富士フイルム 株 掲示板。 <動意株・25日>(前引け)=ソフトフロン、ニューテック、富士フイルム 投稿日時: 2020/02/25 11:35[みんなの株式]

富士フイルムホールディングス[4901]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

富士フイルム 株 掲示板

ソフトフロントホールディングス=物色人気でストップ高。 傘下のソフトフロントがテレビ会議ソフトなどを手掛けていることから、テレワーク関連として注目が高まっていたことに加えて、この日の朝方、クラウド自動電話サービス「telmee(テルミー)スクリプトコール」が明和ライフサポート(東京都渋谷区)の管理員休務受付に採用されたと発表しており、これを好感した買いが入っている。 明和ライフサポートはマンションを中心とした管理員業務・清掃業務を手掛ける企業で、管理員や清掃員の電話による休務連絡などで担当部署の負荷が大きいという課題があったことから、受付業務の一部をtelmeeスクリプトコールによる自動受付に移行することにしたという。 これにより、担当部署の従業員は本来の業務に注力できるほか、業務全体の効率アップを図れるなどの効果があるという。 ニューテック=異彩高。 新型肺炎の対策関連株以外では異色の急騰をみせた。 ストレージ開発・販売を主力とし、人工知能(AI)やディープラーニング分野に積極展開、ハードとソフトが一体化したオールイン型の深層学習環境「Deep Station」は収益への貢献が期待されており、AI関連の有力株として頭角を現している。 20年2月期第3四半期(19年3~11月)営業利益は前年同期比73%増の2億400万円と急拡大、来期以降の業績も産業機器向け小型NAS製品の大型受注の寄与で業績成長路線を走る公算が大きい。 富士フイルムホールディングス=急伸。 主力大型株が軒並み大きく売り込まれるなかにあって異彩を放っている。 同社が2008年に買収した富山化学が開発した「アビガン」は新型インフルエンザ薬として注目されていたが、これが新型コロナウイルスにも効果があるとの見方から物色人気を集めている。 厚生労働省は22日、新型肺炎患者を対象にこの薬の投与を始めたことを発表しており、同社株に買いを誘導している。 株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。 出所:MINKABU PRESS• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

