ピザ 生地 レシピ もちもち。 本格的ピザの生地レシピが知りたい!もちもちやクリスピーにする方法など様々解説

ごはんとは思えない新しい食感! カリカリもちもち「ごはんピザ」【今日の時短ごはん Vol.31】

ピザ 生地 レシピ もちもち

<作り方> 1、ボウルにごはんとかたくり粉を入れてスプーンでよく混ぜる。 2、軽く丸めてラップをしいたまな板に出し、上からもラップをかけて綿棒で円形に薄く伸ばす。 3、フライパンにオリーブオイルを入れて中弱火にかけ、フライパンが温まったら2を入れる。 4、裏側がカリカリに焼けたらひっくり返し、トマトケチャップ、とうもろこし、ツナフレーク、ピーマンを入れてふたをする。 5、裏側がカリカリに焼けたら器によそう。 え? これがごはん!? というくらい、 クリスピーでモッチモチ! ピザそっくりな見た目に、お子さんも喜ぶことと思います。 冷蔵庫にあるお野菜、いろいろなものを「ごはんピザ」にトッピングして楽しんでみてくださいね。 カリカリに焼けたトマト味は、きっとお子さんが喜ぶ味です。 トマトケチャップの代わりにカレー粉をごはんにまぶしたり、「ごはんピザ」の上にカレーをのせてもなかなかいけますよ。 ブルスケッタ風にしたり、シーザーサラダをのせたり、フルーツやジャムをのせてデザートピザにしたり、アレンジは自在! 「ごはんピザ」のバリエーションを楽しんでくださいね。 日本のごはん離れを救う!? 今までありそうでなかった「ごはんピザ」。 生地づくりはあっという間。 10分で作れるので、ぜひお試しください。 がおいしい! フルータリアンさん 16:21• がおいしい! TOTOROさん 16:03• がおいしい! ゲストさん 15:53• がおいしい! ゲストさん 15:22• がおいしい! めありーさん 15:03• がおいしい! ゲストさん 14:55• がおいしい! ゲストさん 14:55• がおいしい! ゲストさん 14:52• がおいしい! ゲストさん 14:30• がおいしい! ゲストさん 14:25• がおいしい! ゲストさん 14:15• がおいしい! ゲストさん 13:32• がおいしい! ゲストさん 12:50• がおいしい! ゲストさん 12:06• がおいしい! ゲストさん 11:27.

