エカテリーナ ディデンコ。 有名インスタグラマーの誕生日パーティーで3人死亡『プールにドライアイス30キロ投入』サプライズが惨劇に【ロシア】

【現場動画あり】プールにドライアイスを入れたロシアのインスタグラマーの詳細は?(エカリテーナ・ディデンコ)

エカテリーナ ディデンコ

エカテリーナさんの誕生日パーティには約18人の客が参加していた。 パーティの最中、参加者のうち2人がおよそ30キロものドライアイスをサウナのプールに投げ込んだ。 なぜこんな事態になったのかは、現時点では明らかにされていない。 ドライアイスは二酸化炭素を固体化しているため、水にいれると、たちまち二酸化炭素ガスを含む白い煙が発生する。 高濃度の二酸化炭素ガスは意識不明や、酸欠による窒息死を引き起こすことがある。 そしてエカテリーナさんの誕生日パーティで事実それが起きたのだった。 公開されたでは、エカテリーナさんらが防護服と保護メガネを着用し、プールにドライアイスを投げ込む様子を撮影している。 うち2人はプールで意識を失い、溺死。 あとの1人はエカテリーナさんの夫、ヴァレンチンさんで、搬送された先の集中治療室で亡くなった。 この他にも数人が二酸化炭素中毒を起こしている。 この事件に関するネットの反応 毎日どこかで事件が起きてだれかが亡くなっているが、人々がいちいちそれに反応を示しているわけではない。 この紛れもなく悲劇的な事件が他と異なるのは、インターネット上で様々な反応がなされた点だ。 エカテリーナさんは、自身のインスタグラム・アカウントに、亡くなった人の事に関するいくつかのストーリーを投稿し、その中でフォロワーに心理カウンセラーとのコンタクトを取る方法を尋ねていた。 それを見た多くのフォロワーは、夫や友人の死に対す彼女の反応が間違っていることに気が付いた。 さらにエカテリーナさんは、これらストーリーで顔や肌が美しく見せるフィルター機能を使用していたことで非難された。 「ご主人が亡くなっても、フィルター機能をつかってを続けないといけないってどういうこと? フォロワーに肌荒れがわかっちゃったら困るって思ったわけ?! 」 「医薬品の専門家で、化学物質には詳しいはずなのに、どうしてこんな事態になると分かってなかったんだ?」 一方、この件についてSNSに投稿されたものの中には、この事件に関するを見ないようにとアドバイスするものもあった。 「彼女のインスタグラムを見るんじゃない(中略)。 コメント欄は地獄状態、『お前が悪い』だと非難する投稿にあふれている。 共感が全く欠如するために苦しみがより増してしまうという私たちのメンタリティーはよくよく知っている。 だがそれにしてもあまりに醜悪だ。 最も愚かな状況で自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化、自然淘汰に貢献した人に与えられる。 あるツィッターのユーザーは、今朝、テレビのスイッチをひねって仰天したと告白している。 人気ショーの画面には事件の当の本人のディデンコさんが美しい姿で出演していたからだ。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

ダンサー「カテリーナ・ディデンコ」

エカテリーナ ディデンコ

プールにドライアイス30キロ投入、有名ロシア人女性の誕生日会で3人死亡 ロシアの首都モスクワで開かれた著名インスタグラマーの誕生日パーティーで、特殊効果を狙ってドライアイス約30キロがプールに投入されたところ、3人が死亡した。 捜査当局とメディアが2月29日、伝えた。 捜査当局とメディアが2月29日、伝えた。 インスタグラム(Instagram)に医薬品を中心とした投稿で100万人超のフォロワーを抱えるエカテリーナ・ディデンコ(Ekaterina Didenko)さんの誕生日パーティーは、モスクワにあるプールを備えた複合施設で28日夜、行われた。 捜査当局によると、現場で2人が死亡し、1人が搬送先の病院で死亡した。 国営タス(TASS)通信は、病院で死亡した男性がディデンコさんの夫だったと報じた。 さらに4人が凍傷を負ったり、中毒症状をきたしたりしている。 国営ロシア通信(RIA)によると、死傷者らはドライアイスの投入後にプールに飛び込んだ。 メッセージアプリ「テレグラム(Telegram)」上のニュースチャンネル「Mash」が、ディデンコさんのものとして投稿した動画では、ディデンコさんはまず病院で自身が助かったと話したものの、夫の死がその後確認されると、取り乱した様子で夫の死を涙ながらに悼んだ。 ドライアイス約30キロは、プール上を覆う煙霧をつくるために使用されたという。 二酸化炭素の固体であるドライアイスを水の中に入れると渦巻くような煙が現れるが、爆発を起こす恐れもある。 yahoo.

