ショート スリーパー と は。 ショートスリーパー®になる方法!睡眠時間を短くしても寿命が短くならない理由

睡眠時間が少ない人 ショートスリーパーかどうかチェック!

ショート スリーパー と は

ショートスリーパーって何?誰でもなれるのか? 「ナポレオン・ボナパルト」や 「トーマス・エジソン」、 「ビル・ゲイツ」等、所謂成功者の方に多いショートスリーパー。 一般的な睡眠時間が 6~9時間程度とされている反面、ショートスリーパーの方は6時間以下の睡眠時間でも問題ないために、限られた時間を有効活用でき事で多くの仕事をこなせるとされています。 それでは一体、ショートスリーパーはどういったメカニズムになっているのか説明したいと思います。 ショートスリーパーは何故短時間睡眠で問題ないのか ショートスリーパーの起因となっているのもは、遺伝子だと言われています。 その根拠となっているのが2009年にカリフォルニア大学で行われた研究で、その研究においてショートスリーパーの方は共通して 「DEC2遺伝子」が突然変異している事が発見されたのです。 このDEC2遺伝子は時計遺伝子とも言われており、人の行動を左右する遺伝子となっているのですが、マウスによるDEC2遺伝子を組み込んだ実験においてもショートスリーパーになることが確認されており、DEC2遺伝子がショートスリーパーの鍵を握っていると言えるでしょう。 なお、DEC2遺伝子が突然変異している人の場合、睡眠時間が 4~6時間程度でも問題なく、睡眠中の脳の情報処理及び疲労回復も短時間で処理可能となっており、将来的に普通の人でもショートスリーパーになれるのではないかと言われています。 また、ショートスリーパーの人の特徴として、物事全般に 楽観的に考える傾向があるとされています。 睡眠時間自体を重要視しておらず、何らかの興味関心に時間を消費する方を有効だと考え、活動的で独創的なアイディアを生み出しやすいなどの特徴も備えている傾向があります。 とは言え、短時間の睡眠でも眠気を感じないので、ある意味ラッキーな体質だと言えます。 普通の人もショートスリーパーになれるか 遺伝子が起因してショートスリーパーになっているのであれば、そうでない人がショートスリーパーになるのは無理だと思うでしょう。 しかし、 日々の睡眠時間を徐々に削る様にすると誰でもショートスリーパーに近づくことが可能です。 無理なく睡眠時間を削るためにも以下の3つのポイントを押さえるようにしましょう。 就寝前の3~4時間前に食事を済ませ、就寝前位に入浴を行い体温を上昇させて眠りやすい態勢を整える• 日々の生活のリズムを崩さないためにも、期初時間を固定し就寝時間を遅くする。 ただし、1週間に15分程度遅くし習慣づける• 起床後はなるべく陽の光を浴びるようにする。 また、疲労軽減の為に昼に20分程度仮眠すると、その後も活動的になり寝付きも良くなる ただ、人為的にショートスリーパーになった場合、ナチュラルにショートスリーパーな人と同様のパフォーマンスが得られるかは、裏付ける根拠が無いために問題が全く無いのか言い切ることは出来ません。 ただし、生活のリズムを崩さなければ問題ないとされているので、 睡眠時間のコントロールとしては検討してみても良いのかもしれません。 それってショートスリーパー?もしかしたら不眠症かも 前段の様に、生まれながらにしてショートスリーパーの人もいれば、日々の生活によってショートスリーパーになる人もいます。 しかし、生活習慣による短時間睡眠の場合、ショートスリーパーではなく不眠症である可能性があります。 事実、厚生労働省の調査による統計(2014年度における国民健康・栄養調査)では、 20代の20%、30代の27. 5%、40代の32. 5%の人が十分な睡眠時間を過ごせていないとの結果が出ており、国内における不眠症の傾向は徐々に高まっている傾向があるのです。 不眠症ってどんな状態? 不眠症は、十分な睡眠状態が行われない状態が1ヶ月以上継続して続くことで、その結果日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下等の様々な身体的な乱れを引き起こす 「病気」です。 心配事や忙しいなどで一時的に不眠状態になることは珍しくありませんが、殆どの場合数日から数週程度で改善します。 