ジャン バルジャン。 映画「レ・ミゼラブル」ネタバレあらすじと結末

ジャベールの自殺(Javert’s Suicide)を考えてみる

ジャン バルジャン

2012年にアカデミーショーを席巻した映画「レ・ミゼラブル」をご覧になって、その人間ドラマに涙した方もたくさんおられるのではないでしょうか。 この作品はブロードウェイですでに人気を博しているミュージカルがベースになったお話です。 その場で歌われた歌声をそのまま使っていることから、とても臨場感があり、舞台のミュージカルをカメラを通して観ているような作品でした。 その「レ・ミゼラブル」ですが、多くの方はフランス革命の時代と思っておられることが多いようです。 確かにフランス革命の影響がまだくすぶるパリが舞台ですが、いわゆるフランス革命と呼ばれた時代の後のお話なのです。 今回は「レ・ミゼラブル」の最後に起こった暴動は一体何だったのかを中心にそこに至った時代背景についてご案内いたします。 ご覧になったことのある方はもちろん、これからご覧になられる方にも知っておいていただくとより映画を楽しんでいただけるかと思います。 ジャン・バルジャンがパンを盗んだ理由 image by iStockphoto 物語は1815年のトゥーロンという港から始まります。 ここで主人公のジャン・バルジャンは囚人として使役労働を行っていました。 彼の罪は飢えて死にそうだった妹の子供のためにパンを盗んだことでした。 その罪のための禁固は5年、そして何度も脱獄を繰り返したためその分追加禁固刑となり、合計19年の囚人生活を送っていました。 彼がパンを盗んだのは1796年。 フランス革命の狼煙を上げた有名なバスティーユの襲撃から7年後のことです。 ここで簡単にバスティーユの襲撃のあった1789年から1796年の革命の流れを観てみましょう。 襲撃の後はフランスはルイ16世一家をヴェルサイユからパリへ連れてきて、立憲君主制を目指します。 当初憲法への同意を渋っていたルイ16世がパリ市民の不穏さから、憲法を同意。 イギリスのように王はいるが憲法によって統治される国となると思っていた矢先に、国王一家がパリから逃亡します。 「ヴェルサイユの薔薇」でも有名なヴァレンヌ逃亡事件です。 これによってパリ市民は王家に大きく失望。 以前からあった王政の廃止の声が高まり、ついに1792年に王政を廃止となります。 王がいなくなっても混乱は続く その後、国民公会による共和政が樹立し1793年憲法を制定します。 それは初めて人民投票で成立させた憲法で、人権主権や労働扶助についてや奴隷制廃止などとても民主的な憲法でした。 しかし、実際には革命に対して反発をする対仏大同盟による諸外国との戦争に加えて、発行するアッシニア紙幣の暴落などがあり、国内が落ち着くまでは施行が延期されました。 国民にとっては、王がいなくなっても自分たちの権利は全く変わらず、未だに生活も苦しい。 そんな不満は政府にも影響し、人民からの指示を得るために人気取りの意見を出す者もいれば、既得権益を自分たちが得られるようにしたり、王党派たちはこの不安定な隙に政治主権を取り戻そうとしたり。 そんなさまざまな思惑で勢力が拮抗する中、国民公会は倒れ、総裁政府が立ち、国民の希望よりもブルジョワジーの権利を後押しするような1795年憲法を成立させます。 その政府を安定させるために、血を血で洗うような対立する者への弾圧がされ、恐怖政治が横行するようになります。 その恐怖政治の粛正は政敵だけでなく市民にもおよび、このころになると革命前から続く不況で国民は疲弊し、誰でもいいからこの状況から救ってほしいとまで言われるようになります。 このような混乱を極めている1796年、ジャン・バルジャンはパンを盗んだのです。

