桐生ココ 10万。 【桐生ココ3D】トレンド1位!同接10万超え!!スレぶっ壊れ!伝説に残る3D配信!!

桐生ココとは (キリュウココとは) [単語記事]

桐生ココ 10万

桐生ココさんはホロライブ所属の女性Vtuberで、異世界からやってきた英語堪能なドラゴンです。 デビューは2019年12月28日とデビューして半年を過ぎたばかりの新人と言ってもいいくらいなのに、現在のチャンネル登録者数は40万人越えという驚異の人気を誇るVtuberです。 そんな彼女の3Dお披露目配信が2020年6月27日に行われました。 この配信の同時接続数は10万人越えとなり、Youtubeのスーパーチャット(投げ銭)は1時間で877万円を越えたというVtuber界でも異例の事態となりました。 今回は、そんな彼女の3Dお披露目配信のレポートと合わせて、彼女のすごいところをお伝えします。 それは日本語を人気ゲーム「龍が如く」シリーズで学んだからです。 そのため、ゲームで描かれていた「仁義」や「任侠」を大切にしています。 「その日本語の学び方では物騒な日本語をインプットされてしまうのではないか」と、心配になりますよね。 それはその通りで、彼女は物騒な裏社会の言葉と、何故か日本のスラングが得意なドラゴンに育ってしまいました。 しかし、そのストレートさと独特な日本語センスが彼女の人気の秘訣でもあります。 「げぼかわ」「杞憂スプラッシュ」などの独特の言葉を扱いながらストレートにツッコミを入れてくれるので、そんな瞬間的に出てくるワードのセンスとタイミングが絶妙で観ていて面白いのだと思います。 毎朝のニュース配信が面白い! 桐生ココさんといえば、「朝ココLIVE」を思い浮かべる人が思います。 これは月曜から金曜の朝6時に配信されるホロライブ情報を伝える朝のニュースです。 視聴者からリークされてきた、ホロライブの子達の現状や失敗談をニュースとして報道し、視聴者コメンテイターからコメントをピックアップしていく形式の配信です。 またコメンテーターが一般視聴者ということで、何を言うか(書くか)わからない状態で番組を進めているので、ここでも彼女の受け応えのセンスが垣間見られます。 そんな番組の中でも面白いところが、合間にあるCMで「朝ココグッズ」として白い粉状のアイテムや若干センシティブな商品などの紹介を桐生さんが紹介していたり、英会話教室のコーナーでは同期や先輩が上品ではない英語を教えたりするカオスなCMが多く、ここも面白いポイントなのでぜひ注目してください。 平日の毎朝、配信されるニュースの他にも、彼女はARK、SIMS4などのゲーム配信も行っています。 ホロライブでブームが起きたARKでは、ホロライブサーバーの管理者であり、ブームの火付け役でもあります。 そのため、最初の頃は他のメンバーのフォローをしていましたが見事にメンバーがARKにハマり、ほぼ1日ARKにメンバーがいることを朝ココLIVEでも報道したほどでした。 このARKというゲームは、PCを始めPS4やXbox oneなどで遊べるオープワールド型の恐竜サバイバルアクションです。 凶暴な恐竜を飼いならしたり、建物や道具を製作したりと自由度が高く、またプレイヤーキャラがあっさり死んでしまう高い難易度でも知られています。 3Dお披露目配信のココがすごい!! そんな桐生さんですが、2020年6月27日にようやく3D配信が始まりました。 この配信もやはり桐生さんらしさが溢れるお披露目となりました。 スタートと同時にカッコイイ音楽が流れ、桐生さんと後ろに2人の舎弟が登場。 そのままダンスを行いました。 ダンスの中には側転が入っていて、めちゃくちゃカッコよかったです。 朝ココLIVEでお馴染みのCMコーナーもあり、今回の3D配信を記念して桐生会のピンバッチの販売告知がされました。 値段は1,500円でホロライブのBOOTHにて販売がされ、わずか数分で売り切れになりました。 これも桐生さんの人気あっての品切れですね。 現在は2020年7月13日の12時までているので、欲しい人はこの機会に絶対に手に入れましょう。 最後は桐生さんがホロライブ公式曲第1弾である「Shiny Smily Story」を自ら英訳したバージョンで歌いました。 英訳した歌詞はデビュー前から考えていたもので、3D配信に合わせて歌を歌ったそうです。 とてもエモかったです。 最初の頃は歌が歌えないと言っていた桐生さんですが、そんなことを感じさせないくらいに堂々と歌っていました。 これまでの配信での活動以外でも歌手活動などにも期待ができそうですね。 桐生ココさん公式Twitter:.

