相撲 腰投げ。 丸山が初優勝、阿部詩は2連覇 柔道世界選手権

柔術とは (ジュウジュツとは) [単語記事]

相撲 腰投げ

ストレッチ 体が硬いのは、関節の可動範囲が狭いのではなく、筋肉の伸縮が少くなっているのが原因です。 ストレッチを続けると筋肉が柔らかくなり、柔軟性や瞬発力などを向上させることができます。 上腕二頭筋、上腕三頭筋、前腕伸筋など、筋トレ後の疲労回復に効果がある腕のストレッチの一覧です。 筋トレ後の三角筋のストレッチ、肩コリの予防・改善などに効果がある僧帽筋のストレッチなど、肩のストレッチの一覧です。 首の前側を伸ばす、首の後側を伸ばす、ネックロールなど、首のストレッチの一覧です。 筋トレ後の疲労回復に効果がある、胸筋や胸椎を伸ばすストレッチの一覧です。 腹直筋、腹斜筋など、筋トレ後の疲労回復を速める腹筋や体側のストレッチの一覧です。 脊柱起立筋は姿勢の維持に重要な体幹の筋肉です。 広背筋、脊柱起立筋、僧帽筋など、背中から腰にかけて伸ばすストレッチの一覧です。 運動後の疲労回復や腰痛の予防・改善などに効果がある、腰と臀部のストレッチの一覧です。 股関節の動きをスムーズにしたり、可動域を広げるの股関節のストレッチの一覧です。 大腿の筋肉が硬くなると、骨盤が傾いて腰痛の原因になります。 大腿四頭筋やハムストリングス、腸腰筋を伸ばす、脚(大腿)のストレッチの一覧です。 ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)や脛の筋肉、アキレス腱、足裏を伸ばすストレッチの一覧です。 ストレッチの効果• 長い間、筋肉を伸縮する運動をしないと、伸び縮みするサルコメアという筋原繊維が縮んだままになり、体が硬くなってしまいます。 ストレッチを続けると、柔軟性が向上するので、運動での動きがスムーズになり、身体への負担が減少します。 筋肉の質が向上するので、筋肉が衝撃などに強くなり、ケガの予防などに役立ちます。 運動後に行うと、血行がよくって筋肉内の疲労物質が運び出されたり、栄養素などがスムーズに供給されるので、筋肉の発達や疲労の回復にも効果があります。 ストレッチのしかた• 動きやすい服装でリラックスして行います。 反動をつけて急に伸ばすようなことはせずに、少し痛みを感じる程度まで静かにゆっくりと伸ばしていき、伸ばした姿勢を30秒ほど持続します。 呼吸は、息を吸ってから、吐きながら伸ばしていきます。 また、伸ばしている部位を意識することで効果が高まります。 身体の一部を集中して行うようなことは避け、いろいろな動きを取り入れてバランスよく全身を伸ばします。 はじめのうちは簡単にできるものを、できるようになったら徐々に難しいものを取り入れて、毎日続けるようにします。 身体が温まっていると、筋を伸ばしやすくなってケガを防ぐこともできるので、ウォーキングなどの軽い運動で、身体を温めておくとさらに効果的です。

次の

柔術とは (ジュウジュツとは) [単語記事]

