かく とう タイプ 弱点。 かくとうタイプ(ポケモン)

かくとうタイプ(ポケモン)

かく とう タイプ 弱点

ポケモン おすすめ理由 高い攻撃力と技威力を持ち、かくとう単タイプとしてノーマル・はがねなど有利な相手に活躍。 ジム防衛で人気な、カビゴンやハピナスの対策に適したポケモンです。 かくとうタイプではHPが非常に高く、防衛もこなせるポケモンです。 攻防両方こなせる数少ない優秀なポケモンになっています。 高い攻撃力を持つかくとう・エスパー複合ポケモンです。 技威力も高く弱点も少ないため、さまざまなポケモンと相手ができます。 エスパータイプの技も使えるので、相性有利な対かくとうタイプに使うのもあり。 高めの攻撃をはじめ全体的に平均以上の種族値を持っています。 技も強力なものが多く、ダメージ要員として抜群の働きができます。 防御力が低めなので倒されやすいものの、カイリキーを超える高い攻撃力を持っています。 短い時間で大きなダメージを稼ぐことが可能です。 No ポケモン タイプ1 タイプ2 最大CP 639 3698 534 - 3337 214 3101 475 3093 68 - 3056 638 3022 640 3022 500 2982 257 2848 297 - 2829 539 - 2788 448 2703 392 2683 286 2628 62 2586 106 - 2576 538 - 2562 454 2488 107 - 2332 57 - 2288 560 2283 533 - 2169 237 - 2156 67 - 2031 499 1924 83 - 1674 256 1652 391 1574 308 1431 532 - 1315 66 - 1278 56 - 1164 447 - 993 559 982 453 952 296 - 817 307 693 236 - 492 No ポケモン HP 攻撃 防御 合計 639 209 260 192 661 534 233 243 158 634 638 209 192 229 630 640 209 192 229 630 297 302 209 114 625 500 242 235 127 604 214 190 234 179 603 475 169 237 195 601 68 207 234 159 600 538 260 172 160 592 62 207 182 184 573 257 190 240 141 571 539 181 231 153 565 392 183 222 151 556 448 172 236 144 552 560 163 163 222 548 106 137 224 181 542 286 155 241 144 540 454 195 211 133 539 107 137 193 197 527 237 137 173 207 517 533 198 180 134 512 57 163 207 138 508 67 190 177 125 492 499 207 173 106 486 256 155 163 115 433 83 141 174 114 429 308 155 121 152 428 391 162 158 105 425 532 181 134 87 402 66 172 137 82 391 559 116 132 141 389 56 120 148 82 350 296 176 99 54 329 453 134 116 76 326 447 120 127 78 325 307 102 78 107 287 236 111 64 64 239 かくとうタイプポケモン一覧(世代別).

