アイキャッチ画像 フリー素材。 ブログのアイキャッチ画像に!おしゃれなフリー素材サイトおすすめ8選|Good Luck Have Fan

最高のアイキャッチ画像に出会える!画像素材選びに役立つサイト集

アイキャッチ画像 フリー素材

ブログを公開する時、アイキャッチ画像を設定している方は多いでしょう。 そもそもアイキャッチ画像とは、その名の通り、eye(目)をcatch 捕らえる する画像です。 ユーザーの目を惹き、記事を読んでもらう可能性を引き上げる目的もあります。 ですので、ただ適当に画像を選ぶわけでなく、ユーザー目に留まりやすい画像を選び抜くある程度のセンスが必要なわけです。 しかし記事を投稿する度に内容にあった画像を吟味するのは、なかなか手間のかかる作業ですよね。 今回はハイクオリティな画像や写真をサクッと見つけられるフリーの画像素材サイトをご紹介いたします。 各サイトの素材の著作権、ライセンス等は更新時点のものですので、活用する際は必ず各運営元でご確認ください。 「フォトマルシェ」 プロのデザイナーが一枚一枚レタッチをかけたハイクオリティな写真素材が揃ったフリーの素材サイト。 有料クラスのフォトを無料で提供することを目的に運営されています。 弊社運営のウェブサービスです。 「Pixabay」 有料の素材サイト(一部無料も有り)のを彷彿とさせるUIの「Pixabay」 会員登録不要で、すべての画像や動画が無料でダウンロード可能です。 さらに著作権フリーですので簡単に画像をダウンロードし、自由にレタッチなどを施したり、商用利用することも可能です。 写真だけでなく、動画やイラスト、ベクター画像()まで揃っているところが魅力的です。 また、WordPressであればを使えば投稿画面からアイキャッチを直接入れることができます。 「Unsplash」 Unsplashではイラストや動画はなく、ハイクオリティな写真のみになります。 こちらも会員登録不要で、無料でダウンロードでき、もちろん商用利用も可能です。 サイトのデザインもスタイリッシュですので、いくらでも美しい画像を探してしまいそうですね。 また著作権フリーですので、上記「Pixabay」の写真のみバージョンといってもいいでしょう。 「BURST」 こちらも上記2点と同じく、著作権フリーで会員登録不要のフリー画像素材サイトです。 ネットショップを簡単につくれるサービスを提供しているShopifyが運営しているサイトになります。 最大の特徴は、ダウンロード時に高解像度、低解像度を選択できることです。 表示サイズや印刷物など、目的別に解像度を変更できるのが便利ですね。 「PAKUTASO」 人物写真、風景ともに質が高い上、数も豊富に揃っています。 こちらは日本人が運営するサイトで、インターネット上で一度は見たことのあるモデルさんも運営に携わっております。 日本のフリー素材や、キャッチーでコミカルな素材が多い印象です。 「skyseeker」 こちらは空や、雲といったジャンルに絞られているフリーの写真素材サイトになります。 元気象予報士といった経歴を活かした運営者の空の状態や、雲の流れをキャプチャーした写真が魅力的です。 商用利用でも無料で利用できるようですが、「skyseeker」というクレジットを明記する方がベターなようです。 詳しくは下記サイトのプロフィールをご覧ください。 「BEIZ images」 和を感じる美しい写真や風景が豊富なギャラリー形式のサイトです。 写真や画像がすべて無料で、会員登録や、クレジット表示等が一切不要なことも特徴的です。 サイトの説明にもある通り、面倒な手順を踏まずに限りなく自由に画像を扱えるので、気軽に利用できますね。 「タダピク」 こちらはフリー画像素材のサイトというよりは、フリーの画像素材を複数のサイトを跨いで調べることのできる、検索エンジンです。 複数のサイトを同時に検索することができるので、効率よく画像を見つけられるかもしれません。 日本のサイトだけでなく、一部海外のサイトも検索結果に含まれていますので、「京都 OR Kyoto」などと入力することで、幅広い検索結果を瞬時に閲覧することができます。 「PhotoAC」 こちらは会員登録が必要なユーザー投稿型の写真素材サイトです。 日本人の登録者が多いのか、日本に関する写真が多い印象です。 無料会員ではダウンロードの待ち時間や、ダウンロード数に制限が設けられています。 有料会員のプランも用意されており、無料会員ではダウンロードできない素材も用意されているようです。 まとめ フリー画像素材のサイトは上記以外にも数多く存在します。 中でもセンスの良い、使いやすそうなものをご紹介致しました。 一見会員登録不要なサイトがもっとも使いやすそうです。 しかし言い換えれば、大多数の方が活用しやすいともいえます。 つまり、会員登録が必要なサイトの素材、著作権表示が必要なモノや、有料の画像素材を使用すればオリジナリティを出せるともいえるわけです。 Webサイトやブログのコンテンツにもよりますが、アイキャッチ画像の比重が高いものは、無料でも会員制のサイトや有料のサイトを活用するのも一つの戦略ともいえるでしょう。 世界中から厳選した34サイトを下記の記事にもまとめていますので、よろしければご覧ください。