次の

ジャン・バルジャン物語

ジャン バルジャン

レ・ミゼラブルのネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - レ・ミゼラブルのあらすじ1 格差と貧困に喘ぎ、民衆が自由を求めて立ち上がろうとしている19世紀のパリが舞台です。 ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間投獄されていました。 ある日警官ジャベールが、バルジャンのもとにやってきます。 19年も刑期が長引いたのは、度重なる脱走事件のせいだとののしりながら、仮釈放書を手渡します。 バルジャンは、仮釈放され、街へと戻りますが、誰も受け入れてはくれません。 そんな彼を、司教が教会へと招き入れ、温かい食事と暖かい寝床を提供しました。 しかしバルジャンは、教会の銀食器を盗み、逃げてしまいます。 翌日、警官に捕まったバルジャンが司教のもとへと連れてこられます。 司教は、銀食器は自分があげた物だと告げ、解放させます。 そして、彼に銀の燭台を手渡します。 あなたの魂は今この場で私が買ったと告げ、生きるよう伝えます。 司教の優しさ、神の加護に触れたバルジャンは、仮釈放書を破り捨て、新たな名前で生きることを決意します。 【承】 - レ・ミゼラブルのあらすじ2 バルジャンは、マドレーヌと名を変え、市長になりました。 ある日彼のおさめる工場で諍いがおきます。 女工員ファンティーヌのもとに、娘を預けている宿屋から金を要求する手紙が届きました。 その手紙を、ファンティーヌをねたむ工員が読み上げたことで、彼女を自分の物にしようと企んでいた工場長の怒りを買い、ファンティーヌは工場を追い出されます。 バルジャンは、諍いの収束を工場長に一任したため、ファンティーヌの処遇を知りません。 彼女は、仕事を失い、街をふらふらと歩きます。 娘のために、自分のアクセサリーを売り、髪を売り、金歯を売り、そして体も売りました。 自分を買った男に襲いかかったところ、ジャベールが現れ、逮捕しようとします。 それを、バルジャンが助け病院へと送ります。 ジャベールは、バルジャンに対し、逃走していたジャン・バルジャンが捕まり裁判にかけられていることを告げます。 自分が逃げていることで、別の人間が捕まったことを受け、彼は市長である自分がバルジャンであることを宣言します。 裁判所から逃げ出したバルジャンは、死にそうなファンティーヌのもとへとたどり着きます。 そこで、彼女から娘をたくされます。 ファンティーヌを工場から追い出したのは、自分であると責めたバルジャンは、立ちふさがるジャベールを倒し、ファンティーヌの娘コゼットを引き取ります。 【転】 - レ・ミゼラブルのあらすじ3 コゼットを育てていた宿屋の主人テナルディエたちは、貧困から宿屋を手放し、ホームレス生活をしていました。 そして、施しをする貴族たちから詐欺を行って生活をしていました。 ある日、美しく成長したコゼットとバルジャンがやってきます。 道を歩きながらコゼットは青年マリウスに一目惚れをします。 コゼットは人々に施しをしていきますが、それがコゼットだと気がついたテナルディエは、バルジャンが娘をさらったとまくしたてますが、そこへジャベールがやってきます。 ジャベールがテナルディエたちを問いただしているうちに、バルジャンはコゼットを連れ自宅へと戻り、明日街を立つことを告げます。 一方ジャベールは、被害者の方が逃げ出したことでバルジャンの存在に気がつきます。 マリウスは、テナルディエの娘エポニーヌに連れられ、コゼットの家へとたどり着き、二人で愛を誓い合います。 エポニーヌは、マリウスに恋をしていましたが、自分を愛してはくれないことを悟ります。 愛を誓い合ったマリウスですが、コゼットが街を立つことを知り、絶望の中仲間たちと革命を起こします。 【結】 - レ・ミゼラブルのあらすじ4 青年たちは革命を起こそうと、バリケードを作り暴動を起こします。 しかし、市民たちは動かず彼らは負ける一方です。 エポニーヌがマリウスへ手紙を届けにやってきますが、その最中撃たれて死んでしまいます。 そして、ジャベールがスパイとしてバリケードに入ってきますが、青年たちに捕まってしまいます。 そこへ、バルジャンが現れ、自分が青年たちを守った礼として、ジャベールの処遇を任せるよう頼みます。 バルジャンは、ジャベールの縄を解き、逃がします。 軍の攻撃は激しさを増し、ついに青年たちは全員死んでしまいます。 生き残ったバルジャンは、かろうじて息のあるマリウスを助けるために、下水道を歩き続け、帰宅します。 そのバルジャンを捕まえようとしたジャベールですが、自分が彼に助けられたことから、正義とは何かと葛藤を受け自殺します。 無事生き返ったマリウスとコゼットは結婚しますが、バルジャンは自分が逃走している囚人であることをマリウスに告げ、コゼットの前から去ります。 結婚式の最中、自分を助けてくれた恩人がバルジャンであることを知ったマリウスは、コゼットを連れてバルジャンのもとへと急ぎます。 2人がたどり着くと、バルジャンは息を引き取ります。 そして彼は、ファンティーヌやエポニーヌ、司祭に連れられ、神の国へとたどり着きます。