次の

ピザ生地

ピザ 生地 レシピ もちもち

自宅で簡単に、しかも失敗なくもちもちとしたピザ生地を失敗なくできる作り方をご紹介します。 いつもピザを購入しているあなたも、このレシピ通りに作れば必ずできます。 ピザ生地はさまざまな種類がありますが、この記事では「ふっくらもちもちのピザ生地」レシピとなります。 基本的に2回の発酵をおすすめしますが、時間がかかります。 なので、今回は1回の発酵だけでなのに2回発酵したかのようなコツも併せてご紹介します。 今回のレシピで覚えておきたい ポイントは6つ!• 生地は強力粉と薄力粉のダブル使い• 生地をこねる前に「ドライイーストと塩のポジション」を確保!• 手ごねで生地はできる!• ぬるま湯の水分量はいつも違って当たり前!• 生地は日向ぼっこで発酵!• 生地にミミを作ってあげよう! このポイントを頭の隅においてレシピをご覧くださいね。 記事後半ではそれぞれを詳しく解説しています。 基本、むずかしいことはありません。 生地の仕上がりを左右するのは、• こねと水分が足りない• 発酵不足 の2点。 分かっていてもうまくいかないことってありますよね。 わかります、その気持ち。 又、ご利用のクッキングシートのメーカーが提唱する注意事項も必ずご確認をお願い致します。 [message]• info-circle コツ• ・〈手順2〉にて触れていますが、ぬるま湯は180㏄を最初上限として注ぎます。 その日の気温や粉の状態によって必要とする水分が違いますので、こねながら手に水分をつけて生地を仕上げてください。 ・生地を「 冷凍保存する場合」は、ピザ1枚分の生地を丸めてオリーブオイル(もしくはサラダ油)を表面に塗り、ラップで空気が入らないように包み、冷凍庫へ入れます。 解凍する時は前の晩に冷蔵庫へ移して自然解凍します。 使う時にもう一度生地を軽くこねることをお忘れなく!冷凍保存は長くても半月程度を目安にしてください。 「ピザ生地の作り方」の6つのポイント• 生地は強力粉と薄力粉のダブル使い• 生地をこねる前に「ドライイーストと塩のポジション」を確保!• 手ごねで生地はできる!• ぬるま湯の水分量はいつも違って当たり前!• 生地は日向ぼっこで発酵!• 生地にミミを作ってあげよう! では、くわしく解説していきます 生地は強力粉と薄力粉のダブル使い 強力粉を購入すると、袋の裏にパンやピザの作り方が掲載されていますが、それらを見ると、生地の材料には「強力粉」のみを使った方法で紹介されていることがあります。 もちろん、強力粉だけでピザ生地を作ることはできます。 記事冒頭でも書きましたが、生地の種類はいくつもあるので「これが正しい方法」というのはありません。 薄力粉を加えることで伸びがよく、発酵した時にも生地がよく伸びるので膨らみもよくなります。 生地をこねる前にドライイーストと塩のポジションを確保! 一緒に生地に入れてこねるのに?と、思われますよね。 「それなら塩を入れなければいいのに。 」と再び疑問がでますよね。 でも、塩を加えないとドライイーストは過剰な発酵をしてしまうので、塩はいい意味でブレーキをかけてくれる存在。 そのため、生地のキメが塩を入れることで粗くならない。 なにより、他の料理でも入れることですが、「塩を入れないとちょっと淡白な味」になりますよね。 ただ、生地をこねる前段階でこの両者が合わさると発酵が抑えられてしまいます。 離れた場所にまずは置いて、 ぬるま湯をドライイーストに注いでまずは発酵のスイッチを入れてから生地をこねることをお忘れなく! これはパン生地作りにも同じことが言えるので覚えておくと便利ですよ。 手ごねで生地はできる! 便利なホームベーカリーでちゃっちゃと生地をこね混ぜてあとは伸ばして焼くだけ!というのも有りですが、実際に手でこねるといっても数分で終わりますし、手に伝わる感触で生地の状態がよくわかります。 ぬるま湯の水分量はいつも違って当たり前! 手ごねで生地を作ることで、ぬるま湯の水分量も細かく調整できます。 メーカーによって粉類の特徴も違いますし、その日の天候によって生地が必要とする水分量が微妙に違います。 生地は日向ぼっこで発酵! 生地の発酵は(ホームベーカリーで作る場合は当てはまりませんが)、ボウルにラップをしっかりかぶせで日向に1時間程度置いておくだけでできます。 私の場合は太陽の光が届き、直接地面に置かない場所に置いて発酵という名の日向ぼっこ(日光浴)で発酵をします。 夏などは流石に日差しが強すぎるので過発酵にならないよう、生地に濡れ布巾をかぶせてからラップをかぶせたりして気をつけます。 (気温が高いと発酵が進み過ぎてしまうので、生地の表面に気泡が出ないように発酵する時間を短くしてください。 こねと水分が足りない• 発酵不足 という、最大の仕上がりを左右大きな問題は、• こねは生地が均一のしっとりするまでこねることで解決!• 水分は気温や粉の種類によって違いがでるので、その都度こねながらまずは180㏄加え、その後は手に水をつけながらこねることで解決!• 発酵不足を生む原因はドライイーストと塩をはじめから混ぜないこと、そして生地を日向ぼっこさせることで解決! ということになります。 生地の硬さは「耳たぶ程度」や「ほほを摘まんだ時の弾力」が目安となります。 銀木のひとりごと! 今はピザの宅配や通販も当たり前のようにありますが、実は自分で作った方がコストパフォーマンスもよく、好きな食材をのせられるという嬉しい点が多いのです。 確かに、発酵時間を含めると時間はかかります。 ですが、コツにも書きましたが冷凍保存することができるので時間があるときに複数枚分の生地を作って冷凍保存しておけばいつでも食べることができます。 なんてつらつらと書いてきた私ですが、ここに辿り着くまでに4年くらいかかりました。 はじめは薄力粉を加えない生地で作り、その後は塩を加えないで作ってみたり・・・まさに試行錯誤の連続で消えていったピザ生地レシピはいくつもあります。 でも、続けてきたことで「ふっくらもちもちのピザ生地の作り方」を見つけ出してこうやってブログ記事をしてあなたの前にご提供することができたのでこれまでのことも無駄ではなかった、そう思えます。 はじめからうまく作れることはありません。 でも、このレシピを参考にして作ることであなたの「うまく作れない時間」はなくなり、圧倒的においしいピザ生地を作ることがすぐできます。