次の

アイキャッチ画像作成におすすめフリーアプリ「Canva(キャンバ)」

アイキャッチ画像 フリー素材

こんにちは。 伊藤です。 ブログをやっていて何かと必要になるのが画像です。 だけど一点だけ注意してくださいね。 グーグルの画像検索などで適当に写真や画像を見つけて、ブログに使うのは著作権法に違反する場合があります。 アイキャッチ画像に使ったり、ブログの本文中に挿入したり、いろいろ使い勝手が良いのがフリー画像です。 他のブログで使っている画像を勝手に拝借するのもNGですから、くれぐれも気をつけてくださいね。 ブログで使う画像は自分で撮影したものを使うか、もう一つはフリー画像をインターネット上から取得する方法があります。 今回はネット上で、ブログのアイキャッチ画像に最適なフリー画像をゲットする方法をご紹介します! 目次• アイキャッチ画像の効果って? アイキャッチ画像の効果は、ブログ読者を引き付けることにあります。 魅力的な画像や写真をアイキャッチ画像に使うことで、読者に思わずクリックしてもらいたくなるようなアイキャッチを作ることができます。 例えば以下の写真を見てください。 あなたならどっちをクリックしたくなりますか? まずコチラをご覧ください。 ただの札束の写真ですよね。 マネー関係の記事を書くときに、どういった札束のアイキャッチをたまに見かけますが、あまりインパクトは無いですね。 こっちの画像はどうでしょうか。 同じように札束の写真ですが、さきほどの写真よりもどことなくリッチな感じがしませんか。 マネー系のハウツー記事で、コチラの画像をアイキャッチにすれば、どことなく稼げるような気がしてくるから不思議です。 さらに、 Canvaというツールを使えば、こんな風にさらに理想的なアイキャッチ画像を作ることができます。 どうでしょう? 副業に興味のある方なら、思わずクリックしてしまいそうなアイキャッチ画像ができてきました。 アイキャッチ画像に使うフリー画像次第で、あなたの記事がクリックされるかどうか、閲覧されるかどうかが決まるといっても過言ではありません。 先程少しだけ触れたCanvaの使い方については、コチラで記事にしていますので、今回ご紹介するアイキャッチに使えるフリー画像の取得方法と合わせて、是非ご活用ください。 アイキャッチ画像に最適!フリー画像の入手先を大公開!! それでは本日の本題、あなたのブログのアイキャッチ画像に、今から使えるフリー画像の入手先を大公開していきます。 すべて無料で利用できるサイトのみを紹介していきますので、まずは使ってみてくださいね。 Pixabay:海外の人物・風景ならコレで決まり! 目鼻立ちの整った外国人の写真や、ヨーロッパの建築物など、オシャレな雰囲気漂う海外系のフリー画像が欲しいなら、Pixabayで決まりです。 常に100万枚以上のフリー画像の中から、あなたにピッタリの画像を検索することができます。 Pixabayは。 PAKUTASO:日本人のユニークな人物写真が満載! インパクト抜群の写真を使いたいならPAKUTASOがおすすめです。 こんなインパクト抜群の写真を無料でダウンロードすることができますよ。 人物以外の風景写真なども豊富ですので、使ってみる価値はありそうですね。 