ひよ ん ダイエット。 パターン無限!半年で10キロ痩せた絶品ダイエット雑炊レシピ!

「ー20キロ以上」の強者も!ママたちのダイエット参戦記まとめ| たまひよ

ひよ ん ダイエット

こんにちは! ひよこまるです。 自分を磨いたり、お気に入りの服をきちんと着こなすために、ダイエットをするのは素晴らしいことですよね。 実は自分もダイエットについて、昔からとても考えました。 というのも、学生という立場上、普段から机に座って勉強することが多く、太りやすいからです。 まあ皆さんの予想通り、運動しないせいか、学年が上がるにつれてみるみる体重が増えてきました。 (笑) そして、2018年が始まってから、私はダイエットをすることを決意したのです。 今回は、そんな自分が半年以上かけて実践してきたダイエット法(原理編)を書きたいと思います。 紹介する前に(雑談) ダイエットについて考えるとなると、やっぱり気になるのが、 「本当に痩せられるのだろうか」 「健康的に痩せられるのであれば健康的に痩せたい!」 という思い・思考ですよね。 自分もとても同じようなことを考えました。 きちんと論理的に考え、また論文も引用しながら紹介していきます! 安心してください!!痩せていますよ!! (半年がかりではありましたが、約10キロ弱痩せることが出来ました。 ) (あくまで自らの体験をもとにしたダイエット法なので、自己責任でよろしくお願いします。 ) 本当に余談なのですが、この世の中にはいろんなダイエット法がありますよね。 (調べてみましたが多すぎですよね、どれをしていいのか悩みますよね笑) ダイエット法の例 水ダイエット、豆腐ダイエット、ヨーグルトダイエット、タンパク質ダイエット 糖質制限ダイエット、一日断食ダイエット 、スリッパダイエット、ヨガダイエット 30日間スクワットダイエット、スロージョギングダイエット、縄跳びダイエット etc… 痩せる原理 まずそもそもどうやったら痩せるかを説明します。 (簡単すぎてすみません笑) つまり摂取カロリーを小さくするかor 消費カロリーを増やすことによって、この式は達成されます。 実は世の中のダイエット法をよく見てみると、このどちらかに収束します。 (つまりどちらかに分かれます。 )分類することが出来なければ、それはダイエット法として、論理的に??がつきます。 ここで一つ目の疑問「本当にこのダイエット法は痩せられるのであろうか」に関しては、このどちらかに分類することが出来れば、痩せることが出来、疑問が解決します。 もちろん摂取エネルギーを少なくして消費エネルギーを増やすことで、ダイエットの効率はぐんと上がります。 次にどうやったら消費エネルギーが増えるか、また摂取エネルギーが少なくなるかについて考えます。 まず、人体で主にどこの部位がエネルギーを消費しているかを考えます。 結論から言うと、骨格筋、脳、肝臓の部位が、比率的にエネルギー消費が多いです。 そしてこの中で故意的に消費エネルギーを変えられるのが骨格筋、つまり筋肉です。 要するに筋トレをして筋肉を増やし、消費エネルギーを増やすのが一番手っ取り早いと考えます。 しかし中には筋トレが好きではない人がいる思います。 世の中には、その他の方法もあります。 その方法としては、電気を与えて筋肉を動かしエネルギーを消費するという方法です。 わざわざ筋トレの時間を作らなくてよいので、勉強しながらでもできます。 おそらくほとんどの人はこの食事制限をやっていると思います。 <一口メモ> 余談ですが、人間というのは必要としているエネルギー源が一つではありません。 主なエネルギー源はタンパク質、脂質、炭水化物(糖質も含む)に分かれます。 それぞれのエネルギー源がそれぞれの役割を果たしており、健康に保つのであればすべて不可欠な栄養素です。 特に炭水化物などは脳が唯一使うことのできる栄養素なので、炭水化物を全くとらないと、頭がボーとしたり、集中力が続かなくなります。 (少し裏技のように聞こえますが) このポイント(摂取エネルギーが偏って良いわけではないという点)が最初に述べた「このダイエット法で健康的に痩せるのだろうか?」という疑問の答えになります。 先ほど上でのべた通り、人間が必要としている栄養素は多岐にわたります。 これは極端な例ですが、摂取エネルギーだけを見て、例えば炭水化物のみで合わせるようであれば、すぐに体調がおかしくなってもおかしくはありません。 ダイエットには天敵にも思える脂質でさえとても重要な役割があります。 このようにいろいろ書いてきましたが、最後にまとめると、 摂取カロリー<消費カロリー という式が成立すれば、痩せることが出来ます。 (それがすぐにできればダイエット法とかは存在しないのですが、、) 一番大切なことが、健康的にダイエットすることで、それを達成するためには摂取エネルギーが少なくなっても摂取する栄養素を偏らせないことが重要です。 今回の記事は以上です。 ここまでのご清覧ありがとうございました。 もしもこの記事が良いと感じたらハートボタンをよろしくお願いします!.

