コロナ 家賃。 「新型コロナ」で住宅ローンや家賃の支払いに困ったら~家賃編~

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

コロナ 家賃

写真 記事画像 新型コロナウイルスによって収入が減ったり、失ったりした人たちは当面の生活費の確保にも困る状態だ。 特に住む家の家賃支払いは最重要の課題となる。 生活のまさに基盤を守るため、貸主に家賃の猶予を求めることはできるのだろうか。 不当な立ち退き要求の相談など、借家・借地問題に取り組んできた「ブラック地主・家主対策弁護団」の西田穣弁護士に聞いた。 来月(5月)に更新月を迎える方から、更新料を払うと、その後の家賃は払えないという相談が届いています。 家賃は前払いが通常ですから、4月分の家賃は3月末に支払い済みで、5月分もギリギリなんとか支払える。 しかし、そこから先は全く余裕がないというお話でした。 家賃が支払えないという相談は5月に入ってから増えると考えていて、懸念しています。 ーー貸主から「家賃を払えないなら出て行け」と言われたとき、出ていかなければいけないのでしょうか。 判例上、契約解除する場合は、賃借人と賃貸人の間の信頼関係が破壊されたといえることが必要になります。 通常、単に1カ月分の家賃を滞納しただけで、裁判では信頼関係が破壊されたとみなされません。 家賃の支払い猶予について、昨今の新型コロナウイルスの情勢を考えますと、コロナ情勢で仕事をできなくなったという事情がある程度考慮される可能性があるとみています。 「コロナの問題(緊急事態宣言)によって仕事ができなくて、なんとか払おうとしたけど全額払えなかった」などの事情がはっきりしている場合、一定期間の猶予を定めて賃料の支払いを催告して、それでも家賃を支払ってこなかったといった場合でないと、契約解除は難しいのではないかとみています。 ドイツでは、6カ月間の賃貸住宅の契約解除が禁止されていて、さらに賃料免除まで適用されています。 アメリカでは家賃の免除はありませんが、3カ月間の滞納について延滞利息請求が禁止され、4カ月目も契約解除禁止が指示されています。 契約解除はそのまま「住む場所を失う」ことになります。 生活の根底と言える住宅を失えば、仕事を探すにも困るでしょう。 米英独が規制を出しているので、日本も追従して、解除を制限する施策を出す可能性が高いと思っています。 ーー支払いが難しいと思ったら、あらかじめ貸主側に事情を伝えておくべきでしょうか それが良いと思います。 大家さんもこういう状況では、信頼できる人を見つけてすぐに入居してもらうのも大変だと思います。 今まで一度も滞納してなかった人を追い出してもメリットはありません。 大家さんに相談してみて、良い回答が得られなければ、弁護士に相談するなど動いてみてください。 国民全体が直面する問題であり、ひとりの弁護士でなんとかできるレベルではないかなとも思います。 心配しているのは、裁判にすらならないケースです。 大家から「出て行け」と言われたことで、出ていかなければならないと素直に応じてしまうかたもいるでしょう。 契約解除して初めて退去させられるのです。 信頼関係が破壊されたと言えなければ、契約解除はできません。 そんな簡単にあきらめないでください。 一度弁護士を頼ってほしいと言いたいです。 ーー今回は貸主側にも困る人が出ると思います そうですね。 私も基本的には賃借人側に立つ弁護士ですが、賃料を払えない人もかわいそうだし、零細の大家さんも切羽詰まっていると思います。 (4月20日午後6時50分、編集部追記) 離職や廃業で経済的に困窮した人の家賃を補助する「住居確保給付金」の対象が20日から拡大された。 「休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある」人も対象に。 tobu-law.

