キャンプ 場 で 不明 の 女児。 女児不明のキャンプ場再捜索 8カ月すぎ、母「後悔募るばかり」―山梨・道志:時事ドットコム

キャンプ場で不明 女児を7か月半ぶり大規模捜索 山梨 道志村

キャンプ 場 で 不明 の 女児

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の

女児不明のキャンプ場再捜索 8カ月すぎ、母「後悔募るばかり」―山梨・道志:時事ドットコム

キャンプ 場 で 不明 の 女児

簡単に言うと、行方不明に見せかけた狂言事件と言うこと。 例えば、女児の家族(親)が子供を殺してしまった。 それで山で行方不明になったことにした。 またはキャンプで不慮の事故が起きて女児が死んだ。 それを隠そうとして全員で嘘をついてる。 でも、それだと一緒にいた約30人の7家族全員が共犯になります。 しかも最後まで嘘を突き通せない様な小さな子供までいます。 さらには女児の両親や姉からすれば、 自分達が殺したならともかく 故意ではないとしても、他人が娘を死なせてしまって それを隠蔽工作なんてできないだろう。 たとえ女児の両親や姉が殺してしまったとして、 他の6家族が隠蔽の協力なんてするのか? 警察もそう考えています。 以前、北海道で山菜採りの最中に7歳の男児が行方不明になって でも父親の虚言で「躾として置き去りにした」って事件もありましたけど あれは自分達の家族しかいなかったから父親の虚偽に 母親も口裏合わせただけですけど。

次の

女児不明のキャンプ場再捜索 8カ月すぎ→本当に不思議な事件てすね

キャンプ 場 で 不明 の 女児

2009年7月24日午前8時頃、岐阜県郡上市高鷲町のひるがの高原キャンプ場で、愛知県常滑市立常滑西小5年の下村まなみちゃん 10 歳 が行方不明になった。 スポンサーリンク 下村まなみちゃんを探すために作られたポスター 岐阜県郡上市キャンプ場女児不明事件【行方がわからなくなるまでの経緯】 まなみちゃんは7月23日から2泊3日の日程で、5年生84人と学校行事のキャンプに参加。 午前7時頃から4人グループに分かれてキャンプ場北側の逆U字状の一周約1キロの遊歩道を肝試しの下見のために散策し始めた。 遊歩道は途中で道からはずれ、山林へ向かってしまう分岐点が2か所あるため、校長が最初に訪れる1か所目の分岐点前に立ち、間違えないように遊歩道の方に誘導していた。 まなみちゃんは3人から約20m遅れて校長の前を通過。 この時、「元気そうだね」と声をかけると、「うん」と笑顔 で応じた。 その後、まなみちゃんがキャンプ場に流れる小川にかかる橋を渡って行く姿を見届けたが、これが最後の姿になった。 山林に入ってしまう分岐点のもう一か所は橋を越えたところにあった。 校長の前を通過してから約3分後、約150m先で、同級生3人がまなみちゃんがなかなか追いついてこないことに気がついて戻ったが、まなみちゃんの姿はなく、橋の手前で校長と鉢合わせした。 遊歩道の途中にある2か所目の分岐点は仮に間違って曲がってもすぐに行き止まりで、その先は草木が生い茂り、大人でも歩けない状況にあった。 周辺には転落するような崖はなかった。 遊歩道はアスファ ルト舗装で、道を囲むように斜面になっているが、ここは子どもではとても上れないほどの高さがあった。 当時、キャンプ場は常滑市の貸し切りでまなみちゃんの通う小学校と別の小学校の2校の関係者だけで、一般客はいなかった。 不審者情報もなかった。 行方不明後、捜索は約6キロ四方で行われた。 周辺の川やキャンプ 場では草を刈ったほか、ため池は水を抜き、底をさらい、周辺にある約350か所のマンホールすべてを開け、下水道などを点検。 周辺の別荘約500軒の所有者から間き取り捜査も行った。 県警へリで上空からの捜索も 行った。 神奈川県のボランティアによる災害救助犬も加わったが、発見には至らなかった。 近くの店などの防犯カメラの映像を調べたが不審点はな かった。 スポンサーリンク 岐阜県郡上市キャンプ場女児不明事件【下村まなみちゃんの特徴】 行方不明当時、下村まなみちゃんは身長120センチ、体重約20キロ。 左右の髪をゴムで留めた 短髪で、水色とピンク色の長袖Tシャツに、ピンク色のズボンをはいていた。

次の