福井県 コロナ 相関図。 福井コロナ発症場所 特定

福井コロナの相関図の画像は?感染者86人の関係がネットに流出する

福井県 コロナ 相関図

感染に関する記者の取材は相手と接触を避けるため電話などのやりとりのみとなる場合が多く、伝えられた当事者の声は限定的になった。 感染拡大の抑制につながる記事や情報の提供を目指したが、感染者の関係性を示した相関図は誹謗(ひぼう)中傷を助長するという批判も受けた。 本紙の取材、報道を振り返る。 個人の特定を避けるため発表の内容は乏しく、提供される情報は感染者の年代、性別、職業、住所(自治体のみ)、症状、発症前2週間のおおまかな行動歴などに限られた。 感染者や最前線で対応に当たる医療従事者らへの取材は主に電話で、直接会って話を聞くことはできなかった。 無料通信アプリLINE(ライン)のやりとりで記事を完成させるケースもあり、取材の手法としては異例ずくめ。 その分、読者に提供できる情報は限定的になった。 感染者に関する記事は全て匿名で、人物の特定がされないような表現に終始。 クラスター(感染者集団)が発生した店名も、県の会見では明らかにされなかった。 3月25日から20日連続で新規感染者の発表があり、県内の感染者は日を追うごとに増えた。 福井新聞は関心の高まりを受け、同26日から生中継で県担当局や知事の会見を配信。 5月26日までに計50回に上り、1回の動画が10万回以上の再生回数になることもあった。 トータルの再生回数は同28日時点で158万回を超えた。 地域で暮らす地元紙の記者として、一県民であることを強く意識しながら取材に当たった。 紙面を通して連帯や自制を呼び掛け、医療従事者らコロナに関わる人たちには、できる限りのエールを送った。 接待を伴う飲食店を中心としたクラスターであることを、視覚的に表した。 しかし4月19日、県は会見後に、相関図の掲載取りやめを福井新聞などに非公式で要請。 保健所が行う感染者の行動観察調査の支障になるとの理由だった。 ある保健師は「新聞掲載を恐れ、新たな感染者は過去に誰と接触したかについて口を閉ざしてしまう恐れがあった」。 取材した感染者の一人からも「相関図の連日の掲載が誹謗中傷の一因になった」と批判を受けた。 読者からは「相関図は感染経路が分かりやすい」「感染防止につながる」といった意見も寄せられていた。 相関図の在り方や是非については当初から社内的な議論が行われており、さまざまな観点から検討を続けた結果、本紙は4月26日付から掲載を取りやめた。 感染拡大防止などを目的とした公共性と、誹謗中傷を生まないためのプライバシー保護のはざまで、どこまでの情報を読者に提供すべきか。 山田健太・専修大学教授(言論法)は「新型コロナに限らず、記事化すれば必ずプライバシーの侵害が生じる。 公共性、公益性とのバランスの中でケース・バイ・ケースで報道の是非を判断するしかない」と指摘。 今回、コロナに関する取材手法は限定的にならざるを得なかったが、オンラインの技術が飛躍的に向上しており「今後はビデオ会議アプリ『Zoom(ズーム)』など、表情が見える手法での取材が増えていくだろう」としている。

