今治 タオル nhk。 今治タオル不買運動に、NHK「技能実習生の悲惨な実態」から誤解が拡散

Amazon|こんなタオル初めて! 今までの半分の大きさでもしっかり吸水! エアーかおる エニータイム (ホワイト)|バスタオル

今治 タオル nhk

NHK『ノーナレ』公式ホームページより 24日放送のNHKのドキュメンタリー番組『ノーナレ』は、愛媛県のタオル縫製工場で働くベトナム人の技能実習生の悲惨な実態を取り上げた。 放送終了後、ネットでは今治タオル不買運動や企業への誹謗中傷という騒動に発展している。 『ノーナレ』では、裁縫の技術を学ぶために日本にやってきたというベトナム人技能実習生たちは、もともと婦人服や子ども服の製造という名目で雇われたが、実際はタオルの製法だったと告発。 ベトナム人技能実習生たちは窓もない狭い寮で28人が暮らすなど、劣悪な生活環境におかれながら長時間・低賃金労働を強いられ、ノルマが終わらなければ「ベトナムに強制帰国させる」と脅されると訴えた。 「愛媛」「タオル」といえば今治タオルが有名であり、番組放送後からTwitterでは「もう今治タオルは絶対に買わない」「今治タオルは非人道的なブラック労働ブランド」などと今治タオルそのものをバッシングする声が相次いだ。 < 今治タオル不買>というハッシュタグも登場し、不買運動も巻き起こっている。 番組内では工場の会社名が伏せられていたものの、カメラに映り込んだ工場の外観や看板などから、森清タオルを製造・販売する株式会社オルネットではないかというネットユーザーの声が拡散、同社に対する批判が相次ぎ、ホームページはアクセスが集中して一時閲覧できない状態となっていた。 騒動を受けて株式会社オルネットは25日、公式ホームページ上にて関与を否定した。 <6月24日にNHKの『ノーナレ』という番組で今治のタオルの縫製工場が取り上げられました。 当社ではないかという問い合わせが何件か寄せられていますが、当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません> そもそも技能実習生の雇用をしていないと表明したにもかかわらず、ネット炎上は続き、オルネットは26日にも<今回のような誤った報道が拡散されていくことに当社は大変遺憾に感じています>としたうえで、<現時点で事実無根の誹謗中傷の電話や、まとめサイト、SNS等が昼夜問わず多数寄せられており、業務への支障が生じています>と訴えている。 NHKも番組の公式サイト上で、取材先はオルネットではないと否定。 <番組で実習生が働いている会社として、特定の企業(森清タオル・オルネット)を中傷する内容がインターネットに書き込まれていますが、その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません>と名指しして、誤解が広まらないように呼びかけた。 すると今度はNHKに対して、「風評被害を防ぐため、悪徳な会社名を明かすべき」と指摘・批判する向きが強まりつつある。

次の

今治タオルのメーカー14選!お気に入りのブランドはどこ?

今治 タオル nhk

6月24日夜の『ノーナレ』では、愛媛県の縫製工場で働く低賃金、長時間労働を強いられるベトナム人技能実習生が取り上げられた。 番組中では具体的な社名や地名には触れられなかったものの、批判が高まった。 そして、写り込んだ建物をGoogleストリートビューで「特定」する人たちが現れたのだ。 その建物に「森清タオル」という看板があることから、「犯人」が同社であるとする書き込みが相次いだ。 こうした情報はトレンドブログやまとめサイトなどにも取り上げられ、 「森清タオル 特定か|ノーナレ、愛媛県の過酷なタオル工場を放送…ヤバイ!!!」などというタイトルで配信され、さらにSNSで情報が広がった。 森清タオル側(株式会社オルネット)は、6月25日に「当社ではないかという問い合わせが何件か寄せられていますが、当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません」という見解をした。 ただ、ネット上ではその後も「疑念」は消えなかった。 多くは「建物は同社のものなのに…」といった指摘だ。 「『森清タオル』が否定声明を出すが、疑問の残る展開に」と伝えるトレンドブログも出現した。 NHK側はTwitterや番組公式サイトで「森清タオル」の社名に言及し、「当番組で取り上げた会社ではありません」と呼びかけた。 さらに同社は、翌26日に改めて見解を。 番組で写り込んだ建物は、元工場で、いまは別の会社に賃貸で貸している物件であると明らかにした。 また、「建物を貸している会社の事業等の内情は一切関与していない」という。 元々指摘されている工場では、森清タオルの所有物件としてタオルの製造を行なっていました。 しかし、製造ラインの廃止に伴い約20年前に工場は閉鎖する運びとなり、それ以降は当社の駐車場として工場を使用していました。 思い入れのある森清タオルの看板だけは撤去せずにいましたが、その後、平成28年付けで駐車場から賃貸物件として一般企業に公開する運びとなります。 そのうえで、リリースでは「現在の様子」も公表。 Googleストリートビュー上で現れていた同社の看板は、すでに撤去されていることを明らかにした。