自社株買い

富士フイルム 株 掲示板

最大1千人程度の参加者を集める大規模な治験で、新型コロナ薬としての効果や副作用を確かめる。 有効なデータが得られれば日本での承認申請に利用することも検討。 国産の治療薬としての量産を急ぐ。 アビガンは新型インフルエンザの治療薬として国内で承認されている。 政府は当初、5月までに新型コロナの治... [] 富士フイルム、クウェートでアビガンの大規模治験 新型コロナ治療薬としての治験が進む「アビガン」 富士フイルムホールディングスなどは、新型コロナウイルスの治療薬として承認を目指す「アビガン」の臨床試験(治験)を月内にもクウェートで始める。 最大1千人程度の参加者を集める大規模な治験で、新型コロナ薬としての効果や副作用を確かめる。 有効なデータが得られれば日本での承認申請に利用することも検討。 国産の治療薬としての量産を急ぐ。 アビガンは新型インフルエンザの治療薬として国内で承認されている。 政府は当初、5月までに新型コロナの治療薬として承認する構えだったが、富士フイルムが3月末に96人の参加を目標に国内で始めた治験の参加者集めが難航。 治験が終わらず承認申請できていない。 7月10日には藤田医科大学が別の研究結果を公表。 有効性が確認できるような有意差はなかったと結論づけたため、この研究結果での申請は難しいとの見方がある。 クウェートでは海外でアビガンの製造・販売権を持つインド後発薬大手ドクター・レディーズ・ラボラトリーズが主体となって治験を実施する。 富士フイルムは治験薬の提供、アラブ首長国連邦(UAE)の医療物資販売会社グローバル・レスポンス・エイド(GRA)は治験施設の準備などで協力する。 症状が中程度の患者を中心に、承認申請前の最終段階にあたる第3段階の治験を実施する。 日本の治験と同程度の厳格な基準にし、日本での申請でデータを活用できるようにする。 米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、クウェートでは1日に新規感染者が700人前後出ている。 国内では新型コロナ薬として、米製薬大手ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」が5月に承認を受けた。 アビガンの後発薬は中国やロシア、インドなどでは新型コロナ薬として承認されているが、日本では承認申請ができていない。 富士フイルムの国内の治験を巡っては、足元では再び新規感染者が増えているが、無症状者が多く、6月末を目標としていた治験完了がずれ込んでいる。 米国でも治験を実施しているが、治験を実施する大病院には治験の対象となる軽症・中等症の肺炎患者が少なく、参加者数の目標に達していない。 その変異によって、上皮細胞以外の細胞に侵入することが可能になった。 そのために、線維芽細胞や、血管内皮細胞に侵入する能力を得た。 あるいは、末梢神経細胞にも侵入することができるようになって、嗅神経に侵入して、すぐに脳内に侵入できるようになった可能性もある。 味覚神経にも侵入することが可能になったのだろう。 このようにして、病原性を高めていった。 免役が弱い人では、それに対抗できずに体中... [] 新型コロナウイルスが、病原性を強くしていったのは、RNAの変異によって、細胞に侵入する際の先端のたんぱく質あるいは、プロテアーゼを変異させた。 その変異によって、上皮細胞以外の細胞に侵入することが可能になった。 そのために、線維芽細胞や、血管内皮細胞に侵入する能力を得た。 あるいは、末梢神経細胞にも侵入することができるようになって、嗅神経に侵入して、すぐに脳内に侵入できるようになった可能性もある。 味覚神経にも侵入することが可能になったのだろう。 このようにして、病原性を高めていった。 免役が弱い人では、それに対抗できずに体中がvirusでやられてしまう。 あるいは、血管内で、従来では考えられないような暴れ方をして、死に導く。 あるいは、線維芽細胞を荒らしまわって、サイトカインストームを起こしたり、肺線維症の強い後遺症を残す。 RNAの変異の結果だ。 100年に一度の変異によって、人類を奈落の底に突き落としているのだ。 しかしながら、其れから人類を救うことができるものがいた。 アビガン だ アビガンのみが、唯一新型コロナに対抗することができる物質なのだ。 RNAがそのたんぱく質を決定するので、その形が、RNAの変化によって変わる。 特にそのウイルスにとって重要なたんぱく質を決定するRNA配列が重要になる。 RNAがその配列を変えることによって、たんぱく質の変異が起こり、それが、そのウイルスの変異となる。 従って、その重要なたんぱく質が変化すると、そこに効いていた薬剤は、効かなくなる。 それは、免疫についても同じで、ワクチンが、変異したウイルスには効かなくなる。 免疫グロブリンが、重要な外側のたんぱく質の変異のた... [] 多くの薬剤は、ウイルスの作るたんぱく質に作用する。 RNAがそのたんぱく質を決定するので、その形が、RNAの変化によって変わる。 特にそのウイルスにとって重要なたんぱく質を決定するRNA配列が重要になる。 RNAがその配列を変えることによって、たんぱく質の変異が起こり、それが、そのウイルスの変異となる。 従って、その重要なたんぱく質が変化すると、そこに効いていた薬剤は、効かなくなる。 それは、免疫についても同じで、ワクチンが、変異したウイルスには効かなくなる。 免疫グロブリンが、重要な外側のたんぱく質の変異のために、免疫グロブリンが、ウイルスに付着できなくなる。 このように、たんぱく質を標的とする薬剤は、ウイルスの変異についていけない。 ところが、アビガンは、標的は、たんぱく質ではない。 RNAが、RNAポリメラーゼについて、複製するときにブロックするのだ。 RNAが、配列に変化を生じても、RNAである限り、RNAポリメラーゼ上で、その複製時にブロックされてしまう。 つまり、ウイルスが変異しても、RNAの複製はブロックされる。 そこで、アビガンは、ウイルスが変異しても、複製をブロックするのだ。 この理論によって、コロナウイルスが、どのように変異していこうとも、ウイルスの複製はブロックされるのだ。 だから、今回の新型コロナウイルスも、アビガンによって、複製はブロックされるのだ。 ブロックできないという理由があるのならば、それを示してみなさい。 米ゼロックスから富士ゼロックスの25%を 買い取り100%子会社化し、2021年4月から ゼロックスの名前を外します。 米ゼロックスとの協定で製品の供給は中長期で 継続するが、他社へのOEMも可。 販売テリトリーも 無し。 これを受けて富士HDの資料では 新たな成長機会 [] 富士のHPからいろんな決算などの資料を 2、3時間読んだけど、今年社内で一番 エキサイティングなのは富士ゼロックスの 部門かもしれませんね。 米ゼロックスから富士ゼロックスの25%を 買い取り100%子会社化し、2021年4月から ゼロックスの名前を外します。 米ゼロックスとの協定で製品の供給は中長期で 継続するが、他社へのOEMも可。 販売テリトリーも 無し。 これを受けて富士HDの資料では 新たな成長機会 OEMによるグローバル市場での機会獲得 Documentにとらわれない新たな成長市場への進出 革新的な新商品の市場投入 富士フイルムの販売網活用によりグローバル市場展開 となっています。 ちょうど仕事の仕方の大変革期にぶつかり 追い風は吹いてるのではないでしょうか。 来年4月開始の戦に備えて、今年は忙しいはずです。 革新的な新商品、って何ですかね? わくわくするなあ。 負けると悲惨ですが、勝つともう一段の成長が 見れそうです。