相撲 腰投げ

A ベストアンサー 細かい話で恐縮です。 案外知られてませんが、二塁ベースの位置って、一塁ベースと三塁ベースを二塁ベース方向に結んだ線の交点が、二塁ベースのまん中になるんですよね。 (参考URL参照) ですからホームベースバックネット側角から二塁ベース手前(ピッチャー寄り)角までは、ホームベースから一塁・三塁への各塁間を27. 43m、ホームベースを除く各ベース一辺の寸法を38cm角とすると 27. 523m セカンドベースまん中まで27. 792m 二塁ベースのセンター側角までは27. 061m となります。 geocities. html A ベストアンサー プレートから本塁までは18.44mです。 時速150kmのスピードであれば、計算すると0.4426・・・秒ですね。 投手の実際のリリースポイントとキャッチャーが捕球する位置は少し異なりますけど、誤差の範囲内だと思います。 良いと思います。 とても短い時間ですね。 その間に、打者は投球を見極め、ストライクかボールか、打つか打たないかを判断し、実際に打たなければなりません。 いかに打者の集中力が大切であるかが数値でもわかると思います。 本当はゴルフと同じように観客に静かにしてもらった方が打ちやすいのです。 そして日頃から練習し、反射的に動くように体に覚え込ませることも必要です。 そして時には相手の配球を読むことも必要となることを理解できると思います。 また、捕手も、球種にサインミスがあったら捕るのが困難なことも理解できると思います。 二つ目のご質問ですが、特に名前はないと思いますが、「応援ボード」等の表現でいいのではないでしょうか。 「看板」は少し違うと思います。 A ベストアンサー WIKIPEDIA「ホームベース」より。 >公認野球規則1・05 本塁は五角形の白色のゴム板で表示する。 この五角形をつくるには、まず一辺が 17 インチ(43. 2 センチメートル)の正方形を描き、17 インチの一辺を決めてこれに隣り合った両側の辺を 8. 5 インチ(21. 6 センチメートル)とする。 それぞれの点から各 12 インチ(30. 5 センチメートル)の二辺を作る。 12 インチの二辺が交わった個所を本塁一塁線、本塁三塁線の交点に置き、17 インチの辺が投手板に面し、2 つの 12 インチの辺が一塁線及び三塁線に一致し、その表面が地面と水平になるように固定する。 wikipedia. 【筆者注】競技者必携より・・・学童野球区画は、本塁基点より32. 53m 競技者必携では32. 50mとなっています の距離に二塁の基点を置く。 本塁、二塁両基点より、左右に23mの距離の交点を一塁、三塁とする。 本塁と二塁を結ぶ線を中心に本塁基点から16mの距離に投手板の前縁がくるように設ける。 ホームランラインは本塁より両翼を70m、中堅を85mとする・・・【さらに筆者の場合】本塁基点より二塁基点延長線上32. 75m地点を中心点に52. 25mの半径の円弧を描くと、両翼70m地点、中堅85m地点を結ぶ円弧ラインが描けます。 biglobe. htm tg0100 A ベストアンサー 私も全く同じ経験をしました 私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました まずは柔軟から始めました 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります この時肩だけでなく全身の柔軟をします (投げる時に使う筋肉は肩だけではないので) 内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました これはなるべく食事前に50~100球程度行いました (運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為) この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました また、この2週間は1球もボールを投げませんでした そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え 短い距離でじっくり、フォームを気にしながら キャッチボールを行いました 全く肩に違和感はありませんでした その後も柔軟はなるべく続け キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが いまだに肩が痛くなったことはありません この方法が確実にいいとは言えませんが 良かったら試してみてください 私も全く同じ経験をしました 私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました まずは柔軟から始めました 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります この時肩だけでなく全身の柔軟をします (投げる時に使う筋肉は肩だけではないので) 内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました これはなるべく食事前に50~100球程度行いました (運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。 自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。 平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。 本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。 球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。 ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。 まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。 フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。 シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。 ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。 自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。 自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。 平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。 本格的... A ベストアンサー 年齢が若いほどその差は大きいです。 しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。 まず安心して下さい。 では練習方法です。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。 もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。 大人がトスしてあげます。 それを取る。 取ったものはもう一人の大人に投げさせます。 次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。 ものすごく近いところからさせます。 このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。 とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。 必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。 基本などまだ全く必要ありません。 ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。 どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。 ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。 一番いい練習は「壁当て」です。 自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。 空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。 子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。 一日で治ることもあります。 ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。 なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。 おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。 基本を教えるのはそれからです。 片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら 基本を教えましょう。 そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。 投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。 年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。 投げ方は、また質問して下さい。 細かい技術はそのときにします。 (一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・) それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。 いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。 キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと 子供は見て覚えることもたくさんありますので まね、というより自然と同じことをしようとします。 どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。 やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。 これが一番上達を遅らせます。 もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。 ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。 野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。 少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。 お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。 (試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。 早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。 ) コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。 あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。 お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。 さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。 その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。 ランニングは体ほぐす時だけで十分です。 ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。 少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。 実は野球は点を取るゲームです。 打てなければ勝てません。 3/5は打つ方の練習をして下さい。 打つ練習をしているチームはメチャ強いです。 今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。 時間も2/5でいいと思います。 上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。 それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。 特にピッチャーの練習をやることで 投げる基本がしっかりします。 セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。 大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。 少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。 年齢が若いほどその差は大きいです。 しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。 まず安心して下さい。 では練習方法です。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。 もちろんキャッチボール... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...

