外の世界は危険でいっぱい pixiv。 ゆめいろファンタジー ラテール公式

(18禁アニメ)[White Bear]ナツヤスミ. ~祐と夏樹~+特典同人誌(pdf)

外の世界は危険でいっぱい pixiv

「やぁ、ゴザルさん。 いらっしゃい」 今週 4度目になるゴザルこと魔王ゴウルの訪問を、アープショーは笑顔で出迎えた。 アープショーがゴウルを結界の対象外に設定したため、こうして気軽にアープショー宅へ出入り出来るようになったのである。 先日の訪問以来、魔王ゴウルは頻繁にアープショー宅を訪れるようになった。 本来のお目当ては、女騎士バリロッサに会うことだったのだが、ゴザルが魔王ゴウルであることを知っているバリロッサは、 「き、き、き、今日は川へ洗濯に……」 「き、き、き、今日は山へ薪拾いに……」 などと、何かと理由を付けて即座にその場を逃げ出していたのだが ……なかなかに働き者なのだな と、魔王ゴウルの中の、彼女の評価が日に日に上がっていたのだった。 そうこうしながら、頻繁にアープショーと会話を交わしているうちに、魔王ゴウルは、いつしか彼との会話を楽しい物と思い始めていた。 アープショーにしろ、リースにしろ、別段に彼を特別扱いすることもなく、常に普通の客人として迎え、互いに屈託なく会話し、お茶を楽しむ。 そんな時間を、心地よいと感じるようになっていた。 「魔王様……そのように頻繁にあの者の元へ行かれますのは、危険過ぎますニャ」 と、 地獄猫 ヘルキャット ウリミナスらが止めようとはするものの 「あのような剛の者、懐柔出来るなら、出来るにこしたことはないであろう?」 と、返し、「そ、そこまでお考えでしたかニャ」と、逆に感嘆せしめていた。 ちなみに、この切り返しなのだが 「最近、部下共がここに遊びに来るのを辞めろとうるさくてなぁ……」 「なら、こう言ったらいかがです?」 と、リースに入知恵された物だったりする。 しかし アープショー宅に、何者か魔の者らしい人物が頻繁に出入りするようになった事が、城へと伝わることとなった。 アープショーは、何度も城から金髪勇者の一員になることを懇願され続けていたのだが、あまりに強大な力を持っていることから、万が一にも国に反旗を翻さぬようにと、常に監視を付けられてもいたのである。 この事実を伝え聞いた王は、困惑し狼狽したのだが、 逆に、これを伝え聞き、歓喜したのが、引きこもり続けている金髪勇者であった。 アープショーのことを出入りしている女達から聞いていた金髪勇者は、なんとしても彼を自分の配下に加えたいと思っていたのだが、王を通じていくら勧誘の使者を出しても色よい返事をもらえずにいて、歯がゆい思いをしていた。 だが、彼が魔の者と付き合っていることを逆手に取り、自分の配下にしてしまおうと考えたのである。 翌日、金髪勇者は、城から軍を引き連れ、アープショー宅を訪れた。 「そこの庶民よ、聞くがよい。 貴様が魔の者と通じているのはすでにお見通しだ。 本来なら、我が手によって成敗されるのが筋というもの。 だが、貴様に更生の機会を与えよう。 我が配下となって、魔王討伐に協力するなら、その罪をすべて許そう。 褒美も思いのままである。 断ると言うなら、即刻ここから家族ともども立ち去れ!」 決まった…… これは、俺的クライマックスベスト 3に入る名場面だ 金髪勇者は、自らのセリフに酔っていた。 これで、アープショーは自分の配下に入る。 そして、俺は彼を酷使して魔王を倒し、英雄勇者となり、この国で伝説となるのだ…… 「そ……そんな横暴ですぞ!勇者殿」 「こっちの都合も考えろってんだ!」 「な……なのですよぉ……あわわ」 「……キッ! (抗議の眼差し)」 勇者の言葉に騒ぎ立てるバリロッサらを制し、アープショーは金髪勇者に向かってニッコリほほ笑んだ。 「そうですね……めんどくさいので転居することにします」 そう言うと、腰につけていた魔法袋に、ブロッサムが耕していた畑も含めた家すべてを収納し 「と、いう事なんだけど、いいかな?リース」 「えぇ、私は旦那様に死ぬまでついてまいりますわ」 そっと、アープショーの腕に抱き着くリース。 「だ……旦那様! このバリロッサもお供させていただきたく!」 「ブロッサムもご一緒しますぜ! 畑作業ならまかせてください!」 「はわわ!? び、ビレリーもご一緒いたしたく~」 「……ベラノも!」 「ぼふ!」 ペットの 狂乱熊 サイコベア ・サベアを含めた皆が、アープショーについていくことを願い出た。 それを確認したアープショーは、 「じゃあ、行こうか……とりあえず、この辺に行ってみるか」 そう言うと、転移魔法を展開し、瞬時にその場から消え去ったのだった。 即座に城に引き返すと、王に、アープショーを探し出すことを厳命し、自分は再び城の一室に引きこもったのだった。 そして、そのことを知った魔王ゴウルは激しく立腹し デラベザの森を南下し、アープショーが住んでいたあたりをも越え、城の北端すれすれにまで軍を侵攻させた。 あえて、そこから攻め込むことはせず、魔の気配を常に城へと送り込むことによって、城と城下町すべてを大混乱に陥れたのであった。 ……我の楽しみを邪魔しおって 魔王もまた、アープショーの行方を秘密裏に探していたのは言うまでもない。

