ポケモン実況者。 ポケモン四皇 (ぽけもんよんこう)とは【ピクシブ百科事典】

『ポケモンUSUM』でも期待! レジェンド級『ポケモン』実況者を世代ごとに一覧でまとめてみた

ポケモン実況者

またはにおいての対戦 、生作品のは含まない を行っており、なお且つに記事が存在するの。 概要 第代の(に、が付いた)をしているをに記載。 実況者一覧 五十音順 名• その他• の氏について記載されている。 12名(りの、、。 、、ウィック、、ナイ、、コザッ、リーノ、、)の集まり。 記事では一人一人について記載されている。 を用いたをしている 、、ヤャラ、めたそる について記載されている。 関連項目•

次の

ポケモン実況者一覧

ポケモン実況者

概要 界においてまるでの如く君臨する四人の実況者。 ポケモンのは戦争と呼ばれ、ポケモン四皇が接触するというだけでネット界隈は厳戒態勢を敷く程である。 ポケモン四皇入りの条件は、他を圧倒する影響力と知名度、レート1480以上の実力があること(長であるもこうのレートが1480であることに由来する)。 かつては「ポケモン実況」とも呼ばれたが、ポケモンには実際に四天王が存在し、混同されるため現在の呼び名となった。 所属するのは揺るぎない地位を確立するベテラン3人、そしてランクが低い若手実況者1人が所属する。 これは、ポケモン実況界の派閥争いの弊害化を防ぐ為であり、若い芽を摘まない為の暗黙の了解である。 2018年現在はヤズマが引退し1つ空席ができている。 トスタポンテも他の若手に席を譲るべきという声が根強く、新たなメンバーの選定が急がれている。 人気、知名度、勢力共に最強の男(チンパンジー)。 その存在だけで、大会の成功確率は2. 73パーセントまで下がる程の影響力を誇る。 元々はポケモン王下七武海の一人だったが、大会での切断疑惑により脱退。 2009年6月15日から開催されたポケモンバトルレボリューション実況者大会NewGenerations(通称NG)の優勝者。 また、同年に行われたポケモン実況界最大規模の大会・殺合祭(通称もこりんぴっく)の主催者でもある(参加していたがこちらは途中で敗退)。 2017年年末に催された『ポケモン実況者ウルトラタッグバトル』では手下のライバロリとペアを組み、準優勝に至っている。 2018年には公式からもお呼びがかかり、の番組、にも出演している。 扱うポケモンはマイノリティ(ボトムズ)。 レート2000越えを連発する本物のトップレート常連。 もこうとはポケモン四皇の長の座を賭けて幾度となく対決している。 しかし、運ゲに弱いためもこうは数少ない天敵であり、毎度敗北を喫している。 2017年年末に催された『ポケモン実況者ウルトラタッグバトル』では長であるもこうとペアを組み、準優勝に至っている。 こちらももこう同様P-Sportsにレギュラー出演。 扱うポケモンは相棒のをはじめとする厨ポケ。 をこよなく愛する。 ジェネシスの引退時に行われていたBW大会で優勝した事からポケモン四皇入り。 扱うポケモンはエムリット。 経歴的にはそろそろベテランになり始めており、現在も一定の力を見せてはいるものの、ベテラン枠に育つには至っていない。 そのため、トスタポンテに代わる新たなメンバーの選定が急がれている。 かつてのポケモン四皇• もこうの弟子でジェネシス理論提唱者。 第四世代で表舞台から姿を消した。 扱うポケモンは伝説。 もこうは今は亡きジェネシスに対し2015年12月30日の放送でかしゅんと共にジェネシスの動画を視聴。 「何者なんだろうこの人」「素人じゃないよね喋り方が」「面白かったよなぁ」「語彙力が凄かった」と高く評価している。 を極めた男。 彼の視聴者はポケモン対戦界の一大勢力・論者によって構成されており、その統制された勢力は実質的にもこう以上とも言われている。 大会などでの実績はなく、実力は唯一の未知数。 扱うポケモンはヤケモン(ヤーティ)。 第7世代を待たず引退。 関連タグ 、、、、 関連記事 親記事.

次の

ポケモン対戦初心者に贈る!タメになる対戦実況者紹介まとめ!

