ナポレオン ゲーム。 ナポレオン(トランプ)とは (ナポレオンとは) [単語記事]

ナポレオン(GBA)とは (ナポレオンとは) [単語記事]

ナポレオン ゲーム

宣言をした人の中で絵札の目標取得枚数が多い人がナポレオンとなり、切り札にしたいマークを宣言する。 ナポレオンは副官となる人のカードを指定し、そのカードを持っていた人がナポレオン軍の副官となり、それ以外の人たちが連合軍になる。 ナポレオンは山札から2枚のカードを取り、手札から不要なカードを2枚捨てる。 ナポレオンは手札からカードを1枚出して、その回の台札とする。 他のプレイヤーも順番に1枚ずつ手札からカードを出していく。 台札と同じマークのカードがあれば必ずそのカードを出す。 台札と同じマークのカードがなければ他のマークのカードを出す。 出したカードの中で一番強いカードを出した人がその回の勝ちになり、出したカードを全て取得できる。 (このとき絵札とそれ以外のカードを分けておくと良い。 勝った人が次の回で最初にカードを出す。 このようにしてゲームを続けていき、手札がすべてなくなったらゲーム終了。 それぞれの軍が取得した絵札の枚数を数えていき、ナポレオン軍が目標取得枚数以上取れたらナポレオン軍の勝ち。 取れなかったら、連合軍の勝ち。 ポイント• 強い手札を持っている人を副官にして方が良い。 誰が副官になったかはわからないようにする。 禁止事項• 他のプレイヤーの手札は見ない。 台札と同じマークがあれば必ず同じマークを出すこと。 ローカルルール・追加ルール• ジョーカーを追加するルール。 ジョーカーを一番強いカードとする。 なお、ジョーカーは切り札と同じマークのカードで、台札として出された場合は他のプレイヤーは切り札を出さなければならない。 出したカードが全て同じマークだった場合、「2」を出した人がいたらその下位の勝者となる。 これを「セイムツー」という。 スペードのAとハートのQが同じ回に出された場合はハートのQが勝つというルール。 ただし、スペードのAが出ていない回はハートのQは通常通りの強さになる。 このルールは「よろめき」(スペキュレーションキラー)という。