次の

【NHK放送】BBCドラマ「レ・ミゼラブル」全話ネタバレ・登場人物(キャスト)・感想|知られざるストーリーの全貌

ジャン バルジャン

レ・ミゼラブルのネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - レ・ミゼラブルのあらすじ1 格差と貧困に喘ぎ、民衆が自由を求めて立ち上がろうとしている19世紀のパリが舞台です。 ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間投獄されていました。 ある日警官ジャベールが、バルジャンのもとにやってきます。 19年も刑期が長引いたのは、度重なる脱走事件のせいだとののしりながら、仮釈放書を手渡します。 バルジャンは、仮釈放され、街へと戻りますが、誰も受け入れてはくれません。 そんな彼を、司教が教会へと招き入れ、温かい食事と暖かい寝床を提供しました。 しかしバルジャンは、教会の銀食器を盗み、逃げてしまいます。 翌日、警官に捕まったバルジャンが司教のもとへと連れてこられます。 司教は、銀食器は自分があげた物だと告げ、解放させます。 そして、彼に銀の燭台を手渡します。 あなたの魂は今この場で私が買ったと告げ、生きるよう伝えます。 司教の優しさ、神の加護に触れたバルジャンは、仮釈放書を破り捨て、新たな名前で生きることを決意します。 【承】 - レ・ミゼラブルのあらすじ2 バルジャンは、マドレーヌと名を変え、市長になりました。 ある日彼のおさめる工場で諍いがおきます。 女工員ファンティーヌのもとに、娘を預けている宿屋から金を要求する手紙が届きました。 その手紙を、ファンティーヌをねたむ工員が読み上げたことで、彼女を自分の物にしようと企んでいた工場長の怒りを買い、ファンティーヌは工場を追い出されます。 バルジャンは、諍いの収束を工場長に一任したため、ファンティーヌの処遇を知りません。 彼女は、仕事を失い、街をふらふらと歩きます。 娘のために、自分のアクセサリーを売り、髪を売り、金歯を売り、そして体も売りました。 自分を買った男に襲いかかったところ、ジャベールが現れ、逮捕しようとします。 それを、バルジャンが助け病院へと送ります。 ジャベールは、バルジャンに対し、逃走していたジャン・バルジャンが捕まり裁判にかけられていることを告げます。 自分が逃げていることで、別の人間が捕まったことを受け、彼は市長である自分がバルジャンであることを宣言します。 裁判所から逃げ出したバルジャンは、死にそうなファンティーヌのもとへとたどり着きます。 そこで、彼女から娘をたくされます。 ファンティーヌを工場から追い出したのは、自分であると責めたバルジャンは、立ちふさがるジャベールを倒し、ファンティーヌの娘コゼットを引き取ります。 【転】 - レ・ミゼラブルのあらすじ3 コゼットを育てていた宿屋の主人テナルディエたちは、貧困から宿屋を手放し、ホームレス生活をしていました。 そして、施しをする貴族たちから詐欺を行って生活をしていました。 ある日、美しく成長したコゼットとバルジャンがやってきます。 道を歩きながらコゼットは青年マリウスに一目惚れをします。 コゼットは人々に施しをしていきますが、それがコゼットだと気がついたテナルディエは、バルジャンが娘をさらったとまくしたてますが、そこへジャベールがやってきます。 ジャベールがテナルディエたちを問いただしているうちに、バルジャンはコゼットを連れ自宅へと戻り、明日街を立つことを告げます。 一方ジャベールは、被害者の方が逃げ出したことでバルジャンの存在に気がつきます。 マリウスは、テナルディエの娘エポニーヌに連れられ、コゼットの家へとたどり着き、二人で愛を誓い合います。 エポニーヌは、マリウスに恋をしていましたが、自分を愛してはくれないことを悟ります。 愛を誓い合ったマリウスですが、コゼットが街を立つことを知り、絶望の中仲間たちと革命を起こします。 【結】 - レ・ミゼラブルのあらすじ4 青年たちは革命を起こそうと、バリケードを作り暴動を起こします。 しかし、市民たちは動かず彼らは負ける一方です。 エポニーヌがマリウスへ手紙を届けにやってきますが、その最中撃たれて死んでしまいます。 そして、ジャベールがスパイとしてバリケードに入ってきますが、青年たちに捕まってしまいます。 そこへ、バルジャンが現れ、自分が青年たちを守った礼として、ジャベールの処遇を任せるよう頼みます。 バルジャンは、ジャベールの縄を解き、逃がします。 軍の攻撃は激しさを増し、ついに青年たちは全員死んでしまいます。 生き残ったバルジャンは、かろうじて息のあるマリウスを助けるために、下水道を歩き続け、帰宅します。 そのバルジャンを捕まえようとしたジャベールですが、自分が彼に助けられたことから、正義とは何かと葛藤を受け自殺します。 無事生き返ったマリウスとコゼットは結婚しますが、バルジャンは自分が逃走している囚人であることをマリウスに告げ、コゼットの前から去ります。 結婚式の最中、自分を助けてくれた恩人がバルジャンであることを知ったマリウスは、コゼットを連れてバルジャンのもとへと急ぎます。 2人がたどり着くと、バルジャンは息を引き取ります。 そして彼は、ファンティーヌやエポニーヌ、司祭に連れられ、神の国へとたどり着きます。

次の