楽天モバイル 主回線 解約。 楽天モバイルでテザリングして固定回線の代わりにしてみた。これが無料はお得過ぎる

楽天モバイル:ご家族の回線をまとめておトク!プラス割

楽天モバイル 主回線 解約

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」ですが、 月額2,980円+税でデータ使用量無制限かつ通話し放題という破格のプランを出しています。 まだキャリアとして開始したばかりなので不安はありますが、魅力的なプランですよね。 しかも、 最初の300万人は1年間無料ときました。 これを見て僕は思いました。 これってテザリングすれば家の固定回線の代わりになるんじゃね? と。 光回線って月4000~5000円くらいが相場かと思いますが、楽天モバイルで契約してテザリングすることで今なら1年間無料でWiFiを使うことが出来ます。 WiMAXとかのポケットWiFi使っている人も、楽天モバイルで端末を買ってテザリングした方が安くなるかもしれません。 というわけで、実際に楽天モバイルを契約してやってみたので結果をお見せします。 Contents• 楽天モバイルで契約した内容と初期費用 まず楽天モバイルで契約した内容です。 SIMカード:3,300円• 端末(OPPO Reno A 128GB)38,800円• ポイントバック:20,000ポイントくらい SIMカードを新規番号で契約と端末を購入しました。 残念ながらiPhoneは対応していないのでAndroid端末が必要です。 楽天はポイントバックが非常に多いので、いろいろポイントバックで購入金額は42,100円だったのですが、 実質2万円位で一通り揃いました。 1年間無料なので実質2万円位で端末からSIMまで揃うのは普通に安いです。 楽天モバイルのテザリング通信速度 テザリングして使う時に速度が一番気になりますよね。 光回線と比べて遅すぎたら日々の生活でもストレスを感じるようになると思います。 そこで、実際に測ってみました。 我が家は残念ながらパートナー回線なので楽天回線での速度は測れませんが、楽天回線の方がパートナー回線より速いようなので、僕の測定結果よりも速い速度が出ると思います。 まず、端末そのものの通信速度です。 パートナー回線ですが、ダウンロードが16. 6Mbps、アップロードが10. 4Mbpsでした。 普通に使う分には何も問題ない速度だと思いますが、やはりパートナー回線だからでしょうか。 そんなに速くないですね。 さて、本題のテザリングです。 僕がメインで使っているiPhoneに接続してみました。 せっかくなのでいろんな距離で測ってみようと思い、3パターンの計測で実験です。 僕の家は1軒屋なので、近距離、ドア2つ挟んだ部屋、1階の端から2階の端で検証となります。 まずは近距離から。 真横にスマホを置いて計測しました。 ダウンロードが14. 7Mbps、アップロードが9. 09Mbpsという結果になりました。 ほとんどテザリング元の端末と速度は変わらないですね。 テザリングでも楽天モバイルの回線だとわかるのは意外な発見でした。 一番下に「Rakuten Mobile Network」と出てます。 次にドア2つ挟んだ部屋で速度を計測したものと、1階の端から2階の端の一番離れた距離で計測したものです。 左がドアを2つ挟んで速度計測したものです。 ダウンロードが12. 8Mbps、アップロードが10. 2Mbpsでした。 なぜかアップロードは少し速くなりましたね。 右が1階の端から2階の端という一番遠い距離のものです。 ダウンロードが5. 84Mbps、アップロードが5. 08Mbpsとなりました。 直線距離で10mくらい離れていますが5Mbps以上出ているので普通に使えるレベルです。 ただ、流石に1階の端から2階の端となるとテザリングしているWiFiの電波が2本になってしまいました。 遠すぎると安定性に欠けるかもしれません。 楽天モバイルでテザリングしてみた感想 テザリングして使ってみた感想としては特に不満なく使える、といった感じです。 読み込みで待たされたりとかはありませんでした。 実際に速度を測ってみた結果からも、 固定回線の代わりに十分使えるのではないかと思います。 普段動画を見たり、スマホのオンラインゲームなどをするくらいなら十分過ぎる速度です。 楽天モバイルの無料期間ならWiMAXより安い テザリングして使うくらいならWiMAXとかのポケットWiFiでもいいんじゃないの? と思う人もいますよね。 確かに、WiMAXなどのポケットWiFiも契約内容によっては安く使えます。 それでも、楽天モバイルは 最初の300万人までは無料という最強のアドバンテージが今はあります。 