辛い物を食べると下痢。 辛いものを食べた後の腹痛はどう対処したら良い?激辛料理の辛さを和らげる方法

辛いものを食べるとお腹を壊す理由は?実際に効果のある2つの対処法

辛い物を食べると下痢

辛いものを食べると何故お腹を壊すの? 辛いものが好きで食べたいけれどお腹を壊してしまう。 そもそも辛いものを食べると、何故お腹を壊すのだろうかと疑問に思っている方は多くいると思います。 ここではカレーを題材にお腹を壊す原因を紹介していきます。 実は辛いカレーを食べてお腹を壊してしまうのには身体の調子の他に、カレーの種類にも原因がありました。 ここではお腹を壊しやすいカレーの種類や、身体の調子についてご紹介していきます。 カレーの種類 大好きな人が多いカレーですが、実は種類によってお腹を壊しやすくなってしまいます。 1つずつご紹介していくので、参考にしてみてください。 グリーンカレー タイカレーとも言われているグリーンカレーですが、実はある材料がお腹を壊しやすくしてしまう原因なのですが、ご存知ですか?その材料というのは、私たちもよく知っている「ココナッツミルク」です。 何故、グリーンカレーに入っているココナッツミルクがお腹を壊してしまうのかというと、脂肪分が多いのと身体への作用が関係していました。 ダイエットにもおすすめされているココナッツミルクですが、脂肪分が多く日本人の体質では消化不良になりやすいのでお腹を壊してしまいます。 また、体を冷やす作用があるので、お腹を冷やしてしまい壊してしまう場合もあります。 ココナッツミルクを使用しているグリーンカレーでお腹を壊してしまう場合、少量のココナッツミルクを摂っていき慣らしていけばお腹を壊すことが少なくなります。 インドカレー 色々な種類のスパイスを使用しているインドカレーですが、そのスパイスがお腹を壊してしまうことがあります。 私たちがよく聞くスパイスである「クミン」ですが、実は「消化促進」効果を持っているのをご存知ですか? また、インドカレーに使用されているスパイス全般に「血行促進」効果があるので、血行が良くなり消化器系が活発になるのでお腹を壊してしまう事が多いのです。 カレーの辛さに使用されている唐辛子などに含まれている「カプサイシン」も、とり過ぎてしまうと腸を刺激してしまうのでお腹を壊してしまう原因にもなってしまいます。 辛いものを食べる時には、あまり辛過ぎないものを食べるようにしましょう。 身体の調子 辛いものを食べるとお腹を壊してしまう理由には、身体の調子も大きく関わってきます。 風邪気味など喉や胃の粘膜が弱っている時に辛いものを食べると、刺激が強くお腹を壊してしまいます。 なるべく風邪気味の時は唐辛子を使用している辛いものを食べるのは避けましょう。 どうしても辛いものが食べたい時は、納豆やレンコン、オクラなどのネバネバしている食材は粘膜を保護してくれる働きがあるので、辛いものを食べる時は野菜カレーなどを食べるのがおすすめです。 辛いものでお腹を壊さないようにするために 辛いものを食べてもお腹を壊さないようにしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという方が多いと思います。 私も最初はどうしたらいいのかわからなかった一人です。 ネットで調べてみたりもしましたが、嘘の情報もあるので何を信じたらいいのかわかりませんでした。 