバスの時間などを公表するとともに 再度、不要不急の帰省や旅行などの自粛を強く求めています。 (2020年5月2日配信) 上記の通り、この女性は体調不良を自覚していながら、友人と共に BBQに興じていたのです。 山梨から東京に戻る際には 高速バスを利用しており、このバスに乗り合わせた乗客も感染している疑いがあります。 一体、この女性は どの会社の高速バスに乗っていたのでしょうか? また、 どの時刻のバスに乗っていたのでしょうか? そこで、この女性が乗車していた高速バスについて調べたところ、以下の情報が得られたのです。 pref. yamanashi. jp」より引用 上記の通り、移動手段の高速バス会社は全て 「京王バス」でした。 この女性と同じ高速バスに乗っていたと思われる方は、最寄りの保健所に連絡して下さい。 陽性判明後にバスに乗車していた 当初の報道では、女性はPCR検査の 結果を待たずに高速バスで東京に帰っていました。 しかし、この女性は保健所の聞き取り調査に対して 虚偽の説明を行っていたことが発覚しました。 新しい発表によると、この女性は自身が 陽性であることを知った上でバスに乗っていたのです。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、 県は3日、 帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、 陽性判明直後の 2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に 虚偽の説明をしていたという。 上記の通り、この女性は友人自でBBQをした後、 「整骨院」と 「ゴルフ場」に立ち寄っていたのです。 整骨院については濃厚接触者は 0人と報告されていますが、ゴルフ場での濃厚接触者については公表されていません。 当然、ゴルフ場には 他の一般客もいたことが予想されます。 もし、他の一般客と接触していれば、このゴルフ場を起点として多数の感染者が発生する可能性があります。 「ガラケー女」(デマ)と同じ展開になる? 真偽不明の情報は、全て爆サイにリークされたものでした。 誰が言い出したのか分からない「渡辺」という苗字から、 「某アイドルと同じ名前」という情報が追加され、それが 「渡辺まゆ」という名前を生み出したと思われます。 この状況は、 「ガラケー女」のデマ事件と全く同じ構図です。 そのため、義憤に駆られたネットユーザーが特定作業を開始。 その結果、 全く無関係な女性が「ガラケー女」に仕立て上げられてしまったのです。 無実の罪を着せられた女性は自身のFacebookで無関係であることを主張。 しかし、それでも誹謗中傷のコメントが止むことはありませんでした。 無実の罪を着せられた女性は記者会見を開き、「ガラケー女」のデマを拡散した人物に対して法的措置を宣言。 これにより、この騒動は沈静化したのです。 ガラケー女のデマが発生した理由 (1)無関係な女性が主犯(男)のインスタをフォローしていた (2)ガラケー女と同じ服装をしていた (3)ガラケー女を同じブランドのアクセサリーを身に着けていた これらの理由からガラケー女だと特定されたわけですが、最初から裏付けを取っていれば、 人違いであることは明らかでした。 ところが、大多数のユーザーが 無検証・ 無批判のまま情報を拡散してしまったことで、ガラケー女のデマが発生してしまったというわけです。 今回の20代女性についても、ネット上に流布している情報を 裏付けるものは一切ありません。 そのため、ガラケー女の時と同じように、 全く無関係な女性が巻き込まれている可能性があるのです。 ネット上では女性の「顔写真」や「勤務先」などに加え、家族の写真や父親の会社に関する情報も出回っています。 もし、これらの情報を拡散してしまった方は 削除するようお願い致します。 特に、女性の勤務先や父親の会社に関する情報を拡散した方は注意が必要です。 その情報が事実か否かに関わらず、具体的な会社名を挙げたことで、その企業が 風評被害に遭う可能性があります。 もしそうなれば、企業側から 法的措置を取られる可能性があります。 また、その企業が倒産(または閉店)に追い込まれれば、 巨額の賠償金を請求されることでしょう。 爆サイへのリークがきっかけで、ネット上には「勤務先= マリアージュフレール」という情報が拡散されていました。

次の

山梨風俗・お店掲示板|爆サイ.com甲信越版

山梨爆

山梨県の山盛りの聖地であるあの お食事処「ぼんち」に行って来た! 同じマンションのS夫妻のコミュニティーで企画が上がっており2回目の参加。 宮ケ瀬ダムの「鳥居原園地」駐車場に集合して8名で行って来ました。 宮ケ瀬ダムから下道で向かい「ぼんち」には11時半過ぎに到着、2つある駐車場は既にバイクと車で一杯。 かなり待つことになるかと思ったけど車が出たのですぐに駐車、店内は広かったので店の中にも直ぐに入れた。 鶏のから揚げと迷ったが、チキンカツが美味しいらしいので「チキンカツカレー」に決めておいた。 大きさがわかると思います。 先に来た「チャーハン」、「ラーメン」は普通の中華屋より大盛り程度のボリュームだったけど、「中華丼」はとにかく大きくて笑うしかなかった。 「ぼんち食堂」期待を裏切りません(笑 奥さんは先に食べたて器に余白が出来た人に分けていたけどかなり余る始末(笑 僕が注文した「チキンカツカレー」も残念ながらやっつけることが出来なかった。 食べ終わった(食べるの諦めた)ところで、コーラが出て来てお店のステッカーも頂きました。 更に会計で缶コーヒーの頂いた。