次の

コロナ救済策「家賃支援給付金」が閣議決定!法人最大600万円、個人最大300万円の家賃補助

コロナ 家賃

令和2年3月31日に国土交通省は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、飲食店をはじめとする事業者の中には、事業活動が縮小し、入居するビル等の賃料の支払いが困難となる事案が生じていることから、不動産関連団体を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により、賃料の支払いが困難な事情があるテナントに対しては、賃料の支払いの猶予に応じるなど、柔軟な措置の実施を検討頂くよう要請を出しました。 mlit. html しかしこれらの要請に関して楽観出来ないのは、現時点で貸主が家賃の減額交渉に応じたとしても政府から具体的な補填もない点、さらに減額に応じるかは貸主判断に委ねられているからです。 そこで今回は事業を継続する上で大切な資金をショートさせない事に主眼をおき、具体的なテナント家賃の減額交渉の方法について解説したいと思います。 家賃の減額交渉の前にすべき事 新型コロナウイルスの発生に伴い、多くのテナント物件ですでに減額交渉が行われています。 しかし貸主さんはテナント家賃の減額交渉に応じたとしても、現時点で即座に具体的な補償を受けられるわけではありません。 現在、中小企業で月50万円、個人事業主で月25万円を上限とした、家賃3分の2を補助する案が政府で検討されています。 なお支給対象となるのは6月分家賃からで、支給期間は今年いっぱいで最大で半年分とする予定。 出典: 国土交通省の要請は貸主のみに負担を強いる要請であるため、テナント家賃の減額に結びつく為には効力が弱い内容です。 そこでテナント物件を借りる側の事業主の皆さんは、事業継続のための行動として家賃減額交渉だけでは不十分です。 家賃の減額交渉・資金調達(融資・助成金)・リストラ(経費圧縮)の3つがセットで初めて意味をなします。 まず手軽にできるのは経費圧縮です。 例えばテナント物件で貸主ではなく電力会社に直接電気代を支払っている場合、電力切り替えにより大きな削減効果が生まれるケースがあります。 また新型コロナウイルスに伴って売上悪化に関しては、の低金利の融資制度もあります。 まずはこれらの申請を急ぎましょう。 ただし、窓口が大変混み合っており融資実行には時間がかかります。 今月の家賃や来月の家賃の支払い目処が立っていない場合は、いったんは民間の金融機関で借り後日低金利の金融公庫で融資実行され次第、借換(返済)するという方法もあります。 例えばオンライン融資のLENDYなら個人事業主及び中小企業(スモールビジネス)の代表者で、オンラインサービス(弥生の青色申告など各種確定申告サービス)を利用していれば、すみやかな審査と好条件で昨日融資を得られる場合があります。 恐らくテナント物件の契約時に交わした賃貸借契約書にも、下記の様な文言が記載されているはずです。 賃料が著しく不相当となったと甲が認めたときは、賃貸借期間中といえども甲は乙と協議のうえ賃料を改定することができる。 ・土地建物に対する公租公課の増減 ・土地または建物の価格の上昇または低下 ・近傍同種の建物の賃料の変動 ・物価の変動およびその他の経済事情の変動等を参考にする。 店舗を開業し安定的に利益を出していくには固定経費の削減が必須になります。 特に新型コロナウイルスなどに大幅な景気後退が予測される局面においては、固定経費の削減が重要です。 固定経費の代表格であるテナント物件の家賃の減額交渉が成功すれば損益分岐点も下がり、安定的な経営に近づける事が可能です。 ただし業種やお店の規模によっても家賃の減額交渉の内容はマチマチです。 そこでまずはテナント物件の家賃交渉の内容として、どのような選択肢があるのか列挙してみます。 永続的なテナント賃料値下げ交渉をする。 期間を限定しテナント賃料の値下げ交渉をする。 テナント賃料の一時的な支払い猶予を依頼する。 敷金(保証金)の一部をテナント賃料に充当依頼する。 正直、テナント側としては永続的な家賃の減額が望ましいと思います。 しかし貸主さんとしてはコロナウイルスを理由とした減額交渉の場合、当然収束に向かうタイミングがあると判断しますので、永続的な減額交渉には応じられないはずです。 そこでコロナウイルスの騒動に伴う売上減であるならば、期間を限定した賃料交渉を行うことが望ましいでしょう。 また今後2~3ヶ月は売上の目処が立たない状況だとおもいますので、まずは3ヶ月程度に限定して大幅な減額交渉をしてみてはどうでしょうか。 ただし、貸主は減額に応じる場合でも条件をつける場合があります。 主な例として下記のようなものになります。 ・例:早期解約した場合には、減額賃料相当額を違約金として支払う。 ・例:4・5・6月の賃料を30%減額し7月以降の賃料に減額分を上乗せする。 今回に限っては目先の減額がまずは重要な局面です。 これらで一時的に資金的余裕をつくり、同時並行で助成金申請や融資の手配をおこなっていきましょう。 家賃交渉の減額可能額は? 通常テナント物件の家賃値下げ交渉を行いたい場合、近隣相場を確認する事から始めます。 しかし今回の新型コロナによる非常事態においては意味をなしません。 まずはテナント物件を契約をした不動産会社さんに、新型コロナの影響で売上が減少し減額交渉を考えている旨を伝え協力を依頼しましょう。 希望の賃料はお店を半年程度は継続できるだろう金額を具体的に伝えましょう。 新型コロナウイルスが広まる前からすでに家賃滞納している場合、賃料の値下げ交渉=退去が近いと判断されます。 リスクあるテナントは早く退店して欲しいと思われる場合もあります。 まずは融資や助成金などの手配からはじめて、家賃滞納を解消してから減額交渉に移るのが賢明かもしれません。 また貸主さんの多くは、物件を購入する際に銀行融資を受けて購入しています。 投資目的に物件を購入して所有している貸主さんの場合、ここ最近では 5~10%前後の表面利回りになります。 つまり単純に説明すると賃料を 10%以上値引くと貸主さんは赤字になるという事です。 例えば賃料が10万円の店舗物件の場合、9万円以下まで家賃の減額交渉に応じた場合には赤字になってしまいます。 つまり現実的な家賃の交渉加減は10%程度ということになります。 反対に築10年を超える物件で、昔からその物件を所有している貸主さんの場合は高い利回りになっている場合があります。 すでに減価償却も終わり建物を建設した時に銀行から借りた融資返済が終わっているからです。 言い方を変えると入ってくるお金はすべて利益です。 その様な場合には、賃料の値下げ交渉の幅も広がる傾向にあります。 