PAKUTASOは。 1点だけ注意!! PAKUTASOはかなり利用者が多いです。 他のブログと同じような写真を使うと、読者に「ありきたりなブログだなー」という印象を与えてしまいます。 Canvaを活用して、文字を入れたり複数の画像を組み合わせたりして、自分独自のアイキャッチ画像素材として使うのがいいですね。 O-DAN:とのかく画像の量が多いフリー画像サイト とにかくたくさんの画像の中から、フリー画像を探したい!そんなあなたには、O-DANがおすすめです。 検索窓にキーワードを入力するだけで、大量の検索候補の中から画像が選びたい放題です。 O-DANは、複数のフリー画像サイトの横断検索を自動で行ってくれます。 試しに「お金」というキーワードで検索した、検索結果を以下に添付します。 左端の赤枠内のように、複数サイトの検索結果がずらーっと一覧表示されます。 この検索ボリュームの多さがO-DANの特徴です! まとめ• ブログのアイキャッチ画像次第で、読者があなたの記事をクリックするかどうかが決まる。 アイキャッチ画像にはフリー画像サイトを使うのがオススメ。 Pixabay, PAKUTASO, O-DAN この3つのフリー画像サイトを使えばだいたいの無料画像は揃いますよ。 今回はブログ作成に何かと便利なフリー画像サイトを3つご紹介しました。 この3つを使えば、あなたのブログ記事の題材が何であれ、だいたいの画像を揃えることができますよ。 是非一度試してみてくださいね。 『稼ぐこと』に特化した情報発信メルマガ ただひたすらに『稼ぐこと』に特化した情報発信メルマガを始めました。 ネットビジネス開始10ヶ月で月収300万円稼いだ私のノウハウ『クロスメディア戦略』を余すところなく解説しています。 情報発信メルマガ登録で、動画教材:情報発信成功へのロードマップ をプレゼントします!• ブログだけ• YouTubeだけ• Twitterだけ• メルマガだけ 単一のメディアだけで稼げる時代はとうの昔に終わっています。 これからは複数メディアを組み合わせた『クロスメディア戦略』で収益化しないと稼げませんし、環境変化に適応して稼ぎ続けることも不可能です。 情報発信メルマガでは、私が実際に収益を伸ばしていったノウハウをレクチャーします。 これから情報発信にチャレンジする方、情報発信でうまく収益化できていない方は是非登録してみてくださいね。 【2018年】 1月: せどり開始 2月: アドセンスブログ開始 3月: せどりで月収30円達成 4月: 情報発信を開始 5月: せどりツアーなど独自企画を開始 7月: 情報発信で月収100万円を達成 8月: アドセンス収益月収10万円達成 10月:情報発信で月収300万円を達成 12月:せどりツアー累計100名突破! 【2019年】 1月:メインブログ月間5万PV突破 2月:YouTube開始&登録者2,000人突破 4月:せどりツアー累計150名達成 5月:アフィリエイト月収20万円突破 6月:メインブログ月間10万PV突破 7月:note開始&初月20万円売上達成 8月:YouTube登録者1万人突破 12月:YouTube登録者2万人突破 【2020年】 1月:ブログ月間20万PV突破 2月:月収1,000万円突破.