次の

桐生ココとは (キリュウココとは) [単語記事]

桐生ココ 10万

また、後頭部の「ちょろ毛」などを見せたり、ガニ股ポーズをとったり、じゃんけんゲームを視聴者と楽しんだりと、3Dの体を存分にアピール。 ココ会長の「あさココ」に端を発する「クソザコ回線」ムーブも見せたりと、彼女の魅力を存分に引き出す内容に仕上がっていた。 わためさんは最後に「今日は角巻わための3Dお披露目にお越し下さりありがとうございました。 これからも角巻わため、これからも重大発表が続く4期生、ホロライブをどうぞよろしくお願いします!」と深々と頭を下げて感謝を伝えて、ひとつの大きな節目を迎えていた。 VTuberは、キャラクターの姿で動画や生放送をネットで配信している存在で、アニメやゲームと異なり、言葉や身振りで視聴者とリアルタイムで対話できるのが新しい。 見た目で分類すると、「Live2D」などを活用して主に表情の豊かさで魅せる平面の2Dと、3D CGの体とリアルタイムモーションキャプチャーを駆使して生々しい動きを出せる3Dに大きく分かれる。 2Dに比べて3Dは制作時間や費用がかかるため、VTuber業界では2Dでデビューして用意ができたら3Dに移行し、そのお披露目をファンが祝うという流れが出てきている。 YouTubeの同時接続数は、その名の通り同時に生放送を見ている人数を表す。 一瞬見て去った人を含めた累計数でも、SNSやニュースなどを見て事後に訪れた人でもなく、リアルタイムで動員できるファンの数を表す重要な指標だ。 2017年12月頃から爆発的に注目を集めたVTuberでは、大規模ライブやコラボ企画、3Dのお披露目が伸びやすい傾向にあり、人気トップ層では数万に到達することも珍しくないものの、3回連続で10万を超えるのはYouTuberを含めてもかなりの異例だ(なお筆者が知る限りの国内最高の同接数は、元NEWSの手越祐也さんが開いた引退会見の約130万)。 ホロライブはカバーが運営で、現在28名の女性VTuberが所属。 包括ブランドの「ホロライブ プロダクション」で見ると「ホロスターズ」の11名の男性タレントのほか、中国やインドネシアの海外タレントも擁している。 などをきっかけに2020年、業界内での存在感を増している。 日本発のアニメやゲームが海外で受け入れられているように、ホロライブ所属タレントの動画や生放送では、日本語以外のコメントも飛び交っている状況だ。