そこで私が色々と試してみた中で、実際にお腹が壊しにくくなった方法を2つご紹介します。 辛いものを食べるとお腹を壊してしまうと悩んでいる方は、ぜひ試してみてください! カラダを慣らす まず1つ目は「辛いものにカラダを慣らす」事です。 カラダが辛いものになれていないと、辛さの原因でもあるカプサイシンの刺激でお腹を壊してしまいます。 お腹を壊さないようになるためには、カラダに辛いものに慣れてもらわなければいけません。 いきなり辛いものを沢山食べてしまうと、身体に毒なので少しずつ食べて慣れていきましょう。 私はカレーの他に韓国料理が好きなのですが、韓国料理もかなり辛い料理が沢山あるので、食べるとお腹を壊してしまう事が多々あるのですが、キムチを少しずつ食べるようにした所、お腹を壊してしまう事が減りました。 毎日少しずつ辛いものを食べてカラダに慣れてもらうことは大事ですが、体調が良くない時はお休みをしてくださいね。 辛いものは粘膜を刺激してしまうので、風邪など悪化させてしまう恐れがあります。 元気な日に少しずつ食べるようにしましょう。 食べる前に牛乳を飲む そして2つ目は「辛いものを食べる前に牛乳を飲む」事です。 辛いものを食べる時には、牛乳を飲むのが良いと聞いた事があるという方もいると思いますが、実は牛乳やヨーグルトといった脂肪分・乳酸菌が含まれている飲み物には辛さを緩和してくれる効果があります。 インドカレーのお店にラッシーという飲み物が置いてある事がありますが、ラッシーはカレーの辛さを緩和してくれる理にかなった飲み物なのです。 私も辛いものを食べる時には必ずといっていいほど、牛乳を一緒に飲むようにしています。 牛乳に含まれている成分「カゼイン」が、カプサイシンなどの刺激から守ってくれる働きをしてくれるのでお腹を壊す事が少なくなります。 牛乳アレルギーの方はヨーグルトでも大丈夫なので、ぜひお試しください! 辛いものを食べ過ぎてしまって起こること 辛いものは食欲が進むので、ついつい食べ過ぎてしまう事ってありますよね。 実は、辛いものを食べ過ぎてしまうと、味覚紹介や病気を悪化させてしまったりするので食べ過ぎには注意が必要です。 実際に辛いものを食べ過ぎてしまうとどんな事が起きてしまうのかをご紹介します。 味覚障害 辛いものを食べ過ぎて起きてしまう症状として「味覚障害」があります。 私たちの舌には「味蕾」という甘さや塩気、酸味、苦味を感じる受容器があるのですが、辛いものを食べ過ぎてしまうと味蕾が壊れていってしまいます。 味蕾が壊れてしまうと味付けが薄く感じたり、より刺激が強いものを欲しがったりしてしまうので悪循環に陥ってしまいます。 味覚障害を起こさないためにも、辛いものを食べる時は適量を食べるようにしましょう。 病気の悪化 辛いものを食べ過ぎてしまって起きてしまう2つ目は「病気が悪化」してしまう事です。 例えば喘息を持っている方は辛いものを食べ過ぎてしまうと、粘膜を刺激して気管支狭まってしまうので、咳や息切れなどの症状を引き起こしてしまいます。 喘息を持っている方は悪化させないためにも、辛いものの食べ過ぎには注意が必要です。 また、辛いものを食べ過ぎてしまうと食道の細胞が傷付き、「食道がん」になりやすくなってしまいます。 ガンになってしまうリスクを最小限に抑えるためにも、辛すぎる食べ物には気をつけてくださいね。