次の

かくとうタイプ:ポケモン ダイヤモンド・パール・プラチナ攻略Wiki

かく とう タイプ 弱点

概要 フェアリー(妖精)という名のとおり、外見としては可愛らしいポケモンやメルヘンチックな雰囲気を持つポケモンが分類される。 より登場した最も新しいタイプ。 登場したばかりということもあってか、とほぼ同じ総数で、メガシンカを除くと一番少なくなる。 総数が33匹、既存のポケモンでフェアリータイプが追加されたポケモンは12種類である。 ポケモンカードゲームではからの登場し、そちらでもタイプに分類されていたが、からはタイプの分類に変更されている。 ポケモンとしてのフェアリータイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・タイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する• を持つと、ドラゴンタイプの技が当たるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとフェアリータイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとフェアリータイプになる。 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (以降)• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (以降)• (けんのおう) フェアリータイプの歴史 新しいタイプとして対戦環境のパワーバランスを大きく変えた。 で猛威を振るっていたやタイプはこのタイプを弱点とするために弱体化することになった。 また、攻撃面の強みが少なかったタイプとタイプはフェアリーの弱点を突けることで見直されるようになった。 ではポケモンランキング最上位の大部分をこのタイプが占めるほどになった。 これは対戦で重要な展開系の特性を持つがすべてこのタイプに属していたためである。 その他にも対戦ではメジャークラスのポケモンが多め。 その強さに対するバランス調整のためか、フェアリータイプのフィールドであるは他のフィールドと違ってフェアリー技を強化しない。 能力としてはに秀でている傾向がある。 弱点の2タイプも他のポケモンで半減しやすいため、サイクルに組み込みやすく、特にやタイプとシナジーを発揮する。 一方、が低め。 さらに物理技がしか存在しないため物理アタッカーには不向き、と思いきやがのや、専用のが使えるが存在するため見た目や数値以上のパワーがある。 第六世代 初登場したではフェアリータイプの新ポケモンは少なく、既存のポケモンに新タイプとして追加される形で数を増やした。 フェアリー自体をとすることから、フェアリータイプの実装は第五世代で冷遇されていたどくへの救済という意味合いもあった。 また、ドラゴンを無効にすることから、以前までは以外に耐性を持つタイプがいなかったドラゴンタイプの弱体化の意味も込めているといえる。 、、らはタイプが無くなった代わりに追加されている。 をはじめフェアリータイプが追加されたポケモンの多くは攻撃範囲が広がり強化され、やにはの選択肢も増えてそれぞれの強力なでパワーインフレを起こした。 メガシンカ以外でもはで桁違いな攻撃力を誇り、とはやを利用した戦法で活躍した。 フェアリータイプ初の伝説ポケモンであるはとのコンボにより伝説戦で最強の一角となった。 第七世代 新規ポケモンとなるやは強力な特性も相まって汎用性が高く、ルールを問わずほとんどのパーティで重宝された。 ただ、これらのポケモンがあまりにも突出していたため、他のフェアリータイプのポケモンは採用率が下がってしまったとも言える。 ではのを無効化するタイプとして重要性がさらに高まることになり、パーティに一匹はフェアリータイプを入れる形が定着した。 第八世代 前作で猛威を振るったは存在せず、ミミッキュのも弱体化されるなどの調整がされ、全体的には弱体化はしている。 新ポケモンにして初のタイプとの複合タイプであるは、現在、環境トップのを止められるポケモンとして評価されているなど、価値自体は失われていない。 わざとしてのフェアリータイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• フェアリーわざの威力を上げるとして、がある。 フェアリーわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• とくせいがのポケモンの出すノーマルわざは、フェアリータイプとして扱われる。 とくせいがのポケモンが場にいると、フェアリーわざの威力が1. 3倍になる。 さらに、とくせいがのポケモンが場にいると、その効果は逆になる。 フェアリータイプを好むポケモントレーナー• から追加された。 このタイプの登場により、まで一部の例外を除き弱点なしだったとに弱点ができてしまった。 のによるも対応しており、タイプ用プレートとしてが追加された。 フェアリータイプのは現在存在しない。 フェアリータイプ単独のポケモンは、タイプのわざを覚えると、苦手なタイプ両方に弱点をつける。 ただし、当てはまるポケモンでを覚えられるのはとのみ。 などはを覚えられたが、ではあなをほるのがなくなったため、覚えられなくなったがで再び覚えられる。 また、どくタイプやはがねタイプには持ちが多いため、地面技を覚えるだけでは対策できないことがある。 複合タイプを持たないのは・。

次の

ポケモンで弱点が4倍ダメージになるポケモンを教えてください。(歴代ポケモン含...