次の

SCP

外の世界は危険でいっぱい pixiv

Tailofzeroに関係するイラストに付けられるタグ Tailofzero とはPixivユーザーの ボーイズキャット氏による創作PC小説作品である。 通称 TOZ 何ヶ月かに一回のペースでPC小説が ボーイズキャット氏のブログの方で掲載されている。 また Tailofzero は tailtaleの非公式の物語だが、 tailtaleとは全く関係がない点もいくつかある。 物語のテーマは零から始まる。 ストーリー ミデル騎士学校を7年間で卒業した ヒカルは、久しぶりに バストークの村に戻るのだったが、 セパから弟の ロックが研究員 バズにさらわれ、おまけにヒカルと昔から共に暮らしている ルルは ザパトの資産家バーナーの屋敷で奴隷にされたと言う話を聞く。 ヒカルは ロックと ルルを連れ戻す為に旅に出るのだが、そこから ヒカルの旅は少しずつ科学者の計画へと巻き込まれて行く。 後に リックと言う少年と出会う。 ヒカルは ロックと ルルを連れ戻した後、 リックが雲の向こうの世界に興味を持ち、飛行機を造り、いつかそこにあるだろう新しい世界を確かめたいと言う リックの興味で、 ヒカルはそれを信じて リックとその仲間達と共に地上界へと向うのだった。 地上界へと辿り着いた ヒカルは科学者の実験で作り上げたクローンマオ族・ ヴィクロスと出会う。 ロックをさらった理由とヒカルのクローンが誕生した理由、そしてこの科学者の計画作った犯人は一体誰なのか、 ヒカルは科学者の計画を阻止する為に旅に出るのだった。 ヒカルは戦って行く内に不思議な力を手に入れるのだが、その力は ヒカルの過去と大きく関わっていたのだった。 体全体が毛に覆われていて尻尾や耳があって2速方向で歩く。 因みに、 バストークの村に住んでいる マオ族は、尻尾の先がふわふわで、 ザパトの村の マオ族は先が黒くなっている。 この世界には広原や村や町が広がっている。 体中が毛に覆われた種族・ マオ族が村や町に住んでいる。 広原には危険なモンスターなどが生息している。 場所は浮遊した大陸。 崖の周りには、ただただ青く広い空がどこまでも続いていた。 東西南北に位置する大陸が4つある。 因みに、 浮遊大陸の マオ族での言い伝えでは 地上界はないと伝えられている。 とても農業が盛んな地域の一つ。 村外れまで行くと大陸の果てを見ることができる。 川を境に、随分と昔から諍いを続けている。 資産家 バーナーの屋敷がある。 最新鋭の蒸気機関や市場で賑わっている。 この街にしかないミデル騎士学校、ミデル士官学校などがある。 ビルやマンションなどが立ち並んでいる。 今もなお、街の建設中は続いている。 因みにリミッド魔法学校などがある。 バストーク、ミデル、ザパトの建物の構造とは違った建物が街のいたる所に並んでいる。 とても大きい木があるとして有名な街でもある。 春になると満開の桜が咲くとしても有名。 農業が盛んな地域としても有名な場所である。 暗くて薄暗い森で、誰かが良く迷ってるとしても有名な場所。 森を抜けると 科学研究所へ行ける。 ロックを連れ去って行った場所の一つ。 大きな滝が流れると言う世界遺産の一つ。 浮遊大陸から脱出することのできる場所があるらしい。 リシエルの街に行くためにはここを通らなければならない。 科学者研究員・ アレスがここにいる。 バストークの村に住むオスの マオ族。 セパの双子の弟で、 ロックの母親代わりしているとても明るい少年。 