ポケモン実況者

リンク ポケットモンスターソードシールドが発売して 半年が過ぎましたね。 皆さんご存知の ポケットモンスター プレイしたことがある人は多いですよね。 ない方でもどんなゲームであるかは、ある程度想像がつくほどのメジャーなゲーム ポケットモンスター 略してポケモンです。 でも ネット対戦はあまりしたことない方が多いのではないでしょうか? 「ストーリーは結構やったよー」 という方も多く見受けられますが、レート対戦は手間がかかるためあまりやらない方が多いと聞きます。 今回は 、ポケモンのソードシールド対戦実況をメインに投稿している方で面白く、尚且つプレイングが上手な人を選んでみました。 暇つぶししたい方やポケモンのパーティ構成がみたい。 勉強したい!という方にオススメなポケモン実況者を今回紹介していきます。 言わずもがな。 ポケモン実況界では ナンバーワンの呼び声高いライバロリさん。 元々はニコニコで動画投稿やニコニコ生放送をやっていた彼ですが ポケモンの対戦実況をメインとしており、叫び声や名言 「オワオワリでーす」「斬・月!」「くたばれ!」 などが有名です。 トーク力も高く、間を開けさせない実況の 上手さでかなりの人気を博しています。 その上レート対戦の実力も非常に高く、 最高レートはORAS オメガルビーアルファサファイア のレート 【2197】で世界ランキング瞬間で1位を達成しています。 その後の続編SMでSM サンムーン では 【2110】USUM ウルトラサンウルトラムーン では 【202?】と素晴らしい成績を残しています。 SMやORASに至っては2100越えを複数回達成しており、現在チャンネル登録者数は約現在約64万人とポケモン実況者の中ではトップに君臨しています。 ソードシールドでの最高順位は 38位、サブでは136とやはり安定した強さを持っていますね。 マスターランクの到達もかなり早かったです。 まさしく名実ともにポケモン実況者ではナンバーワンと言えるでしょう。 ちなみにサブチャンネルの原田バロリチャンネルでは、ライバロリさんの実写動画が多く、 ファンからはサブチャンネルの方が面白い!メインとサブが逆。 と言う声も多く挙がっているほどサブチャンネルのクオリティも高いです。 私が1番におすすめする実況者です。 気になった方はぜひ。 その後も2128に到達など高レートを頻繁に叩き出しております。 チャンネル登録者数約4万人と実力と名声。 どちらも揃った強プレイヤーですね。 即断即決のプレイングが魅力であり、とにかく選出が早いです。 そして交換読みなどの読みに対する鋭さもあり、高レート帯でのプレイングは見ててとても面白いです。 実況者大会などにもよく呼ばれており、そこでも様々な成績を収めているので、いかに実力が高いかわかります。 そして自身でも大会を開かれた様で、グラカップという名前で優勝者にはソードシールドのソフトをプレゼントする大会を開きました。 ソードシールドでの順位は隠されており分かりませんでしたが、彼もマスターランクに到達しているでしょう。 ペリカン 私が大好きな実況者で、チャンネル登録者数は約5. 3万人ほどとポケモン実況者の中ではかなり 高い数字ですね。 常に冷静沈着なお方でサンムーンやウルトラサンムーンでも平均レートも2000越えを連発するプレイスキルの高さと 初心者にもとても 分かりやすい解説が魅力ですね。 クセのない実況者で万人受けする、最初にポケモンの対戦実況見せるならダントツでオススメのお方です。 この方はめちゃくちゃ 運が悪く、大事な場面で運負けがかなり多いのですが、その場面でも冷静に淡々と 機械の様に処理する姿が面白いです。 ペリカンさんはUSUM時代では、後半のシーズンになるとあまりポケモン実況を出されていなかったのですが 最近ソードシールドでポケモンの対戦実況をまた投稿され始めました。 とても嬉しいです。 あの有名なニコ生配信者で、youtube同時接続11万人を超える視聴者を叩き出した 加藤純一さんもこのペリカンさんを参考にされています。 もこう みなさんご存知 適正レート1300の呼び声高い、ポケモン実況界の王こともこうさんです。 レートチャンネル登録数約104万人でポケモン実況界ではレジェンドに位置するこのお方ですが もともと四世代であるDP時代にゲーム実況を投稿しており、その時の投稿タイトルである厨ポケ狩り講座で一躍時の人となりました。 その頃の名残から もこう先生、と呼ばれることが多いもこう先生ですが、猿の王とも呼ばれることがあります。 そんな彼ですが、はっきり言って ポケモンの 実力はとても低いです。 ですが彼の発狂具合や時たまに出る名言。 そして 実況大会など大きな大会ではまるで普段と違うプレイングを発揮し、 王の豪運と巷では話題が尽きない人です。 マリカやシャドウバースなどの実況もプレイしているので是非ご覧になってください。 ぷよぷよは プロだそうです。 伝説の厨ポケ狩り以来の先生感が出てきています。

次の