次の

【桐生ココ】1ヶ月で15万人弱はV最速だろうな

桐生ココ 10万

桐生ココさんはホロライブ所属の女性Vtuberで、異世界からやってきた英語堪能なドラゴンです。 デビューは2019年12月28日とデビューして半年を過ぎたばかりの新人と言ってもいいくらいなのに、現在のチャンネル登録者数は40万人越えという驚異の人気を誇るVtuberです。 そんな彼女の3Dお披露目配信が2020年6月27日に行われました。 この配信の同時接続数は10万人越えとなり、Youtubeのスーパーチャット(投げ銭)は1時間で877万円を越えたというVtuber界でも異例の事態となりました。 今回は、そんな彼女の3Dお披露目配信のレポートと合わせて、彼女のすごいところをお伝えします。 それは日本語を人気ゲーム「龍が如く」シリーズで学んだからです。 そのため、ゲームで描かれていた「仁義」や「任侠」を大切にしています。 「その日本語の学び方では物騒な日本語をインプットされてしまうのではないか」と、心配になりますよね。 それはその通りで、彼女は物騒な裏社会の言葉と、何故か日本のスラングが得意なドラゴンに育ってしまいました。 しかし、そのストレートさと独特な日本語センスが彼女の人気の秘訣でもあります。 「げぼかわ」「杞憂スプラッシュ」などの独特の言葉を扱いながらストレートにツッコミを入れてくれるので、そんな瞬間的に出てくるワードのセンスとタイミングが絶妙で観ていて面白いのだと思います。 毎朝のニュース配信が面白い! 桐生ココさんといえば、「朝ココLIVE」を思い浮かべる人が思います。 これは月曜から金曜の朝6時に配信されるホロライブ情報を伝える朝のニュースです。 視聴者からリークされてきた、ホロライブの子達の現状や失敗談をニュースとして報道し、視聴者コメンテイターからコメントをピックアップしていく形式の配信です。 またコメンテーターが一般視聴者ということで、何を言うか(書くか)わからない状態で番組を進めているので、ここでも彼女の受け応えのセンスが垣間見られます。 そんな番組の中でも面白いところが、合間にあるCMで「朝ココグッズ」として白い粉状のアイテムや若干センシティブな商品などの紹介を桐生さんが紹介していたり、英会話教室のコーナーでは同期や先輩が上品ではない英語を教えたりするカオスなCMが多く、ここも面白いポイントなのでぜひ注目してください。 平日の毎朝、配信されるニュースの他にも、彼女はARK、SIMS4などのゲーム配信も行っています。 ホロライブでブームが起きたARKでは、ホロライブサーバーの管理者であり、ブームの火付け役でもあります。 そのため、最初の頃は他のメンバーのフォローをしていましたが見事にメンバーがARKにハマり、ほぼ1日ARKにメンバーがいることを朝ココLIVEでも報道したほどでした。 このARKというゲームは、PCを始めPS4やXbox oneなどで遊べるオープワールド型の恐竜サバイバルアクションです。 凶暴な恐竜を飼いならしたり、建物や道具を製作したりと自由度が高く、またプレイヤーキャラがあっさり死んでしまう高い難易度でも知られています。 3Dお披露目配信のココがすごい!! そんな桐生さんですが、2020年6月27日にようやく3D配信が始まりました。 この配信もやはり桐生さんらしさが溢れるお披露目となりました。 スタートと同時にカッコイイ音楽が流れ、桐生さんと後ろに2人の舎弟が登場。 そのままダンスを行いました。 ダンスの中には側転が入っていて、めちゃくちゃカッコよかったです。 朝ココLIVEでお馴染みのCMコーナーもあり、今回の3D配信を記念して桐生会のピンバッチの販売告知がされました。 値段は1,500円でホロライブのBOOTHにて販売がされ、わずか数分で売り切れになりました。 これも桐生さんの人気あっての品切れですね。 現在は2020年7月13日の12時までているので、欲しい人はこの機会に絶対に手に入れましょう。 最後は桐生さんがホロライブ公式曲第1弾である「Shiny Smily Story」を自ら英訳したバージョンで歌いました。 英訳した歌詞はデビュー前から考えていたもので、3D配信に合わせて歌を歌ったそうです。 とてもエモかったです。 最初の頃は歌が歌えないと言っていた桐生さんですが、そんなことを感じさせないくらいに堂々と歌っていました。 これまでの配信での活動以外でも歌手活動などにも期待ができそうですね。 桐生ココさん公式Twitter:.

次の