7年間ミデル騎士学校に通っていた生徒の1人。 他の仲間とは違った不思議な力を使える。 ヒカルの双子の兄で、時には真面目で時には能天気な少年。 父親と似て、とても真面目な性格をしている。 13年前は父親 アレスの元で育てられていたが7年後になり ヒカルと共に暮らすようになった。 後に研究者・ アレスのスパイだと ヒカルの前で語るようになる。 ナップとは良い友人関係。 小さい体で弓を扱う。 ランと同じでザパトの資産家バーナーに買われており、支配されている。 ルルの赤ん坊の頃、 ザパトの街の街道に捨てられていたが ヒカルの母 アリシアが拾って来てヒカル達と一緒に育てられた。 リミッド魔法学校で治癒術学んでいたらしく、治癒術の他にも色んな術が使えるらしい。 ヒカル達と出会うのは 地上界のとある小屋で出会う。 どうして生まれなければいけなかったのか、その理由には深い訳があった。 ヒカルとはとても仲が良くて本人は別にヒカルのクローンだからとそんなことは気にしていない。 父親は学者で、 リックが子供の頃、大陸では禁忌とされている飛行機の実験中に事故で死んでいる。 リックは父親の後を継ぎ飛行機で空を飛びたいと思っている。 大陸の外の世界に興味を持っており、くだらない諍いを続ける村を出て ヒカル達と共に新しい世界に出たいと思っている。 ヒカルとは親しい友人関係。 リックの弟で、胸の病気を患っていて、いつもベッドの上で生活をしている。 父親に似て、頭が良く本を読むのが趣味。 リミッド図書館では図書館の管理人などを勤めていて、他にも馴染みの書店で、古文書の翻訳を仕事にしている。 時々、その書店からヤミの禁制本を取り寄せたりして、密かに飛行機や、外の世界について研究している。 リミッド魔法学校で魔道書で魔術が使える勉強などをしている。 もちろん魔道書で魔術攻撃なども使える。 ルルと同じでザパトの資産家 バーナーに買われており、支配されている。 父親が バストークの村出身のためか、 ランの尻尾の先はふわふわであり、 ザパトの村では隠すように布きれでぐるぐる巻きにしている。 いつか自由を手に入れ、新しい世界にいきたいと思っている。 ルルとは親しい女友達。 ルルと ナップから色々と魔法などを教えてもらっている。 地上界にやって来た ヒカル達と出会い、色々とサポートをして強力してくれる。 ヒカルの母 アリシアとはとても深い友人関係。 何らかの自己で、研究所が爆破して、それに巻き込まれて死亡してしまう。 研究所の爆破に巻き込まれた原因はいまだ不明のままであるが、そのことについては アイラが詳しく語ってくれる。 残念ながら今作の物語では話の中でしか登場しない。 ザパトの資産家。 ルルやランを支配しようとた人物の1人。 細胞実験など、色々な実験を行っている。 ロックを実験台の道具にしようとしてさらって行った人物の1人。 登場回数は約4回ぐらい。 科学者の計画を立ち上げた人物。 ヒカルの細胞の一部を摘出し、ヒカルの細胞のクローン実験で ヴィクロスを誕生させた実験をした人物の1人。 アレスの体に 絶望の闇と言う亡霊がのりうつっている。 本当はとても心優しいお父さんである。 絶望の闇の攻撃により死亡してしまう。 アレスの体にのりうつっていた人物。 この世界を絶望に陥れるために、この世界にやって来たらしい。 ヒカルの不思議な力のことについて色々と知っているらしいがそれには深い訳があった。 Tailofzeroから三年後の物語 Tailofzeroから三年後の世界を舞台とした物語、それがです。 関連記事 親記事.