次の

ひよたのダイエットと日常の記録

ひよ ん ダイエット

当初は、片道21キロを90分かけて走行しました。 1ヶ月後には、最速:65分までに・・・ その頃にはベルト穴が2つゆるくなり、体重は、マイナス8キロでした。 身体ツキは「締まったなぁ」と、すっかり喜んでいたのです。 ところが、疲労のせいか 甘いもの(私はチョコレート)が とても美味しく、身体が要求するのです。 あらら・・この運動量にも慣れた2ヶ月後には3キロのリバウンドでした。 ほぼ毎日、2時間30分の運動量は 十分かなぁと思っているのですが、これだけでは、ただのトレーニングにすぎず エネルギーを摂取する際の、量と質がダイエットにはとても大切な事と実感しました。 ちなみにチャリは、2~3キロまでを汗をかかずに行くくらいならばママちゃりでじゅうぶんですが、移動手段ではなく、きちんとしたダイエットの為のマシーンとしてはお勧めできません。 値段やブランドじゃなく、身体に合ったサイズのちゃりでなければ、汗をかくほどのペダリングは 相当キツイです。 (パナソニクでも売ってますよ。 ) で、最近長距離を走るようになったので調べてみると・・・ 120kmほど走ると脂肪が430gも燃焼するのですよ。 (丸一日サイクリングをする感覚で走れば、ロードバイクなら誰でも行けます。 つまり、10日も長距離サイクリングをすれば4.3kgも痩せる。 ) これはいいやと、なるべく土日は長距離を走りに出かけようと決心したのですが、私がそう決めるとなぜか雨や風の日が多い。 台風にも阻まれたし。 晴れた日はなぜか仕事が忙しいので遊んでられない。 まあ何とか週1くらいは走ってますが、できれば2ヶ月くらいで一気に痩せたいですね。 自宅から山方向への坂道なので、だんだん傾斜がきつくなります。 えっせらおっせら、慣れるまでは少し大変です。 ときにはコースを変更して、川ぞいの自転車道を通ったり、田畑のある住宅街、ショッピングセンターぞいの道を通ったりして、ときどきショッピングを楽しみます。 季節の花や蝶、ハチにキレイな小鳥の鳴き声などを鑑賞するのは楽しく、美しい川のせせらぎは耳に心地よいです。 サイクリングを終えたら結構おなかがすきます。 お茶などの水分をしっかり飲んで、食べすぎなければ大丈夫です。 このときに我慢して殆ど食べなかったら、夜に眠るときが大変だったりするので調整が大事かもしれません。 若い頃、300kmロードトレーニングしていましたが、現在は、100kmに制限していますが、昔と違って、パンクしない超軽量自転車を発明して、それで走る場合、峠越えも楽にできるので、心身共に負担の無い状態です。 電動自転車を含め現在の国産自転車は性能が劣化しています。 有酸素運動ということで昔やっていた自転車を始めました。 はじめは近場を5キロほど。 徐々に距離を伸ばして80キロ走れるようになった所で片道20キロの自転車通勤に挑戦。 まず週末だけ挑戦から始めて、回数を増やす。 半年後には、毎日自転車通勤できるようになりました。 食事は、何一つ制限なし。 間食も炭酸飲料も夜食のラーメンも... それでも体重は、距離に比例して落ちていきました。 今の体重は、70キロ前後です。 そうそう、大事なのはママチャリではなくスポーツ自転車を使うこと。 ロードでもMTBでもいいんです。 軽快に走る楽しさが長続きするコツです。 半年で8kg減りました。 身長162cm、体重70kgのとんでもないでっぷりおなかが見事に引っ込みました。 コツは出来るだけバイクや車や電車、バスを使わずに、自転車で移動することだと思います。 駅までの移動時間とか信号待ちの時間を入れると、自転車の方が車や電車より目的地より速く着いたりします。 最初はホームセンターにおいてあるような軽快車に乗っていたのですが、物足りなくなってロードバイクを購入しました。 移動手段として、より実用性を求めるなら絶対にロードの方がいいです。 私の場合は50km圏内なら余裕で自転車です。 自転車に乗っているとまず下半身が痩せてきて、自分の裸を風呂場の鏡で見ると、スリムな下半身にムッチリとした上半身が乗っかっていて「なんじゃこりゃ?」みたいな体型になりますが、そのままのり続けていると上半身もだんだん痩せてきます(ロードバイクは結構上半身も使うので)。 高度な肥満です」と喜んで良いのか悪いのか…良く分かりませんがそんな感じの体型でした。 自転車に乗り始めたきっかけは、ダイエットではなく春先にサイクリングに行き気持ち良かったので以降、休日に乗る様になりました。 最初は娘のママチャリで気持ち良く走っていたのですが、本格的な自転車(ロードバイク)に抜かれるのが悔しくて直ぐにロードバイクを購入しました。 