次の

ナポレオンの人気戦術級ゲームであるバタイユゲームの情報発信|トップページ

ナポレオン ゲーム

ナポレオン(GBA)とは、にから発売された用のである。 開発は元気が担当した。 が呼称するは。 概要 のチとして発売されたの一つ。 は18世紀のをにの活躍を描いた物であるのだが、 1つ注意されたいのが 「を題材とした」であり、史実を忠実になぞるものではない。 そのため硬な戦略モノと思って手を出し、の展開に拒否反応が出る者も少なからず存在する。 これが後述する作品の評価を貶める原因の一つになっている。 ゲームシステム というはでは染みが薄く、覚えることが多く敷居が高いと思われているが、本作では資・資のやりくり、技術開発、施設の建設などといった複雑で敬遠されがちなを除き(もしくは簡略化して)、ほぼのみを抽出したものとなっている。 も全体的に低めなため、のとしてもおすできる。 はを操作して兵やに命を出す。 は要するにを持ったであり、のが0になればになる。 が行えるのはへの命の他、連打でを回復したり、SPを消費して兵に気合い入れて攻撃を上げたり、周りの兵を自分の場所にさせたりできるが、自身はを持たない。 他のと違い、兵をーピングして一まりにすることはできない。 その代わりというが存在し、は兵と形に組むことで最大4部隊までの兵を引き連れることができる。 はと共にに関わる6人の固有で、にも個性がある。 開始時に出撃人数の範囲内で出撃でき、時のを「ほうび」として分配してやることで成長する。 には以外にも「」があり、ほうびはその時のの働きぶりに応じて適切かそれ以上に分配してやることで上昇し、不当に低いと下降する。 補正や倒れて撤退した際の再登場にかかる時間にが出る他、が変化したりの出現条件になっている。 的はに敵本拠地の制圧。 他に敵の殲滅や戦、の護衛、の撃破などがある。 話のと7つのからなる の他に、育てたを使って通信でと戦える 対戦、兵を配置して戦わせる メーション、人り・・持久戦のを競う などがある。 かつてはアダプタにも対応していたがはが終了している。 兵種 基本となる、全で最も安くは低いが拠点を占領することができる。 攻撃はによる中攻撃、にすらならないため原則として占領用。 高い体と機動を持つ。 直接攻撃を行うため前線で負傷しやすい。 や台を速に倒すことが可。 台 高い攻撃で後方から敵を攻撃する、移動は遅いが形に組み込むことで解消できる。 近づかれすぎると攻撃できない、着弾地点の周囲にもを与えられるなどの特徴がある。 を持たないが、同じ形の他のの体を回復させる。 の体も回復するが、自身は回復しない。 兵 を持たないが、地点にをかけてを通行できるようにしたり 台座があれば強な特種である巨台を建設したりできる。 装甲兵 拠点占領と凄まじい体を持つ特殊な。 形に組み込めない。 攻撃がなく、敵と交戦しようともせずひたすら拠点を占領しようとする。 重 の上位版。 を上回る攻撃を持ち周囲の全方向を同時に攻撃できる特長がある。 乱戦に強く、占領に向かってくるなどのをまとめてなぎ払うことができる。 重台 台の上位版。 台を上回る鈍重すぎる移動と壮絶な攻撃を持つ。 形に組み込んで使用すれば移動は気にならない。 後半、ある理由で自軍で使えるようになる怪物の。 ラのみ形組み込み可。 は貧弱だがであるとほぼ同速というもの移動を誇る。 後半、ある理由で自軍で使えるようになる怪物の。 ラのみ形組み込み可。 人知をえた圧倒的な近接攻撃を持つが、移動は重台並み。 近接戦を挑むとですら撲殺される恐れがあるので、対峙する時は台を使うこと。 占領船 戦版の。 拠点を占領できる。 直接攻撃を行うなどはに近い。 にべ値段と生産時間かかるため駄にしないように。 攻撃船 戦版の台。 非常に高い攻撃を持つ。 占領船に密着されるとに殴られて負ける場合があるので占領船と一緒に置いておくこと。 巨台 兵で台座上に作成できる。 着弾後に大を起こす巨大な弾で攻撃する。 味方のものはが重なることで一定範囲の好きな位置に弾を発射できる。 敵のものはの1地点に対して一定間隔で発射されつづける。 指揮官たち と共に数多ので戦う6人の、中盤までに加入する。 それぞれの傾向が異なり、一つづつ固有の特殊を持っている。 ちなみに、以外はとなる人物が存在する。 ッロ・ 「このままじゃ終わんねー!」 熱血、の士官時代からの親友。 攻撃が高くが良い性。 特殊「を入れる」によって、彼に重なっている間SPが通常よりく回復していく。 ・ラ 「ええしまっせー!」 で喋るの人。 足が遅く攻撃も低めだが、体が高く性抜群。 が高いため多くのを引き連れることができる点が最大の強み。 特殊はのが上がる「人望が厚い」と怪物を形に組み込める「使い」。 ・ミュラ 「言葉はいらない、そうだろ?」 自他共に認める一の。 攻守とは低めだが、ものすごく足が速い。 特殊はどこからか軍資を持ってくる「資調達」 、いる章によっても変化する。 シヌディーヌ・オージュロー 「この一撃、・・・」 独り戦う冷静でストイックな。 本人は全がに高いが、形はほぼ組めない。 特殊は「一匹」となっているが、その他にたまに威のを出すを持つ。 ・ジェ 「お役に立てら」 で男と渡り合う。 本人の、共にはそこまで高くない。 特殊「いやしの手」によって、と重なっている間が回復していく。 ルイ=・ダヴー 「進めー!根性見せ!」 の士官時代の教官である オコ教官。 少々遅いが体も攻撃も高い。 特殊「気合いを入れる」で自分の形内のにたまに気合いを入れる。 作品の評価 ではない、な題材と埋もれがちな要素を持っているがチということでりに知名度はあり、で荒唐稽なと丁寧に造りこまれたのギャップも手伝って、高観を期待しすぎた者からはとされ、楽しめた人にはであり、という意味ではであるため、とかく評価が定まりづらいのも本作の特徴である。 投げ売りの常連としても知られ、相当な数が出回ったのか未開封新品がしないことも。 とは言うもののにさえ染むことができればとしては深く楽しめる作品なのでを持たれた方は騙されたと思ってで探してみてはいかがだろうか。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