次の

「ネットで誤情報が拡散」今治タオル企業が法的措置も検討、NHKドキュメンタリーで中傷殺到

今治 タオル nhk

NHK「ノーナレ」報道についてのご報告 6月24日(月)NHK「ノーナレ」報道(本報道)について、当組合に対しても様々なご意見を頂戴しております。 また、今治タオルをご愛顧頂いている皆様、お取引先各社様、並びに関係各所の皆様方には多大なるご心配をお掛けしております。 つきましては、当組合が現時点で把握しております事実関係についてご報告をさせていただきます。 今治タオル工業組合 今治タオル工業組合は、タオルを製織する会社104社(2019年5月)が所属する組織で、タオルの生産に関する情報の収集及び提供並びに調査研究等、今治タオルの振興を図る事業を実施しております。 まず、本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。 また、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生につきましては、外国人技能実習機構(同機構)が早急に事実を確認しているとのことですが、一日も早い回復を願っております。 当組合では、現在、本報道に係る事実関係についての情報収集をしているところでありますが、現時点で当組合が把握している事実は次のとおりです。 (1)ベトナム人技能実習生の受入企業(当該企業)は、当組合に所属する企業(組合員)ではありません。 本報道で「28人のベトナム人が働く下請工場」「仕事はタオルの 縫製」と報道されている当該企業は、当組合の組合員でないことを 確認しております。 また、本報道で「明日組合で話し合うと言っている」とある組合は、外国人技能実習生の監理団体(受入を行う協同組合)であるとされ、当組合とは別の組織です。 当該企業と当組合との直接の接点はありません。 (2)当該企業は当組合員等の縫製の下請企業であることから、 当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています。 当該企業は当組合に所属する企業(組合員)ではありませんが、組合員等の縫製の下請企業であることから、今治タオルの振興を図る取り組みをしています当組合としましても、社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております。 (3)今後の対応は、技能実習生の労働環境の改善を最優先に考えて支援などに取組みます。 現在のところ、当組合でも情報収集に努めるとともに、本報道にもありましたように同機構が「労働基準法や技能実習法などに反した疑いで会社の調査は続いている」とのことであり、同機構の調査結果となんらかの措置を参考にして、実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討してまいります。 (4)法令遵守等の周知徹底の強化のための全員協議会およびコンプライアンス研修会を開催いたします。 当組合では、経済産業省等から指導を受けています「繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組」と「繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を基に、これまで以上に組合員はもとより下請企業の法令及びコンプライアンス遵守について周知徹底を強化します。 そのため、7月8日(月)午後1時30分から組合員104社を招集して、全員協議とコンプライアンス研修「組織で考える不祥事防止策」を開催いたします。 また、一過性のことと捉えず、今後より一層業界として是正のための取組みを継続してまいります。 また、調査と並行し、組合員104社に対し、各社内のみならず、各社の業務委託先に関しても、労働者の健全な待遇や環境形成のサポートを行なえる制度構築、内規設計等を検討してまいります。

次の