次の

富士フイルムホールディングス(富士フイルム)【4901】株の基本情報|株探(かぶたん)

富士フイルム 株 掲示板

最大1千人程度の参加者を集める大規模な治験で、新型コロナ薬としての効果や副作用を確かめる。 有効なデータが得られれば日本での承認申請に利用することも検討。 国産の治療薬としての量産を急ぐ。 アビガンは新型インフルエンザの治療薬として国内で承認されている。 政府は当初、5月までに新型コロナの治... [] 富士フイルム、クウェートでアビガンの大規模治験 新型コロナ治療薬としての治験が進む「アビガン」 富士フイルムホールディングスなどは、新型コロナウイルスの治療薬として承認を目指す「アビガン」の臨床試験(治験)を月内にもクウェートで始める。 最大1千人程度の参加者を集める大規模な治験で、新型コロナ薬としての効果や副作用を確かめる。 有効なデータが得られれば日本での承認申請に利用することも検討。 国産の治療薬としての量産を急ぐ。 アビガンは新型インフルエンザの治療薬として国内で承認されている。 政府は当初、5月までに新型コロナの治療薬として承認する構えだったが、富士フイルムが3月末に96人の参加を目標に国内で始めた治験の参加者集めが難航。 治験が終わらず承認申請できていない。 7月10日には藤田医科大学が別の研究結果を公表。 有効性が確認できるような有意差はなかったと結論づけたため、この研究結果での申請は難しいとの見方がある。 クウェートでは海外でアビガンの製造・販売権を持つインド後発薬大手ドクター・レディーズ・ラボラトリーズが主体となって治験を実施する。 富士フイルムは治験薬の提供、アラブ首長国連邦(UAE)の医療物資販売会社グローバル・レスポンス・エイド(GRA)は治験施設の準備などで協力する。 症状が中程度の患者を中心に、承認申請前の最終段階にあたる第3段階の治験を実施する。 日本の治験と同程度の厳格な基準にし、日本での申請でデータを活用できるようにする。 米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、クウェートでは1日に新規感染者が700人前後出ている。 国内では新型コロナ薬として、米製薬大手ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」が5月に承認を受けた。 アビガンの後発薬は中国やロシア、インドなどでは新型コロナ薬として承認されているが、日本では承認申請ができていない。 富士フイルムの国内の治験を巡っては、足元では再び新規感染者が増えているが、無症状者が多く、6月末を目標としていた治験完了がずれ込んでいる。 米国でも治験を実施しているが、治験を実施する大病院には治験の対象となる軽症・中等症の肺炎患者が少なく、参加者数の目標に達していない。 その変異によって、上皮細胞以外の細胞に侵入することが可能になった。 そのために、線維芽細胞や、血管内皮細胞に侵入する能力を得た。 あるいは、末梢神経細胞にも侵入することができるようになって、嗅神経に侵入して、すぐに脳内に侵入できるようになった可能性もある。 味覚神経にも侵入することが可能になったのだろう。 このようにして、病原性を高めていった。 免役が弱い人では、それに対抗できずに体中... [] 新型コロナウイルスが、病原性を強くしていったのは、RNAの変異によって、細胞に侵入する際の先端のたんぱく質あるいは、プロテアーゼを変異させた。 その変異によって、上皮細胞以外の細胞に侵入することが可能になった。 そのために、線維芽細胞や、血管内皮細胞に侵入する能力を得た。 あるいは、末梢神経細胞にも侵入することができるようになって、嗅神経に侵入して、すぐに脳内に侵入できるようになった可能性もある。 味覚神経にも侵入することが可能になったのだろう。 このようにして、病原性を高めていった。 