ナポレオンの遊び方(トランプゲームのルール)

ナポレオン ゲーム

ナポレオン戦記 〜げーむのせつめいしょ(仮)〜 (ファミコン編) ナポレオン戦記 このたびはアイレムのファミリーコンピューター用ゲームカートリッジ「ナポレオン戦記」をお買い上げ頂きまして、誠にありがとうございます。 プレイされる前にこの説明書をお読み頂きますとより楽しく遊ぶことができます。 正しい方法でご愛用ください。 今、その地位をあのフランス軍を君の手にゆだねよう。 さあ、闘いの時は来た。 【マルチコントロールシミュレーションとは】 このゲームは常に動き回っている味方の部隊、、或いは兵士のひとりひとりを画面のカーソルを使って動かし戦局を自分に有利な様に進めて行くゲームです。 部隊や兵士は全てあなたの命令によって動くのです。 戦場の状況を隅々まで頭に入れたり、部隊全体をムダ無く動かしたりと、様々なテクニックを駆使して戦いに臨んでください。 必ず勝利の女神はほほえむでしょう。 ここで勝つことができればもとのシナリオに戻ることができますが敗れた場合はゲームオーバーとなります。 【各シナリオの勝利条件】 それぞれのシナリオは、敵本拠地の部隊を倒すことにより勝つことができます。 敵部隊は、その部隊の司令官を倒すことにより撃破する事ができます。 スイッチを入れるとフランス国旗があらわれ、その後にタイトル画面が表示されます。 始めにゲームをする時は、セレクトボタンでSTARTを選び、スタートボタンを押すと次の画面へと進みます。 前にプレイした続きから始めたい時はセレクトボタンでCONTINUEを選びスタートボタンを押すとパスナンバー入力画面へと進みます。 数字が決まったら十字ボタンの左右でカーソルを動かし次の数字を入力します。 4文字の入力が終ったらパスナンバーを確認してスタートボタンを押してください。 パスナンバーは各シナリオをクリアした時画面に表示されます。 敵の強さや補給部隊のこと等、良く考えながら設定しましょう。 用意ができたらスタートボタンを押してください。 18世紀の戦場へと招待しましょう。 【コントローラの操作方法】 ゲームの性質上、操作方法を2通り用意しました。 自分に合った方法を選ぶことができます。 前進 後退 右移動 左移動 停止 《操作方法 1(いち)》 十字ボタン カーソルの移動に使用します。 Aボタン このボタンを押すごとにカーソルの表示が 、 、 、 、 の順に変化します。 Bボタン+十字ボタン カーソルを通常の倍のスピードで動かすことができます。 スタートボタン ゲームのスタートに使用します。 又、戦略、戦術マップ時にはポーズボタンとして使用します。 セレクトボタン 戦略マップ時に敵や味方の部隊の兵力を見るのに使用します。 又、戦術マップではカーソルを通常の4倍の大きさにする事ができ、一度に数名の兵士を操作することが可能です。 Aボタン カーソルの動きが止まり、表示が になります。 Aボタン+十字ボタン 十字ボタンを押した方向へカーソルの矢印を向けることがあります。 これから進んでいくシナリオの場所です。 今まで勝ち抜いたシナリオの場所です。 今回のシナリオの舞台となる場所です。 青 味方の部隊の数です。 白 補給部隊の数です。 その他の色 敵の部隊の数です。 補給部隊や補給カードをうまく利用しながら、味方の部隊を進めていきましょう。 (戦略マップでの兵士は一部隊にあたります。 又、味方の本拠地は死守しなくてはなりません。 シナリオ(エジプト遠征)マップ 【地形について】 マップは様々な地形で構成されています。 障害物に岩や石が多い場所です。 川の中では戦術マップの戦闘へ移る事はできません。 比較的少ないですがここでも脱落者が出ます。 ここでも対戦は行なわれるので、まわりの敵部隊には気をつけてください。 【補給について】 先に書いた街の他にも、次の場合に補給する事ができます。 戦略マップ上で補給部隊の持つ意味はかなり重要といえます。 