最初は女性にもあっさりと抜かれ、負けず嫌いの私は「もっと速く走れる様になりたい」と思い週末で平均150キロは走る様にしました。 最初はヘロへロになっていましたが、半年経った今はかなり体力もつき結構走れる様になりました。 半年で体重は3キロ減、体脂肪は5%落ちました。 体全体が絞られましたし、階段で疲れなくなりました。 また体質も変化しました。 今まではよっぽどでなければ汗をかかなかったのが、ちょっとした事で汗をかくようになり、汗の質自体もサラサラに変わった気がします。 自転車は楽しいし気持ちいい、またジョギングなどに比べ間接などの負担も少ないので体重の重い方が運動する場合には最適だと思います。 私の場合、心拍数140前後、……ごめんなさい。 往復約28キロを雨の日以外は自転車にて通勤。 同時に、食生活を見直して、節制を心がけるようにしました。 でも、抜いたりする事はしません。 朝食を摂る習慣がなかったので、会社に来てからバナナを1本食べるようにしています。 自転車で、この距離を往復しても消費カロリーは菓子パン1個でもうオーバーしてしまいます。 ですので、自転車通勤と食事制限が合わさって初めて高い効果が得られると思います。 目標体重まであと7キロなので、継続して頑張ります! 最近、体が引き締まってきたのを実感しています。 (ある程度運動をこなすと脂肪が筋肉に変わり、筋肉が脂肪を燃焼させるらしいです。 )7月22日99. 6kgから8月6日93. 2kgへ(身長は180cmです。 ) 妻が7月22日からの体重管理表を作ってくれて、それから毎日体重を計るようになる(これは非常に効果があると思います。 ) 7月22日ぐらいから朝はバナナ3本とアイスコーヒー、昼はおにぎり3個、夜はおかずメイン1品とほか野菜、ご飯は食べない、禁酒、自転車で帰った後はヴァームウォーターを500ml2本飲む(7月22日以前は朝バナナ1本、昼弁当でご飯大盛、夜はおかず肉料理中心のメイン2、3品で計5、6品、を晩酌(ビール350ml、焼酎ロックで1、2杯)しながら2時間ぐらいかけて食べた後、どんぶり茶碗飯2杯ほどのご飯を食べてました。 ) という生活です。 最近は生活の中での1つの簡単な動作にしても、脂肪が燃焼されてるな、という風に実感でき、体が軽くなったと実感できています。 高校も、中学校近所の最寄の駅まで自転車通学・・・。 そして、専門行ってる今でも、高校と同じ通学手段。。。 家からはアップダウンの激しい坂道ばかり4~5つも越え しかも立ちこぎ! 、片道30分かけて学校や、駅まで行ってました。 今は、専門の荷物が重くて、逆に負荷がかかり、さらにキツイです。 ですが、部活は文科系、運動は犬の散歩と学校の授業だけの私が、このおかげか、太らずそのままを維持しています^^ 続けるというより・・誰も送ってってくれないし、バスはお金かかるし、自転車以外の交通手段は学生の私には無いに等しかったので・・笑 ですが、音楽大好きな私は、MDが無いと無理です・・苦笑。 最初は某テレビ番組の2週間何たらDを実行していましたが、1ヶ月続けても効果がない為その後30分のウォーキングも取り入れ、それでも中々落ちない為ママチャリで2~3Km走るのをプラスしてみたら、スッと1Kgくらい落ちました。 偶然か?それ以前の効果か?わかりませんが自転車が性に合っていると思い、クロスバイクなる自転車 21段変速)を購入し、雨以外の日は毎晩距離で12Km、時間で40~50分走っています。 山間部に住んでいるため、平坦な道はなく、上り下りが多いので、ママチャリではしんどく、比較的無理なく走れる変速付きで軽めの自転車を選びました。 手足は細く、おなか回りに集中的に脂が付いているので、セルライト、内臓脂肪盛りだくさんで、落としにくい状況ですが、自転車を取りれてから1ヶ月くらいで3Kg減り、側腹部(ぽっこり正面のおなかは中々へこみませんねぇ)が少々えぐれてきました。 現在81Kgです!。 73Kgになるまで、食事、お酒に気をつけながら続けていくつもりです。 ということで腹筋 や自転車こぎとか、なるべく動くようにこころがけ、 必ず一日に25分くらいは運動しました。 そして、食事。 特に夜はサラダとダイエットドリンク で済ませ、水をたくさん飲むようにしました。 ぐっとやせたら、停滞、そして、またぐんと続けるだ けやせていきました。 10キロほどやせました。 これが運動だけとか、食事だけとかではうまく進まな いように思います。 しかし、残念ながら3年ほどしたのち、社員食堂に勤 めた私は、見事にリバンウンドしたことは言うまでも ありません。 これは成功談なのか、それともやっぱり失敗談なので しょうか。 またトライしてみようと思ってます。

