プレミアム ハナハナ 打ち 方。 【ツインドラゴンハナハナ実戦】高設定台の後ヅモ狙いの結果とは…?!

【4号機】ハナハナ30|スペック・裏物・設定差解析・打ち方まとめ

プレミアム ハナハナ 打ち 方

・成立役:スイカ 左リール枠内スイカ停止時、中・右リールは白7を目安にスイカを狙っていく。 中リールは白7のすぐ下にあるので問題ないが、右リールは白7の3つ下にスイカがあるので、枠上に白7を止める感覚で狙っていく。 右リール黒バーを目安に狙っていく場合は、黒バーが通り過ぎた後に押す。 黒バーの4つ上にスイカがある BIG中の打ち方 左右のサイドランプ点滅時 今作は赤緑に光る に、通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。 その他は全リール適当打ち。 REG中の打ち方 フリー打ちで取りこぼしはないが、以下の手順を1度だけやることにより設定示唆を見ることが出来るので、REG中は可能な限り挑戦してみましょう。 設定判別・設定差解析 こちらでは現時点で判明している、プレミアムハナハナの設定示唆や判別方法をお伝えしてきます。 情報が出てきて新たな判別方法が見つかった際には更新します。 REG中スイカビタ押しでのランプ色 設定 出現率 青 奇数設定で出やすい 黄 偶数設定で出やすい 緑 奇数設定で出やすい 赤 偶数設定で出やすい 虹 高設定で出やすい 最近のシリーズと同様にREG中の技術介入を成功させることにより、ランプ示唆はどうやら変わってないようですね。 レインボーは未だに見たことはありませんが、どうせ打つのであればREGではしっかりと技術介入を成功させて出たらラッキー程度で覚えておきましょう! 3. ボーナス終了時のスポットライト 歴代のシリーズでは「パネルフラッシュ」がメインとなり、2018年に発売されたツインドラゴンハナハナでは「龍玉ランプ」に変わりました。 そして今作ではライトアップがテーマということで「スポットライト」の色に注目。 まだ確定情報ではありませんが、色別の示唆などは前作と同様の可能性があるので、前作の内容を載せておきますね。 朝一のリセット判別 朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。 筐体の作りやシリーズによっては中々見分けがつかないこともあるかもしれませんが、今作でも微妙な違いがある可能性も高いです。 関連記事も合わせてご覧ください 当サイトおすすめ!!

次の

プレミアムハナハナ 設定判別 打ち方 解析まとめ

プレミアム ハナハナ 打ち 方

以下5パターンの停止型に応じて打ち方を変化させていけばOK。 6 設定判別・設定差解析 この頃の4号機では、小役を数えての設定判別や判別要素が盛り込まれていた・・・というわけではありません。 ただでさえ普通のホールでも裏物がメインで置かれていた現状で、信じられるのはやはり ボーナス初当たりのみということになるのではないでしょうか。 皮肉にもこの裏物人気こそ、パイオニア系の沖スロが支持された理由と言っても過言ではありません。 ここでは全国で蔓延した有名なハナハナ30の裏物をご紹介していきます。 32Gバージョン BIGボーナス当選時に連チャン数を抽選する裏モノ。 抽選された連チャン数はボーナス後32G以内に必ず放出される仕組み。 連チャン放出時も初当たり抽選は行われ、その際は連チャンが上乗せされる。 リプレイバージョン リプレイバージョンの由来は、ボーナス放出前に前兆としてリプレイが頻出することからそう呼ばれている。 チェリーバージョン 性能は32Gバージョンと同じ。 初当たり契機のほとんどがチェリー成立からとなっている。 チェリー成立時にボーナス抽選をするのではなく、ボーナス成立時に内部的にチェリー成立に切り替える仕様。 その場合はBIG確定だが、チェリーを引かずにボーナスに当選した場合はほとんどがREGである。 スイカバージョン チャンスゾーン内でのみボーナスの抽選をするバージョン。 チャンスゾーンではスイカが頻出することからそう呼ばれている。 BIGボーナス中のリプレイ外しはチャンスゾーン消滅の可能性があるため推奨されていない。 ダイナマイトバージョン REGボーナスから連チャンする裏モノ。 連チャン突入後は主にBIGボーナスを放出し、時折REGも混じることがある。 天井に到達した際は2つのボーナスを放出して終了するため連チャンはしない。

