ヨハネスブルグ 治安。 「犯罪者の巣窟」と呼ばれたヨハネスブルグの「ポンテタワー」の現状がわかるドキュメンタリー

世界最恐都市?ヨハネスブルグへ!(南アフリカ)

ヨハネスブルグ 治安

さて、ケープタウンに大満足し、一抹の不安を覚えながらヨハネスブルグに移動します。 今の所オンタイムなのだが、そろそろゲートクローズの時間なのに待ちぼうけ。 そしてどう見てもそこのタラップに飛行機がいない。 — やかん YakanLog 元々一抹の不安を覚えているのに、ホステルでお喋りしたヨハネスブルグにも住んでいたことがある南アフリカ人が 「え、ヨハネスブルグ行くの?何にもないよ、危ないだけで。 ケープタウンは絶賛お勧めするけど。 ちなみにです。 ・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた。 ・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた。 ・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた。 ・車で旅行者に突っ込んで、倒れたというか轢いた後から荷物とかを強奪する。 ・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた。 ・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。 しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」 ・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた。 ・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた。 一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味。 ・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。 ・妊婦が病院に駆け込んだら、なぜか看護婦に滅多刺しにされた これに対して在南ア大使がきちんと突っ込みいれてる記事もありますので、よろしければそちらもググってみて下さい。 とにかくネットからは リアル北斗の拳の世界としか出てきません。 個人ブログでは、ちゃんと安全に行動すれば大丈夫だったというのも散見されます。 ちなみに数字上では、ケープタウンの方がよっぽど治安が悪いんです、今は。 ケープタウンは世界最悪13位ですが、ヨハネスブルグは50位以内に入っていません。 とは言っても外国あるあるですが、スラムと安全な地域の差が激しいので、同じ都市でも十把一絡げに語ることは出来ないんですよね。 さて、宿にメールで確認します。 私「ハウトレインで空港からパークステーションまで行くのが近そうですが、パークステーションについては良い話を聞きません。 パークステーションから宿まで歩いて行く事は可能でしょうか?」 宿「最もなご懸念です。 私だったら歩きません。 」 よし。 パークステーションも出口で危険度が違う上に、Uber使ったとしても、頼んだ車にたどり着けない可能性が高いなと判断。 (帰りにUber頼んでお喋りしたナイスな青年に聞いても、正解とのこと。 Uberはタクシーにいじめられるので、パークステーションでUberに乗るのはかなり難しいとのこと。 ) と言う訳でここは安全のお金で買い、宿にシャトルを依頼しました。 高かったけど仕方ない。 んでこの到着した日が金曜日で急に雨になったらしくて、交通渋滞が無茶苦茶。 定額制のシャトルにしててよかった・・・本来空港との距離は30分程度なのに、3時間くらいかかりました。 ジョーバーグ(ヨハネスブルグ)、スラム街的なところマジで凄かった。 車の中からスマホで取るのすら怖かったので、大分マシになったスラムの端っこでぱしゃり。 夕方で雨なのも相まって、強烈だった。 路上に人は沢山いたけど白人は二人しか見なかった。 アジア人ゼロ…ホステルには沢山居る — やかん YakanLog あぁなんだかとんでもない所に来てしまったかもしれないと思いましたが、ホステル周りは急にまた雰囲気が変わって、大丈夫そうな感じに。 1ブロックでガラッと変わるから、怖いんですよね~。 ちなみに泊まった宿はこちらです。 道路を渡った所にSight Seeing Busの停留所があるのもまた安心でした。 Sight Seeing Busが唯一の、ヨハネスブルグを安全に観光する方法だと思います。 そんなこんなで、ヨハネスブルグ観光、始まります。 勤労、納税、貯金。 ぇ 強く、優しく、美しく。 食費は月1万円、生活費は月10万円前後を目標とするも、最近は食費の1万円すら守れてないorz は元々、家計簿がメインだったはずなのに、今や自炊、カメラ、手芸、洋裁、釣り、ピアノ、旅、DIY、ゲーム…と、やる事が無節操。 旧ブログ時代の記事はリンクが死んでます。 Youtubeもデータを全滅させてしまいました…。 2011:ブログはじめる。 2012:貯金296万円。 2013:引越し。 彼氏と別れた。 2014:会社辞めた。 2015:貯金切り崩しつつニート。 2016:そして社畜へ・・・ 2017:貯金1000万円。 2018:会社が危うい事が発覚。 2019:世界一周。 また働き出す。