楽天モバイルがポケットWiFiよりも優秀な理由はこちら。 データ容量無制限• 普通にスマホとしても使える• 解約料がかからない ポケットWiFiもモノによっては3日で10GB使うと128Kbpsになる制限があったりしますが、楽天モバイルは1日10GBで1Mbpsくらいの制限になり、ポケットWiFiよりも制限がゆるく使えます。 そして、何よりスマホなので普通にサブ機としても使えます。 WiFiだけじゃなくて電話も出来る優れもの! まぁスマホなんで普通なんですけどね。 かけ放題なのが地味に嬉しいです。 これも嬉しい特徴ですが、解約料がかかりません。 契約してからいつ解約しても違約金が0円です。 大手キャリアだったりWiMAXなどは契約してすぐに解約すると違約金がかかることが多いですよね。 違約金のせいで解約を迷っている人って多いと思います。 僕が使っていたWiMAXなんて最大2万くらいしますからね。 その分端末代が無料なことが多いので、端末代と考えればそんなものかもしれませんが。 楽天モバイルはいつ解約しても無料です。 違約金がかかりません。 しかも今なら基本料金1年間無料です。 WiMAX使っている人は解約して楽天モバイルに変えたほうが明らかに安いですよ。 僕の場合は月4,000円程WiMAXに払っていましたが、楽天モバイルが思ったより使えたのでWiMAXを解約しました。 (解約金が15,000円くらいかかりましたが。 ) このままWiMAXを使い続けると1年間で約5万円払うことになりますが、楽天モバイルに変えることで1年分の費用が無料になります。 楽天モバイルの初期費用が合計で約2万円、WiMAXの解約金と来月の支払が合わせて約2万くらいなので、トータルで1万円くらい年間で浮く計算になります。 さらに、来年以降も楽天モバイルの料金は2,980円+税なのでWiMAXよりも安い! これは変えるしかないでしょう。 楽天モバイルで使えるAndroid端末を持っている人ならSIMカードだけの契約でいいので事務手数料だけで済みます。 それも後々ポイントで返ってくるので無料のようなものですが。 キャンペーンがやっているうちに乗り換えるとかなりランニングコストを抑えられると思います。 楽天モバイルを固定回線の代わりに使うデメリット 楽天モバイルは固定回線の代わりに使えるくらい十分な通信速度でしたが、いくつかデメリットもあります。 サービスエリアが狭い• 1日10GB以上使うと通信制限がかかる• テザリングの台数制限がある 順番に解説します。 サービスエリアが狭い 楽天モバイルは2020年4月に正式サービスを開始したばかりで、現在楽天回線のサービスエリアが極端に狭いです。 サービスエリアは都市部を中心に展開されており、それ以外の場所はauのパートナー回線となります。 対応エリアは順次拡大され、2021年3月末には全国展開の予定だそうですが、現在はサービスエリアはかなり狭いです。 サービスエリア以外はau回線で5GBまでの利用となるので注意が必要です。 ただ、 速度制限がかかっても1Mbpsの速度が出るので、動画以外のサービス利用やWebページを見る分には問題なさそうです。 対応エリアは楽天モバイルのホームページに掲載されています。 1日10GB以上使うと通信制限がかかる 公式には書かれていませんが、どうやら1日に10GB以上利用すると通信制限がかかり、1Mbpsくらいの速度に制限されるようです。 次の日には解除されるようですが、ヘビーユーザー対策がされています。 ただ、少しづつ制限速度も緩和されているようですね。 楽天モバイルのUN-LIMITは1日10GBを超えて使うと、その日は1Mbpsに速度制限になったのですが、4月29日〜30日ごろに制限時の速度が3Mbpsに大幅アップしました。 ついでに、楽天サービス 楽天TV だと速度規制の対象外かもしれません。 テザリングの台数制限がある テザリングで運用する場合、接続できる台数に制限があります。 端末のテザリング台数によりますが、だいたい10台くらいになるので、それ以上のWiFiに繋いでいる端末がある場合は注意が必要です。 家族がいる方には厳しいかもしれませんが、一人暮らしの方なら気にせず使えるのではかと思います。 それでもまだ6枠あるので、1人で使う分には余裕だと思います。 楽天モバイルが1年無料のうちに申し込むべき 10Mbpsで満足できない人以外なら、楽天モバイルは十分に固定回線の代わりになると思います。 何より1年間無料なので使わない手はないですね。 しかも解約料金がかからないので、気に入らなければ解約すれば問題ありません。 固定回線をできるだけ安く抑えたい人は楽天モバイルを契約してテザリングで利用するという方法がおすすめです。 まとめると.

