バジリスク絆2朧流れ星。 【モード&設定別のAT当選率判明!!】バジリスク絆2

【バジリスク絆2】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

バジリスク絆2朧流れ星

3つのポイント 絆2の通常時は内部モード、内部状態、テーブルの3つのポイントが存在。 良いテーブルが選ばれれば、モードも優遇され、高確や超高確に移行しやすい。 結果として、BC・BTに当選しやすくなる。 テーブル• 内部モードを管理する16種類のテーブル。 このテーブルよってBCスルー後の内部モードを決定。 テーブルは有利区間移行のタイミングで抽選。 基本的に6スルー後にモードDに移行しBC当選でBT確定。 テーブル5のみ7スルーまで存在。 内部モード• 通常時はモードA〜モードDの4種類。 モードが高いほどBC当選時のBT期待度UP。 BC当選でモード移行抽選。 内部状態• 内部状態は低確・高確・超高確の3種類。 高確、超高確時はレア小役成立でBC・BT当選率UP。 超高確中はハズれなどレア小役以外からの当選率もUP。 」が表示された時に、リール左横のサブ液晶画面をタッチするとボイスが発生。 セリフ テーブル期待度 弦ノ介「出立の刻じゃ」 全テーブル示唆? 朧「では参りましょう」 弦ノ介「怪しき気配じゃ」 8・9・13・14・15・16 朧「何かが起こる予感がします」 8・9・11・12・13・14・15・16 絆ランプ点灯 15・16 モード詳細 朧終了画面 終了画面 次回モード期待度 通常パターン 通常パターン 星空よりもモードBorCに期待 モードB以上確定 モードC以上確定 モードD確定 演出 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 【陽炎】 後ろを向く < ため息 < 左肩を出す < 両肩を出す < 妖艶なポーズ モードDの可能性大• 【天膳】 去る < 不機嫌 < 微笑 < 笑う < 大笑い モードDの可能性大 ステージ移行矛盾• 【弦之介】 後ろを向く < 書を出す < 刀を抜く < 刀を構える < 刀を構える+オーラ大 超高確濃厚• 【朧】 転ぶ < 扇子を出す < 舞の構え < 舞う < 舞う+回転 超高確濃厚 状態移行抽選 高確以上当選率 モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA 10. 共通ベル・弱チェリー時の高確以上移行率 モード 共通ベル 弱チェ モードA 10. モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA — — — — モードB — — — — モードC 0.

次の

バジリスク絆2 朧BCの終了画面!背景に月・満月なら即やめ厳禁?