次の

辛い物による下痢はいつまで続く?治し方や対処法について紹介!

辛い物を食べると下痢

今食べたものが便になるまでには、通常24時間かかります。 しかし、何かを食べてすぐに下痢になってしまうことがあります。 食べてすぐに下痢になった場合、直前に食べたものを疑ってしまいますが、必ずしも直前に食べたものが原因であるとは限りません。 いつ食べたものが原因か?というのは、ウイルスや細菌などによって大きく異るため、可能性がいくつも考えられます。 下痢の詳しいメカニズムについて知りたい場合は、も一緒に読んでみてください。 消化不良が原因の下痢 脂っこいものや冷たいものをたくさん食べたり、暴飲暴食、乳糖不耐症なのに牛乳を飲んだりというケースは、消化不良による下痢にあたります。 この場合、 早くて3時間、平均して6時間くらい前に食べたものが原因となっていることが多いです。 消化不良というのは、胃に負担が掛かっているということです。 暴飲暴食や油物は消化しにくく、辛いものなどの刺激物は胃酸分泌を乱れさせます。 これにより、満足に消化されないまま、食べたものが腸まで運ばれます。 腸は、栄養や水分を吸収し、便を作るところです。 便を固形化させるのも腸なのですが、消化されていない食べ物がそのまま運ばれると、腸の負担が大きくなり、炎症を起こしてしまいます。 すると、腸の働きが弱くなり、便を固めることができず、下痢や軟便になってしまうのです。 冒頭にも書きましたが、食べたものが胃から腸に運ばれ、さらに便となるまでに通常は24時間かかります。 日本人は腸が長いので、人によっては2日ほどかかります。 消化不良が起こると、便が固形化されず、通常よりも早いスピードで食べたものが運ばれるので、6時間後ぐらいに下痢として排泄されます。 乳糖不耐症の場合も同じです。 牛乳を飲んで数時間後にお腹がゴロゴロ・・・。 そしてひどい下痢というのは、牛乳に含まれる乳糖を分解できなかったために、下痢になってしまうのです。 食べてすぐ下痢をするのは? 消化不良の場合、下痢になるまでに少し時間がかかるのが特徴的なのですが、食べてすぐに下痢をする場合もあります。 食べて10分後~1時間後にお腹を壊す場合、 過敏性腸症候群の可能性が高いです。 食べるとすぐに便意が起こるというのは、実はとても健康的な証拠です。 この反応を 胃・大腸反射といい、人間の体は胃の中に食べ物や飲み物が入ることで腸がぜん動運動を始め、便意を催す仕組みになっています。 ですが、食べてすぐに下痢になるのは良くありません。 栄養がしっかり吸収されませんし、腸内環境も悪化します。 過敏性腸症候群になると、腸が刺激にとても弱くなります。 胃・大腸反射にも強く反応し、必要以上にぜん動運動が活発化してしまい、下痢になるのです。 また、脂肪分が多い食べ物にも注意しなければなりません。 脂っこい食べ物は、胃・大腸反射を活発にさせる効果があります。 食べてすぐに下痢になってしまう場合、できるだけ油物は避けたほうが良いでしょう。 とはいえ、 脂肪分を一切食べない生活はほぼ不可能です。 下痢のために食事を我慢するのはとてもストレスですし、そのストレスが積み重なって過敏性腸症候群が更に悪化してしまいます。 過敏性腸症候群を改善していくには、 下痢の原因となっているストレスを取り除くことと、腸内環境の改善が最優先です。 腸内環境を改善するためには、善玉菌を増やすことです。 下痢が続くと善玉菌が減り、悪玉菌が増えるので、余計に下痢しやすくなります。 乳酸菌を積極的にとって、善玉菌を増やしていきましょう。 ウイルスや細菌が原因の下痢 ウイルスや細菌が原因の場合、症状が出るまでの時間が大きく異なります。 早いものだと食べてすぐに症状が出ますし、潜伏期間が長いものだと9日間も症状が出ません。 原因 潜伏期間 ノロウイルス 1日~2日 黄色ブドウ球菌 1時間~5時間 腸炎ビブリオ 8時間~24時間 カンピロバクター 2日~7日 ウェルシュ菌 6時間~18時間 腸管出血性大腸菌(O-157など) 2日~9日 自然毒(フグや毒キノコ) 食べてすぐ~12時間 化学物質(香料、農薬、タバコなど) 食べてすぐ~15時間 このように、食中毒の場合は食べたものが下痢などの症状として現れるまでにかなりの時間を要するものもあります。 暴飲暴食や冷たいものの食べ過ぎによる下痢なら、原因を特定するのも簡単です。 しかし、ウイルスや細菌が原因となると、いつ食べたものが原因で下痢になっているのかが分かりづらいです。 1回の下痢では症状が治まらなかったり、水下痢が続く、血便や色がおかしい下痢が出たなど、 普通とは違うな?と感じた時は、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

