神戸 コンバース 専門 店。 神戸港のおしゃれスポット「神戸煉瓦倉庫」でカフェ&文房具探し!

神戸港のおしゃれスポット「神戸煉瓦倉庫」でカフェ&文房具探し!

神戸 コンバース 専門 店

地元で「モトコー」という愛称で親しまれている元町高架下商店街は、JR元町駅の西口からJR神戸駅まで約1km続く商店街。 鉄道高架橋下としては、日本で最も長い商店街です。 JR元町駅の西口からすぐのところにある1番街から始まって、JR神戸駅近くの7番街まで続いています。 モトコーのルーツは、戦後に食料品や生活必需品などを販売していた闇市と言われています。 現在も当時の名残りが色濃く残っており、神戸の他の商店街とは異なるディープな雰囲気が魅力です。 また高度経済成長の時代には、神戸港の港湾労働者や停泊する外国船の船員などで賑わいを見せていたそうで、異国の路地裏のような空間が広がっています。 幅2m弱の細長い通路の両脇には、洋服、アクセサリー、雑貨を販売する店から、古本やゲーム、レコードを販売する店まで、多様な専門店が軒を連ねます。 イギリスやアメリカのインポートもの、ミリタリーものを取り扱う洋服店や、珍しいレコードや骨董品を取り扱う店など、他の商店街では見つからない個性的なお店が多く、掘り出し物が見つかりそうです。 耐震工事が予定されていることもあり、現在はシャッターが下りている店も多くなってしまったモトコーですが、アングラな雰囲気を求めて訪れる人は多く、あらゆるデザインのコンバースを取り揃える「柿本商店」など、全国的に有名なお店もあります。 歩くだけでも外国気分を味わえるので、ぜひ訪れてみてくださいね。 神戸元町高架下 モトコー にあるコンバース専門店。 移転先はモトコー3番街からモトコー4番街。 店舗の棚にひしめく靴は約4,000〜5,000足ほどあり、半日かけてお気に入りを探し出すファンもいるそう。 2001年にコンバースが一度日本から撤退する際に多くの在庫を引き取ったため、数多くのレア商品やヴィンテージ商品が揃っています。 「来て楽しんでもらえれば」と笑顔で話す、店主の優しい笑顔も魅力です。

次の

「柿本商店」はなぜコンバースの聖地と呼ばれているのか?