バジリスク絆2朧流れ星

有利区間が遮断されるのは AT終了・有利区間完走・天井到達の3つ。 ヤメ時 BT終了後 BT終了画面でサブ液晶をタッチすると 次回テーブルを示唆するセリフが発生するので かならずタッチするようにしましょう。 それ以外は即ヤメor高確にいたら高確フォロー後ヤメ推奨。 有利区間移行時にレア役を引いた場合は、 エピソードBC当選の可能性があるので 前兆を確認してからやめるようにしましょう。 赤満月が出たらモードDとなるので、 この2つが出たら次回BC当選まで打った方がいいでしょう。 有利区間移行時にレア役を引いた場合は、 エピソードBCの可能性があるので 前兆を確認してからやめるようにしましょう。 中押し手順 まず、 「中リール上段に赤BARを狙う」 以下停止形で打ち分ける。 14:45~16:16くらいに。 偶数かつ高設定ほど高確以上に移行しやすい。 超高確に移行すれば設定5以上濃厚となるが 高確中のハズレでも超高確に移行するため、 正確に判別するのは困難。 設定によって振り分けが異なる。 ハズレでの昇格は設定6でのみ行われる。 チャンス目は偶数設定の方が上がりやすい。 赤頭は偶数ほど出やすい。 青頭は奇数ほど出やすい。 モード・内部状態によって当選率が変わる。 モードDでの当選はBT当選濃厚。 赤になれば設定4以上濃厚。 通常時の筐体上部LED振り分け BT非当選時 LED色 異色BC 同色BC 設定123 設定456 設定123 設定456 白 38. その場合は撃破人数の色が変わるようです。 振り分けは設定の奇偶によって変わる。 設定によって振り分けが異なる。 ほかのシナリオは設定差は少なめ。 いつもと違う画面がでたら注目。 特にプレミアムBC経由のBT開始画面は なんの設定示唆にもならない。 上位であればあるほどBCからBT当選に期待できる。 内部状態 通常時の内部状態は低確・高確・超高確の3種類。 主にチェリー・共通ベルで状態昇格。 偶数かつ高設定ほど高確以上に移行しやすい。 超高確に移行すれば設定5以上濃厚となるが 高確中のハズレでも超高確に移行するため、 正確に判別するのは困難。 モードA・B時からは無限高確への移行はなし。 低確の弱チェ・その他から超高確に飛べばモードA否定。 【モードA低確中】 モードA低確中の高確移行抽選 成立役 ゲーム数抽選 高確移行 無限高確 ゲーム数抽選 超高確移行 5G固定 超高確移行 共通ベル 9. BC当選時のBT当選率に影響する。 BT非当選BC終了時にモード移行抽選を行う。 ハズレでの昇格は設定6でのみ行われる。 チャンス目は偶数設定の方が上がりやすい。 【朧BCでのモード示唆】 BCで朧選択時は終了画面にモード示唆あり。 赤い月が出れば次回モードD濃厚。 BT当選後の継続失敗時に裏ストックを使用する。 テーブル 各モードよってBC当選時の、 BT期待度に影響する16種類のテーブルが存在。 ・1回目がモードAならテーブル5or14or15。 ・1・2回目がモードCならテーブル8濃厚。 などの特徴あり。 6回目はテーブル5以外はモードDが選択され、 唯一6スルーする可能性のあるテーブル5で、 7回目までいくとBT複数ストックに期待できる恩恵あり。 設定によって振り分けが異なる。 BC当選時のBT突入率に影響する。 共通ベル・レア役で移行抽選を行う。 ステージ 通常時のステージで内部状態・前兆期待度を示唆。 プレミアム演出の一例 お胡夷演出 地虫占い演出 やじきたキャラ デカチリ 弾正匠の技演出 夜叉丸と蛍火演出 アルテミスの矢 ビリー 朧とお幻演出 小四郎籠斬り演出 はっちゃん タコスロ やじきたキャラ 陽炎吐息演出 伊賀者を捜せ演出 バーサスのV 弥生ちゃん 朱絹と小四郎演出 陣五郎演出 朱絹柄の布 朧フィギュア 一大事報告演出 朧と月演出 家康が登場 やじきた 宿怨の塊演出 蛍火ルーレット演出 女性陣集合 ALL夜叉丸 響八郎疾走演出 オリンポスステージ BC抽選 通常時は主にレア役成立時にBC抽選を行う。 内部状態によって当選率が変わる。 突入時にモード・内部状態に応じてBT抽選。 基本的に3つの告知タイプを選択可能。 AT中は早めに告知される。 通常時のBC当選時の前兆ゲーム数振り分け ゲーム数 BT非当選 BT当選 or月下閃滅 エピボ 1G — 0. 追想の刻中のBC当選時のゲーム数振り分け ゲーム数 振り分け 1G 6. 争忍の刻中のBC当選時のゲーム数振り分け ゲーム数 ストック非獲得 ストック獲得 月下閃滅 エピボ 3G 6. モード・内部状態によって当選率が変わる。 モードDでの当選はBT当選濃厚。 設定3・5は青BCが出現しやすい。 設定2・4・6は赤BCが出現しやすい。 弦之介・朧以外がしゃべればBT以上濃厚。 キャラによってセリフ内容が異なる。 