かく とう タイプ 弱点

つかうと はんどうで じぶんの とくこうが がくっと さがる。 ゆめくい 100 100 15 特殊 単体 ねている あいての ゆめを たべて こうげきする。 ダメージの はんぶん HPを かいふくする。 サイコキネシス 90 100 10 特殊 単体 つよい ねんりきを あいてに おくって こうげきする。 あいての とくぼうを さげることが ある。 しねんのずつき 80 90 15 物理 単体 しねんの ちからを ひたいに あつめて こうげきする。 あいてを ひるませる ことがある。 じんつうりき 80 100 30 特殊 単体 みえない ふしぎな ちからを おくって こうげきする。 あいてを ひるませる ことがある。 みらいよち 80 90 15 特殊 単体 わざを つかった 2ターン あとに あいてに ねんりきの かたまりを おくって こうげきする。 サイコカッター 70 100 20 物理 単体 じったいか させた こころの やいばで あいてを きりさく。 きゅうしょに あたる かくりつが たかい。 ミストボール 70 100 5 特殊 単体 きりじょうの うもうで つつみこみ こうげきする。 あいての とくこうを さげることが ある。 ラスターパージ 70 100 5 特殊 単体 まばゆい ひかりを かいほうして こうげきする。 あいての とくぼうを さげることが ある。 サイケこうせん 65 100 20 特殊 単体 ふしぎな こうせんを あいてに はっしゃして こうげきする。 あいてを こんらん させることが ある。 ねんりき 50 100 25 特殊 単体 よわい ねんりきを あいてに おくって こうげきする。 あいてを こんらん させることが ある。 サイコウェーブ 1 80 15 特殊 単体 ふしぎな ねんぱを あいてに はっしゃして こうげきする。 つかう たびに ダメージが かわる。 ミラーコート 1 100 20 特殊 単体 あいてから うけた とくしゅ こうげきの ダメージを 2ばいに して そのあいてに かえす。 いやしのねがい 0 0 10 変化 自分 じぶんは ひんしに なるが ひかえから でてくる ポケモンの じょうたい いじょうと HPを かいふくする。 ガードスワップ 0 0 10 変化 単体 ちょうのうりょくで じぶんと あいての ぼうぎょと とくぼうの のうりょく へんかを いれかえる。 かいふくふうじ 0 100 15 変化 相手2体 5ターンの あいだ わざを つかっての HPの かいふくを できなくする。 こうそくいどう 0 0 30 変化 自分 ちからを ぬいて からだを かるくして こうそくで うごく。 じぶんの すばやさを ぐーんと あげる。 コスモパワー 0 0 20 変化 自分 うちゅう から しんぴの ちからを とりこむ ことで じぶんの ぼうぎょと とくぼうを あげる。 サイコシフト 0 90 10 変化 単体 ちょうのうりょくで あんじを かけて じぶんの うけている じょうたい いじょうを あいてに うつす。 さいみんじゅつ 0 70 ptは60 20 変化 単体 ねむけを さそう あんじを かけて あいてを ねむりの じょうたいに する。 じゅうりょく 0 0 5 変化 全体 5ターンの あいだ じゅうりょくを つよくして ふゆうや そらへ とぶ わざを つかえなく する。 スキルスワップ 0 0 10 変化 単体 ちょうのうりょくで じぶんの と あいての を いれかえる。 スプーンまげ 0 80 15 変化 単体 スプーンを まげて ちゅういを ひき あいての ポケモンの めいちゅうりつを さげる。 テレポート 0 0 20 変化 自分 やせい ポケモンとの せんとうを やめる。 さいごに はいった ポケセンの ある まちにも いける。 トリック 0 100 10 変化 単体 あいての すきを ついて じぶんと あいての もちものを こうかんする。 トリックルーム 0 0 5 変化 全体 まかふしぎな くうかんを つくる。 5ターンの あいだ おそい ポケモンから こうどう できる。 ドわすれ 0 0 20 変化 自分 あたまを からにして いっしゅん なにかを わすれる ことで じぶんの とくぼうを ぐーんと あげる。 なりきり 0 0 10 変化 単体 あいてに なりきって じぶんも あいてと おなじ に へんかする。 ねむる 0 0 10 変化 自分 2ターンの あいだ ねむり つづける。 HPと からだの いじょうを すべて かいふくする。 ハートスワップ 0 0 10 変化 単体 ちょうのうりょくで じぶんと あいてに かかっている のうりょく へんかを いれかえる。 バリアー 0 0 30 変化 自分 がんじょうな かべを つくって じぶんの ぼうぎょを ぐーんと あげる。 パワースワップ 0 0 10 変化 単体 ちょうのうりょくで じぶんと あいての こうげきと とくこうの のうりょく へんかを いれかえる。 パワートリック 0 0 10 変化 自分 ちょうのうりょくで じぶんの こうげきと ぼうぎょの ちからを こうかんする。 ひかりのかべ 0 0 30 変化 全体 5ターンの あいだ ふしぎな かべで あいてから うける とくしゅ こうげきの ダメージを よわめる。 ふういん 0 0 10 変化 自分 あいてが じぶんと おなじ わざを おぼえていたら あいてだけ そのわざを つかえなく する。 マジックコート 0 0 15 変化 単体 じょうたい いじょうや のうりょくを さげる わざ やどりぎのたね などを だされたとき あいてに はねかえす。 みかづきのまい 0 0 10 変化 自分 じぶんは ひんしに なるが ひかえから でてくる ポケモンの すべての じょうたいを ぜんかいふく する。 ミラクルアイ 0 0 40 変化 単体 に こうかがない わざや かいひりつの たかい あいてに こうげきが あたるように なる。 めいそう 0 0 20 変化 自分 しずかに せいしんを とういつし こころを しずめる ことで じぶんの とくこうと とくぼうを あげる。 ヨガのポーズ 0 0 40 変化 自分 ねむった ちからを からだの おくから ひきだして じぶんの こうげきを あげる。 リフレクター 0 0 20 変化 全体 5ターンの あいだ ふしぎな かべで あいてから うける ぶつり こうげきの ダメージを よわめる。

次の