神戸 コンバース 専門 店

ディレクターは長年スノーカルチャーやスケートカルチャーに身をおいてきたフォトグラファーのBenji Wagner と映像クリエーターのKhama Vellaの2人。 サーフィンやスケート、スノーボードなどアクションスポーツそのものだけでなく、そこへのプロセスでもあるトリップやキャンプといった部分に寄り添ったアイテムを展開。 ストイックにスペックを追及するアウトドアブランドとは対称的に、古き良きアウトドアのイメージを継承しながら楽しさや空気感といったVIBESを強調したデザインや機能がPOLER独自のテイストを確立しています。 チームにはサーファーやスケーター、スノーボーダー、フォトグラファーが数多く参加しています。 その資生堂の美容液がイナバ化粧品のLINEで紹介されていたわけですが、なんと 「稲葉さん愛用」の文字が。。 でも今日たまたま行った ちょっと入りにくい位のおしゃれセレクトショップでも 目立つ位置にあったので 最近また復刻ブームなのか!? 見た感じごつくてかっこよかったなーー 短パンと合わせたい感じ 1990年代のハイテクスニーカーブームを牽引した不朽の名作・INSTA PUMP FURY インスタポンプフューリー。 空気の圧力のよりフィッティングが調整できるポンプシステムを初めて搭載したシューズとして1994年に登場し、話題沸騰となりました。 これまで数々のブランドとコラボモデルを発表し、ファンを魅了させたREEBOKを代表するモデルの一つです。 大胆な配色が印象的なINSTAPUMP FURYをあえて落ち着いたワントーンカラーで落とし込む事で存在感を出している。 ヴィンテージ感がかっこいい。 確かに稲葉さんこんな感じのデニム一年中吐いてるイメージだわ 【RRL(ダブルアールエル)】はラルフローレンが1993年にスタートさせたブランド。 ブランド名の由来はラルフローレン夫妻のイニシャルを冠してコロラド州に作られた「RRL牧場」からといわれ、 氏がこよなく愛するカントリー、そしてヴィンテージの魅力を現代に蘇らせたコレクションです。 ヴィンテージテイスト溢れるディティールや素材、ユーズド加工にこだわった、ワーク・ミリタリーをルーツとするラインで発表時から、日本でも話題性が高く、瞬く間に人気ブランドとなります。 しかし98年に生産中止。 そして2001年、ニューヨーク・ロサンゼルス・パリにオンリーショップを構えファン待望の復活。 発表当初と変わりない旧き良き時代の暮らしとワークウェアを上手く取り入れたスタイルに上質な素材、確かな縫製、ヴィンテージディテールの追求ととどまることなく、現在もアメリカンスピリットを体現するブランドとして昔からのファンだけでなく、新たなファンも獲得し続けています。 サイトはこちら 稲葉さん、プライベートでかなり このTシャツ着られてます。 ただ残念ながらサイトではTシャツ販売されてない様子・・・ 欲しかったらどうすればいいんだろう? でも稲葉さん、サーフィン初めて本当に完全に西海岸な人になられました。 昔は全然そんなファッションのイメージじゃなかったけど ちなみにおすすめのサーファー系のブランドショップ 近いデザインのやつはあるので 「最近稲葉さんの影響で西っぽいファッション気になってきたぜ」っていう 僕的な人にはおすすめです。 おそらくGalaabenDだと思います。 東京モード学園ファッションデザイン学科を卒業。 オンワード樫山でCKカルバン クラインのデザイナーを経験。 その後商品企画などの業務も経験。 2004年、自身のレーベル「ガラアーベント」を設立。 ガラアーベントとは、ドイツ語で「公式な夕べの集い」を意味する。 ブランドのコンセプトは、公式サイトによると次のように語られている。 古き良き時代のクチュールが持っていたスノッブ 俗物的 で官能的な志向をラフで自由な嗜好に仕立てる事により、時の流れの優美さを知る。 その中で暖かそうなアウターが気になって調べてみました。 こちら「OSC CROSS」というブランドのダウンでした。 右腕のところのタグで分かった方も多いかもしれません。 ABOUT OSC CROSS OSC CROSS(オーエスシー クロス)の母体であるOutdoor Survival Canada社(OSC)は2009年カナダのトロントで設立された。 トロントにある自社工場は、1985年からダウンウェアを専門に製作しており、現在ではOSCの製品開発から設計、生産までを全て一括して行っている。 30年以上の経験と知識を持つ専門の職人により、一点一点ハンドメイドで製作されているMADE IN CANADAのダウンウェアは、マイナス40度の極寒にも耐え得るほど高機能で高品質。 その需要はカナダのみならず、世界中に広がっている。 OSC CROSSは、2012年OSCのタウン用ファッションラインとして立ち上げられた。 専用のデザインスタジオで生み出されたクラシックモダンなデザインは美しいパターンで仕上げられ、OSCの機能性・品質の高さはそのままに、仕様はマイナス25度まで耐え得るように変更されている。 またOSC CROSSはOSC同様、トロントの自社工場にて一点一点ハンドメイドで仕上げられている。 