次の

【閲覧注意】ロシアで誕生パーティー中にドライアイスプールに飛び込んだ様子の動画をインスタにアップ→死亡事故(夫など)となり批判殺到…ネット「おそロシア」「そこまでしてバズりたいのか…」

エカテリーナ ディデンコ

ボルゴグラード医学生殺人事件は外国人嫌悪によるものだった、と地域捜査当局が記者会見で記者らに語った。 「容疑者の自白によるものです。 彼が犯人だと確信を持っています。 捜査員が24の監視カメラを調べ、犯人は1時間半ほどボルゴグラードのヴォロシロフスキー区を行ったり来たりうろついていました。 外見がスラブ人ではない若者が歩いているのを見て、殺人犯は後ろから近づき、ナイフで何回か刺しました。 」 17歳のティムール・ガブリロフはアゼルバイジャン国籍者で、医者になる勉強のためにボルゴグラードに来ていた。 捜査員が事件捜査で訪ねた彼の知り合い全員が、ティムールはフレンドリーで温和な性格だったと証言。 捜査によると、犯人は犯行を綿密に計画。 監視カメラの場所を事前に確認、医療用マスクで顔を隠し、リュックには返り血を浴びた時の着替えを用意。 逃走時、彼は5キロ近く走った。 しかし捜査員は画像から犯人の容貌を再現することに成功。 警察が捜査に有効な情報に対して100万ルーブルの報奨金をかけたところ、情報が寄せられ、一件ずつ調べた。 その中の一件は、事件の関係者を知っていて、彼の苗字を知らせた。 状況を確認した後、警察は知事に情報提供者への報奨金について報告する。 殺害の二日後、犯人はパスポート情報が要らないヒッチハイクの仲間を事前に見つけるサイトを利用し、ボルゴグラードを出た。 まずロストフ州へ行き、それからスモレンスクへ行った。 「個人的見解では、彼は軍事組織に参加するためにウクライナへ行くつもりだったのでしょう。 本人はなぜロストフへ向かったのか証言していません。 しかし、あそこは国境を越えるのが難しいので、ベラルーシ経由を試すことにしたのでしょう、」(地域警察長談) 容疑者はネットで過激派文学を読んでいたことが判明している。 しかし、彼が警察のリストに上がったことは一度もない。 彼の周囲は、彼を良い人と評価している。 麻薬を使用したことはなく、ボクシングやバスケット、バレーボールなどをやっていた。 専門学校を卒業してから働いたことはない。 現在、どのように彼が兵役を回避したか調査している。 容疑者には、彼の殺人を知りつつ逃走を助けた共犯者がいた。 その人物も刑事責任を問われる。 出典記事は。 結果として、それらに微量の塩素と抗生物質の存在を確認した。 調査した15のメーカーの内、13点がロシア産、2点がベラルーシ産だ。 大腸菌、亜硝酸塩、遺伝子組み換えはいずれからも検出されなかった。 しかし、9点のサンプルから、塩素処理の副産物とも呼ばれるクロロホルムが検出された。 詳細な調査の結果、塩素は筋肉組織の深い層ではなく、表面にあることがほとんどだった。 専門家は、塩素を含む飲料水で鶏を冷やした結果、この物質が切り身に入ったと結論づけた。 また、10のサンプルから抗生物質を検出した。 出典記事は。 その他詳細は。 ここ1日の ロシアの新規感染者7,176人、合計で606,881人。 ここ1日の モスクワ市の新規感染者811人増の216,906人。 刑法第105条「殺人」で立件される。 女性と二人の男性はよっていた。 "弱い性"の代表者が連れ合いを酷く刺し、一人は現場で、二人目は入院先の病院で亡くなった。 女性は1979年生まれ。 女性は拘束された。 出典記事は。 (女性と緑のTシャツの男性がもみ合いをし、男性はふらふらと歩いて離れるが、立ち止まり、倒れ込む。 その時、女性に近づいた男性にも襲いかかった。 モスクワの夏は23時でも真っ暗にはならないが、酔払いや不審者が出歩いているので、遅い時間の外出には注意を払うべきだ。 ここ1日の モスクワ市の新規感染者1,136人増の211,921人。 ロシアの新規感染者7,972人、合計で569,063人。 「6月15日午前9時10分、住民からクラスニ・コマンディロフ通りの私設幼稚園の従業員が酔った状態で職場にいると通報を受けた」(州検察広報) この施設は2018年から開業している。 幼稚園教諭本人への事情聴取の結果、当日朝2歳から4歳までの子供4人が登園し、子供達を寝かしつけた後、台所で飲酒をしたことを認めた。 