しかし、様々な要因によってこういった状態が1ヶ月を超えて続くことがあり、その様な状態を放置していると倦怠感や意欲低下のみならず、 頭重やめまいなどと言った身体的な不調も出てしまいます。 いずれにしても、1ヶ月以上不眠状態が続いており、日常生活に支障が出る心身の不調を感じた場合は、不眠症を疑った方が良いでしょう。 不眠症の症状による分類 不眠症は症状によって 4種類に分類することが可能で、その原因は一つの場合もあれば複数が併発している事もあります。 いずれにしても、症状によって不眠改善の方法が変わってくるので、まずは自分の不眠の状態を知る必要があるでしょう。 入眠障害 実際に眠るまで30分~1時間以上必要としてしまう。 心理的な問題や不安が起因していると言われている。 中途覚醒 寝た後に何度も起きてしまい、その後再び睡眠することが出来なくなる。 不眠の症状として最もポピュラーで、中高年に多い。 早朝覚醒 早く目覚めすぎる症状。 およそ2時間以上前に目が覚めるとされ、高齢者に多い症状。 熟眠障害 熟眠障害…十分な睡眠時間をとっても熟眠感を得ることが出来ない症状。 その他の不眠の状態と併発しやすい。 どういった睡眠障害にせよ、不眠症は珍しくない病気です。 しかも、年齢を重ねるほどその傾向が強くなり、高齢者の方の多く (3人に1人の割合と言われている)は何らかの睡眠障害を患っている可能性が高くなっているのです。 また、これらの睡眠障害に加え、日中の生活に支障が出てしまうと不眠症と診断されるので、睡眠時間の長さに関係なく引き起こされる病気が不眠症だと言えるでしょう。 不眠症とショートスリーパーの違いとそれぞれのデメリット 前段を確認していただければ分かることですが、ショートスリーパーの方は短時間睡眠でも体の疲れが解消できますが、不眠症の方は心身ともに何らかの影響があり、それぞれ全く異なるものです。 これは、睡眠そのものが レム睡眠(身体を休ませる効果がある深い眠り)と ノンレム睡眠(脳を休ませる浅い眠り)が交互繰り返されているからで、ショートスリーパーの方の場合レム睡眠が短い反面、ノンレム睡眠が深くなることで短時間の睡眠でも脳が覚醒し行動的になれるのです。 とは言え、ショートスリーパーと不眠症にはそれぞれデメリットがあることは認識しておくべきでしょう。 ショートスリーパーのデメリット 意図的にショートスリーパーになれることは前述しましたが、ナチュラルにショートスリーパーな人とは異なり、短時間睡眠によってレム睡眠とノンレム睡眠両方が短くなってしまいます。 この様な状態になってしまうと、ホルモンバランスが崩れたり自律神経に乱れが出てしまい、免疫力が低下し糖尿病や心臓病、 ガン等のリスクが高くなる可能性があります。 また、マイクロスリープと呼ばれる無意識に寝てしまう状態に陥る事もあり、日常生活に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。 一方、ナチュラルにショートスリーパーの方の場合、レム睡眠のみが短くなるだけで、逆にノンレム睡眠が長くなって健康に悪影響を及ぼすことは無いとされています。 ただ、あくまでも 「DEC2遺伝子」が突然変異した結果であり、長期的に見てどの様なデメリットがあるかは完全に立証されていないので、必ずしもナチュラルなショートスリーパーが良いとも言い切ることはできません。 ともあれ、短い睡眠だけで済むので、 眠る事の喜びは感じられないデメリットはあるかもしれません。 不眠症によるデメリット 言わずもがな、日常生活に支障が出るほどの睡眠障害を不眠症と言っています。 倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下等に加え、長期に渡って不眠症になってしまうと免疫力が低下、糖尿病や心臓病、ガン等のリスクが高く事も考えられるでしょう。 不眠の原因は ストレス、身体的疾患(高血圧や心臓病等)、心理的な病気、環境や生活習慣によって引き起こされるとされています。 どういった問題が起因しているにせよ、不眠を放置していると必ず何らかの悪影響を及ぼすのは確実だと言えます。 ですから、不眠の症状が出た場合は、生活習慣を見直したり、適度な運動を心がけるなど、不眠への対処法を講じる必要があります。 また、改善が見られない場合は医師の判断を仰ぐようにし、 不眠解消を図ることが無難です。