次の

プレミアムハナハナ30|スペック・打ち方・設定判別

プレミアム ハナハナ 打ち 方

スペック解析 基本情報 導入日 2019年4月22日 導入台数 (販売目標) 約3,000台 タイプ Aタイプ コイン持ち (設定1) 50枚あたり約36. とは言え、次回作は5号機よりもボーナス獲得枚数が少ない6号機になりますし、 中期的な視点で考えれば貴重な台になるかもしれません。 打ち方や設定判別要素に関しても従来のシリーズを踏襲しているので、ハナハナシリーズを設定狙いで打ったことがあれば新台入替直後から同じ感覚で狙っていけます。 公式サイト・PV動画 公式サイト: 天井恩恵 プレミアムハナハナには天井は搭載されていません。 ゾーン振り分け プレミアムハナハナは天井を含めて、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。 やめどき プレミアムハナハナは今までのハナハナシリーズを踏襲した天井非到達のAタイプということで、ボーナスが成立していないことさえ確認できればいつやめても大丈夫です。 朝一リセット挙動 プレミアムハナハナは天井非搭載のAタイプということで、朝一リセット時には特別な恩恵はありません。 設定変更時にはボーナス間ゲーム数がリセットされるのに対して、電源OFF・ON時にはゲーム数が引き継がれることから、 朝一1回目のボーナスで連チャン用BGMに変化すれば据え置き濃厚となりますね。 また、今までのシリーズは筐体によってムラはあるもののガックンチェックが有効だったため、ホール側が対策していなければプレミアムハナハナにも通用する可能性が高いです。 打ち方 ・通常時のチェリー、スイカ成立時には演出が発生しないため、特にスイカの取りこぼしに注意。 ・左リールにはBAR絵柄が2つあるものの、どちらを目安にしてチェリーをフォローしても問題なし。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に BAR狙い。 枠内スイカ停止時は中リール、右リールともに白7を目安にしてスイカを狙う。 それ以外の場合は中&右リールは適当打ちで消化。 スイカの取りこぼしに注意 プレミアムハナハナと言っても歴代シリーズと打ち方は変わらないので、今までのシリーズを打ち慣れていれば特に打ち方手順に関して説明することはありません。 左リールにある2つのBARをアバウトに狙っていけば問題ありませんが、あえて注意点をあげるとすればスイカの取りこぼしですね。 ハナハナシリーズは通常時にチェリーやスイカが成立しても演出が発生しないので、勢いで中&右リールを止めてスイカを取りこぼしてしまわないよう気をつけてください。 また、右リールは白7を目安にすると説明していますが、 目押し位置が早すぎるとスイカがスベってこないので、白7を枠下あたりに狙うようにするといいでしょう。 ボーナス中の打ち方 【BIG中】 1. サイドランプが緑or赤点滅した場合は通常時の手順で小役をフォロー。 それ以外の場合は全リール適当打ちで消化。 【REG中】 1. 1度だけ左リール中段に白7をビタ押しし、中&右リールにスイカを狙ってスイカを揃える。 技術介入成功後は左リールに白7を避けつつ消化する。 お馴染みの技術介入要素あり BIG中にはチェリー、スイカが成立する可能性があるため、サイドランプを確認しつつ消化するようにしましょう。 歴代シリーズと同じく、BIG中のスイカ確率には段階的な設定差が付けられています。 REG中の技術介入要素も健在で、左リール中段に白7をビタ押ししてスイカをフォローすることで設定示唆演出が発生します。 この時にスイカを取りこぼしてしまうと枚数的に損をすることになるので、特に右リールの目押しには気をつけてくださいね。 また、歴代シリーズの設定示唆演出も健在なので、それらを踏まえて総合的に設定の高低を絞り込んでいく形になります。 設定状況に期待が持てる上でREGが先行していれば、設定狙いで粘ってみる価値はありますね。 REG中スイカ獲得時のサイドランプ 色 示唆内容 青 奇数設定示唆 黄 偶数設定示唆 緑 奇数設定示唆 赤 偶数設定示唆 虹 高設定示唆 プレミアムハナハナも今までのハナハナシリーズと同じように、REG獲得時のサイドランプの色で奇数or偶数設定、高設定を示唆しているようです。 ボーナス終了時のスポットライト プレミアムハナハナの筐体上部にはスポットライトが描かれていますが、ボーナス終了後のスポットライトの色で設定を示唆しているようです。 フリーズ プレミアムハナハナは「ショータイムフリーズ」なるフリーズ演出を搭載しています。 ただ、天井非搭載のAタイプということもあり、 フリーズ発生時の恩恵はBIGが確定するのみです。 ボーナス プレミアムハナハナのボーナスはいつものハナハナと同じく、BIGとREGの2つです。 BIG中はチェリーやスイカが成立する可能性があるため、取りこぼしには十分気をつけてください。 REGボーナス ・最大130枚獲得可能のボーナス。 収録曲(BGM) ・プレミアムハナハナは全54曲もの楽曲を搭載。 (ノーマルサウンド:4曲、連チャン時サウンド:48曲、フリーズ時サウンド:2曲).

次の