しばらくして二人の母親が子供の荷物を取りに来て、この教諭の状態に気づいた。 警察は、女性を公共施設での飲酒など2件の行政法違反とした。 検察は現在調査を進めており、特に幼稚園オーナーを取り調べている。 出典記事は。 男「アーニャ、なんで泣いてるの? 」女の子「パパ。。。 」男「パパが行っちゃったの?」女の子「うん」男「パパは夕方お迎えに来るから」「エレーナ、エレーナ!……これが我らが幼稚園の教育だよ。 無料幼稚園に転園させたいよ。 ここ1日の ロシアの新規感染者8,284人、合計で545,458人。 モスクワ市の新規感染者数は1,416人増の208,680人。 前日、住民女性がSNS "VKontakte"に、"ぺチョーラチキ"で買った子供用の水を小さい娘に与えたところ、ボトルに消毒液が入っていた、と投稿。 女性は「キャップは密閉されていて、開閉の際カチッと音がして、自分でひねって開けた」と書いた。 子供は一口飲んで、「水が苦い」と文句を言ったので、その後口をよくすすがせて、活性炭を与えた。 『業務監査の結果、店長と管理者の過失により、従業員が使用する為に用意された消毒液2本が水売り場の棚に置かれたことが明らかになりました。 この二人は解雇しました』X5リテイルグループはリア通信に回答した。 グループによると、子供が犠牲になった家族とは連絡を取っていると言う。 『この出来事の後、全ての系列店で詳細な調査を行い、従業員には追加のマニュアルで指導した』 X5リテイルグループは、収益面でロシア最大の小売業者だ。 3月末の店舗は16,658店に達した。 2019年のX5グループの収益は13. 出典記事は。 それは誇張ではなく、本格的な地下都市と呼ぶことができる、とモスクワ市HPに投稿された。 首都の地下には800kmのトンネルが広がっている。 なぜ川の下にそのようなモノがあるのか、どのようにして建設されたのか、市民に説明された。 地下迷路は、通信、電気、水道管などを見えないように隠し、街の外観を損なわない役目を負っている。 地下にあることで気温低下や風、雨雪などから守られる。 また、修繕作業を円滑に行う目的もあって、度重なる修理の際に交通遮断や道路を掘ったりしないで済む。 市内の水道管などは最大限に枝分かれして広範囲に及ぶため、地下構造物の建設は独特である。 下水網はモスクワ川の下にもあることは有名だ。 Presnya駅の下を通るトンネルは20メートルの深さがある。 トンネルの内側は型取りされ、壁の厚さを強化し、水漏れを防ぐ為、コンクリートの層が築かれた。 トンネル内部は明るく綺麗だ。 換気され、通常と非常用の電気があり、火災報知器などもある。 また、排水を組み上げるポンプ場も常備。 トンネルは20キロボルトのケーブル類が通っている。 このケーブルがあるおかげで、地域住民は電気を享受する。 平均して、1本のケーブルが2棟の住宅をカバーする。 一般市民がトンネルに入ることはできない。 安全の為、常に技術屋、職人、管理人らが監視している。 全部でモスクワの地下には792km以上の地下道があり、そこには7500km分の電力ケーブル、21000kmの通信ケーブルが敷設されている。 さらに、暖房用温水や給水パイプラインも通っている。 出典記事は。 ここ1日の モスクワ市の新規感染者1,477人増の205,905人。 ロシアの新規感染者8,835人、合計で528,964人。 モスクワ市長セルゲイ・ソビャニンがロシア24チャンネルの放送で語った。 『第一陣が8月、9月、10月にできるかもしれないと言われていますが、専門家の意見では、ワクチンの大量生産は新年に向けて、冬頃になるだろうとのことです。 早まることを願っています。 これらのプロセスを最大限早くできるように、全力を尽くしています。 ワクチンができることには疑いがありませんし、それは近いうちできます』 ソビャニンは、臨床試験と登録作業だけではないと強調した。 『ただ生産するわけでなく、大量生産の手配が必要です。 つまり、数百万本の生産量を見積もる必要があります。 この分量には、もちろん時間がかかります。 』と説明した。 ロシア政府は、COVID-19のワクチン大量生産は秋頃に始まるとしている。 出典記事は。 この値が高いほど、免疫が形成される可能性が高くなる。 ここ1日の モスクワ市の新規感染者1,436人増の201,221人。 ロシア全体では8,779人増の502,436人。

次の