そのような物件では、賃料を1~3ヶ月程度の期間を限定し30~40%以上減額する事例、1ヶ月だけ賃料を免除するといった事例もある様です。 家賃値下げ交渉の文書作成 不動産会社さんに家賃の減額交渉を依頼する場合、すでに新型コロナウイルスの影響で減額交渉が殺到している状態です。 手を煩わせないためにも、減額交渉の願い書を作成して手渡せば家賃交渉もスムーズに始まります。 そこで新型コロナウイルスに伴うテナント物件の家賃値下交渉の文書例を作成してみました。 時候の挨拶はをご参照下さい。 また日頃は[物件住所・物件名・階数]に出店させて頂いている弊社店舗[屋号]の運営にご理解を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、このような書面を提出させて頂くのは大変心苦しいのですが、[貸主名]様のご理解を賜りたく、お願いを申し上げます。 [賃貸借開始日]よりお借りさせて頂いております私どもの店舗では、新型コロナの影響をうけ運営が非常に厳しい状況でございます。 もちろん店舗の収益の改善を図るための経費削減・取引業者様との値段交渉等を試み、精一杯の運営を行っておりますが今後も安定経営を行うには固定経費の削減が必要です。 ただ勝手なお願いでございますので、金額や減額期間等々の諸条件について、 [貸主名]様で可能な範囲をご検討頂ければ幸いです。 敬具 家賃減額交渉願のWORDデータもご用意しました。 また日頃は[物件住所・物件名・階数]に出店させて頂いている弊社店舗[屋号]の運営にご理解を賜り厚く御礼申し上げます。 このたび書面を提出させていただくことは大変心著しいのですが、こ理解を賜りたくお願いを申し上げます。 報道等によりすでにご承知おきかとは存じますが、新型コロナウイルスの感染拡大により多くの店舗で通常営業ができない状況です。 また、新型コロナウイルスの影響が長期化してしまうようであれば店舗存続の危機も免れません。 もちろんこの事態を乗り切ろうと精一杯手配を尽くしておりますが、中々厳しい状況で御座います。 私どもとしましては、皆様の支援を無にすること無きよう、尽力させていただく所存で御座います。 何卒、ご理解とご承認を賜りますようにお願い申し上げます。 敬具 家賃減額交渉願のWORDデータもご用意しました。 不動産会社に1ヶ月分の仲介手数料を支払う必要がある。 不人気物件は、広告費として家賃の2~3ヶ月分を支払う場合がある。 空室になれば何か月も賃料が入ってこないリスクがある。 売却予定の物件だと空室になると売却額に影響がある。 つまり貸主さんにとって望ましい状況とは、同じテナントさんに出来るだけ長期で店舗を借りてもらった方が無駄な経費が発生せず、利益が得られると言う事です。 そこで貸主さんは解約を受け入れるか、家賃交渉に応じた方が得になるのかを天秤にかけて判断するので、テナント物件の家賃値下交渉が可能となる場合があります。 なお1番大切なのは、家賃の値下げ交渉を行う事によって貸主さんへの心証を害さないという事が大切です。 テナント物件の家賃交渉をするだけならタダではなく、貸主さんとの良好関係を維持していく事も安定経営には重要です。 また貸主さんといっても個人の場合、法人の場合、法人の中でも不動産ファンドの場合など様々です。 そこで家賃の減額交渉を属性別アドバイスします。 不動産ファンドが家賃の 交渉先の 場合 テナント物件の貸主さんが不動産ファンドという場合があります。 この場合、月々の利益回収を重要視している可能性が高いので契約中の値下げ交渉は非常に難しいケースが多いと言えます。 なお契約時の交渉においては、毎月のランニング費用ではなく初期費用や内装費用負担、フリーレントなどであれば柔軟に交渉に応じてくれる傾向にあります。 他にも近い将来売却が目的の貸主さんも多いので退店リスクを考慮して現状渡しの現状返し(入居時に綺麗にしなくていいから、退去時はそのまま出ていくよ)という交渉も検討してみてはどうでしょうか。 ただし、今回のようにコロナウイルスの影響で市場環境が悪化した場合にはファンドという性質上、減額交渉は厳しくなります。 家賃減額よりは一時的な家賃支払い猶予など、資金がショートしない施策をメインに交渉することがおすすめです。 管理会社が家賃の 交渉先の 場合 テナント物件の家賃値下げ交渉の相手が貸主ではなく、管理会社が出てくるケースがあります。 管理会社にとって、テナント物件の家賃値下げ交渉は何の報酬にもならない後ろ向きな仕事のため、通常は非協力的です。 むしろ現在のテナントが解約して、そこに新しいテナントが入居してくれたら仲介手数料も入ります。 ですから家賃交渉の相手が管理会社の場合には日頃の関係性が重要です。 しかし今回のようにコロナウイルスの影響で市場環境が悪化した場合、管理会社としてはテナント数が極端に減ることは避けたいのは事実です。 なぜならテナントビルを管理する会社の多くは、毎月の回収賃料に対して3~5%程度の報酬を得ているからです。 そこでまずは、1~3ヶ月程度おもいきった減額交渉をしてみてはどうでしょうか。 しかしあなたが貸主さんと直接対話するのではなく交渉人を使うと言う場合、貸主さんとの関係に問題が生じるケースもあります。 そこで下記のような条件に限り値下げ交渉の会社を使われる事をおススメします。 1、貸主さんは、法人の貸主でありこれまでビジネスライクな関係である。 2、貸主さんは、情緒が通じない相手である。 3、近隣相場と比べて明らかに賃料が高い状態であり、あなたが退去する事で貸主さんとしては困る場合 反対に個人の貸主さんの場合は、あなたの人柄などに対して情緒的な判断で便宜を図ってくれるケースもあり日頃の人間関係が値下げ交渉時にモノを言います。 ですからそのような場合に賃料減額を専門とする会社に依頼するのは得策ではありません。 次に定期借家契約で入居した店舗物件で減額交渉を希望する場合。 この場合、将来的にビルの建て替えなどを想定しているケースも多く値下げ交渉に応じるどころか早く退去してほしいという思惑が強い場合が有ります。 ほかにも頻繁に貸主さんが変わる物件。 こういった物件は貸主さん(=売り主)は出来るだけ利回りの良い状態でテナントビルを売却したいと考えています。 ですから値下げ交渉に応じるケースは稀です。 また利回りが重要なので家賃の値下げという手法ではなく、敷金の一部を家賃に充当してもらうなどの方法であれば検討可能な場合もあります。 賃料交渉自体が目的なのではなく、いかに事業継続を行うか、またはいかに損害を減らした退店ができるかが本来の賃料交渉の目的のはずです。 それには資金がショートしないために家賃の減額交渉・資金調達(融資・助成金)、リストラ(経費圧縮)の3つセットで行動することが大切ですよね。 賃料減額交渉のみにこだわれば、事業継続自体は失敗に終わるリスクが高まります。

