葛飾区 免許更新。 医療技術職の免許申請について|葛飾区公式サイト

運転免許の再交付(再発行)

葛飾区 免許更新

ページ番号1007536 更新日 令和1年12月19日 医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・准看護師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師・受胎調節実地指導員・死体解剖資格の免許申請について(薬剤師については、別ページで紹介しております) 新規申請について 申請対象者 葛飾区内にお住まいの方 申請受付 平日午前8時30分から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁しています。 申請受付窓口・申請方法 葛飾区保健所 生活衛生課 医薬担当係 葛飾区青戸四丁目15番14号(健康プラザかつしか2階) 電話:03(3602)1242 こちらに必要書類を持参してください。 葛飾区内の申請受付窓口はこちらのみです。 他の保健センター、区役所等では手続きできません。 郵送による申請は受け付けておりません。 必要書類 受胎調節実地指導員、死体解剖資格は異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 申請書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• 診断書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 発行日から1ヶ月以内のもの• 登録済証明書ハガキ(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 63円切手を持参してください。 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)又は住民票 発行日から6ヶ月以内のもの。 住民票については、本籍地が記載されていて、マイナンバーが記載されていないものが必要です。 また、国家試験の出願後、婚姻・転籍等により合格証書に記載された本籍又は氏名と異なる免許申請になる場合は、その変更の経過が確認できる書類(現在戸籍及び以前の各戸籍の除籍・改製原戸籍等)が必要です。 印鑑(朱肉を使用する印鑑。 書類訂正等に必要です)• 合格証書とその写し(准看護師のみ)• 連絡票(保健師、助産師、看護師、准看護師のみ。 生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 手数料• 看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師 9,000円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 医師・歯科医師 60,000円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 准看護師 6,400円(現金)• 受胎調節実地指導員・死体解剖資格 下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 注意事項 2つ以上の職種の免許申請を行う場合、必要書類・手数料は申請する免許ごとに必要です。 (例:保健師・助産師・看護師の免許申請を行う場合は、戸籍抄本等は原本を3通、手数料(収入印紙)は合算せずに9,000円分のものが3組必要です。 ) 籍(名簿)等訂正・書換え交付申請 「氏名」、「本籍地都道府県」、「国籍」、「性別」、「生年月日」に変更があった場合に申請が必要です。 申請対象者• 医師・歯科医師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師・受胎調節実地指導員・死体解剖資格 葛飾区内にお住まいの方• 看護師・保健師・助産師・准看護師 葛飾区内に就業している方又は葛飾区内にお住まいで就業されていない方 申請受付 平日午前8時30分から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁しています。 申請受付窓口・申請方法 葛飾区保健所 生活衛生課 医薬担当係 葛飾区青戸四丁目15番14号(健康プラザかつしか2階) 電話:03(3602)1242 こちらに必要書類を持参してください。 葛飾区内の申請受付窓口はこちらのみです。 他の保健センター、区役所等では手続きできません。 郵送による申請は受け付けておりません。 必要書類 受胎調節実地指導員、死体解剖資格は異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 外国籍の方については、個別にご案内いたしますので、必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 申請書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• 籍(名簿)等訂正・書換え交付申請を行う資格の免許証• 変更事項を称する戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)又は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) 発行日から6ヶ月以内のもの• 葛飾区では、平成16年10月30日付で改製しておりますが、各市区町村により改製した時期が異なります。 改製後に電算化された戸籍には、改製時点での情報しか記載されていないので、それ以前の戸籍の変更した事項については反映されておりません。 そのため、例えば、平成16年10月30日以前に免許を取得してから本籍地が変更することなく葛飾区内にあって、平成16年10月30日より後に戸籍の変更があった場合は、免許の取得年月日から平成16年10月30日までの間の戸籍の変更事項の有無を確認するために、戸籍全部事項証明書又は戸籍個人事項証明書以外にも、葛飾区にあるご本人様の改製原戸籍をご用意していただく必要があります。 また、他の市区町村に本籍地がある場合は、その市区長村で改製が行われた期日によって取扱いが異なり、改正前に本籍地のあった市区町村において、ご本人様の改製原戸籍を取得していただく必要があります。 除籍抄本(除籍・個人事項証明書)又は除籍謄本(除籍・全部事項証明書)(必要な方のみ) 免許記載内容から現在に至るまでの間に戸籍を複数回変更している場合に必要です。 免許証に記載されている本籍地・氏名と戸籍抄(謄)本に記載されている従前の戸籍が一致しない場合は、変更の事実を証明するため、さかのぼって一致するまでの除籍抄(謄)本が必要です。 免許証取得 (H14. 1) 転籍 (H18. 1) 婚姻 (H20. 7) 現在 (R1. 