筐体上部LED BC当選時は筐体上部のLEDの色に注目。 赤以上ならBC当選に期待。 【BT非当選時】 通常時の筐体上部LED振り分け BT非当選時 LED色 異色BC 同色BC 設定123 設定456 設定123 設定456 白 38. 通常時の筐体上部LED振り分け BT非当選時 LED色 異色BC 同色BC 夢幻or激闘 その他 夢幻or激闘 その他 白 13. エピソードBCor月下閃滅当選時のLED振り分け LED色 夢幻or激闘 その他 点灯せず 7. 虹点灯ならレベル4に期待。 【通常BC】 BT中の筐体上部LED振り分け 通常BC LED色 レベル2以下 レベル3 レベル4 朧チャンス 白 38. 前作と若干演出が変わっている。 1000人撃破でBT。 帯の色・攻撃キャラや撃破人数に注目。 最終ゲームで弦之介が登場すればBT。 終了画面の月で次回のモードを示唆。 【朧BCでのモード示唆】 BCで朧選択時は終了画面にモード示唆あり。 赤い月が出れば次回モードD濃厚。 天膳が復活すればBT。 告知タイミングでBT中の継続シナリオを示唆。 【告知シナリオ振り分け】 BC当選時にBT当選した場合の告知で 残りゲーム数が3の倍数のゲーム数で告知が入ると、 超 安定・激闘・夢幻シナリオ濃厚。 残り14G目に告知が入ると夢幻シナリオ濃厚! シナリオ別告知ゲーム数振り分け BC当選時の抽選 シナリオ 残り3G 残り6G 残り9G 残り12G 残り14G 残り0G 左記以外 下記以外 — — — — — 39. 瞳術カットイン発生時はキャラに注目。 エピソードBC当選時の絆高確振り分け 絆高確 800G天井以外 800G天井 縁 29. 8個 バジリスクタイムのセット上乗せ特化ゾーン。 瞳術揃いやレア役でセットストックを抽選。 設定の奇偶によって変わる。 基本的なゲーム性は前作同様のようです。 今作は絆玉なるものを集めて、 絆高確・絆モード移行抽選を行うのが特徴。 絆モードは全役で優遇されるのでチャンス。 絆玉4個保有時は絆モードが発動。 シナリオに応じて各セットの継続率が振り分け。 BT中のステージ 4種類 で継続率を示唆。 継続シナリオ 継続シナリオは全10種類。 各シナリオに応じて各セットの継続率が決定。 超 安定・夢幻・激闘はロング継続に期待できる。 設定によって振り分けが異なる。 獲得時は以下の振り分けでループ率を決定。 チャンス目は同色高確移行濃厚。 同色BCを引けば朧チャンス当選濃厚。 途中でBC当選すると残りゲーム数は消える。 セット継続では消えないので残りゲーム数がある状態で、 セット継続すれば残りゲーム数は次セットに持ち越し。 滞在中にBCをひけば同色BC・朧チャンス当選に期待。 同色高確移行抽選 ゲーム数 ハズレ チャンス目 5G 7. レベル3以上までいけば絆玉1個持った状態でスタート。 レベル4は朧チャンス突入濃厚。 1セット目~12セット目までと、 13セット目以降のレベルが決まる。 13セット目以降のレベルはずっと同じ。 1・4・7・9セット目は絆高確のチャンス。 高設定ほど初回セットが絆高確濃厚となる、 テーブル3・4・9・10が選択されやすい。 テーブル5が選択されると高設定濃厚。 追想の刻中は全役で絆玉獲得を抽選。 5 今作から新しく追加された特化ゾーン。 消化中は絆玉獲得を高確率で抽選。 朧チャンス中にBCを引くと、 朧チャンスがループするため ロング継続に期待できる。 対戦人数や開始画面で継続期待度を示唆。 基本パターンが矛盾すれば継続濃厚。 弾正・お幻・服部・徳川が出現したら注目。 開始画面はアニメカットが出現する。 継続濃厚となるパターンもあり。 争忍の刻開始時の抽選で発生。 10人状態中にBCを引けば月下閃滅当選濃厚。 10人状態のときは争忍の刻は最大41Gで終了するため、 41G継続時は月下閃滅当選濃厚。 継続期待度を示唆。 勝利できればBC当選。 0 絆高確 争忍の刻中のBC抽選に影響する高確状態。 全部で4種類。 それぞれチャンス役が異なる。 絆モードは絆玉4個保有時の、 争忍の刻開始時に移行する 前作でいう祝言モード。 BC当選後は次回も 絆モード濃厚となるためかなり強力。 ユニメモに登録してログインして遊技すると、 ・小役確率 ・BCの色・確率 ・BTの初当たり確率 ・有利区間移行回数 ・前回の通常モードテーブル などを確認することができる。 前回の通常モードテーブルは、 ユニメモ内のミッション達成率の進捗具合で 確認できる情報が変わる模様。 小冊子の十か条 小冊子の十か条 序数 意味 1 通常時にPUSHボタンを押すと 有利区間開始からのゲーム数とBC回数を確認可能。 7 BT中のBC エピソードBC以外 開始時に、 「ヒメムラサキ」が流れると BC終了後に朧チャンス突入濃厚。 上位シナリオが濃厚となるパターンもあり。