次の

ショートスリーパーになるための3つのコツと具体的な方法とは? |ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

ショート スリーパー と は

ショートスリーパーとはその字のごとく、『短時間睡眠』で健康を保っていられる人のことを言います。 短眠者とも言います。 一般的には、7時間睡眠が平均的な人間の睡眠時間とされていますが、ショートスリーパーは6時間未満の睡眠でも日中の活動に影響を及ぼしません。 しかし、短時間睡眠をした上で、寝不足に陥っていたり、体調を崩してしまっているようではれっきとしたショートスリーパーとは言えません。 ちなみに有名人や芸能人でショートスリーパーとして知られている人に、ナポレオン、エジソン、織田信長、ビル・ゲイツ、明石家さんま、鳥居みゆき、中居正広などがいますが、それぞれ約3~4時間睡眠と言われています。 ショートスリーパーは短気だったり勝気な人が多いと言われています。 ショートスリーパーを実践できれば、一日に使える時間が多くなるわけですから、何か目標をもって成し遂げたいことがある人などは、睡眠時間を短くすることで得ることが一杯あるでしょう。 実際に、一日9時間以上睡眠時間が必要な人に比べて、ショートスリーパーの方が成功する確率が高いとも言われています。 しかし、ショートスリーパーは体質や遺伝の問題が潜んでいます。 ショートスリーパーは訓練でなれるものなのか? ショートスリーパーと呼ばれる人たちは、ほぼ体質的な問題、遺伝子に関係してくるのです。 人間が眠りに落ちる時には、レム睡眠と呼ばれるうとうとした状態(体は寝ているけれど脳は覚醒している状態)からノンレム睡眠(脳も体も寝ている状態)を繰り返して覚醒します。 ショートスリーパーは、レム睡眠がとても短く、ノンレム睡眠がとても深いと言われていて、短時間でもぐっすりと熟睡できる為に疲れを残すことなくスッキリを起きれるというわけです。 しかし、元々7時間以上の睡眠時間を必要とするロングスリーパーが、ショートスリーパーになろうと訓練しても、もともとの体質や遺伝子が関係してくるのですから、初めのうちは成功したとしても次第に体調が思わしくなくなったり、様々な弊害が生まれてしまうのです。 ショートスリーパーを成功させる為には、効率的な仮眠も効果が高いと言われています。 効率的な仮眠の方法については、をご覧ください。 短時間睡眠のデメリット ショートスリーパーに成功者が多いと言っても、結果的に高血圧、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞など、循環器系の病気にかかりやすいという特徴を持っています。 ショートスリーパーは特殊な体質と言えるので、それを真似して実践しようとすれば、死亡リスクを伴い、体調をきたしてしまうことになりかねませんから注意が必要です。 レム睡眠の時間が少なくなる 忙しい、寝る時間がない!などの理由で毎日3時間以下の睡眠を続けていくと、レム睡眠の時間が少なくなることがわかっています。 レム睡眠は体は寝ているけれど脳は覚醒している睡眠状態でしたね。 この状態では、記憶の整理など、人間が生きていく上で大切な活動が行われているのです。 この状態の時に、きちんと活動できないという事は、結果として深い眠りに入れる状態「ノンレム睡眠」の質も悪くなることに繋がり、視覚を使う仕事でのミスを連発してしまうことになります。 集中力が必要な作業の時にボンヤリした状態になってしまったら、命にかかわる危険にもなるのです。 スポンサーリンク 糖尿病、心臓病のリスクが高まる 睡眠時間が短くなると、血液中の糖分のコントロールが効かなくなります。 また血圧も上がりやすくなり、心臓への負担も大きくなります。 短時間睡眠は血糖値が正常であっても、インスリンの働きが弱まってしまっているので、たった一日3時間ほどの睡眠をとることだけでも成人病のリスクが非常に高くなってしまうと言われています。 マイクロスリープの危険性 マイクロスリープとは、過度な睡眠不足に陥っている場合、自分が気がつかない無意識のうちに眠りに落ちてる状態を言います。 あなたも例えば、大事な会議の時など…絶対に眠ってはいけないのに、突然意識が飛んでしまったように眠っていた…なんてことありませんか?これこそがまさにマイクロスリープなんですね。 このようなデスクワークですと、それほど大きな問題ではないかもしれませんが、車の運転時だったりすると、衝突事故に発展する恐れもあります。 普通の人が睡眠3時間生活を続けると… ショートスリーパーは、あくまでも体質的な問題と何度もお話してきました。 普通の人がなんとかショートスリーパーになりたくて、訓練とばかりに、毎日3時間睡眠を続けるとどうなってしまうのか、というと…情緒的な不安定や抑うつのリスクを増大してしまいます。 それが酷くなると、うつ病や不安障害などの精神疾患へと発展してしまいます。 免疫力が低下する恐怖 睡眠時に分泌される「成長ホルモン」はとても重要な役割を担っています。 免疫物質を作りだしたり、古くなった細胞を再生したりする力です。 普通の人が、ショートスリーパーになろうとすると、この成長ホルモンの分泌が著しく低下します。 よって風邪をひきやすくなったり薬やワクチンが効きにくくなったり、ガンのリスクにも侵されてしまうのです。