次の

楽天モバイル:ご家族の回線をまとめておトク!プラス割

楽天モバイル 主回線 解約

子供が社会人になる際に親の名義から子どもの名義に変えるとき• 親の携帯料金を子どもが負担するため、親の名義から子どもの名義に変えるとき になど、自立、もしくは親孝行のために、名義変更が必要になる場合があります。 ですが、実は 楽天モバイルだと名義変更ができないのです。 楽天モバイルでは「名義変更はできない」 「子どもの自立のため」もしくは「定年を迎えた親に孝行するため」と考えると、いざという時、名義変更は可能なほうがいいですよね。 しかし、残念ながら楽天モバイルでは名義変更をすることができないのです。 理由としては「 支払い名義と契約名義が同じである必要がある」から。 子どもが社会人になったばかりであれば、最初のうちは支払いを負担してほしいこともあるでしょう。 また、お子さんがご両親の携帯やスマートフォンの利用料金を負担するだけで契約名義自体は変えたくない、という場合にはいささか不便です。 結婚や離婚に伴う姓の変更は可能 では「結婚や離婚した際の姓変更による名義変更」の場合はどうなのでしょうか? こちらのケースの場合は、姓が変わっても、契約者や支払う人が変更するわけではないので、 名義変更をすることができます。 結婚や離婚した際の姓変更による名義変更をするには 姓変更による名義変更だとしても「契約者変更」の扱いになり、直接電話で対応してもらうという形になります。 結婚証明書などの追加書類が必要になりますので、そちらの準備をして名義変更をしましょう。 支払い方法を変更したいだけなら、利用者登録が有効 画像引用: 「人から人への名義変更」は、大抵「支払い方法(名義)を変更したい」というケースがほとんど。 つまり、支払い方法を変更したいだけであれば、名義変更をする必要は無いと言えます。 そんな時に便利なのが「利用者登録」というサービスなんです。 利用者登録とは 以前まで楽天モバイルでのSIM利用は契約者だけに限られていました。 楽天モバイルは契約者名義とクレジットカードの名義が同じでないと利用できないうえ、20歳以上の人でなければ契約できませんでした。 未成年の人は、たとえ本人名義のクレジットカードを持っていたとしても楽天モバイルを利用することができなかったのです。 それを「利用者登録」を行うことで、 契約者と同居している家族、恋人、同居人も一緒に楽天モバイルSIMの利用ができるようになりました。 このサービスを使用することによって、契約者のクレジットカードから利用者登録をしている家族(もしくは恋人、同居人)の利用料を支払うことができます。 利用者登録の申し込み手順 利用者登録はと楽天モバイルショップで申し込みをすることができます。 楽天モバイルの公式Webサイトの申し込み手順 この章では利用者登録の楽天モバイル公式サイトからの申し込み手順について説明します。 手順(1)必要書類の用意 まず、「 契約者の本人確認書類」と「 利用者の本人確認書類」を用意します。 本人確認書類として使用できるものは、以下の書類になります。 契約時の必要書類 通話SIM• 本人確認証書類• 楽天会員IDとパスワード• 乗り換え(MNP)の場合はMNP予約番号• 契約者本人名義のクレジットカードもしくは本人名義のキャッシュカード+口座確認に必要な項目 050データSIM• 本人確認書類• 楽天会員IDとパスワード• 契約者本人名義のクレジットカードもしくは本人名義のキャッシュカード+口座確認に必要な項目 データSIM• 楽天会員IDとパスワード• 本人確認書類の住所が最新のものではない場合は、補助書類も必要です。 