瀬戸大橋温泉。 【クーポンあり】瀬戸大橋四国健康村

【公式】岡山・倉敷の日帰り温泉・宴会・団体ご宿泊|瀬戸大橋温泉「やま幸」

瀬戸大橋温泉

気軽に泊まれる!! 24時間営業の健康ランド!! 国道430号線沿いにある24時間営業の健康ランド「瀬戸大橋スパリゾート」。 隣りに「ホテル瀬戸大橋」があり、こちらに宿泊の方は無料で使用することができます。 天然温泉はありませんが、バラエティ豊富な浴槽が楽しめます。 オススメは漢方薬湯。 何度か入っているとヒリヒリと熱くなってくる部分もある本格的なものです。 下手な温泉よりコッチの方がよっぽど効きますね。 その他、子供が遊べる温水プールやミスト岩盤浴というのも無料で楽しめちゃいます。 浴後のお楽しみもいっぱいあります。 リクライニングシートで漫画や雑誌が読み放題。 ゲームコーナーや卓球台などもあり、家族でも楽しめるようになっています。 お食事処では美味しいご飯が頂けます。 仮眠室もあるので、低料金で宿泊することも可能。 お風呂は、色々な種類が楽しめます。 お風呂以外にも、テレビコーナーや仮眠室など充実。 漫画が読めたりゲームもできます。 また行きたいです。 あっつい110度のサウナに16度の冷たい水風呂最高です。 ここヤバいす。 瀬戸大橋スパリゾートはそんな良き施設でした。 サウナはもちろん高温で適度に湿度もあり、しっかり汗が出ます。 お風呂は天井が高く広い浴室のせいか、解放的でとても気持ちが良い。 古いけど小綺麗でかなり良かった。 風呂も大きいのが満足。

次の

湯元さぬき瀬戸大橋温泉 せとうちそう【 2020年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】

瀬戸大橋温泉

RSKバラ園 RSKバラ園は、山陽放送(略称RSK)がラジオ送信所の用地を利用し、地域の人々の憩いの場として昭和49年に開園しました。 バラは中央のRSKラジオ放送アンテナ(高さ105m)を中心にした約3万平方メートルの同心円型花壇に、およそ250品種が植えられています。 バラの多くは四季咲きですが、ここでは春は5月中旬から6月上旬、秋は10月中旬から11月上旬の年2回のシーズンに最も美しいバラが楽しめるよう栽培管理してあります。 また、バラ園の外周には、梅園・サクラ並木・ボタン園・ハナショウブ園・ロックガーデン(山野草展示園)も併設されており、チューリップ・フジ・ツツジ・ハナミズキ・アジサイ・大賀ハスなど四季おりおりの花木も楽しめます。 高松城址公園 備中高松城は、備前の国から備中松山にいたる松山往来沿いの要衝の地にあり天正10 1582 年、羽柴秀吉の備中高松城水攻めの主戦場となった城趾として有名です。 高松城趾公園(たかまつじょうしこうえん)は、JR吉備線「備中高松駅」の北北西800メートル、国道180号から徒歩で約10分の位置にあり、田園のなかにこんもりとした松の緑が映え、古戦場の名残がうかがえます。 公園の中央にある7000平方メートルもの広大な堀には、毎年7月中旬になると蓮「宗治蓮」が約4000平方メートルにわたって咲き乱れ、来園者やアマチュアカメラマンを愉しませています。 資料館内には、水攻めにまつわる案内パンフレットや模型等も展示されています。 最上稲荷 数多くの伝説とロマンを秘め、古代から豊かな文化を花開かせてきた吉備の国。 雄大な造山古墳に代表される古墳群や、桃太郎伝説の舞台としても知られています。 また備中国分寺・国分尼寺など数多くの寺社が点在し、数多くの歴史物語に彩られた吉備平野。 今なお豊かな野山が広がり、その風景は訪れる人々の郷愁を誘います。 その風光明媚な田園にたたずむ、高さ27メートルにも及ぶ巨大な大鳥居が出迎えてくれる最上稲荷。 正式名称は「最上稲荷山妙教寺」。 明治の神仏分離令の際、特別に「神仏習合」の祭祀形態が許された、仏教の流れを汲む貴重な稲荷です。 そのため、お寺でありながら鳥居をそなえ、神宮形式の本殿(霊光殿)があるなど神仏習合時代の形態を数多く残しています。

次の

【公式】岡山・倉敷の日帰り温泉・宴会・団体ご宿泊|瀬戸大橋温泉「やま幸」

瀬戸大橋温泉

RSKバラ園 RSKバラ園は、山陽放送(略称RSK)がラジオ送信所の用地を利用し、地域の人々の憩いの場として昭和49年に開園しました。 バラは中央のRSKラジオ放送アンテナ(高さ105m)を中心にした約3万平方メートルの同心円型花壇に、およそ250品種が植えられています。 バラの多くは四季咲きですが、ここでは春は5月中旬から6月上旬、秋は10月中旬から11月上旬の年2回のシーズンに最も美しいバラが楽しめるよう栽培管理してあります。 また、バラ園の外周には、梅園・サクラ並木・ボタン園・ハナショウブ園・ロックガーデン(山野草展示園)も併設されており、チューリップ・フジ・ツツジ・ハナミズキ・アジサイ・大賀ハスなど四季おりおりの花木も楽しめます。 高松城址公園 備中高松城は、備前の国から備中松山にいたる松山往来沿いの要衝の地にあり天正10 1582 年、羽柴秀吉の備中高松城水攻めの主戦場となった城趾として有名です。 高松城趾公園(たかまつじょうしこうえん)は、JR吉備線「備中高松駅」の北北西800メートル、国道180号から徒歩で約10分の位置にあり、田園のなかにこんもりとした松の緑が映え、古戦場の名残がうかがえます。 公園の中央にある7000平方メートルもの広大な堀には、毎年7月中旬になると蓮「宗治蓮」が約4000平方メートルにわたって咲き乱れ、来園者やアマチュアカメラマンを愉しませています。 資料館内には、水攻めにまつわる案内パンフレットや模型等も展示されています。 最上稲荷 数多くの伝説とロマンを秘め、古代から豊かな文化を花開かせてきた吉備の国。 雄大な造山古墳に代表される古墳群や、桃太郎伝説の舞台としても知られています。 また備中国分寺・国分尼寺など数多くの寺社が点在し、数多くの歴史物語に彩られた吉備平野。 今なお豊かな野山が広がり、その風景は訪れる人々の郷愁を誘います。 その風光明媚な田園にたたずむ、高さ27メートルにも及ぶ巨大な大鳥居が出迎えてくれる最上稲荷。 正式名称は「最上稲荷山妙教寺」。 明治の神仏分離令の際、特別に「神仏習合」の祭祀形態が許された、仏教の流れを汲む貴重な稲荷です。 そのため、お寺でありながら鳥居をそなえ、神宮形式の本殿(霊光殿)があるなど神仏習合時代の形態を数多く残しています。

次の