次の

【コロナ関連】最大600万円!「家賃支援給付金」を税理士が解説|スモビバ!

コロナ 家賃

画像素材:PIXTA 7月14日より、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の延長などによって売上が減少した事業者を支援するの申請受付がスタートする。 「家賃支援給付金」は事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃の負担を軽減することを目的とした給付金。 給付額は申請日の直前1か月以内に支払った賃料をもとに算定され、法人の場合は最大600万円、個人事業者の場合は最大300万円が一括支給される。 「家賃支援給付金」の申請方法は? 給付対象や申請手順、必要書類は以下の通り。 1、2020年4月1日時点で、次のいずれかにあてはまる法人であること。 (1)資本金の額または出資の総額が10億円未満であること (2)資本金の額または出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること 2、2019年12月31日以前から事業収入(以下、売上という)を得ており、今後も事業を継続する意思があること。 3、2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナウイルス感染症の影響などにより、以下のいずれかにあてはまること。 (1)いずれか1か月の売上が前年の同じ月と比較して50%以上減っている (2)連続する3か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減っている 4、他人の土地・建物をご自身で営む事業のために直接占有し、使用・収益をしていることの対価として、賃料の支払いを行なっていること。 画像素材:PIXTA 【個人事業者の場合】 以下のすべてにあてはまる方が対象となる。 1、2019年12月31日以前から事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思があること。 2、2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナウイルス感染症の影響などにより、以下のいずれかにあてはまること。 (1)いずれか1か月の売上が前年の同じ月と比較して50%以上減っている (2)連続する3か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減っている 3、他人の土地・建物をご自身で営む事業のために直接占有し、使用・収益をしていることの対価として、賃料の支払いを行なっていること。 (1)支払い賃料などが37. 5万円を超える場合、給付額は37. 5万円以下の支払い賃料などに相当する給付金(25万円)+支払い賃料などのうち37.

次の