東京宝くじサービス株式会社。 会社沿革│宝くじ、スポーツ振興くじtoto販売のLUFLOS株式会社

76102_03東京宝くじサービス株式会社のバイト求人情報(W008537813)|シフトワークス

東京宝くじサービス株式会社

2016年度の1日の平均乗降人数は約10,500人で、東京の地下鉄駅別ランキングでは36位となっています。 葛西エリアは、区内でも人口の増加が多い地域として有名です。 東京23区に属しながら、千葉県との境に位置しているため、都心部から少し離れた場所ということもあり、都会の喧騒を忘れさせてくれる静かなエリアとして注目を集めています。 そのため、しばしばメディアにも取り上げられ、一度は住んでみたい街として高い評価を得ています。 2017年現在、葛西エリアの人口は約252,300人です。 江戸川区の総人口約693,000人のうち36%にあたります。 葛西エリアには100の町会や自治会があり、地域主催で運動会が開催されるなど、それぞれの町会・自治会で地域活動が盛んです。 春には、新川千本桜のもと、ウォーキング大会が行われたり、夏には花火大会が行われたりと、四季を通じてさまざまなイベントが開催されています。 また、葛西エリアは東京湾に面し、古くは海苔の養殖で栄えていました。 葛西海苔や浅草海苔と呼ばれ、かつての賑わいを彷彿とさせます。 現在は、海苔の養殖はほとんど行われていませんが、海苔の卸問屋が数店あり、人々の食卓を支えています。 関連バイト.

次の

会社沿革│宝くじ、スポーツ振興くじtoto販売のLUFLOS株式会社

東京宝くじサービス株式会社

会社沿革 昭和23年 東京都が宝くじの発売を始めた際、吉田かちの(現取締吉田一亘の祖母、故人)が元受販売権を取得し有楽町駅、十条駅にて宝くじの販売を始める。 昭和55年2月 有限会社吉田商会を設立、吉田一亘が代表者に就任。 昭和61年9月 資本金2,000万円にて株式会社吉田商会に組織改組。 代表取締役に吉田一亘が就任。 昭和61年10月 JR亀戸ステーション内に宝くじ売場を設置し近代化のスタートを切る。 昭和62年10月 JR有楽町駅構内営業の指定業者となり、有楽町駅前の宝くじ売場ボックスを閉鎖し、中央口構内に店舗を開設。 平成2年2月 東武ランドシステム㈱と業務提携契約を締結。 伊勢崎線竹ノ塚駅西口を皮切りに現在8店舗営業中。 平成3年2月 資本金を3,000万円に増資し、本社を世田谷区から中央区に定款変更。 本社事務所として業務していた中央区銀座4-14-6平田ビルに移転。 平成3年3月 株式会社吉田商会をヨシダロッタリーサービス株式会社と商号変更。 平成6年1月 本社を中央区銀座より有楽町交通会館に移転し、平成7年4月より発売のオンライン端末発券式新種くじ「ナンバーズ」に対応すべく会社体制を整える。 平成7年4月 東京地区有楽町駅、交通会館、東京駅、亀戸、各売場にて「ナンバーズ」の販売を開始。 平成11年4月 新種のオンライン端末発券式宝くじ「ミニ・ロト」を傘下全店舗にて販売を開始。 平成12年2月 日本スポーツ振興くじ(toto)本部販売権を取得。 平成13年3月 日本スポーツ振興くじ(toto)販売開始。 平成13年6月 名古屋支社開設。 名古屋エリアに3店舗開設。 平成13年7月 静岡県、茨城県、群馬県に店舗開設。 平成14年6月 中央区築地に自社ビルを購入しオペレーションセンターを開設。 平成14年11月 岐阜県に店舗開設。 平成15年4月 県立福島商業高校より定期新卒採用開始。 平成17年12月 資本金を9,000万円に増資。 平成18年11月 ヨシダロッタリーサービス株式会社をLUFLOS株式会社と商号変更。 平成19年11月 株式会社ケイズ・パートナーシップを子会社化。 平成20年12月 有限会社鳥海商事を子会社化。 平成22年2月 新潟県に店舗開設。 平成23年7月 有限会社鳥海商事の2店舗を、LUFLOS㈱に業務移管。 平成23年10月 栃木県に店舗開設。 平成24年7月 大黒天宝くじ銀座センターを開設。 銀座ブランチとして、研修センター等の本社機能を一部移転。 平成27年10月 大阪に事務所を開設する。 平成28年3月 北海道に事務所を開設する。 平成28年5月 株式会社ニュー・ユウラクを子会社化。 プロント事業(カフェ経営)を開始。 平成28年10月 兵庫県に店舗開設。 平成28年11月 吉田一亘が代表取締役会長に就任。 中原正成が取締役社長に就任。 平成28年12月 ギフトカード各種の取扱いを開始。 有楽町大黒天を1号店とし販売をスタート。 平成31年2月 オペレーションセンターを中央区築地より江東区富岡1-26-18田崎ビルに移転。