1) 本籍地 東京都A区 東京都B区 千葉県C市 千葉県C市 氏名 東京花子 東京花子 葛飾花子 葛飾花子 東京都A区の戸籍の改製日は平成16年10月30日とする 東京都B区の戸籍の改製日は平成15年1月30日とする 千葉県C市の戸籍の改製日は平成20年9月5日とする この場合の必要書類は、 (1)千葉県C市 葛飾花子氏の戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)又は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) (2)千葉県C市 葛飾花子氏の改製原戸籍抄本又は謄本 (3)東京都B区 東京花子氏の除籍抄本又は謄本• 印鑑(朱肉を使用する印鑑。 書類訂正等に必要です)• 遅延理由書(戸籍の変更があった日から30日を越えた場合のみ) 申請書の裏面に記入欄があります。 (生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• 登録済み証明書(希望する方のみ) 申請受付から免許証お渡しまでに数か月程度かかります。 その間の資格を証明するものとして登録済み証明書があります。 希望される方は郵便はがき(63円)を持参してください。 准看護師の方については、対応していない道府県が多いので下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)へお問い合わせください。 連絡票(保健師、助産師、看護師、准看護師のみ。 生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 手数料• 医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師 1,000円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 准看護師 免許証を発行している都道府県によって金額が異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 受胎調節実地指導員・死体解剖資格 下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 証明書の発行 「籍等訂正・書換申請中である」旨の証明書を交付できます。 (1通300円) 証明書が必要な方は、窓口でお申し出ください。 (注釈)「資格を持っている」ことの証明書ではありません。 注意事項 2つ以上の職種の籍(名簿)等訂正・書換え交付申請を行う場合、必要書類・手数料は申請する免許ごとに必要です。 (例:保健師・助産師・看護師の籍(名簿)等訂正・書換え交付申請を行う場合は、戸籍抄本等は原本を3通、手数料(収入印紙)は合算せずに1,000円分のものが3組必要です。 ) 再交付申請 免許証を紛失してしまった、又は汚してしまった場合に申請が必要です。 (名簿登録事項に変更がある場合は、併せて籍(名簿)等訂正・書換え交付申請も必要です。 ) 申請対象者• 医師・歯科医師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師・受胎調節実地指導員・死体解剖資格 葛飾区内にお住まいの方• 看護師・保健師・助産師・准看護師 葛飾区内に就業している方又は葛飾区内にお住まいで就業されていない方 申請受付 平日午前8時30分から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁しています。 申請受付窓口・申請方法 葛飾区保健所 生活衛生課 医薬担当係 葛飾区青戸四丁目15番14号(健康プラザかつしか2階) 電話:03(3602)1242 こちらに必要書類を持参してください。 葛飾区内の申請受付窓口はこちらのみです。 他の保健センター、区役所等では手続きできません。 郵送による申請は受け付けておりません。 必要書類 受胎調節実地指導員、死体解剖資格は異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 申請書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) あらかじめ再交付する免許証の登録番号、登録年月日を調べてください。 意見書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• <医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師の場合> 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)又は住民票 発行日から6ヶ月以内のもの。 住民票については、本籍地が記載されていて、マイナンバーが入っていないものが必要です。 <准看護師の場合> 【秋田県知事、栃木県知事、奈良県知事、高知県知事、鹿児島県知事発行の免許証の場合】 住民票(発行日から6ヶ月以内のもの。 本籍地が記載されていて、マイナンバーが入っていないもの)が必要です。 【その他の都道府県知事発行の免許証の場合】 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)又は住民票 発行日から6ヶ月以内のもの。 住民票については、本籍地が記載されていて、マイナンバーが入っていないものが必要です。 き損した免許証(免許証紛失の場合は不要) 免許証を紛失した場合は警察署にも届け出てください。 印鑑(朱肉を使用する印鑑。 書類訂正等に必要です)• 顔写真付身分証明書(運転免許証、パスポート等) 最近、悪意の第3者による再交付申請が増加しています。 身分確認にご協力お願いいたします。 登録済み証明書(希望する方のみ) 申請受付から免許証お渡しまでに数か月程度かかります。 その間の資格を証明するものとして登録済み証明書があります。 希望される方は郵便はがき(63円)をご用意ください。 准看護師の方については、東京都知事免許のみ発行できます。 連絡票(保健師、助産師、看護師、准看護師のみ。 生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 手数料• 医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師 3,100円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 准看護師 免許証を発行している都道府県によって金額が異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 受胎調節実地指導員. 死体解剖資格 下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 証明書の発行 「再交付申請中である」旨の証明書を交付できます。 (1通300円) 証明書が必要な方は、窓口でお申し出ください。 (注釈)「資格を持っている」ことの証明書ではありません。 なお、証明書には免許登録番号・登録年月日は記載されません。 注意事項 2つ以上の職種の再交付申請を行う場合、必要書類・手数料は申請する免許ごとに必要です。 (例:保健師・助産師・看護師の再交付申請を行う場合は、住民票等は原本を3通、手数料(収入印紙)は合算せずに3,100円分のものが3組必要です。