次の

パターン無限!半年で10キロ痩せた絶品ダイエット雑炊レシピ!

ひよ ん ダイエット

当初は、片道21キロを90分かけて走行しました。 1ヶ月後には、最速:65分までに・・・ その頃にはベルト穴が2つゆるくなり、体重は、マイナス8キロでした。 身体ツキは「締まったなぁ」と、すっかり喜んでいたのです。 ところが、疲労のせいか 甘いもの(私はチョコレート)が とても美味しく、身体が要求するのです。 あらら・・この運動量にも慣れた2ヶ月後には3キロのリバウンドでした。 ほぼ毎日、2時間30分の運動量は 十分かなぁと思っているのですが、これだけでは、ただのトレーニングにすぎず エネルギーを摂取する際の、量と質がダイエットにはとても大切な事と実感しました。 ちなみにチャリは、2~3キロまでを汗をかかずに行くくらいならばママちゃりでじゅうぶんですが、移動手段ではなく、きちんとしたダイエットの為のマシーンとしてはお勧めできません。 値段やブランドじゃなく、身体に合ったサイズのちゃりでなければ、汗をかくほどのペダリングは 相当キツイです。 (パナソニクでも売ってますよ。 ) で、最近長距離を走るようになったので調べてみると・・・ 120kmほど走ると脂肪が430gも燃焼するのですよ。 (丸一日サイクリングをする感覚で走れば、ロードバイクなら誰でも行けます。 つまり、10日も長距離サイクリングをすれば4.3kgも痩せる。 ) これはいいやと、なるべく土日は長距離を走りに出かけようと決心したのですが、私がそう決めるとなぜか雨や風の日が多い。 台風にも阻まれたし。 晴れた日はなぜか仕事が忙しいので遊んでられない。 まあ何とか週1くらいは走ってますが、できれば2ヶ月くらいで一気に痩せたいですね。 自宅から山方向への坂道なので、だんだん傾斜がきつくなります。 えっせらおっせら、慣れるまでは少し大変です。 ときにはコースを変更して、川ぞいの自転車道を通ったり、田畑のある住宅街、ショッピングセンターぞいの道を通ったりして、ときどきショッピングを楽しみます。 季節の花や蝶、ハチにキレイな小鳥の鳴き声などを鑑賞するのは楽しく、美しい川のせせらぎは耳に心地よいです。 サイクリングを終えたら結構おなかがすきます。 お茶などの水分をしっかり飲んで、食べすぎなければ大丈夫です。 このときに我慢して殆ど食べなかったら、夜に眠るときが大変だったりするので調整が大事かもしれません。 若い頃、300kmロードトレーニングしていましたが、現在は、100kmに制限していますが、昔と違って、パンクしない超軽量自転車を発明して、それで走る場合、峠越えも楽にできるので、心身共に負担の無い状態です。 電動自転車を含め現在の国産自転車は性能が劣化しています。 有酸素運動ということで昔やっていた自転車を始めました。 はじめは近場を5キロほど。 徐々に距離を伸ばして80キロ走れるようになった所で片道20キロの自転車通勤に挑戦。 まず週末だけ挑戦から始めて、回数を増やす。 半年後には、毎日自転車通勤できるようになりました。 食事は、何一つ制限なし。 間食も炭酸飲料も夜食のラーメンも... それでも体重は、距離に比例して落ちていきました。 