次の

本格的ピザの生地レシピが知りたい!もちもちやクリスピーにする方法など様々解説

ピザ 生地 レシピ もちもち

ピザ生地 ピザ生地の材料、作り方、注意したいポイントを紹介します。 失敗しない為に、材料の重量はきちんと量りながら作ってみて下さい。 材料(2枚分)• 強力粉・・・・・・・200g• ドライイースト・・・小さじ1• 砂糖・・・・・・・・少々(親指と人差し指でつまんだくらいの量)• 牛乳・・・・・・・・80㎖• バター・・・・・・・20g 作り方• 生地を寝かせる。 指で押して(フィンガーテスト)、あとがついたら完了!• 鉄板に広げる。 ポイント ボールに、小麦粉、イースト、砂糖、塩を入れる際は、上の図のように入れるようにしてください。 小麦粉にイーストを混ぜるとき、 砂糖を近くにおいて、塩は遠ざけます。 塩とイーストを一緒にすると、ピザ生地が膨らまなくなります。 砂糖は、イーストの養分として、発酵を盛んにしてくれるので、イーストの近くにおきます。 ピザソース ピザソースは市販のものを使っても良いと思います。 市販のピザソースは、簡単に使うことができてとても便利です。 ただ、せっかくピザ生地を作ったら、ピザソースも自分で作ってみたいと思いませんか? とても簡単にできるので、ピザソースもぜひ自分で作ってみて下さい。 今回は、定番のトマトベースのピザソースのつくり方をご紹介します。 カットトマト(缶)・・・2缶• にんにく・・・・・・・・1片• オリーブオイル・・・・・大さじ1• オレガノ・・・・・・・・少々 作り方• にんにくをみじん切りにして、オリーブオイルで炒める。 にんにくはオリーブオイルが冷たいときに入れる。 トマト缶を加え、潰しながら火にかける。 水分を飛ばしたら火を止めて、オレガノを入れる。 できたら、ピザ生地に塗る。 おすすめピザの具 あとは、ピザに具をのせて焼くだけです! 今回は、私がおすすめする、 サラミバジルピザと シーフードピザの具材をご紹介します。 参考にしてみて下さい。 これじゃなければいけない!という決まりはないので、自分の好きな具材をのせて、色々なピザを楽しんで見て下さい。 サラミバジルピザ• サラミソーセージ・・・40g• トマト・・・・・・・・80g• バジル・・・・・・・・少々• チーズ・・・・・・・・100g *サラミソーセージ、マッシュルーム、トマトは薄切りにして、生地に並べたら、その上からチーズをかけて下さい。 焼き上がった後に、バジルをのせます。 シーフードピザ• シーフードミックス・・200g• ピーマン・・・・・・・1個• チーズ・・・・・・・・100g *シーフードミックスは、ワイン(なければ料理酒)をかけて炒め、生地に並べたら、マッシュルーム、ピーマン、玉ねぎをのせ、その上からチーズをかけて下さい。 まとめ いかがでしたか? 意外と、ピザ生地をつくるのは難しくないです。 ピザ生地ができたら、あとはその上に好きな具材をのせて焼くだけなので、とても簡単です! おうちでピザが作れたらとても楽しいですよ。 友達や家族、彼氏、誰とでも一緒に楽しむことができます。

次の