次の

自動車免許証更新と引越しが重なってしまいました。この場合、免許更新時に...

葛飾区 免許更新

運転免許の更新手続きの種類 初回更新者講習(2時間) 初めて運転免許を更新する方! 免許継続期間が5年未満で、基準日前5年間に軽微な違反(事故)行為1回以内、かつ重大違反教唆等・道路外致死傷をしたことがない方(高齢者講習該当者を除く。 ) 優良運転者講習(30分) 免許継続期間5年以上で、基準日前5年間無事故無違反、かつ重大違反教唆幇助・道路外致死傷をしたことがない方(高齢者講習該当者を除く。 ) 一般運転者講習(1時間) 免許継続期間5年以上で、基準日前5年間に軽微な違反(事故)行為1回、かつ重大違反教唆幇助・道路外致死傷をしたことがない方(高齢者講習該当者を除く。 ) 違反運転者講習(2時間) 基準日前5年間に違反事故など(軽微違反行為1回のみの場合を除く。 がある方。 (高齢者講習該当者を除く。 ) 法令で更新時講習を受ける必要がないと定められた下記の方• ・ 高齢者講習終了者• ・ 特定任意高齢者講習終了者• ・ 運転免許取得者教育 高齢者講習同等)終了者• (経由更新の申請を除く).

次の

自動車免許証更新と引越しが重なってしまいました。この場合、免許更新時に...