次の

(18禁アニメ)[White Bear]ナツヤスミ. ~祐と夏樹~+特典同人誌(pdf)

外の世界は危険でいっぱい pixiv

Tailofzeroに関係するイラストに付けられるタグ Tailofzero とはPixivユーザーの ボーイズキャット氏による創作PC小説作品である。 通称 TOZ 何ヶ月かに一回のペースでPC小説が ボーイズキャット氏のブログの方で掲載されている。 また Tailofzero は tailtaleの非公式の物語だが、 tailtaleとは全く関係がない点もいくつかある。 物語のテーマは零から始まる。 ストーリー ミデル騎士学校を7年間で卒業した ヒカルは、久しぶりに バストークの村に戻るのだったが、 セパから弟の ロックが研究員 バズにさらわれ、おまけにヒカルと昔から共に暮らしている ルルは ザパトの資産家バーナーの屋敷で奴隷にされたと言う話を聞く。 ヒカルは ロックと ルルを連れ戻す為に旅に出るのだが、そこから ヒカルの旅は少しずつ科学者の計画へと巻き込まれて行く。 後に リックと言う少年と出会う。 ヒカルは ロックと ルルを連れ戻した後、 リックが雲の向こうの世界に興味を持ち、飛行機を造り、いつかそこにあるだろう新しい世界を確かめたいと言う リックの興味で、 ヒカルはそれを信じて リックとその仲間達と共に地上界へと向うのだった。 地上界へと辿り着いた ヒカルは科学者の実験で作り上げたクローンマオ族・ ヴィクロスと出会う。 ロックをさらった理由とヒカルのクローンが誕生した理由、そしてこの科学者の計画作った犯人は一体誰なのか、 ヒカルは科学者の計画を阻止する為に旅に出るのだった。 ヒカルは戦って行く内に不思議な力を手に入れるのだが、その力は ヒカルの過去と大きく関わっていたのだった。 体全体が毛に覆われていて尻尾や耳があって2速方向で歩く。 因みに、 バストークの村に住んでいる マオ族は、尻尾の先がふわふわで、 ザパトの村の マオ族は先が黒くなっている。 この世界には広原や村や町が広がっている。 体中が毛に覆われた種族・ マオ族が村や町に住んでいる。 広原には危険なモンスターなどが生息している。 場所は浮遊した大陸。 崖の周りには、ただただ青く広い空がどこまでも続いていた。 東西南北に位置する大陸が4つある。 因みに、 浮遊大陸の マオ族での言い伝えでは 地上界はないと伝えられている。 とても農業が盛んな地域の一つ。 村外れまで行くと大陸の果てを見ることができる。 川を境に、随分と昔から諍いを続けている。 資産家 バーナーの屋敷がある。 最新鋭の蒸気機関や市場で賑わっている。 この街にしかないミデル騎士学校、ミデル士官学校などがある。 ビルやマンションなどが立ち並んでいる。 今もなお、街の建設中は続いている。 因みにリミッド魔法学校などがある。 バストーク、ミデル、ザパトの建物の構造とは違った建物が街のいたる所に並んでいる。 とても大きい木があるとして有名な街でもある。 春になると満開の桜が咲くとしても有名。 農業が盛んな地域としても有名な場所である。 暗くて薄暗い森で、誰かが良く迷ってるとしても有名な場所。 森を抜けると 科学研究所へ行ける。 ロックを連れ去って行った場所の一つ。 大きな滝が流れると言う世界遺産の一つ。 浮遊大陸から脱出することのできる場所があるらしい。 リシエルの街に行くためにはここを通らなければならない。 科学者研究員・ アレスがここにいる。 バストークの村に住むオスの マオ族。 セパの双子の弟で、 ロックの母親代わりしているとても明るい少年。 