本人確認書類一覧• 運転免許証• 運転経歴証明書• 健康保険証+補助書類(公共料金領収書・住民票・届出避難場所証明書のいずれか)• 個人番号カード(マイナンバーカード)• 住民基本台帳カード+補助書類(公共料金領収書・住民票・届出避難場所証明書のいずれか)• 精神障がい者保健福祉手帳• 特別永住者証明書(外国人登録証明書)• 在留カード 最終的にこれらをアップロードして、申し込みをするのですが、多くの本人確認書類は 裏面と、補助書類のデータもアップロードする必要があるのでご注意ください。 本人確認書類とセットになっている「補助書類」として使用できるのは、 書類名 提示条件 公共料金領収書 ・氏名、住所が申し込みを行なったときの内容と同じであること。 ・発行から3カ月以内であること。 ・電気・都市ガス・水道いずれかの公共料金領収書であること。 住民票 ・氏名、住所が申し込みを行なったときの内容と同じであること。 ・発行から3カ月以内であること。 届出避難場所証明書 ・氏名、住所が申し込みを行なったときの内容と同じであること。 ・発行から3カ月以内であること。 また、 本人確認書類の住所が最新のものでない場合にも、補助書類が必要になります。 その他に他社で使っていた電話番号をそのまま使いたい、という場合には MNP予約番号が必要になります。 ちなみに、楽天会員の人であれば、 会員情報(楽天会員ログイン用のユーザーIDとパスワード)があれば申し込みが簡単になりますので、ぜひ利用しましょう。 手順(2)公式サイトでの手続き まず楽天モバイルの「」を開きます。 画像引用: 続いて、ページ内の にある自分のお申込み回線をお選びください。 画像引用: 次にお申し込みのタイプを選択します。 画像引用: お申込内容の確認画面に移りますので、間違いがなければ、画面下部の「オプション・サービス選択に進む」を押してください。 画像引用: オプション選択の画面に遷移したら、自分が付けたい付帯オプションを選択してください。 画像引用: ページ下部までスクロールすると、契約内容の最終確認が出てきますので、間違いがなければ個人情報の入力画面に移ってください。 画像引用: 「お客様情報入力」のページ内にある「契約者/利用者確認」にて、「利用者は契約者と異なります」をクリックし、利用者の情報を入力します。 これで公式サイトからの お申込みが完了します。 画像引用: 公式サイトでの申し込みが完了したのち1時間ほどで、契約者と利用者に「本人確認書類提出のご案内」のメールが届きます。 内容に従って、あらかじめ用意しておいた本人確認書類のデータをアップロードします。 以上が公式サイトでの利用者登録の申し込みです。 利用者登録をしたいけれど、 忙しくて楽天モバイルショップに行く時間がないという人には、自宅のパソコンからでもできる公式サイトからの申し込みをおすすめします。 楽天モバイルショップでの申し込み手順 この章では利用者登録の楽天モバイルショップでの申し込み手順について説明します。 手順(1)必要書類の用意と注意点 公式サイトからの申し込みと同じく「 契約者の本人確認書類」と「 利用者の本人確認書類」を用意します。 また、楽天モバイルショップで申し込み手続きをする場合は、 契約者が来店する必要があります。 ですが、利用者登録をする利用者にあたる 「本人確認書類」があれば、利用者の来店は必要ありません。 手順(2)楽天モバイルショップでの手続き 楽天モバイルショップにて、スタッフに楽天モバイルの契約と利用者登録を希望することを伝えましょう。 必要書類の確認と、各書類の記入が終われば、申し込み完了です。 楽天モバイルショップでの申し込みなら、分からないことや気になったことがあった場合に、スタッフから直接説明を受けることができます。 