次の

爆肉丼の店まっくす

山梨爆

駐車場 北精進ヶ滝の駐車場は20台程度が停められる広いスペースになっています。 駐車場からすぐのところに、遊歩道の入り口となる吊橋があります。 遊歩道の看板がありますが、色褪せていて見えにくいです。 北精進ヶ滝の展望台の位置と、そこまでに幾つかの滝があることはわかります。 吊橋からスタート 入り口から大きな吊橋です。 観瀑台まで40分程度かかりますが、スタートからワクワクします。 けっこう大きな吊橋になっています。 熊出没注意の看板があります。 帰りは夕暮れで薄暗くなりましたが、サルの群れがいて、鳴き声が聞こえました。 吊橋といっても、しっかりとした作りなのであまり揺れません。 石空川第六ダムという砂防ダムがあります。 石垣のような作りのダムで、なかなか格好良い作りです。 ダムというよりお城の石垣という感じがします。 橋の下流は川幅が広くなっています。 この辺りは石が白いのが特徴的です。 奥の山の中腹に橋が見えます。 今回はあの橋の方から下ってきました。 あの橋の上のほうは御座石温泉がある辺りです。 林の中の遊歩道 橋を渡ると、精進ヶ滝の遊歩道の案内板があります。 駐車場にあった看板は見難かったので、ここでルートと撮影ポイントを把握しましょう。 精進ヶ滝は2段になっていて、上部が精進ヶ滝、下部が九段の滝になります。 しばらくは川沿いの林の中を歩きます。 紅葉の季節は、とても気分の良い散策路になっていました。 所々に案内板が立っているので迷うことは無いと思います。 林の木々の間から、透明度の高い川の水が見えます。 川の石が白く、美しい渓谷です。 林の中をしばらく歩き続けます。 傾斜はさほどきつくありません。 遊歩道は石がゴロゴロしている場所も多いので、スニーカーか登山靴は必要でしょう。 サンダル・ヒールなどはきついと思います。 一の滝・二の滝 ひたすら遊歩道をあるいていくと、川のほとりに出ます。 二つの滝が見えます。 これが一の滝・二の滝です。 一の滝は別名、魚止の滝 二の滝は別名、初見の滝 と呼ばれています。 この滝だけでも良い写真になりますね。 アーチ型の橋が綺麗です。 滝の近くで写真を撮ることができます。 晩秋の雰囲気のある写真が撮れました。 滝の右側には柱状節理が見えます。 手前の河原にある流木が、渓谷の味を出してくれています。 二の滝(初見の滝)です。 アーチ型の橋付近から撮影しています。 近い距離で撮影できるのがいいですね。 かなり整備された遊歩道です。 二の滝は高さがあるので、3つの急階段を使って登ります。 実際に登ってみると高度間があります。 帰りは暗くなったので、少々怖いものがありました。 二の滝の急階段 さて、階段の下に辿り着きました。 3本の階段を上っていきます。 角度があるので、高所が苦手な人は怖いと思います。 手すりがしっかりしているので、安定感はあります。 1本目の階段を見上げるとこんな角度です。 階段は靴が半分乗る程度の幅しかないので、靴を横にしてカニ歩きのようにして登ると安定します。 二の滝は横から見ると、傾斜があります。 正面から見ていると、垂直に落下しているように見えていました。 階段を登っていると、あっという間に滝が下に見えてきます。 滝つぼとアーチ上の橋が、かなり下に見えます。 帰りも急階段です。 この階段は定員3名、総重量200Kgまでと書いてあります。 三の滝 二の滝の急階段を登り切ると、すぐに三の滝が現れます。 通路が狭いので、三の滝を三脚を使って撮影しようとすると苦労します。 辺りが薄暗くなってきたので、手持ちで撮影して先へと進みました。 揺れる吊橋の上から、三の滝を記念撮影です。 三の滝からは渓流沿いを歩いてきます。 道も山道っぽくなってきました。 時間があれば、この周辺でゆっくりと渓流の撮影をしたいところです。 小さな滝のようになっているところもあります。 岩がとても美しいです。 巨大石 おおきな石が何個かあります。 おにぎり石という花崗岩の岩があり、説明が書いてあります。 (近すぎたので写真は看板のみになってしまいました) 三つ児石です。 かなり大きな岩です。 左の階段と比べるとその大きさが良く分かると思います。 大きな地震がきたら、転がりだしそうです。 苔が時の流れを感じさせてくれます。 竜洗峡 この辺りは、竜洗峡という名前がついており、河原を歩きます。 花崗岩の岩と透明度の高い水が美しいです。 紅葉の渓谷風景の写真はここで撮影できます。 観瀑台 観瀑台に到着しました。 滝の正面の高いところに観瀑台があります。 斜面を降りて下には行けますが、気が邪魔で滝がよく見えなくなります。 観瀑台からが一番良い写真が撮れそうです。 下が九段の滝、上が北精進ヶ滝です。 滝まではかなり距離がありますが、横撮影だと標準レンズでギリギリ収まるサイズです。 大きな滝というのは事前情報で知っていても、実際に目の前にすると、大きな感動があります。 北精進ヶ滝の縦構図です。 下の九段の滝がカーブしていて、動きのある写真になります。 紅葉が終わりかけなのが残念でした。 紅葉のピークのときはどれだけ美しいのでしょうか? 九段の滝だけでも、素晴らしい写真になります。 紅葉撮影の最後に、素敵な滝に巡り会うことができました。 軽い登山気分を味わえ、渓谷の写真を撮り、最後に巨瀑を楽しむ。 なんとも贅沢な場所です。 ネットで調べると、滝つぼまで歩いていっている人がいるようです。 もちろん自己責任の非公式なルートのようですが。 北精進ヶ滝の滝つぼまでいくと、凄い迫力なのでしょう。 滝つぼまでは行けなくとも、十分に楽しめる撮影スポットでした。 この滝に来るときは、国道20号線の「上円井」という交差点から御座石林道を通って来ましたが、舗装がされていない場所も多く、大変でした。 甲斐駒カントリークラブ付近から「精進ヶ滝林道」を通ってきたほうが、距離も短く、道路も舗装されているので良いです。

次の