尼崎 維新。 尼崎藩(あまがさきはん)とは

兵庫維新の会

尼崎 維新

明治初年、廃城直前の尼崎城 (地域研究史料館蔵、ガラス乾板写真) 尼崎城本丸を南東より望む。 正面手前に見えるのが武具櫓〔ぶぐやぐら〕、右手奥の松の影になっているのが天守。 廃藩置県〔はいはんちけん〕直後の明治4年(1871)8月、政府は全国の城郭を兵部省〔ひょうぶしょう〕の管理下に移します。 明治6年1月、兵部省から管理を引き継いだ陸軍省が必要とする施設を除き、すべての城郭を大蔵省に移管したうえで処分する方針が示されます。 大蔵省は府県に各城郭の図面や代価などを報告させたうえで廃城とし、付属地ともども払い下げていきます。 尼崎城の場合も廃城が決まって間もなく取り壊され、跡地の大部分や建物・部材などは民間に払い下げられました。 昭和5年に市が刊行した『尼崎志』によれば、城主松平家の菩提寺深正院〔じんしょういん〕が本丸御殿の「金の間」を買い取り明治7年7月に移転改築して本堂としています。 この本堂は残念ながら昭和20年の戦災により焼失し、目にすることはできませんが、ほかにも藩領の旧家などには御殿の一部を移築した、あるいは部材を引き取り転用したという話が伝えられており、現存する家屋もあります。 また明治12年に尼崎町費と町民有志の寄付により尼崎港が修築された際には、本丸石垣900余坪が無償で払い下げられ、防波堤の石材として利用されました。 建物撤去に続いて、濠〔ほり〕も徐々に埋め立てられていきます。 明治半ばまでに二の丸西側と松の丸東側の一部が埋め立てられ、続いて明治後半には北側外濠が六島新田として宅地開発されます。 さらに大正7年(1918)から15年にかけて、尼崎市が国から内濠の払い下げを受けて埋め立て、市庁舎・学校用地などに利用していきます。 本丸部分には明治26年に小学校が設置され、のちに南半分を占める城内小学校(現明城小)となったほか、大正2年には高等女学校が北側部分に開設され、その後市立尼崎高等学校、さらには城内中学校となりました。 高等女学校敷地内に残っていた天守山は、鉄筋校舎建設のため昭和6年に敷地北東隅に移築され、その築山も昭和30年代後半には姿を消しました。 こうして尼崎城は失われ、わずかに城内という地名や明城小南側・櫻井神社境内などに立つ旧城橋脚の柱石を利用した石碑、同じく櫻井神社境内にある瓦などにその名残りを残しています。 また旧城地における現中央図書館建設工事や震災復興工事などに際しては、城の遺構や生活用具などの遺物が出土しています。 大正5年頃の城内、第一尋常小学校(現明城小)と濠 (「御大典紀念献上 尼崎市写真帖」より) 尼崎城天守の棟板瓦と伝えられる大瓦 縦90cm、横幅75cm、厚さ17cm。 藩主松平家代々を祭る櫻井神社境内に一対がのこる。 同社境内には、旧城の濠にかかっていた橋の石柱を利用した石碑も建てられており、松平家3代目藩主忠告〔ただつぐ〕(俳号・一櫻井亀文〔いちおうせいきぶん〕)の句が刻まれています。

次の

稲村和美

尼崎 維新

来歴 [ ] 生まれ (現住所は武庫之荘1丁目 )。 卒業、中退。 、室井運輸株式会社入社。 、同社 に就任するが、室井運輸はに廃業。 その後、有限会社室井を設立し、同社代表取締役を務める。 、議会議員に初当選し、1期務める。 に議員に当選し、県議には2期5年間在職。 また尼崎青年会議所理事長を務めた。 、兵庫県議を2期目の任期途中で辞職。 国政へ [ ] 1996年、に公認でから出馬したが、前職のに敗れ落選。 のにはで再び兵庫8区から出馬したが、の冬柴鐵三に前回よりも得票差を広げられ、約2万5千票差で落選した。 その後、に入党し、のに同党公認で(定数2)から出馬したが、得票数4位で敗北した。 、によりに入党。 同年のに民主党公認で兵庫8区から出馬し、選挙区では公明党の冬柴鐵三に敗れたが、していたで復活し、当選。 のでは、兵庫8区で冬柴に敗れ、もならず落選した。 のに民主党公認でから出馬し、72,544票を獲得して党内18位で当選。 、でに任命され、まで務める。 のに際し、民主党公認で比例区からの出馬が内定していたが、同年4月、民主党に離党届を提出。 にに辞職願を提出し、参議院議員の辞職が許可された。 議員辞職後、に入党。 第23回参議院議員通常選挙に日本維新の会公認で比例区から出馬し、32,107票を獲得して党内最下位の6位で当選して2ヶ月ぶりに国政復帰した。 6月の日本維新の会分党に際しては、らのグループが結成する新党への参加を表明し、党国会議員団幹事長代理兼参議院幹事長に就任。 橋下らのグループへのの合流に伴い、に結党したに参加した。 同月党国会議員団幹事長代理に就任。 また党兵庫県総支部最高顧問に就任。 さらに維新の党との合同調査会幹事長などを務めた。 その後の維新の党の再分裂騒動に際しては民主党との合流否定派であるに参加、参議院幹事長に就任する。 旧民主党出身議員の殆どが古巣である参加を選ぶ中、おおさか維新の会側に参加したのは衆議院議員の(をへて参加)と室井の二人であり、うち結成当初から参加するのは室井のみである。 1月28日、参議院懲罰委員長に就任した。 2019年7月21日のに比例区から出馬、87,188票を獲得し党内2位で3選。 騒動 [ ] 2019年12月に、収賄事件に関係した中華系コンサルティング会社顧問の人物が若い頃に認知した息子であることを認めた。 政策 [ ]• 「Stairs Man Project」 Facebookに公開 を2017年より開始、団塊の世代による医療費削減への貢献を呼びかける。 2013参院選 毎日新聞候補者アンケートや2019年の朝日新聞のアンケートによると• 選択的導入に「どちらかと言えば賛成」としている。 憲法9条の改正に賛成し、自衛隊の役割や限界を明記すべきと回答している。 の行使に賛成。 、について、わからないと回答している。 交渉参加に賛成。 日本の原発について、当面必要だが将来は廃止すべきと回答している。 所属団体・議員連盟 [ ]• 日本・ブラジル友好議員連盟• 日本・中南米国会議員連• 有機農業推進議員連盟(事務局長)• (幹事)• 日本維新の会港湾振興議員連盟(幹事長)• 脚注 [ ]• 、むろい邦彦オフィシャルウェブサイト• 総務省 2019年11月29日. 2019年11月29日閲覧。 神戸新聞. 2013年5月8日. 2014年10月9日閲覧。 週刊文春 2020年1月2・9日号• 2019年. 2019年7月8日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