次の

当せん番号案内

東京宝くじサービス株式会社

会社沿革 昭和23年 東京都が宝くじの発売を始めた際、吉田かちの(現取締吉田一亘の祖母、故人)が元受販売権を取得し有楽町駅、十条駅にて宝くじの販売を始める。 昭和55年2月 有限会社吉田商会を設立、吉田一亘が代表者に就任。 昭和61年9月 資本金2,000万円にて株式会社吉田商会に組織改組。 代表取締役に吉田一亘が就任。 昭和61年10月 JR亀戸ステーション内に宝くじ売場を設置し近代化のスタートを切る。 昭和62年10月 JR有楽町駅構内営業の指定業者となり、有楽町駅前の宝くじ売場ボックスを閉鎖し、中央口構内に店舗を開設。 平成2年2月 東武ランドシステム㈱と業務提携契約を締結。 伊勢崎線竹ノ塚駅西口を皮切りに現在8店舗営業中。 平成3年2月 資本金を3,000万円に増資し、本社を世田谷区から中央区に定款変更。 本社事務所として業務していた中央区銀座4-14-6平田ビルに移転。 平成3年3月 株式会社吉田商会をヨシダロッタリーサービス株式会社と商号変更。 平成6年1月 本社を中央区銀座より有楽町交通会館に移転し、平成7年4月より発売のオンライン端末発券式新種くじ「ナンバーズ」に対応すべく会社体制を整える。 平成7年4月 東京地区有楽町駅、交通会館、東京駅、亀戸、各売場にて「ナンバーズ」の販売を開始。 平成11年4月 新種のオンライン端末発券式宝くじ「ミニ・ロト」を傘下全店舗にて販売を開始。 平成12年2月 日本スポーツ振興くじ(toto)本部販売権を取得。 平成13年3月 日本スポーツ振興くじ(toto)販売開始。 平成13年6月 名古屋支社開設。 名古屋エリアに3店舗開設。 平成13年7月 静岡県、茨城県、群馬県に店舗開設。 平成14年6月 中央区築地に自社ビルを購入しオペレーションセンターを開設。 平成14年11月 岐阜県に店舗開設。 平成15年4月 県立福島商業高校より定期新卒採用開始。 平成17年12月 資本金を9,000万円に増資。 平成18年11月 ヨシダロッタリーサービス株式会社をLUFLOS株式会社と商号変更。 平成19年11月 株式会社ケイズ・パートナーシップを子会社化。 平成20年12月 有限会社鳥海商事を子会社化。 平成22年2月 新潟県に店舗開設。 平成23年7月 有限会社鳥海商事の2店舗を、LUFLOS㈱に業務移管。 平成23年10月 栃木県に店舗開設。 平成24年7月 大黒天宝くじ銀座センターを開設。 銀座ブランチとして、研修センター等の本社機能を一部移転。 平成27年10月 大阪に事務所を開設する。 平成28年3月 北海道に事務所を開設する。 平成28年5月 株式会社ニュー・ユウラクを子会社化。 プロント事業(カフェ経営)を開始。 平成28年10月 兵庫県に店舗開設。 平成28年11月 吉田一亘が代表取締役会長に就任。 中原正成が取締役社長に就任。 平成28年12月 ギフトカード各種の取扱いを開始。 有楽町大黒天を1号店とし販売をスタート。 平成31年2月 オペレーションセンターを中央区築地より江東区富岡1-26-18田崎ビルに移転。

次の