次の

辛いものを食べた後の腹痛はどう対処したら良い?激辛料理の辛さを和らげる方法

辛い物を食べると下痢

なぜ辛いものを食べるとお腹(下痢)が痛くなるの? 激辛麻婆豆腐や担担麺などを食べた日は腹痛で悶絶する人が続出…。 これには 香辛料に含まれる成分が大きく関係しています。 トウガラシなどの香辛料には「カプサイシン」という成分が含まれており、私達が食べた時に感じる辛味はこの成分によるもの。 このカプサイシンは少量であれば腸の動きを活発にするメリットがありますが、肝心なのは摂取量。 摂り過ぎることで、 胃酸が過剰に分泌されてしまい、胃腸の粘膜を傷めて消化不良を起こし、結果的に胃痛や下痢を引き起こします。 これは体重50kgの人なら250mgに相当し、鷹の爪で換算すると大きさにもよりますが約0. 3mg~0. 7mgのカプサイシンが含まれていれば、70本近く食べないと許容量に満たさない計算ですね。 ということは通常の食事では相当数食べない限りは問題ないことが分かります。 しかし、根本的なことを言うと、他にも考えられる原因があります。 それは 日本人の辛さに対する耐性です。 香辛料は熱帯地域で発達した調味料の一種。 継続して食べ続ければ耐性もできるかもしれませんが、 日本食に香辛料はあまり使いませんし、日本人の食生活や体質上、カプサイシンは受け入れにくいのかもしれません。 ちなみに 日本ではご飯のお供の海苔も、海外の人は消化しきれないそう。 やっぱり各国の食文化が大きく左右することが分かりますよね! 辛いものによる腹痛はどのくらい続く? では実際に腹痛になると、どのくらいでこの苦しみから抜け出せるか、一刻も早く知りたいところ。 辛いものによる腹痛は消化不良から起こるので、そこまで長い時間は継続しません。 個人差があるものの、 激しい痛みは数時間~長くても1日以内でおさまるのが一般的です。 排便して痛みの原因物質が排出されたり、胃腸内に残った食べ物が消化し始めれば、治るので安心して下さい! 逆に何日も腹痛が続いたり、 熱や咳などの諸症状が出ているようなら要注意。 辛いものではなく、感染症などの疑いも考えられますので、急いで病院へ。 辛いものを食べる前にやるべきことは?予防になる食べ物は何? 「辛い」の原因・カプサイシンは胃酸の過剰分泌が一因して胃粘膜を攻撃してしまいます。 ということは、胃腸を正しく機能させたり、胃粘膜を守る何かをする必要がありそうですね。 では、実際どんなことを事前にすればいいか?どんな食べ物を食べれば効果があるのか?ここでは予防法についてまとめてみました。 規則正しい生活を送る え?これってどんな健康法にも言えることじゃないか!と思いますが、その通り。 暴飲暴食や睡眠不足は胃腸を弱らせる原因になるので、日頃の食生活や生活スタイルを規則正しく維持することは大事なんですね。 夜遅くにご飯を食べた翌日や睡眠不足の翌日に激辛料理は不向きと言えそうです。 お酒やたばこを控える 辛いものにはお酒が合いそうですが、お酒は胃などの消化器官に負担をかけてしまいがち。 日頃から飲酒や 喫煙する人は、しない人と比べても消化器官が弱っている状態なので、できれば辛いものの摂取前は控えた方が良いでしょう。 乳製品を摂取する 乳製品は胃粘膜を保護する役割があり、事前に摂取すればカプサイシンの刺激を軽減させてくれます。 また、空腹状態で激辛料理に挑むと、急な刺激に胃もびっくりしてしまいます。 胃粘膜を守るという意味では乳製品と似た効用ですね。 お肉や魚はヘビーですが、コンビニで売っている ゆで卵なんかは手軽に食べることができますね。 