公式サイトからの申し込みが不安という場合には、楽天モバイルショップでの登録をおすすめします。 画像引用: お近くの店舗がわからない場合は、公式サイトで簡単に検索ができます。 「自分でパソコンから申し込みをするのは不安だから、楽天モバイルショップで申し込みをしたいけれど、長く待たされたりするのは嫌だなぁ」と考えている人は、 「来店予約」を活用してみてください。 画像引用: 来店予約は、電話はもちろん、パソコンからも受け付けています。 学生・未成年が利用者登録の申し込み及び利用について 楽天モバイルの利用者登録ですが、親の名義で契約し、子どもが利用者登録を利用する、というケースが多いと思われます。 連絡手段としてスマートフォンは必要ですが、スマートフォンというとネット上でのトラブルが心配になりますよね。 そこでぜひ利用してほしいのが、子どもを有害サイトから守るオプションサービス「 iフィルター」なんです。 実は、楽天モバイルでは利用者登録の 利用者が18歳未満であった場合、この「iフィルター」というオプションをつけることが義務付けられています。 「iフィルター」とは、フィルタリングサービスのひとつで、出会い系サイト、アダルト広告などの有害サイトをブロックし、スマートフォンでの遊びすぎを防止することができます。 楽天モバイルでオプションとして追加すると 月額300円(2018年5月現在)になります。 「つけなければならないのに、利用料とは別」と思うと少しもったいない気がしますが、iフィルターの公式サイトから購入してインストールすると、 月額360円ほどなので、楽天モバイルでオプションとして追加したほうが、わずかですが安く済みます。 このような点において、楽天モバイルは学生・未成年にスマートフォンを持たせるのに適した格安SIM会社と言えます。 ただ、利用者登録の利用者に当たる人が学生の場合、本人確認書類で 「学生証」を使用することができないので、ご注意ください。 名義変更をどうしてもしたい人におすすめなのは「MNP転出を利用する」 あくまでも名義を変更することが目的であれば、「MNP転出を利用する」のがおすすめです。 そもそも「MNP」とは 「番号を変えずにキャリアを変える」ことです。 つまり、MNP転出とは元の携帯会社との契約を切ることになります。 楽天モバイルから他社のキャリアに切り替える際に、転出先が名義変更に対応していれば、番号を変えずに名義変更することが可能です。 ただし、解約して契約しなおす場合と、手間がほとんど変わらないので、利用者登録をおすすめします。 MNP転出の申し込み方法 まず、楽天モバイルのメンバーズステーションにログインし、MNP予約番号を発行します。 会員メニュー• 登録情報・設定変更• MNP予約番号発行・確認 の順番でクリック。 その後、 3日ほどでMNP予約番号が発行 されます。 発行されたMNP予約番号は、メンバーズステーションで確認できるようになります。 この発行されたMNP番号を使用することによって、楽天モバイルで使っていた番号を引く継いだまま他社に乗り換えることができます。 最後に楽天モバイルのSIMカードを返却して、MNP転出及び、楽天モバイルの解約が完了します。 ここで、気になってくるのは「 結局楽天モバイルでは別の人から別の人への名義変更はできないのか?」という点だと思います。 やはり、現時点では 家族間であっても人から人の名義変更ができないので、 「今は利用者登録しているが、やはり楽天モバイルを自分の名義で使いたい」という場合には、一度解約して楽天モバイルを再契約するしかありません。 まとめ.