図説 尼崎の歴史

尼崎 維新

来歴 [ ] 生まれ (現住所は武庫之荘1丁目 )。 卒業、中退。 、室井運輸株式会社入社。 、同社 に就任するが、室井運輸はに廃業。 その後、有限会社室井を設立し、同社代表取締役を務める。 、議会議員に初当選し、1期務める。 に議員に当選し、県議には2期5年間在職。 また尼崎青年会議所理事長を務めた。 、兵庫県議を2期目の任期途中で辞職。 国政へ [ ] 1996年、に公認でから出馬したが、前職のに敗れ落選。 のにはで再び兵庫8区から出馬したが、の冬柴鐵三に前回よりも得票差を広げられ、約2万5千票差で落選した。 その後、に入党し、のに同党公認で(定数2)から出馬したが、得票数4位で敗北した。 、によりに入党。 同年のに民主党公認で兵庫8区から出馬し、選挙区では公明党の冬柴鐵三に敗れたが、していたで復活し、当選。 のでは、兵庫8区で冬柴に敗れ、もならず落選した。 のに民主党公認でから出馬し、72,544票を獲得して党内18位で当選。 、でに任命され、まで務める。 のに際し、民主党公認で比例区からの出馬が内定していたが、同年4月、民主党に離党届を提出。 にに辞職願を提出し、参議院議員の辞職が許可された。 議員辞職後、に入党。 第23回参議院議員通常選挙に日本維新の会公認で比例区から出馬し、32,107票を獲得して党内最下位の6位で当選して2ヶ月ぶりに国政復帰した。 6月の日本維新の会分党に際しては、らのグループが結成する新党への参加を表明し、党国会議員団幹事長代理兼参議院幹事長に就任。 橋下らのグループへのの合流に伴い、に結党したに参加した。 同月党国会議員団幹事長代理に就任。 また党兵庫県総支部最高顧問に就任。 さらに維新の党との合同調査会幹事長などを務めた。 その後の維新の党の再分裂騒動に際しては民主党との合流否定派であるに参加、参議院幹事長に就任する。 旧民主党出身議員の殆どが古巣である参加を選ぶ中、おおさか維新の会側に参加したのは衆議院議員の(をへて参加)と室井の二人であり、うち結成当初から参加するのは室井のみである。 1月28日、参議院懲罰委員長に就任した。 2019年7月21日のに比例区から出馬、87,188票を獲得し党内2位で3選。 騒動 [ ] 2019年12月に、収賄事件に関係した中華系コンサルティング会社顧問の人物が若い頃に認知した息子であることを認めた。 政策 [ ]• 「Stairs Man Project」 Facebookに公開 を2017年より開始、団塊の世代による医療費削減への貢献を呼びかける。 2013参院選 毎日新聞候補者アンケートや2019年の朝日新聞のアンケートによると• 選択的導入に「どちらかと言えば賛成」としている。 憲法9条の改正に賛成し、自衛隊の役割や限界を明記すべきと回答している。 の行使に賛成。 、について、わからないと回答している。 交渉参加に賛成。 日本の原発について、当面必要だが将来は廃止すべきと回答している。 所属団体・議員連盟 [ ]• 日本・ブラジル友好議員連盟• 日本・中南米国会議員連• 有機農業推進議員連盟(事務局長)• (幹事)• 日本維新の会港湾振興議員連盟(幹事長)• 脚注 [ ]• 、むろい邦彦オフィシャルウェブサイト• 総務省 2019年11月29日. 2019年11月29日閲覧。 神戸新聞. 2013年5月8日. 2014年10月9日閲覧。 週刊文春 2020年1月2・9日号• 2019年. 2019年7月8日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の