そうそうこれこれ。 フード部分がなんか丸っこいファーでかわいらしい。 フード部分のウールボアトリムは取り外し可能なので首周りの温度調整ができます。 袖裏、身頃下部には撥水性と耐久性に優れたポリコットン素材を使用し、表地には防風、耐久性に優れたコットン66%ナイロン34%生地にワックスコーティングで仕上げました。 身頃下部のアウトポケットにはスナップボタンとジップを使用し、内側にはメッシュ素材の携帯ポケットとジップ付きのセキュリティーポケットが付いた機能性あるディテールが特長です。 あったかそーーーー!!! -25度!!?? 日本では間違いなく最上級の防寒力だって! こちら特定した人が多くいたようで 早速ネットで売切れ店続出中みたいです。 服屋さん入っても、目にとまってしまうレザージャケットや 定番のチェックシャツ。 あのスタイルの良さだから似合うっていうのは 重々承知の上で・・・ でも少しでも近づきたい!っていう気持ちを持つのは自由やないか! ってことで自分が見つけたアイテムを紹介します。 稲葉さんっぽいシングルレザージャケット 稲葉さんといえば、やはり外せないレザージャケット。 でも本革で新品となれば10万円なんてザラ・・・ 数年前からいわゆるオシャレなセレクトショップを回って探しまくっていましたが やはり高い&高い割にそこまでしっくりこないってことで 諦めていたところ たまたま見つけた楽天の商品。 それまでネットで買うなんて考えてもいなかったけれど この商品、本革のくせに7,000円以内と超お手頃。 本革でなんでこの値段なのかというと 「リプロダクトレザー」だから。 リプロダクトレザーとは 古着製品を一度解体し再度裁断したレザーを使用して縫製されたものです。 ということなので、本物のレザーをつぎはぎして再度縫製されたものです。 だから腕の部分と胸の部分の質感が違ったりします。 それをどう捉えるかだと思います。 自分は腕の部分のレザーは柔らかい質感のものが使用されていたりするので 「いいやん」となりました。 そのつぎはぎも、別に目立つわけでもなく元々がそういうデザインだったと言われれば 「あーおしゃれかも」って感じです。 まぁとにかく昨年購入した服の中でも ベストバイに入る商品でした。 楽天のレビュー評価も900件以上で4. 2以上の驚異的な高評価。 ずいぶん前から稲葉さんっぽいコンバースを探していたものの 中々見つからず。 そこで向かったのが神戸にある「コンバース専門店」 お店の名前は「柿本商店」 まったくコンバースっぽくない名前w レアな山積み!コンバースの聖地 ファンやマニアが全国から続々と来店するコンバース専門店。 神戸1、いや日本一、種類が豊富で、しかも安い!と評判だ。 山積みされたスニーカーの数はなんと2000足以上。 創業43年、モトコーがまだバラックだった時代から商売する Address 住所:神戸市中央区元町高架下通2-207 tel:078-351-0997 営業時間:11:30ごろ~19:00ごろ 定休日:木曜 コンバース好きには超有名なお店で普通のショップには流通していない お宝品が、もう「ぎゅうぎゅう」に積まれてます。 これどこに何があるかわからんわ!状態ですが 店主に「黒でレザーのもの」っていうと 「はいよ」ってな感じで次々に出てくるシステムです。 自分が行った日も全国からスニーカー好きが集まっていました。 周りのお店は廃れている分、このお店の活気がなんか異様でした。 でもお店の方もめちゃ親切なので 一見暗い商店街の雰囲気に負けず声をかけてみましょう。 お店の場所はモトコー商店街内にあります。 JR元町駅が最寄り。 本物はREMI RELIEFですがやはり高い。 しかもウォッシュ加工がいかにも「っぽい」。 ボタンも白くてちゃんとしてます。 2001年、LAのセレクトショップ「フレッドシーガル」、「ロンハーマン」にてバイヤーを務めたNina Gardunoによりブランド設立。 最上級の素材にポップでカジュアルなデザインを落とし込んだ製品が特徴。 LAセレブ達の間で話題となり、瞬く間にセレブカジュアルブランドとしての不動の地位を確立。 世界中の有力セレクトショップで挙って取り扱われている。 WOWOWのランニング中に来ていたプルオーバーといえばピンとくるでしょうか。 その同じブランドのスマホケースです。 服は無理やけど、雑貨ならなんとかって感じのお値段です。 これはどうみても178(稲葉)504(浩志)のナンバーですね。 注文から発送まで素早く対応して頂き、今日無事届きました。 本当にナンバープレートのように出来ていて可愛いです。 1点1点を丁寧に作っているなぁという印象です。 1円玉よりチョット小さい位のサイズでかわいいです。 一円サイズのほう買いましたさりげなくていいですわ。 人気記事• 161,060ビュー• 44,715ビュー• 41,919ビュー• 39,173ビュー• 37,866ビュー• 31,234ビュー• 29,583ビュー• 27,893ビュー• 26,793ビュー• 24,327ビュー• カテゴリー• 606• 269• 142• 186•