次の

パンスト、ナイロン、タイツ画像掲示板

相撲 腰投げ

A ベストアンサー 細かい話で恐縮です。 案外知られてませんが、二塁ベースの位置って、一塁ベースと三塁ベースを二塁ベース方向に結んだ線の交点が、二塁ベースのまん中になるんですよね。 (参考URL参照) ですからホームベースバックネット側角から二塁ベース手前(ピッチャー寄り)角までは、ホームベースから一塁・三塁への各塁間を27. 43m、ホームベースを除く各ベース一辺の寸法を38cm角とすると 27. 523m セカンドベースまん中まで27. 792m 二塁ベースのセンター側角までは27. 061m となります。 geocities. html A ベストアンサー プレートから本塁までは18.44mです。 時速150kmのスピードであれば、計算すると0.4426・・・秒ですね。 投手の実際のリリースポイントとキャッチャーが捕球する位置は少し異なりますけど、誤差の範囲内だと思います。 良いと思います。 とても短い時間ですね。 その間に、打者は投球を見極め、ストライクかボールか、打つか打たないかを判断し、実際に打たなければなりません。 いかに打者の集中力が大切であるかが数値でもわかると思います。 本当はゴルフと同じように観客に静かにしてもらった方が打ちやすいのです。 そして日頃から練習し、反射的に動くように体に覚え込ませることも必要です。 そして時には相手の配球を読むことも必要となることを理解できると思います。 また、捕手も、球種にサインミスがあったら捕るのが困難なことも理解できると思います。 二つ目のご質問ですが、特に名前はないと思いますが、「応援ボード」等の表現でいいのではないでしょうか。 「看板」は少し違うと思います。 A ベストアンサー WIKIPEDIA「ホームベース」より。 >公認野球規則1・05 本塁は五角形の白色のゴム板で表示する。 この五角形をつくるには、まず一辺が 17 インチ(43. 2 センチメートル)の正方形を描き、17 インチの一辺を決めてこれに隣り合った両側の辺を 8. 5 インチ(21. 6 センチメートル)とする。 それぞれの点から各 12 インチ(30. 5 センチメートル)の二辺を作る。 12 インチの二辺が交わった個所を本塁一塁線、本塁三塁線の交点に置き、17 インチの辺が投手板に面し、2 つの 12 インチの辺が一塁線及び三塁線に一致し、その表面が地面と水平になるように固定する。 wikipedia. 【筆者注】競技者必携より・・・学童野球区画は、本塁基点より32. 53m 競技者必携では32. 50mとなっています の距離に二塁の基点を置く。 本塁、二塁両基点より、左右に23mの距離の交点を一塁、三塁とする。 本塁と二塁を結ぶ線を中心に本塁基点から16mの距離に投手板の前縁がくるように設ける。 ホームランラインは本塁より両翼を70m、中堅を85mとする・・・【さらに筆者の場合】本塁基点より二塁基点延長線上32. 75m地点を中心点に52. 25mの半径の円弧を描くと、両翼70m地点、中堅85m地点を結ぶ円弧ラインが描けます。 biglobe. htm tg0100 A ベストアンサー 私も全く同じ経験をしました 私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました まずは柔軟から始めました 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります この時肩だけでなく全身の柔軟をします (投げる時に使う筋肉は肩だけではないので) 内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました これはなるべく食事前に50~100球程度行いました (運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為) この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました また、この2週間は1球もボールを投げませんでした そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え 短い距離でじっくり、フォームを気にしながら キャッチボールを行いました 全く肩に違和感はありませんでした その後も柔軟はなるべく続け キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが いまだに肩が痛くなったことはありません この方法が確実にいいとは言えませんが 良かったら試してみてください 私も全く同じ経験をしました 私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました まずは柔軟から始めました 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります この時肩だけでなく全身の柔軟をします (投げる時に使う筋肉は肩だけではないので) 内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました これはなるべく食事前に50~100球程度行いました (運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。 自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。 平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。 本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。 球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。 ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。 まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。 フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。 シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。 ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。 自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。 自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。 平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。 本格的... A ベストアンサー 年齢が若いほどその差は大きいです。 しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。 まず安心して下さい。 では練習方法です。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。 もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。 大人がトスしてあげます。 それを取る。 取ったものはもう一人の大人に投げさせます。 次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。 ものすごく近いところからさせます。 このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。 とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。 必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。 基本などまだ全く必要ありません。 ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。 どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。 ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。 一番いい練習は「壁当て」です。 自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。 空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。 子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。 一日で治ることもあります。 ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。 なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。 おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。 基本を教えるのはそれからです。 片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら 基本を教えましょう。 そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。 投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。 年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。 投げ方は、また質問して下さい。 細かい技術はそのときにします。 (一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・) それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。 いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。 キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと 子供は見て覚えることもたくさんありますので まね、というより自然と同じことをしようとします。 どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。 やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。 これが一番上達を遅らせます。 もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。 ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。 野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。 少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。 お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。 (試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。 早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。 ) コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。 あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。 お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。 さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。 その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。 ランニングは体ほぐす時だけで十分です。 ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。 少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。 実は野球は点を取るゲームです。 打てなければ勝てません。 3/5は打つ方の練習をして下さい。 打つ練習をしているチームはメチャ強いです。 今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。 時間も2/5でいいと思います。 上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。 それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。 特にピッチャーの練習をやることで 投げる基本がしっかりします。 セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。 大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。 少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。 年齢が若いほどその差は大きいです。 しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。 まず安心して下さい。 では練習方法です。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。 もちろんキャッチボール... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...

次の