次の

福井コロナ発症場所 特定

福井県 コロナ 相関図

福井県新型コロナウイルス感染者(相関図・症例) 感染順 陽性判明日 年代 性別 居住地 職業 備考 令和2年4月27日 30代 女性 福井市 看護師 令和2年4月25日 70代 男性 福井市 会社員 県内120例目の同居家族 令和2年4月23日 60代 女性 福井市 無職 県内96例目の接触者 令和2年4月22日 20代 女性 越前市 保育士 令和2年4月20日 70代 男性 福井市 無職 県内96例目の接触者 令和2年4月20日 30代 男性 坂井市 会社員 県内94例目の接触者 令和2年4月20日 60代 女性 坂井市 会社員 県内72例目の妻 令和2年4月20日 20代 男性 越前市 無職 令和2年4月20日 70代 女性 福井市 無職 96例目の接触者 令和2年4月20日 40代 女性 福井市 会社員 令和2年4月19日 10代 女性 福井市 学生 109. 110. 111同居家族 令和2年4月19日 20代 男性 福井市 学生 109. 110. 112同居家族 令和2年4月19日 50代 男性 福井市 自営業 島根、千葉、石川滞在歴あり 令和2年4月19日 40代 女性 福井市 会社員 県内104例目の別居家族 令和2年4月18日 40代 男性 福井市 会社員 県内53例目の子 令和2年4月18日 20代 女性 福井市 会社員 令和2年4月18日 40代 男性 福井市 会社員 県内63例目の接触者 令和2年4月18日 30代 女性 若狭町 無職 発症前に静岡県、愛知県、大阪府、岐阜県に滞在歴あり 令和2年4月17日 50代 女性 福井市 自営業 濃厚接触者1名 令和2年4月16日 40代 男性 福井市 会社員 県内84例目の濃厚接触者 令和2年4月16日 60代 女性 福井市 無職 県内88例目の濃厚接触者 令和2年4月15日 30代 男性 福井市 会社員 県内44例目の濃厚接触者 令和2年4月14日 70代 女性 坂井市 無職 県内62例目の妻 令和2年4月14日 50代 男性 大野市 会社員 県内22. 22に46例目と接触 令和2年4月4日 50代 男性 越前市 会社員 発症2週間前に石川県内会社に勤務 令和2年4月4日 40代 男性 坂井市 自営業 濃厚接触者2名 令和2年4月4日 70代 女性 福井市 飲食業 濃厚接触者1名 令和2年4月5日 50代 女性 鯖江市 会社員 48例目の妻 令和2年4月5日 50代 女性 福井市 自営手伝い 3月27日に22例目と接触 令和2年4月5日 50代 男性 大野市 会社役員 3月25. 61例目が勤務する職場訪問 令和2年4月8日 60代 男性 福井市 看護師 71例目の医院に勤務 令和2年4月8日 20代 男性 福井市 会社員 54. 66例目と同じ職場で勤務 令和2年4月8日 30代 女性 福井市 会社員 14. 70と同じ職場で勤務 令和2年4月8日 60代 男性 福井市 会社員 22. 63と同じ職場で勤務 令和2年4月8日 60代 男性 福井市 無職 71. 73が勤務する医院の通院者 相関図を見てもらえば分かりますが、福井市飲み屋街から感染が広がっています。 福井県は3月18日まで新型コロナウイルス感染者が0人だったため、 かなり油断した結果ですね。 しかし、 相関図の陽性が判明した日を見ると(頭上の月日) 3月上旬~中旬には新型コロナウイルス感染者がいたということが分かります。 感染経路も明確で、飲み屋のような閉鎖空間や 感染源になった周辺に近づくのも危ないようです。 新型コロナウイルス福井県の感染スピードについて 4月3日現在、福井県は人口あたりの新型コロナウイルス感染者数が全国ワースト2位になりました。 なぜ、 こんなに一気に感染が広まる結果になったのか、 感染スピードがはやいのか検証します。 感染拡大とスピードの理由• 3月上旬から~中旬にかけて会食や飲み会が多かった• 3月中旬までコロナウイルス感染者がいなかった油断• 飲み屋、一か所へ集中 大まかに、この3つのだと判断しました。 まず、3月18日まで福井県の感染者は0人だったため、 県内の雰囲気が「県外は大変だね」「福井は大丈夫でしょ」といった感じでした。 非常にゆるく新型コロナウイルスに対しての恐怖感はゼロだったと思います。 しかも、年度末で会食や飲み会が多かったこと、 さらに福井県は飲み屋の数や場所が限られているため、 一か所に人が集中したために一気に感染がひろまりスピードも増したということです。 3月上旬から飲み屋街を自粛させるべきという声もあるなか、 まったく自粛しなかった当然の結果なのかもしれません。 福井県の事例からコロナウイルスの予防と対策• 車の同乗をひかえる(タクシーも)• クラスター付近に近づかない• 感染を疑う場合は2週間自宅待機 福井県からの事例でわかることは上記の3点です。 マクス・手洗い・外出自粛は当然ですが、 車の同乗(タクシー)もひかえるべきです。 買い物なども、できるだけ一人で運転するようにしましょう。 そしてクラスター付近にも近づかないようするべきです。 福井の事例ですと クラスター付近の人が何人か感染しています。 そして、自分で感染の心当たりが少しでもある人と家族は 会社に連絡してでも、 心当たりがある日から2週間自宅待機するべきです。 ただし、あくまでも事例からの判断ですので慎重に判断しましょう。 まとめ 全国ワースト2位の福井県の事例からみても、 5月までは外出をできるだけ控え、人との接触もへらすべきです。 自分だけ感染して死ぬのなら好きにすればいいですが、 不特定多数、自分の家族をまきこんで感染をひろげていくウイルスです。 自粛だからこそ楽しめる方法や、普段できないことを発見したり プラスの気持ちになるように工夫して生活してみるのもいいと思います。 先が見えない不安な日が続きますが、終息した時の盛り上がりの時を楽しみに、 みんなで頑張りましょう! ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

【 関係者相関図 】福井県の新型コロナウイルス速報・情報【 随時更新 】

福井県 コロナ 相関図

福井の50代男性 新型ウイルス感染確認 県内で初めて NHKニュース 福井県によりますと福井市の50代の会社役員の男性1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 福井県内での感染確認は初めてです。 カニの県もやられたか・・・。 また現在濃厚接触者となっているのは、50歳代男性の妻と更に会食をした人物4人、計5人が濃厚接触者としているようだ。 新型コロナウイルスに感染した50歳代男性の感染経路は?• 3月6日から8日にかけて、東京へ仕事の関係で滞在していた。 仕事の内容としては主に会議であった。 移動は飛行機を使用していた。 3月12日に新型コロナウイルスの感染確認 発熱 A病院を受診した• 3月18日、倦怠感が続くためB病院を受診、B病院からC病院を紹介される• 同日、C病院から保健所へ相談• 3月16日から17日にかけて少し解熱したため、会社へ出勤したとのこと• 3月18日にD病院にて新型コロナウイルスが判明 また今回感染した50歳代男性に基礎疾患もなく、現在の症状としては落ち着いているとのことだ。 今回福井県で判明された新型コロナウイルス感染者の50歳代男性は新型コロナウイルスが判明するまでに入院先の病院まで含めて5つの病院を回ったということになる。 第一種感染症医療機関• 福井県立病院 第二種感染症医療機関• 独立行政法人国立病院機構 敦賀医療センター• 杉田玄白記念公立小浜病院 福井県の場合、これら三つの病院が新型コロナウイルス感染の患者を入院させることのできる病院だ。 福井県では初の新型コロナウイルス感染者ということもあり、入院先は第一種感染症医療機関である福井県立病院に入院している可能性が高いのではないだろうか。 まとめ 今回は福井県で初めて発覚された新型コロナウイルス感染者の情報についてまとめた。 福井県で新型コロナウイルス感染者が発覚したため、感染者のいない残された県は残り8県。 これ以上新型コロナウイルスの感染拡大が広まらないことを願いたい。

次の