次の

ショートスリーパー診断

ショート スリーパー と は

ショートスリーパーになれば、自分の自由になる時間が増え、充実した生活を送ることができます。 しかし、ただ睡眠時間を減らすだけでは疲れが取れず、元気に活動することはできません。 短時間睡眠でありながら元気に活動できるショートスリーパーになるには、睡眠のとり方を変えていくことが必要です。 ショートスリーパーになるコツは3つ ショートスリーパーになるためのコツは、次の3つのポイントを実践することです。 睡眠の質の向上 ショートスリーパーになるためには、睡眠の質を向上させることが欠かせません。 睡眠の充実度は、「時間」と「質」の両方で決まるため、睡眠の質を高めていけば、短時間の睡眠でもしっかりと体を休めることができ、満足できる睡眠がとれるようになるからです。 時間をうまく削り日中を活動的にする ショートスリーパーになるためには、睡眠時間をうまく削っていき、日中の活動を活発にしましょう。 日中の活動によってエネルギーを消費すれば、眠りの質が高まり、結果的に短時間睡眠で十分に休める可能性があります。 日中に活動をして、体が休息を求める状態で眠りにつくことで、睡眠時間をうまく削れるようになるでしょう。 適切なワークライフバランスを取る ショートスリーパーになろうとするなら、適切なワークライフバランスを実践するようにしてください。 自由時間を長く取れるようになることはとても有意義なことですが、睡眠時間を無理やり短くして、体調を崩してしまっては意味がありません。 まずはワークライフバランスを十分に考えて、現在活動できる時間を有効に活用するようにしてみましょう。 ショートスリーパーになるための方法 それでは、実際にショートスリーパーになるための方法を具体的に見ていきましょう。 起きる時間を決める 毎日決まった時間に起きるということが、短時間睡眠のための第一歩です。 漠然と眠るのではなく、次の朝に起きる時間を決め、意識することで短時間睡眠ができるようになる可能性が高まります。 太陽の光を浴びる 起きてすぐに太陽の光を浴びると、「メラトニン」というホルモンの分泌が抑制されて、体がスムーズに活動状態へと切り替わります。 日中に活発に活動できるようになれば、体が休息を求める状態を作り出せ、睡眠の質の向上につながりやすくなります。 朝起きたら、まずは太陽の光を浴びるようにしましょう。 夕食は寝る前の3~4時間前 高品質な短時間の睡眠を実現させるためには、夕食は眠る3~4時間前に済ませるようにしてください。 睡眠障害の方に対しても3~4時間後の睡眠が推奨されており、眠りは食事の時間と深く関係しています。 ただし、空腹状態でも眠りの質は低くなるので、早めに食べすぎないように気をつけることも必要です。 睡眠時間を少しずつ短くしていく 急に睡眠時間を短くするのではなく、毎日少しずつ短くしていくことで体を慣れさせることができます。 普段と起床時間や就寝時間を変えた生活を2日間続けると、2日間の生活にあわせて体内時計がずれると言われています。 そのため、2日間以上の単位で、睡眠時間を少しずつ減らしていくと効率よくショートスリーパーになれるでしょう。 