葛飾区 免許更新

ページ番号1007536 更新日 令和1年12月19日 医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・准看護師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師・受胎調節実地指導員・死体解剖資格の免許申請について(薬剤師については、別ページで紹介しております) 新規申請について 申請対象者 葛飾区内にお住まいの方 申請受付 平日午前8時30分から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁しています。 申請受付窓口・申請方法 葛飾区保健所 生活衛生課 医薬担当係 葛飾区青戸四丁目15番14号(健康プラザかつしか2階) 電話:03(3602)1242 こちらに必要書類を持参してください。 葛飾区内の申請受付窓口はこちらのみです。 他の保健センター、区役所等では手続きできません。 郵送による申請は受け付けておりません。 必要書類 受胎調節実地指導員、死体解剖資格は異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 申請書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• 診断書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 発行日から1ヶ月以内のもの• 登録済証明書ハガキ(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 63円切手を持参してください。 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)又は住民票 発行日から6ヶ月以内のもの。 住民票については、本籍地が記載されていて、マイナンバーが記載されていないものが必要です。 また、国家試験の出願後、婚姻・転籍等により合格証書に記載された本籍又は氏名と異なる免許申請になる場合は、その変更の経過が確認できる書類(現在戸籍及び以前の各戸籍の除籍・改製原戸籍等)が必要です。 印鑑(朱肉を使用する印鑑。 書類訂正等に必要です)• 合格証書とその写し(准看護師のみ)• 連絡票(保健師、助産師、看護師、准看護師のみ。 生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 手数料• 看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師 9,000円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 医師・歯科医師 60,000円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 准看護師 6,400円(現金)• 受胎調節実地指導員・死体解剖資格 下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 注意事項 2つ以上の職種の免許申請を行う場合、必要書類・手数料は申請する免許ごとに必要です。 (例:保健師・助産師・看護師の免許申請を行う場合は、戸籍抄本等は原本を3通、手数料(収入印紙)は合算せずに9,000円分のものが3組必要です。 ) 籍(名簿)等訂正・書換え交付申請 「氏名」、「本籍地都道府県」、「国籍」、「性別」、「生年月日」に変更があった場合に申請が必要です。 申請対象者• 医師・歯科医師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師・受胎調節実地指導員・死体解剖資格 葛飾区内にお住まいの方• 看護師・保健師・助産師・准看護師 葛飾区内に就業している方又は葛飾区内にお住まいで就業されていない方 申請受付 平日午前8時30分から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁しています。 申請受付窓口・申請方法 葛飾区保健所 生活衛生課 医薬担当係 葛飾区青戸四丁目15番14号(健康プラザかつしか2階) 電話:03(3602)1242 こちらに必要書類を持参してください。 葛飾区内の申請受付窓口はこちらのみです。 他の保健センター、区役所等では手続きできません。 郵送による申請は受け付けておりません。 必要書類 受胎調節実地指導員、死体解剖資格は異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 外国籍の方については、個別にご案内いたしますので、必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 申請書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• 籍(名簿)等訂正・書換え交付申請を行う資格の免許証• 変更事項を称する戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)又は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) 発行日から6ヶ月以内のもの• 葛飾区では、平成16年10月30日付で改製しておりますが、各市区町村により改製した時期が異なります。 改製後に電算化された戸籍には、改製時点での情報しか記載されていないので、それ以前の戸籍の変更した事項については反映されておりません。 そのため、例えば、平成16年10月30日以前に免許を取得してから本籍地が変更することなく葛飾区内にあって、平成16年10月30日より後に戸籍の変更があった場合は、免許の取得年月日から平成16年10月30日までの間の戸籍の変更事項の有無を確認するために、戸籍全部事項証明書又は戸籍個人事項証明書以外にも、葛飾区にあるご本人様の改製原戸籍をご用意していただく必要があります。 また、他の市区町村に本籍地がある場合は、その市区長村で改製が行われた期日によって取扱いが異なり、改正前に本籍地のあった市区町村において、ご本人様の改製原戸籍を取得していただく必要があります。 除籍抄本(除籍・個人事項証明書)又は除籍謄本(除籍・全部事項証明書)(必要な方のみ) 免許記載内容から現在に至るまでの間に戸籍を複数回変更している場合に必要です。 免許証に記載されている本籍地・氏名と戸籍抄(謄)本に記載されている従前の戸籍が一致しない場合は、変更の事実を証明するため、さかのぼって一致するまでの除籍抄(謄)本が必要です。 免許証取得 (H14. 1) 転籍 (H18. 1) 婚姻 (H20. 7) 現在 (R1. 