チーター。 チーターとは (チーターとは) [単語記事]

八神純子 チーター 歌詞

チーター

頸部から背中にかけての体毛は伸びてタテガミの様になります。 体長は110~150㎝、体重は35~70kほどです。 頭と耳は小型で、耳は扁平。 犬歯が小さく、その分鼻腔が広く呼吸がしやすくなっています。 獲物を食べながらでも呼吸ができるような仕組みになっているというわけです。 足には10か月を超えるとひっこめることができない爪がついていて、これがスパイク代わりになってチーターの足の速さを補助しているのです。 チーターの生態 チーターは熱帯雨林地域を除くアフリカ大陸の一部とイランに生息しています。 以前はもう少し広い範囲に生息していましたが、現在その生息域は縮小しています。 単独で行動し、一日に4kほどの肉を必要とします。 水は4日に一度で十分というほど乾燥には強い動物です。 とにかく足が速く時速110kmほどで走ります。 記録に残っている最高時速は121kmだとか。 途方に暮れるような速さです。 ペットとしてのチーター ハンティングは上手ですが、気の優しいチーターはペットとして飼うのにも向いている動物のようで、海外ではペットとしてとても可愛がられているのだとか。 ペットになったチーターは野生のチーターとは違って、体つきの筋骨隆々さは失われてしまいます。 そうは言ってもスリムなボディとインパクトのある体の模様、筋肉質な肉体は健在なのですが。 アラブのお金持ち達の間では、チーターやライオンなどネコ科の大型肉食獣をペットとして飼うことが一つにステイタスになっているのだとか。 どこに行くのにも首輪をして連れて歩いている姿を見たことがあります。 私たち日本人が猫や犬を飼っているのと同じような感覚でチーターやライオンを飼っているのだから、そのスケールの大きさには驚いてしまいます。 ゴールデンレトリバーと仲良しのチーター 16週齢ンおゴールデンレトリバーと生後8週のチーターを一緒に育てる試みも行われているようです。 最初の頃だけ人間が間に入って仲良くするように補助してあげれば、あとは大丈夫。 このチーター、ネコが気持ち良いときに発するゴロゴロごろという喉を鳴らす行為をしています。 本当に気持ちよさそう。 でも・・・うちで飼っていた猫の中にはゴロゴロと気持ちよくなって、その気持ちよさの究極まで来た時に豹変して急に甘噛み!?する猫もいたっけな・・そうと思うと、ホントに危険はないんだろうかと思ってしまいます。 それにしても、かっこよく強いイメージのあったチーターの意外な一面が続々と出てきて、子供のころのイメージは随分と覆されてしまいました。 とにかく足が速くてかっこいいのは確か!でも乱暴でも凶暴でもなく、実は心優しい穏やかな奴だったということですよね。 チーターは本物のかっこよさをもったジェントルキャット!?ということです。 (ライター ナオ) その他の生き物のガチバトルが見たい方は以下のリンクがおすすめです。

次の

姫センでチーターの赤ちゃんデビュー

チーター

ヒョウの生息地はアフリカ大陸、ユーラシア大陸南部~東部にかけてのサバンナや熱帯雨林、半砂漠など広範囲にわたっています。 体長はオスで140~190cm 、メスでは120cm 前後くらい。 体重はオスで40~90kg、メスで30~60kg 程度になります。 大型の哺乳類ですが、野生のネコ科動物のなかでは特別大きいものではありません。 日中は樹上や藪のなか、岩の間などで休んでいることがほとんどですが、夜になると茂みに隠れながら獲物に忍び寄り捕食します。 木登りが得意で、捕らえた獲物を樹上へ運んでからゆっくりと食事するのが特徴。 この習性はライオンやハイエナなど、ほかの動物に獲物を横取りされないための知恵だとも考えられています。 ヒョウといえば、ヒョウ柄模様が有名です。 しかし仲間には体毛が長くモノトーンのユキヒョウや、黒くほとんど柄のでないクロヒョウも存在します。 チーターはアフリカ大陸やイランのサバンナや半砂漠に生息しており、ヒョウとは違って熱帯雨林には生息していません。 オスは縄張りをもっていますが、お互いが自分の縄張りを主張することは稀。 体長は110cm~150cm、体重35kg~72kgくらいと小ぶりです。 ほかの野生のネコ科の動物と比べても体格は小さめですが、肩高はヒョウよりも高いという特徴があります。 昼行性で、狩りは昼間に行うことがほとんど。 単独かつがい、または家族単位で行動する頭の良さもチーターの強みです。 一度ターゲットを決めると、近くにほかの動物がいても、ターゲットのみを追いかけます。 足にはスパイク代わりになる爪が生えており、足の速さでも有名です。 見た目の特徴としては、小さめの頭と、目から口にかけて描かれる黒いライン。 体には黒い斑点模様があります。 一般的なチーターだけでなく、遺伝子の突然変異で体の斑が違う、キングチーターと呼ばれるものもいます。 チーターは国際自然保護連合の評価によって、レッドリストに指定された絶滅危惧種です。 ヒョウやチーターとは分布が異なり、北アメリカ南部や南アメリカの一般的に「ジャングル」と呼ばれる地域に生息しているのがジャガーです。 縄張り意識が強く、南アメリカのジャングルでは、食物連鎖の頂点に君臨しています。 体長は120~185cm、体重45~158kgと超大型の哺乳類です。 ネコ科のなかではトラやライオンに次ぐ大きさを誇ります。 ジャガーはヒョウと同じく夜行性で、木登りも泳ぐのも得意。 強靭な顎の力を駆使して、ワニやアナコンダ、カメなどを捕食する姿も見られます。 スタイルとしては、がっしりとした体格、顔が少し大きめで、チーターやヒョウに比べると手足が短いのが特徴です。 チーター同様、ジャガーのなかにも遺伝子の突然変異によるクロジャガーや、白変種が見られることがあります。 人間とうまく共生ができず、現在では準絶滅危惧種に指定。 地域によってはすでに絶滅しているところもあります。

次の

チーターは人間を襲って食べる?格闘家なら勝てるかも!なつくとかわいいでかい猫

チーター

チーターの狩りと食事 チーターは待ち伏せやチームプレー(チーターは単独行動)の狩りはしません。 自慢の足を生かした狩りを行います。 忍び寄りか、ブラブラ歩いていると思うと突然しかけます。 しかし、狙う獲物は中型のトムソンガゼル、インパラ(アフリカ)やブラックバック(南西アジア)などですが、相手はスピードも持久力もあるので逃げられることが多いです。 追跡のタイムリミットは20秒ほどで、相手がガゼルだと時速80kmで走るので追跡前には30~50m以内に近づかなければ捕獲は難しくなります。 基本的に子供や体の弱い者、年老いた者を標的にし、逃げ遅れるものがいれば全速力で急接近し、喉元に噛みつき反撃を受けないように窒息させます。 窒息させたらすぐさま食べ始めます。 チーターの天敵は多く、ブチハイエナやライオンのノマド(放浪のオス)などに横取りされる前に食べてしまわなければいけません。 もし横取りに天敵が現われれば、そそくさと獲物を置いて逃げます。 それは敵わない相手だとわかっているのと、無駄な体力を使うくらいならもう一度獲物を捕まえる方が効率が良いからです。 チーターが1日で食べる肉の量は大人で約3kg、水は約4日に1度と乾燥には強いです。

次の