7年間ミデル騎士学校に通っていた生徒の1人。 他の仲間とは違った不思議な力を使える。 ヒカルの双子の兄で、時には真面目で時には能天気な少年。 父親と似て、とても真面目な性格をしている。 13年前は父親 アレスの元で育てられていたが7年後になり ヒカルと共に暮らすようになった。 後に研究者・ アレスのスパイだと ヒカルの前で語るようになる。 ナップとは良い友人関係。 小さい体で弓を扱う。 ランと同じでザパトの資産家バーナーに買われており、支配されている。 ルルの赤ん坊の頃、 ザパトの街の街道に捨てられていたが ヒカルの母 アリシアが拾って来てヒカル達と一緒に育てられた。 リミッド魔法学校で治癒術学んでいたらしく、治癒術の他にも色んな術が使えるらしい。 ヒカル達と出会うのは 地上界のとある小屋で出会う。 どうして生まれなければいけなかったのか、その理由には深い訳があった。 ヒカルとはとても仲が良くて本人は別にヒカルのクローンだからとそんなことは気にしていない。 父親は学者で、 リックが子供の頃、大陸では禁忌とされている飛行機の実験中に事故で死んでいる。 リックは父親の後を継ぎ飛行機で空を飛びたいと思っている。 大陸の外の世界に興味を持っており、くだらない諍いを続ける村を出て ヒカル達と共に新しい世界に出たいと思っている。 ヒカルとは親しい友人関係。 リックの弟で、胸の病気を患っていて、いつもベッドの上で生活をしている。 父親に似て、頭が良く本を読むのが趣味。 リミッド図書館では図書館の管理人などを勤めていて、他にも馴染みの書店で、古文書の翻訳を仕事にしている。 時々、その書店からヤミの禁制本を取り寄せたりして、密かに飛行機や、外の世界について研究している。 リミッド魔法学校で魔道書で魔術が使える勉強などをしている。 もちろん魔道書で魔術攻撃なども使える。 ルルと同じでザパトの資産家 バーナーに買われており、支配されている。 父親が バストークの村出身のためか、 ランの尻尾の先はふわふわであり、 ザパトの村では隠すように布きれでぐるぐる巻きにしている。 いつか自由を手に入れ、新しい世界にいきたいと思っている。 ルルとは親しい女友達。 ルルと ナップから色々と魔法などを教えてもらっている。 地上界にやって来た ヒカル達と出会い、色々とサポートをして強力してくれる。 ヒカルの母 アリシアとはとても深い友人関係。 何らかの自己で、研究所が爆破して、それに巻き込まれて死亡してしまう。 研究所の爆破に巻き込まれた原因はいまだ不明のままであるが、そのことについては アイラが詳しく語ってくれる。 残念ながら今作の物語では話の中でしか登場しない。 ザパトの資産家。 ルルやランを支配しようとた人物の1人。 細胞実験など、色々な実験を行っている。 ロックを実験台の道具にしようとしてさらって行った人物の1人。 登場回数は約4回ぐらい。 科学者の計画を立ち上げた人物。 ヒカルの細胞の一部を摘出し、ヒカルの細胞のクローン実験で ヴィクロスを誕生させた実験をした人物の1人。 アレスの体に 絶望の闇と言う亡霊がのりうつっている。 本当はとても心優しいお父さんである。 絶望の闇の攻撃により死亡してしまう。 アレスの体にのりうつっていた人物。 この世界を絶望に陥れるために、この世界にやって来たらしい。 ヒカルの不思議な力のことについて色々と知っているらしいがそれには深い訳があった。 Tailofzeroから三年後の物語 Tailofzeroから三年後の世界を舞台とした物語、それがです。 関連記事 親記事.

次の