さらに良いのは、ガゼインと動物性タンパク質の両方を含んでいるプロテイン。 プロテインドリンクならサクッと飲めてオススメですよ。 辛いもので腹痛が発生したときの対処法は?何を食べると腹痛を軽減できる? 腹痛はカプサイシンや胃粘膜への刺激で起こっています。 カプサイシンをなるべく早く体外へ出し、胃粘膜に優しい食べ物を摂取しなければなりません。 では、腹痛を軽減させるためには何をすべきなのでしょうか? また、効果的な食べ物は何でしょうか? 食後の対処法を見ていきましょう。 胃腸薬を飲む 胃腸が荒れていることで腹痛になるので、 整腸効果の高い胃腸薬を飲むのがオススメ。 胃腸が荒れたままにすると、ポリープや大腸ガンなどの重大な病気を招く危険性も…。 お腹が痛くなくても多少のダメージは受けているはずなので、体のためにも食後はなるべく胃腸薬を飲むのがベスト。 ラッパのマークでお馴染みの正露丸ですが、実際激辛料理を食べた人の中には効果があったという声もありました。 ただし、お腹が張って苦しい場合や何度もトイレに行ってお尻が痛い…という人は要確認! 薬の効用で切れ痔などのトラブルを引き起こす可能性も。 amazon. 実は食事中に飲むと、水といっしょに体中にカプサイシンが流れて痛みや辛さを助長してしまいます。 辛いとついつい水を飲みがちですが、激辛料理の時はなるべく飲まない方が良いんですね。 ただし、腹痛が続いて何度もトイレに行っているなら、 今度は脱水症状が心配です。 脱水症状を避けるためにも、水分補給は必須。 常温の水を少しずつ飲むようにしましょう。 一気飲みではなく、時間をあけて飲むようにして下さいね。 他には脱水症状に良いとされる経口補水液OS1やスポーツドリンクでも構いません。 少なくとも500ml1本分の水を飲んだ方が安心です。 amazon. jp 乳製品 牛乳などの乳製品には「ガゼイン」と呼ばれる成分が含まれています。 カプサイシン自体は摂取後に吸収されるのを抑えられませんが、 ガゼインはカプサイシンと結びついて直接的な刺激を抑制してくれます。 牛乳の他にもヨーグルトやチーズでもOK。 市販の飲むヨーグルトなど、コップ一杯150ml前後を目安に飲みましょう。 ただし、牛乳を飲むとお腹が下すタイプの人は、別の症状で下痢になる可能性も…。 冷たいとお腹を壊しやすいので、温めて飲んでも良いかもしれません。 ポリフェノール ポリフェノールには辛味成分を分解してくれる効果があります。 コーヒーやココアなどにポリフェノールも多く含まれていますよね。 しかし、 炎症を起こしたお腹にカフェインは刺激が強すぎるので、あまりオススメできません。 できれば、カフェインが含まれていないデカフェや黒豆茶を飲みましょう。 飲み物以外には ナス、ブドウ、カシス、ブルーベリーなどにも含まれていますよ。 炭水化物 胃酸の分泌が多くなっている時は、柔らかく塩分や脂質の少ない食べ物が消化良くて効果的。 例えば、お米ならお粥にして食べるとお腹に優しいですよ。 pinterest. 座った状態だとやりやすいため、椅子に座ってこぶしを作った時の小指の側面でグリグリ押しましょう。 約10分継続すると効果アリ。 sawai. html 温溜 おんる ひじを直角に曲げた時にできるシワ中央部と、手首の親指側の骨との中央部に当たります。 食べ過ぎで胃腸に負担がかかると、腹部の血のめぐりや気のめぐりが滞っている状態。 温溜を刺激すると循環が良くなって、腹痛の改善が期待できます。 kango-roo.

次の