尼崎 精神科。 兵庫県尼崎市の精神科一覧

精神科のご紹介

尼崎 精神科

当センター精神科の役割は、精神疾患患者さんの重症身体合併症に対して、身体疾患の治療と精神科疾患の治療を円滑に提供していくことです。 、と各診療科と連携して、身体合併症をもつ精神疾患患者さんの入院治療を行うことを基本方針としています。 精神科病棟には、「合併症を伴う精神疾患」に対応するための許可病床8床を設けており、精神保健福祉法に基づく入院治療を行います。 兵庫県における唯一の精神科身体合併症専門の病棟として、精神科医療の基幹病院である兵庫県立ひょうごこころの医療センターをはじめとする精神科医療機関と相互に連携して、精神保健福祉関連機関とともに、精神疾患患者さんの身体合併症に対して高度な医療を提供して精神保健医療福祉の向上に寄与することを目的としています。 精神科病棟では、患者さんが安心して身体合併症の治療が受けられるように、からだとこころのケアを専門にしたスタッフが24時間対応いたします。 切れ目のない専門的対応を提供し精神科病棟の運用安定までには4ヶ月程の期間を要しましたが、現在は順調に稼動しています。 閉鎖病棟を持つ精神科の体制が整うことは総合病院の身体救急医療体制にとって必要なシステムであると考えています。 精神科機能が病院の診療体制として整備され、多職種とともに積極的に活動することで病院全体への細かなニーズに対応することができ始めたと考えています。 今後、スタッフの専門的知識と技能やコミュニケーションスキルの向上をさらに図りながら機能を少しずつ拡大し、より専門的なサービスの準備などをしていく予定です。 精神科らしさをさらに発揮するためには、安全で安心できるこころの治療のための時間や空間が必要であるとの考えに基づいて、患者さんのこころとからだのケアサポートに磨きをかけていきます。 不眠、夜間せん妄や術後のせん妄(意識障害)、不安抑うつ状態、認知症にともなう行動・心理症状、アルコールや薬物の離脱症状、内分泌疾患や自己免疫疾患にともなう精神症状、ステロイドやインターフェロンによる精神障害などへの対応、精神科薬物療法の調整、精神神経機能評価などを行います。 終末期医療や透析・移植にともなう種々の心理学的問題もサポートしております。

次の

尼崎市の心療内科・精神科 かやはらクリニック

尼崎 精神科

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に受給者証の有効期限を迎える方は、 手続き不要で更新した扱いとします(更新申請書の提出の必要はありません)。 当該支給認定の有効期間は、現に所持している受給者証の 有効期間に 1年を加えた期間です。 現在、交付されている受給者証を引き続き使用しますので大切にお持ちください。 なお、所得区分や健康保険証の変更など 変更申請等の手続きの必要が生じた場合、申請が必要です。 添付の資料をご確認ください。 自立支援医療費制度 精神障害者の通院医療に必要な医療費の一部を公費で負担する制度です。 新規申請手続きに必要な書類(自立支援医療のみ申請する場合)• 申請書• 通院治療を受けている主治医の診断書 医療機関を複数申請する際には、それぞれの医療機関の診断書等が必要)• 受診者の医療保険証の写し(生活保護の方は受給を証明するもの)• 自立支援医療(精神通院)申請等に関する申立書• マイナンバーカード(または通知カード及び身分を証明するもの)) 市民税課税証明書が必要な場合があります。 詳細については、「自立支援医療(精神通院)、精神障害者保健福祉手帳の手続きについて」をご確認ください。 医療機関複数指定申請の取り扱いについて 平成30年11月1日以降、以下の場合は新たに書類が必要です。 ・複数の医療機関の申請には、診断書または意見書が必要となります。 ・訪問看護の指示書のコピーが必要となる場合があります。 複数の医療機関で診察を受けている方 新規申請(または診断書添付の更新申請)のときに、登録を希望するすべての医療機関の診断書を提出してください。 (備考欄に互いの医療を了解していること、複数の指定が必要な理由を書いてもらってください。 有効期間の途中で新たに医療機関を追加する場合は、追加する医療機関の診断書を提出してください。 別の医療機関で検査・デイケアを受けている方 新規申請(または診断書添付の更新申請)のときに、意見書または診断書を追加で提出してください。 有効期間の途中で新たに別の医療機関で検査・デイケア等を受けるときに、提出してください。 (意見書は下記兵庫県ホームページからダウンロードすることができます。 ) 3. 新たに訪問看護を利用される方、複数の訪問看護を利用される方 訪問看護(精神科の訪問看護に限ります)の指示書のコピーを提出してください。 なお、診断書添付の更新申請と同時の場合は、診断書で訪問看護の指示内容を確認しますので、指示書のコピーは不要です。 申請窓口 北部保健福祉センター北部地域保健課 南部保健福祉センター南部地域保健課 各地区(保健・福祉申請受付窓口) 保健所疾病対策課 有効期限 有効期限は1年です。 更新される場合には、更新の手続きが必要です。 手続きは有効期限満了の3カ月前から行う ことができます。 有効期限内に手続きを済ませてください。 更新に必要な書類は、新規申請の場合とほぼ同様ですが、診断書の提出は2年に1回です。 申請書等ダウンロード 以下「関連情報」の兵庫県電子申請共同運営システム 申請書・診断書等ダウンロードサービスより必要書類様式をダウンロードしてお使いください。 なお、申請等に関する申立書については、兵庫県のサイトにはありませんので、下記ファイルをダウンロードしてご利用ください。 診断書のサイズはA3が基本です。 本人氏名と医師氏名が同一の紙に記載されていることが必要です。 それ以外で作成する場合は以下の方法で作成してください。 自立支援医療 精神通院)用関係様式.

次の

尼崎市の心療内科・精神科 ありまこうげん診療所 精神科デイケア・往診

尼崎 精神科

コンセプト Concept• 安 心 患者様がリラックスして治療を受けることができるような配慮や環境づくりに努めます。 また、患者様が理解、納得して治療を受けていただくことができるように、丁寧な説明を行い、質問にもお答えします。 安 全 効果が強力であっても、副作用が強すぎては患者様に多大な負担を強いることになります。 患者様の心身に大きな負担を強いらない治療を提案します。 全体性 こころの不調は、何らかの原因で心身のバランスが崩れたときに生じます。 生活習慣や生活環境を含めた患者様全体を診ていくアプローチによって、こころもからだも元気になっていけるよう努めます。 個別性 患者様によってストレスの状況や許容範囲は異なります。 したがって、必要な検査や治療、ニーズも異なります。 患者様の意思、自己決定を尊重しながら、最適な治療を提供します。 統 合 一つの検査、治療法ではうまくいかない場合もあります。 様々なアプローチを組み合わせることによって、回復のお手伝いをします。 自己治癒力 患者様には、良くなろう、バランスを取り戻そうという自己治癒力が備わっています。 治療に来られる方は、何らかの原因で自己治癒力がうまく働いていないと考えます。 症状を和らげるだけではなく、自己治癒力に働きかけるような治療を提案します。

次の