次の

バジリスク絆2【設定示唆 判別 シナリオ 終了画面 朧 赤い月 ボイス】解析

バジリスク絆2朧流れ星

バジリスク絆2 0G 設定狙い 運命の抽選 絆2を打つための最初の難関が抽選。 抽選時間ギリギリに到着すると、 すでに約50人ほど並んでいました。 このお店は15台設置なので、 最低でも20番以内を引きたいところです。 ドキドキしながら抽選を引くと まさかの 1番をゲット! ・・・ 僕の前の人がねw もう終わったと思いました。。 (良い番号の後は悪い番号が出るというオカルトw) 今後こそ僕の番。 引いた番号は・・・ 14番! イケる! 抜かされたり空き台を見逃したりしなければギリギリ取れる番号です。 〜いざ入店〜 一直線に絆2の島に向かうと・・・ 空き台発見! 狙い台は取れませんでしたが、なんとか座ることが出来ました。 BCの比率• 弱チェ確率• 謎あたり確率• モード昇格率• まずは284Gで 赤異色BCに当選。 高確でしたが、明らかにモードが悪かったのでBTにはあまり期待できません。 他にも前作の 真瞳術チャンスに相当する「 月下閃滅」や 絆玉を高確率でストックすることができる 朧チャンスなどオリジナル特化ゾーンもいくつかありますよ! ・・・ あれ、この画像を持っているということは? そうです。 1発目のBTから朧チャンスにぶっ込んでやりました• しかもBT当選なし。 モードが悪いので当然といえば当然ですが、ちょっとよろしくない展開ですね。。 天井到達時は 同色BCに当選します。 天井はBC間ではないこと、天井BCで有利区間がリセットされること(当然BCのスルー回数もリセット)に注意しましょう。 なお、有利区間のハマりG数はプッシュボタンを押すと確認することができます。 もしかして奇数なの? ちょっと嫌な流れですが、まだ上とも下とも言えないので続行します。 話は変わりますが、絆2では新演出が結構追加されてます。 おっと。 かなり脱線してきたのでこれくらいにしときます。 笑 この後もBT間はそこそこハマるんですが、 BTが伸びる! 隣(設定2以上確定が出てた台)はほぼ単発だったので、BT関連は奇数と偶数でかなりの差がありそうですね。 僕の台はBCも青2赤1くらいだし、今のところ設定3か5の可能性が高そう。 BT間で合計1500Gほどハマってしまい、出玉崩壊&追加投資と苦しい展開になってしまいました。。 それでもなんとか 異色BC中の共通ベル?からBT当選し、 500枚ほどゲット。 これでほぼプラマイゼロです。 (もはや趣味打ちw) 朧BCは前作同様、終了画面で次回モードを示唆。 ちなみに、この有利区間で5回朧BCを消化したんですが、 デフォルト:3回 流れ星(1つ):2回 でした。 挙動的にモードはずっと悪かったので、 今作でも朧BCによる判別はそれなりに有効だと思われます。 というわけで6回目のBCも朧で消化すると 消化中に引いた巻物でBT当選! 当選画面カッコよくないですか?笑 今回も絆高確をきっちり活かし、 なんやかんやで700枚ゲット! 奇数はBTが強いから普通に前作より楽しいw 満足したので稼働終了です。 笑 BCはすぐ当たるし、BTにもガンガン入る。 1撃こそないものの、 右肩上がりの綺麗なグラフを描いてましたね。

次の