寝る前の過ごし方に注意する 寝る前の時間の過ごし方は、睡眠の質にダイレクトな影響をもたらします。 スマホやパソコンのブルーライト、カフェインの摂取は睡眠の質を低下させ、暗めの照明や入浴、リラックス効果のある音楽などは眠りの質を高めてくれる存在です。 ショートスリーパーのメリット・デメリットとは ショートスリーパーになることには、メリットだけでなくデメリットも存在します。 ショートスリーパーのメリット ・仕事以外の自由時間が長くなる ・人付き合いに時間が割けるようになる ・趣味や遊びに時間を費やせるようになる ・人生において活動時間が長くなる 最大のメリットとなるのは、仕事以外の自由時間が長くなり、たくさんの人と知り合ったり、趣味や遊びなどを充実させられるようになることです。 睡眠時間が1日2時間短くなれば、30年で21,900時間も活動時間が長くなるので、人生の充実につながります。 ショートスリーパーのデメリット ・肥満になりやすくなる ・生活習慣病の危険性が高まる ・ホルモンやインスリンの働きが低下する デメリットとして挙げられることは、睡眠時間が短い人はBMI値が高い傾向にあり、肥満から生活習慣病につながるリスクがあることです。 また、ホルモンやインスリンの働きが低下することで、血糖値が下がりにくくなることも生活習慣病の原因になります。 日本人の9割はショートスリーパーになれる素質がある? 日本人の90%はショートスリーパーになれる素質があるという報告があります。 実際には、短時間睡眠にも長時間睡眠にも対応できる「バリアブルスリーパー」が90%を占めており、「ショートスリーパーになることも可能」ということです。 6~10時間程度の睡眠で活動できるバリアブルスリーパーであれば、努力次第で短時間睡眠で活動できるようになる可能性は高いでしょう。 ショートスリーパーになるには質の高い睡眠が必要 ショートスリーパーになるために最も必要なものは、質の高い睡眠です。 睡眠の質が高まれば短時間でも十分に体を休めることができるようになり、結果的に短時間睡眠でも活動的になれます。 睡眠の質を高めるための方法は、食事の摂り方や日光の利用、眠る前の環境を整えることなどさまざまです。 短時間睡眠を目指している方は、睡眠の質を高めるための方法を、生活の中にできる限り多く取り入れていくようにしましょう。 返品・交換について 返品期限・条件:商品到着後7日以内にメールまたはお電話にてご連絡下さい。 それを過ぎますと、返品・交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承下さい。 返品送料:お客様のご都合による場合は、返品送料はお客様負担にてお願いいたします。 不良品や誤納品等による返品送料は当社負担とさせていただきます。 恐れいりますが当社宛にご連絡後、着払いにてお送り下さい。 不良品:万一初期不良品等がございましたら、良品と無償にて交換させていただきます。 初期不良品、配送事故等につきましては商品到着後7日以内にメールまたはお電話にてご連絡下さい。 それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承下さい。

次の