次の

2020年 ベスト10 ヨハネスブルグの安全なホテル 【トリップアドバイザー】

ヨハネスブルグ 治安

インターネットを調べてみると、行くのをためらってしまうような、治安の悪さを物語るいくつもの都市伝説を見つけることができます。 しかし、実際のヨハネスブルグは、アフリカ大陸の経済をけん引するビジネス都市。 日本の商社やメーカーはもちろん、多くのグローバル企業のアフリカ拠点があります。 聞くところによると、2005年に2010 FIFAワールドカップの開催都市に決定してから、ヨハネスブルグの治安は急激に良くなり、観光客も楽しめるような場所に変わってきたといいます。 とはいっても、エリアによっては安全とは言えない場所があるのも事実です。 今回は、ヨハネスブルグ在住者がおすすめする、安全で楽しめる宿泊エリアをご紹介します! 【評価の見方】• ヨハネスブルグの見どころは? ヨハネスブルグ近郊には、ビッグ5と呼ばれるライオン、バッファロー、ヒョウ、ゾウ、サイを見ることができるクルーガー国立公園があります。 ヨハネスブルグ発着の国立公園ツアーもあります。 また、ライオンに触れることができるライオンパークや自然保護地区など、都会であるにも関わらず、動物や自然を楽しむことができるスポットがたくさんあります。 かの有名な南アフリカの英雄、ネルソン・マンデラが後世を過ごした家(現在は資料館になっています)、アパルトヘイト博物館など、南アフリカの歴史を知ることができる観光スポットも盛りだくさんです。 アフリカのミュージックシーンやモダンアートなど、アフリカンカルチャーの発信地でもあります。 ヨハネスブルグには、アフリカンカルチャーだけでなく、白人やインド系、中華系の方など、様々な人種・民族の人が住んでいるので、多様な文化を感じることができるはずです。 サントン地区 サントン地区は、ヨハネスブルグの中心地から少し北にある高級住宅街・ビジネス地区。 アフリカにいることを忘れてしまうような高層ビルが立ち並びます。 サントン・シティという大きなショッピングモールがあり、広場には大きなネルソン・マンデラの像があります。 アフリカらしい雰囲気はあまりなく、物価が高い場所ですが、治安はすごく良い地区です。 日系企業で駐在している方は、サントン周辺に住んでいることが多いです。