免役が弱い人では、それに対抗できずに体中がvirusでやられてしまう。 あるいは、血管内で、従来では考えられないような暴れ方をして、死に導く。 あるいは、線維芽細胞を荒らしまわって、サイトカインストームを起こしたり、肺線維症の強い後遺症を残す。 RNAの変異の結果だ。 100年に一度の変異によって、人類を奈落の底に突き落としているのだ。 しかしながら、其れから人類を救うことができるものがいた。 アビガン だ アビガンのみが、唯一新型コロナに対抗することができる物質なのだ。 RNAがそのたんぱく質を決定するので、その形が、RNAの変化によって変わる。 特にそのウイルスにとって重要なたんぱく質を決定するRNA配列が重要になる。 RNAがその配列を変えることによって、たんぱく質の変異が起こり、それが、そのウイルスの変異となる。 従って、その重要なたんぱく質が変化すると、そこに効いていた薬剤は、効かなくなる。 それは、免疫についても同じで、ワクチンが、変異したウイルスには効かなくなる。 免疫グロブリンが、重要な外側のたんぱく質の変異のた... [] 多くの薬剤は、ウイルスの作るたんぱく質に作用する。 RNAがそのたんぱく質を決定するので、その形が、RNAの変化によって変わる。 特にそのウイルスにとって重要なたんぱく質を決定するRNA配列が重要になる。 RNAがその配列を変えることによって、たんぱく質の変異が起こり、それが、そのウイルスの変異となる。 従って、その重要なたんぱく質が変化すると、そこに効いていた薬剤は、効かなくなる。 それは、免疫についても同じで、ワクチンが、変異したウイルスには効かなくなる。 免疫グロブリンが、重要な外側のたんぱく質の変異のために、免疫グロブリンが、ウイルスに付着できなくなる。 このように、たんぱく質を標的とする薬剤は、ウイルスの変異についていけない。 ところが、アビガンは、標的は、たんぱく質ではない。 RNAが、RNAポリメラーゼについて、複製するときにブロックするのだ。 RNAが、配列に変化を生じても、RNAである限り、RNAポリメラーゼ上で、その複製時にブロックされてしまう。 つまり、ウイルスが変異しても、RNAの複製はブロックされる。 そこで、アビガンは、ウイルスが変異しても、複製をブロックするのだ。 この理論によって、コロナウイルスが、どのように変異していこうとも、ウイルスの複製はブロックされるのだ。 だから、今回の新型コロナウイルスも、アビガンによって、複製はブロックされるのだ。 ブロックできないという理由があるのならば、それを示してみなさい。 米ゼロックスから富士ゼロックスの25%を 買い取り100%子会社化し、2021年4月から ゼロックスの名前を外します。 米ゼロックスとの協定で製品の供給は中長期で 継続するが、他社へのOEMも可。 販売テリトリーも 無し。 これを受けて富士HDの資料では 新たな成長機会 [] 富士のHPからいろんな決算などの資料を 2、3時間読んだけど、今年社内で一番 エキサイティングなのは富士ゼロックスの 部門かもしれませんね。 米ゼロックスから富士ゼロックスの25%を 買い取り100%子会社化し、2021年4月から ゼロックスの名前を外します。 米ゼロックスとの協定で製品の供給は中長期で 継続するが、他社へのOEMも可。 販売テリトリーも 無し。 これを受けて富士HDの資料では 新たな成長機会 OEMによるグローバル市場での機会獲得 Documentにとらわれない新たな成長市場への進出 革新的な新商品の市場投入 富士フイルムの販売網活用によりグローバル市場展開 となっています。 ちょうど仕事の仕方の大変革期にぶつかり 追い風は吹いてるのではないでしょうか。 来年4月開始の戦に備えて、今年は忙しいはずです。 革新的な新商品、って何ですかね? わくわくするなあ。 負けると悲惨ですが、勝つともう一段の成長が 見れそうです。

次の