次の

【連載:マニアですがなにか コンバース編】第三回「年代判別と選び方」

神戸 コンバース 専門 店

神戸に遊びにやってきたふねこ。 前編では昼夜グルメを楽しみましたが、 実は移動の合間にご当地ショッピングも満喫していたようです。 ここでしか手に入らない逸品を目指して神戸のまちををぐるり! 一体なにをGETしたのでしょうか……!? 聖地巡礼! 激レア『コンバース』を大人買い!? 前回の酒場ハシゴでも訪れた神戸元町高架下(通称:モトコー4番街)にある、『柿本商店』は全国でも有名な〈CONVERSE〉専門店です。 店内には5,000足ものコンバーススニーカーがぎ〜っしり!!! 他のショップで見かけない珍しいカラーや廃盤となった規格、入手困難なコラボデザインがたくさん眠っています。 なぜこんなに膨大なラインナップが揃っているかというと、一度〈CONVERSE〉本社が倒産の危機に面した際に、『柿本商店』が大量のスニーカーを仕入れたからだそうです。 それから、レアなデザインを扱うコンバース専門店として全国で注目を集め始めたと言います。 バットマンとのコラボレーションモデル• 100周年のリミテッドデザイン 今も週に3回新商品を入荷。 〈CONVERSE〉創立100周年の限定カラーやデザインがいまだに登場し続けているそうですよ。 人気のベージュカラーは3ヶ月で3000足ものストックが完売! ユニセックスなオリーブカラーやサイドゴアブーツもトレンドとして注目アイテムです。 無数のバリエーションを目の前に、物欲と戦うふねこ。 全国から仕入れた牛肉や豚肉を量り売りするショーケーススペースをメインに、上質な国産肉をしっかり味わえるイートインスペースも併設。 作りたての肉料理をその場で味わえるスタイルなんです。 肉の旨みを引き立てる絶品ソースや調味料、肉の缶詰「神戸牛のグリル缶詰」(1680円)や「神戸ビーフカレー缶詰」(1380円)といった神戸土産にぴったりの商品も販売! 「神戸牛のグリル缶詰」は、ブランド牛の神戸牛を塩と胡椒でシンプルに調理した一品。 「神戸ビーフカレー缶詰」も神戸牛を使用し、スパイスとともに柔らかく炊き込まれた牛スジ肉を堪能できます。 香りと食感が生きた粗挽きマスタード(972円)も肉と相性抜群。 メンズアイテムを中心に、アメリカから仕入れる古着とオリジナルブランド〈Creek(クリーク)〉のウエアを取り扱っています。 今は女性もメンズウエアをユニセックスに取り入れるのがトレンド! こちらでは普段あまり見かけない配色やデザインのビンテージウエアが揃い、しかも状態のいいものが厳選されているので、周りの人と差がつくスタイリングを叶えられます。 バッグやソックス、シューズなどの小物も、ありそうでないレアなデザイン。 一点物感覚でおしゃれを楽しめるから、選び甲斐あり! スタンダードなニットキャップは、アメリカの倉庫にずっと眠っていたデッドストックの商品で、新品同様の使い心地。

次の