次の

楽天モバイル UN

楽天モバイル 主回線 解約

Ymobile ワイモバイル には家族割があり、家族で複数回線の契約を行っている場合もあると思います。 この家族割が適用になっている場合に疑問になるのが、 ・主回線を解約した場合に副回線の家族割はどうなるの? ・主回線と副回線は変更できないの? ・主回線と副回線の変更方法は? といったことだと思います。 結論からいうと、Ymobile ワイモバイル では 主回線を解約してしまうと家族割による副回線への割引は適用外になってしまいます。 しかし主回線と副回線を変更する方法はあり、家族割を適用されている場合は事前に主回線と副回線を変更しておく方がいいのです。 Ymbile ワイモバイル で主回線を解約したら副回線はどうなるの? Ymobile ワイモバイル では複数回線を申し込み後、家族割が適用になるとメインの1回線目を主回線として2回線目以降が副回線という扱いになります。 家族割の家族というのは、 血縁、婚姻、または同姓、もしくは同住所 生計を同じくしている ということが確認できる場合です。 家族みんなでYmobile ワイモバイル を利用している場合、この家族割引サービスという割引サービスが適用になっていることが多いと思います。 ここでの問題は、 主回線の契約を解約してしまうとこの家族割を受けていた副回線の割引がなくなってしまうということです。 Ymobile ワイモバイル では主回線を解約すると家族割が適用外になる 主回線を解約すると家族割は適用外になるので注意! まず知っておいていただきたいのは、ワイモバイルの家族割は主回線を解約してしまうと残りの副回線の家族割の対象から外れてしまうということです。 例えば、お父さんが主回線で契約していて、お母さんやお子さんが副回線になっていて家族割を受けている場合です。 この場合、お父さんがワイモバイル自体を解約してしまうとせっかくおか暗夜お子さんが受けていた家族割の適用外になってしまいます。 これを知らずに主回線を解約や他社へMNPしてしまうと、家族割対象が多いと家族全体で負担する料金が増えてしてしまうので、このことを知っておくことは重要です。 Ymobile ワイモバイル では主回線と副回線を変更できる!その実際の入れ替え方法 Ymbile ワイモバイル では家族割を適用している場合、主回線を解約してしまうと家族割自体が適用外になってしまいますが、事前に副回線と主回線を入れ替えておくことが可能です。 主回線と副回線を入れ替えておくことで、家族割引を受けている副回線の複数回線の家族割の適用を残すことができます。 Ymobile ワイモバイル での主回線と副回線の変更方法は次の通りです。 Ymobile ワイモバイル の主回線と副回線を変更して入れ替える方法 Ymobile ワイモバイル では、主回線を変更する手続きを行うことが可能です。 この変更手続きはワイモバイルショップなどの実店舗で受け付けてくれていますが、MyY! mobileなどのオンラインでの手続きはできません。 最寄りのワイモバイルショップを探して、次の人物が以下の持ち物を持参の上来店する必要がります。 ・主回線の契約者・入れ替え先の 次の主回線になる 副回線の契約者 ・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類 例えば、家族でいうとお父さんが主回線、お母さんが副回線で契約していた場合に、主回線をお母さんにして、副回線をお父さんにする場合は、お父さんとお母さんの両方で本人確認書類を持参の上にワイモバイルショップに来店する必要があります。 ショップに来店後、「主回線と副回線を入れ替えたい」という旨を伝えることで対応を行ってくれます。 主回線と副回線を入れ替えた上で解約すれば家族割は残る! 繰り返しになりますが、Ymobile ワイモバイル で家族割を受けている場合に、主回線のみ解約してしまうとその他の副回線の家族割は対象外になってしまいます。 ですので、残りの副回線の方が家族割を受けるには、他の副回線を主回線にしてから元主回線を解約しておく必要があります。 それを知らずに主回線を解約してしまうと、家族割の適用外になってしまうので注意が必要です。 Ymobile ワイモバイル で主回線を変更したり解約する場合の注意点 Ymobile ワイモバイル では、主回線と副回線を変更することが可能ですが主回線を変更したり解約したりする場合の注意点もあります。 オンラインでの変更は不可 Ymobile ワイモバイル では、公式オンラインストアが用意されていたり、電話でのオペレーターによる対応窓口が用意されていますが、主回線と副回線の変更はそれらでは行えません。 主回線と副回線を変更するには、ワイモバイルショップに行く必要があります。 変更前の契約者と変更後の契約者が一緒に来店する必要がある また当サイトが確認した店舗での情報ですが、店舗での変更での際には、現主回線にあたる契約者と主回線になる副回線での契約者が一緒に来店する必要があります。 その際には、それぞれの本人確認書類が必要となります。 また対応可否は店舗によって異なるので、来店前に来店した店舗に直接問い合わせておくのがベストです。 解約した契約者はワイモバイルユーザーではなくなる 当たり前のことですが、主回線から副回線の変更後にYmobile ワイモバイル を解約した契約者はワイモバイルユーザーではなくなります。 また、副回線のYmobile ワイモバイル ユーザーが減るということになるので、家族割適用回線がひとつ減ることになるのは注意が必要です。 まとめ.

次の