1) 本籍地 東京都A区 東京都B区 千葉県C市 千葉県C市 氏名 東京花子 東京花子 葛飾花子 葛飾花子 東京都A区の戸籍の改製日は平成16年10月30日とする 東京都B区の戸籍の改製日は平成15年1月30日とする 千葉県C市の戸籍の改製日は平成20年9月5日とする この場合の必要書類は、 (1)千葉県C市 葛飾花子氏の戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)又は戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) (2)千葉県C市 葛飾花子氏の改製原戸籍抄本又は謄本 (3)東京都B区 東京花子氏の除籍抄本又は謄本• 印鑑(朱肉を使用する印鑑。 書類訂正等に必要です)• 遅延理由書(戸籍の変更があった日から30日を越えた場合のみ) 申請書の裏面に記入欄があります。 (生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• 登録済み証明書(希望する方のみ) 申請受付から免許証お渡しまでに数か月程度かかります。 その間の資格を証明するものとして登録済み証明書があります。 希望される方は郵便はがき(63円)を持参してください。 准看護師の方については、対応していない道府県が多いので下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)へお問い合わせください。 連絡票(保健師、助産師、看護師、准看護師のみ。 生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 手数料• 医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師 1,000円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 准看護師 免許証を発行している都道府県によって金額が異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 受胎調節実地指導員・死体解剖資格 下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 証明書の発行 「籍等訂正・書換申請中である」旨の証明書を交付できます。 (1通300円) 証明書が必要な方は、窓口でお申し出ください。 (注釈)「資格を持っている」ことの証明書ではありません。 注意事項 2つ以上の職種の籍(名簿)等訂正・書換え交付申請を行う場合、必要書類・手数料は申請する免許ごとに必要です。 (例:保健師・助産師・看護師の籍(名簿)等訂正・書換え交付申請を行う場合は、戸籍抄本等は原本を3通、手数料(収入印紙)は合算せずに1,000円分のものが3組必要です。 ) 再交付申請 免許証を紛失してしまった、又は汚してしまった場合に申請が必要です。 (名簿登録事項に変更がある場合は、併せて籍(名簿)等訂正・書換え交付申請も必要です。 ) 申請対象者• 医師・歯科医師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師・受胎調節実地指導員・死体解剖資格 葛飾区内にお住まいの方• 看護師・保健師・助産師・准看護師 葛飾区内に就業している方又は葛飾区内にお住まいで就業されていない方 申請受付 平日午前8時30分から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は閉庁しています。 申請受付窓口・申請方法 葛飾区保健所 生活衛生課 医薬担当係 葛飾区青戸四丁目15番14号(健康プラザかつしか2階) 電話:03(3602)1242 こちらに必要書類を持参してください。 葛飾区内の申請受付窓口はこちらのみです。 他の保健センター、区役所等では手続きできません。 郵送による申請は受け付けておりません。 必要書類 受胎調節実地指導員、死体解剖資格は異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 申請書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) あらかじめ再交付する免許証の登録番号、登録年月日を調べてください。 意見書(生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております)• <医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師の場合> 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)又は住民票 発行日から6ヶ月以内のもの。 住民票については、本籍地が記載されていて、マイナンバーが入っていないものが必要です。 <准看護師の場合> 【秋田県知事、栃木県知事、奈良県知事、高知県知事、鹿児島県知事発行の免許証の場合】 住民票(発行日から6ヶ月以内のもの。 本籍地が記載されていて、マイナンバーが入っていないもの)が必要です。 【その他の都道府県知事発行の免許証の場合】 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)又は住民票 発行日から6ヶ月以内のもの。 住民票については、本籍地が記載されていて、マイナンバーが入っていないものが必要です。 き損した免許証(免許証紛失の場合は不要) 免許証を紛失した場合は警察署にも届け出てください。 印鑑(朱肉を使用する印鑑。 書類訂正等に必要です)• 顔写真付身分証明書(運転免許証、パスポート等) 最近、悪意の第3者による再交付申請が増加しています。 身分確認にご協力お願いいたします。 登録済み証明書(希望する方のみ) 申請受付から免許証お渡しまでに数か月程度かかります。 その間の資格を証明するものとして登録済み証明書があります。 希望される方は郵便はがき(63円)をご用意ください。 准看護師の方については、東京都知事免許のみ発行できます。 連絡票(保健師、助産師、看護師、准看護師のみ。 生活衛生課医薬担当係の窓口にご用意しております) 手数料• 医師・歯科医師・看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床検査技師・衛生検査技師 3,100円分の収入印紙(郵便局で購入してください)• 准看護師 免許証を発行している都道府県によって金額が異なります。 必ず下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 受胎調節実地指導員. 死体解剖資格 下記お問い合わせ窓口(生活衛生課医薬担当係)にお問い合わせください。 証明書の発行 「再交付申請中である」旨の証明書を交付できます。 (1通300円) 証明書が必要な方は、窓口でお申し出ください。 (注釈)「資格を持っている」ことの証明書ではありません。 なお、証明書には免許登録番号・登録年月日は記載されません。 注意事項 2つ以上の職種の再交付申請を行う場合、必要書類・手数料は申請する免許ごとに必要です。 (例:保健師・助産師・看護師の再交付申請を行う場合は、住民票等は原本を3通、手数料(収入印紙)は合算せずに3,100円分のものが3組必要です。

次の