次の

ヨハネスブルグ

ヨハネスブルグ 治安

さて、南アフリカ・プレトリアできむさんと合流した私は本来の目的地ヨハネスブルグへ向かいます。 Wikiの治安情報によると ヨハネスブルグは、世界で最も治安の悪い犯罪都市の一つとされる。 主要都市が所在する3州で、南アフリカにおける殺人事件の59. ちなみに南アフリカの面積は日本の約3. まぁWiki情報だから確実な数値では無いにしろ、その中の殺人事件の半分以上が首都でもない1つの都市に集中してるって;もし行かれる方はそんくらいヤバい場所であることを認識頂きたい。 ヨハネスに行く前に他の旅行者からよく聞いたのは 「バスを使う場合、絶対にバスターミナルの外に出るな」ということ。 実際私がカメルーン辺りで話した日本大使館の職員さんはヨハネスで数年勤務していたことがあり、バスターミナルを出た瞬間強盗に遭う日本人は沢山いたと言っていた。 なので、多くのバックパッカーはヨハネスはバスターミナルや駅から一切出ず、プレトリアを経由して他の場所に行くことが多い。 しかしそんな場所ほど行ってみたくなる私のどうしようもない好奇心。 この無駄な好奇心のせいで何度後悔したものか。 ちなみに残りはナイジェリアのラゴスとケニアのナイロビ・・・ラゴスは行ったから後ナイロビ行ったらコンプリートや~ん汗 ちなみに私は好奇心はあるくせに小心者なので、南アフリカ入国自体怯えてて、常に小さなナイフを携帯していました。 護身用だけど後から思うとナイフよりもお金をバラまいて逃げる方が効果がある気がします。 もし襲われても絶対ナイフで相手を刺せる気がしない; プレトリアからヨハネスブルグまでは電車で移動。 電車もまた 「治安の悪い鉄道」と 「治安がいい鉄道」があるので要注意。 既存の鉄道路線の治安の悪さから、2010年のワールドカップ開催を機に新しく 「ハウトレイン(Gautrain)」という路線が開通。 ハウトレインは主要都市を結び、各駅・車内にはガードマンが常駐し、セキリティもしっかりしている。 値段も高いことから主にそこそこお金を持っている現地の人か外国人しか利用しない。 なのでハウトレインは外国人も安心して利用可能。 ヨハネスブルグ空港からも出ているので、ヨハネスを経由したくない方はそのままプレトリアまで行くことが可能なのでおすすめです。 自動券売機があります。 カード代が16ランド(約127円)、プレトリアからヨハネスまでは所要時間約40分、料金は81ランド(約640円)でした。 「バスターミナルの外には出るな」と色んな人に言われていたので、電車だけど駅からは予約した宿に送迎を頼んでたんです。 プレトリアで泊まった宿のホスピタリティが素晴らしくて、宿に電話して送迎を頼んでくれたのです。 ん?もしかしてバスターミナルの方にいるのかな?とおずおずバスターミナルに行くもそれらしき人は見当たらず。 (鉄道駅~バスターミナル間はほぼ外に出ないので治安は心配ありません。 ) え・・・? どうしたらいいん・・・? いやね、私は若干そんな心配もしてたんですよ。 日本だとまず無いことだけど、「宿に送迎頼んだのに宿側が忘れていて来ない」というのは海外でよくあることなので。 しかもここはアフリカ。 大いに有り得る。 ヨハネスブルグでタクシーに乗るなんて自殺行為としか思えない。 特に南アフリカは信用できないタクシーが多いことからこれを使う外国人バックパッカーが非常に多い。 スマホの電話番号が無いと登録できなかったかも。 でもすごく便利で、配車側は免許証の登録が必要なためタクシーより安全なので、特にヨハネス行く人はシムカード買ってでも登録しておくべき! シムカードを買っていない私達はバスターミナルのWIFIを使って宿に電話しようも、WIFIが弱すぎて繋がらず。 駅に戻り、外への出口近くにいた警備員に宿の住所を見せ、ここへ行きたいと相談すると 警備員「そこのタクシーで行った方がいいよ。 言い値100ランドが80ランド(約630円)になったところで、まぁこれ以上交渉して怖いことになっても嫌だったので了承して乗ることに。 (ちなみに後日また利用した時は70ランドでした。 ) 何かあった時のためにドライバーと車を写真に撮る私。 そしてカメラを盗られた時のためにきむさんと2人で車のナンバーも覚える。 びくびくな私達に反し、ドライバーはとってもフレンドリーでやたら話しかけてくる。 いやいや、そう見せかけてどっか連れて行かれるんじゃ・・・とやっぱりびくびくだったけど、無事何事もなく宿に到着。 そして宿に到着してすぐ宿主催の「ソウェト Soweto 」地区に行くツアーに参加するのですが、それは次回の記事に。 先にヨハネスブルグで滞在した宿の紹介をしまーす。 ちなみに南アフリカで泊まった宿はゲストハウスや観光案内所に置かれているフリーペーパー 「COAST TO COAST」を参考にしています。 アフリカの宿はBookinng. com等の予約サイトに載っていない場合が多いので。 南アフリカ周辺の他の国のゲストハウスも紹介されていて非常に便利。 HPからも検索できます。 comでGenius会員であれば、そちらから予約した方が安いです。 WIFI:あり(部屋可) 設備:バー、キッチン、ホットシャワー、各種ツアー 行き方:ヨハネスブルグ駅からタクシーで70~90ランド。 宿泊日:2017. 6~5泊 その他:バーは騒がしいけど、宿発着のツアーがあるので非常に便利。 ツアーは曜日が決まっているのでHP(EXPERIENCES)で要確認。 スタッフはフレンドリーでタクシーの手配もしてくれる。 宿のある通りは外国人向け高級レストランやカフェが並ぶため、数メートルおきに警備員がいるので治安面でも安心。 夜はやめた方がいいけど、日中は女性一人で出歩いても問題無さそう。 結構広めのキッチン。 ベランダ。 ここで通りを見ながら朝食を食べるのがいい!.

次の