今の体重は、70キロ前後です。 そうそう、大事なのはママチャリではなくスポーツ自転車を使うこと。 ロードでもMTBでもいいんです。 軽快に走る楽しさが長続きするコツです。 半年で8kg減りました。 身長162cm、体重70kgのとんでもないでっぷりおなかが見事に引っ込みました。 コツは出来るだけバイクや車や電車、バスを使わずに、自転車で移動することだと思います。 駅までの移動時間とか信号待ちの時間を入れると、自転車の方が車や電車より目的地より速く着いたりします。 最初はホームセンターにおいてあるような軽快車に乗っていたのですが、物足りなくなってロードバイクを購入しました。 移動手段として、より実用性を求めるなら絶対にロードの方がいいです。 私の場合は50km圏内なら余裕で自転車です。 自転車に乗っているとまず下半身が痩せてきて、自分の裸を風呂場の鏡で見ると、スリムな下半身にムッチリとした上半身が乗っかっていて「なんじゃこりゃ?」みたいな体型になりますが、そのままのり続けていると上半身もだんだん痩せてきます(ロードバイクは結構上半身も使うので)。 高度な肥満です」と喜んで良いのか悪いのか…良く分かりませんがそんな感じの体型でした。 自転車に乗り始めたきっかけは、ダイエットではなく春先にサイクリングに行き気持ち良かったので以降、休日に乗る様になりました。 最初は娘のママチャリで気持ち良く走っていたのですが、本格的な自転車(ロードバイク)に抜かれるのが悔しくて直ぐにロードバイクを購入しました。 最初は女性にもあっさりと抜かれ、負けず嫌いの私は「もっと速く走れる様になりたい」と思い週末で平均150キロは走る様にしました。 最初はヘロへロになっていましたが、半年経った今はかなり体力もつき結構走れる様になりました。 半年で体重は3キロ減、体脂肪は5%落ちました。 体全体が絞られましたし、階段で疲れなくなりました。 また体質も変化しました。 今まではよっぽどでなければ汗をかかなかったのが、ちょっとした事で汗をかくようになり、汗の質自体もサラサラに変わった気がします。 自転車は楽しいし気持ちいい、またジョギングなどに比べ間接などの負担も少ないので体重の重い方が運動する場合には最適だと思います。 私の場合、心拍数140前後、……ごめんなさい。 往復約28キロを雨の日以外は自転車にて通勤。 同時に、食生活を見直して、節制を心がけるようにしました。 でも、抜いたりする事はしません。 朝食を摂る習慣がなかったので、会社に来てからバナナを1本食べるようにしています。 自転車で、この距離を往復しても消費カロリーは菓子パン1個でもうオーバーしてしまいます。 ですので、自転車通勤と食事制限が合わさって初めて高い効果が得られると思います。 目標体重まであと7キロなので、継続して頑張ります! 最近、体が引き締まってきたのを実感しています。 (ある程度運動をこなすと脂肪が筋肉に変わり、筋肉が脂肪を燃焼させるらしいです。 )7月22日99. 6kgから8月6日93. 2kgへ(身長は180cmです。 ) 妻が7月22日からの体重管理表を作ってくれて、それから毎日体重を計るようになる(これは非常に効果があると思います。 ) 7月22日ぐらいから朝はバナナ3本とアイスコーヒー、昼はおにぎり3個、夜はおかずメイン1品とほか野菜、ご飯は食べない、禁酒、自転車で帰った後はヴァームウォーターを500ml2本飲む(7月22日以前は朝バナナ1本、昼弁当でご飯大盛、夜はおかず肉料理中心のメイン2、3品で計5、6品、を晩酌(ビール350ml、焼酎ロックで1、2杯)しながら2時間ぐらいかけて食べた後、どんぶり茶碗飯2杯ほどのご飯を食べてました。 ) という生活です。 最近は生活の中での1つの簡単な動作にしても、脂肪が燃焼されてるな、という風に実感でき、体が軽くなったと実感できています。 高校も、中学校近所の最寄の駅まで自転車通学・・・。 そして、専門行ってる今でも、高校と同じ通学手段。。。 家からはアップダウンの激しい坂道ばかり4~5つも越え しかも立ちこぎ! 、片道30分かけて学校や、駅まで行ってました。 今は、専門の荷物が重くて、逆に負荷がかかり、さらにキツイです。 ですが、部活は文科系、運動は犬の散歩と学校の授業だけの私が、このおかげか、太らずそのままを維持しています^^ 続けるというより・・誰も送ってってくれないし、バスはお金かかるし、自転車以外の交通手段は学生の私には無いに等しかったので・・笑 ですが、音楽大好きな私は、MDが無いと無理です・・苦笑。 最初は某テレビ番組の2週間何たらDを実行していましたが、1ヶ月続けても効果がない為その後30分のウォーキングも取り入れ、それでも中々落ちない為ママチャリで2~3Km走るのをプラスしてみたら、スッと1Kgくらい落ちました。 偶然か?それ以前の効果か?わかりませんが自転車が性に合っていると思い、クロスバイクなる自転車 21段変速)を購入し、雨以外の日は毎晩距離で12Km、時間で40~50分走っています。 山間部に住んでいるため、平坦な道はなく、上り下りが多いので、ママチャリではしんどく、比較的無理なく走れる変速付きで軽めの自転車を選びました。 手足は細く、おなか回りに集中的に脂が付いているので、セルライト、内臓脂肪盛りだくさんで、落としにくい状況ですが、自転車を取りれてから1ヶ月くらいで3Kg減り、側腹部(ぽっこり正面のおなかは中々へこみませんねぇ)が少々えぐれてきました。 現在81Kgです!。 73Kgになるまで、食事、お酒に気をつけながら続けていくつもりです。 ということで腹筋 や自転車こぎとか、なるべく動くようにこころがけ、 必ず一日に25分くらいは運動しました。 そして、食事。 特に夜はサラダとダイエットドリンク で済ませ、水をたくさん飲むようにしました。 ぐっとやせたら、停滞、そして、またぐんと続けるだ けやせていきました。 10キロほどやせました。 これが運動だけとか、食事だけとかではうまく進まな いように思います。 しかし、残念ながら3年ほどしたのち、社員食堂に勤 めた私は、見事にリバンウンドしたことは言うまでも ありません。 これは成功談なのか、それともやっぱり失敗談なので しょうか。 またトライしてみようと思ってます。

次の