次の

ブログのアイキャッチ画像に使えるおしゃれなフリー素材8選

アイキャッチ画像 フリー素材

ブログを公開する時、アイキャッチ画像を設定している方は多いでしょう。 そもそもアイキャッチ画像とは、その名の通り、eye(目)をcatch 捕らえる する画像です。 ユーザーの目を惹き、記事を読んでもらう可能性を引き上げる目的もあります。 ですので、ただ適当に画像を選ぶわけでなく、ユーザー目に留まりやすい画像を選び抜くある程度のセンスが必要なわけです。 しかし記事を投稿する度に内容にあった画像を吟味するのは、なかなか手間のかかる作業ですよね。 今回はハイクオリティな画像や写真をサクッと見つけられるフリーの画像素材サイトをご紹介いたします。 各サイトの素材の著作権、ライセンス等は更新時点のものですので、活用する際は必ず各運営元でご確認ください。 「フォトマルシェ」 プロのデザイナーが一枚一枚レタッチをかけたハイクオリティな写真素材が揃ったフリーの素材サイト。 有料クラスのフォトを無料で提供することを目的に運営されています。 弊社運営のウェブサービスです。 「Pixabay」 有料の素材サイト(一部無料も有り)のを彷彿とさせるUIの「Pixabay」 会員登録不要で、すべての画像や動画が無料でダウンロード可能です。 さらに著作権フリーですので簡単に画像をダウンロードし、自由にレタッチなどを施したり、商用利用することも可能です。 写真だけでなく、動画やイラスト、ベクター画像()まで揃っているところが魅力的です。 また、WordPressであればを使えば投稿画面からアイキャッチを直接入れることができます。 「Unsplash」 Unsplashではイラストや動画はなく、ハイクオリティな写真のみになります。 こちらも会員登録不要で、無料でダウンロードでき、もちろん商用利用も可能です。 サイトのデザインもスタイリッシュですので、いくらでも美しい画像を探してしまいそうですね。 また著作権フリーですので、上記「Pixabay」の写真のみバージョンといってもいいでしょう。 「BURST」 こちらも上記2点と同じく、著作権フリーで会員登録不要のフリー画像素材サイトです。 ネットショップを簡単につくれるサービスを提供しているShopifyが運営しているサイトになります。 最大の特徴は、ダウンロード時に高解像度、低解像度を選択できることです。 表示サイズや印刷物など、目的別に解像度を変更できるのが便利ですね。 「PAKUTASO」 人物写真、風景ともに質が高い上、数も豊富に揃っています。 こちらは日本人が運営するサイトで、インターネット上で一度は見たことのあるモデルさんも運営に携わっております。 日本のフリー素材や、キャッチーでコミカルな素材が多い印象です。 「skyseeker」 こちらは空や、雲といったジャンルに絞られているフリーの写真素材サイトになります。 元気象予報士といった経歴を活かした運営者の空の状態や、雲の流れをキャプチャーした写真が魅力的です。 商用利用でも無料で利用できるようですが、「skyseeker」というクレジットを明記する方がベターなようです。 詳しくは下記サイトのプロフィールをご覧ください。 「BEIZ images」 和を感じる美しい写真や風景が豊富なギャラリー形式のサイトです。 写真や画像がすべて無料で、会員登録や、クレジット表示等が一切不要なことも特徴的です。 サイトの説明にもある通り、面倒な手順を踏まずに限りなく自由に画像を扱えるので、気軽に利用できますね。 「タダピク」 こちらはフリー画像素材のサイトというよりは、フリーの画像素材を複数のサイトを跨いで調べることのできる、検索エンジンです。 複数のサイトを同時に検索することができるので、効率よく画像を見つけられるかもしれません。 日本のサイトだけでなく、一部海外のサイトも検索結果に含まれていますので、「京都 OR Kyoto」などと入力することで、幅広い検索結果を瞬時に閲覧することができます。 「PhotoAC」 こちらは会員登録が必要なユーザー投稿型の写真素材サイトです。 日本人の登録者が多いのか、日本に関する写真が多い印象です。 無料会員ではダウンロードの待ち時間や、ダウンロード数に制限が設けられています。 有料会員のプランも用意されており、無料会員ではダウンロードできない素材も用意されているようです。 まとめ フリー画像素材のサイトは上記以外にも数多く存在します。 中でもセンスの良い、使いやすそうなものをご紹介致しました。 一見会員登録不要なサイトがもっとも使いやすそうです。 しかし言い換えれば、大多数の方が活用しやすいともいえます。 つまり、会員登録が必要なサイトの素材、著作権表示が必要なモノや、有料の画像素材を使用すればオリジナリティを出せるともいえるわけです。 Webサイトやブログのコンテンツにもよりますが、アイキャッチ画像の比重が高いものは、無料でも会員制のサイトや有料のサイトを活用するのも一つの戦略ともいえるでしょう。 世界中から厳選した34サイトを下記の記事にもまとめていますので、よろしければご覧ください。

次の