始めに彼らの位置の確認をしておきましょう。 補給カードは以下の4種類があります。 画面に表示されている敵、味方、各部隊の兵力を踏まえながら、通常の戦闘にするか自動戦闘かを選んでください。 自動戦闘では、敵、味方、それぞれの兵力をコンピュータ内部で考え、戦闘結果を出します。 味方の部隊人数が多く、兵力の差がある場合は有効な手段とも言えるでしょう。 敵の部隊編成や自分の作戦に合った戦闘隊形を12種類のバリエーションの中から選び、戦いに臨みましょう。 ここでは各兵の特長を生かし作戦に合った隊形で、兵を無駄なく動かす事が勝利への鍵となるでしょう。 【天候について】 戦術マップでは雨が降ると大砲が使えません。 シナリオの始めには天候も確認することが大切です。 【地形について】 戦術マップでの木や岩、壁などは障害物です。 全て壊す事はできますがそれぞれ耐久力が違うので通過できる速度が変ってきます。 障害物が多い地形では工兵を上手に利用しましょう。 【敵兵士を倒すには】 各兵士は敵に接する事により、その敵にダメージをあたえる事ができますが、その時は味方もダメージを受ける事になります。 敵を囲むことができれば少しのダメージで強い敵も倒すことができます。 ただし鉄砲兵や砲兵は離れた場所からも攻撃することができます。 【退却について】 戦術画面で味方の部隊が不利な状況と思われる場合、退却することができます。 退却する時は味方の司令官を画面の一番下まで動かしてください。 画面の外へ出る動作が行なわれた時点で退却となります。 退却中は敵の追撃を 受ける事があるので気をつけてください。 そのころオーストリアは、フランスの同盟国バイエルンへ侵入した。 口実を得たナポレオンは得意の陸戦をいどむ。 イギリスを孤立させる為にはスペインは必要だ。 ヨーロッパ全土を制圧し、ロシアへの道をひらけ。 ナポレオンは大陸封鎖令を守らないことを理由に、ロシアに攻め入ることを決めた。 ナポレオンは最後の戦いをいどむ。 しかし近衛兵の救出によりパリへ戻り、兵をあげた。 この戦いにもし勝つことができたなら、ナポレオンはその力を回復するだろう。 1.歩兵 ひとりひとりの力は決して強くはないが、多勢で敵を取り囲めば、司令官さえも倒す事ができる。 2.鉄砲兵 岩陰などに身を潜め、遠くにいる敵を狙い撃ちすることができる。 その攻撃力は敵に大きな損害を与えるであろう。 3.砲兵 この時代最大の破壊力を持つ大砲を巧みに操る兵士である。 その働きは常に戦局を左右する。 4.工兵 進行方向にある岩や壁などを取除き、味方の兵士達を陣地へと導く。 5.騎兵 そのずば抜けた移動能力でいち早く敵の陣地へ進入し、その部隊の陣形を切り崩す。 速い移動速度を生かした作戦をたてましょう。 6.下士官 歩兵より優れた力を持っており、接近戦に強い。 いかなる作戦でも、その期待を裏切らない熟練兵である。 7.士官 体力、攻撃力ともに優れ、司令官の考えた作戦を実行する上で常に中心となる。 8.司令官 部隊を指揮し、常に味方を勝利に導く為、様々な作戦を立てる。 退却も作戦のひとつである。 彼を失うことは、即ち部隊を失うこととなります。 今からおよそ190年ほど前、フランス国王や貴族達の自分本位の政治に民衆の不満が爆発してついにフランス革命が起きました。 フランスをとりまくヨーロッパ諸国の国王達は革命の飛火を恐れ同盟を結び、生まれたばかりのフランス共和国を叩く為に乗り出しました。 一方フランスでは、軍人としての才能が認められたナポレオン=ボナパルトが、イタリアを占領しているオーストリア軍攻撃の司令官に任命され、そのすぐれた能力を発揮、みごとな戦術で強豪オーストリア軍を撃退しました。 波に乗ったナポレオン率いるフランス軍はエジプト、アウステルリッツと次々に勝ち進みます。 彼は政治にも顔を出すようになります。 その武力によりフランス議会を解散させ、自ら大統領へと着任、その後もその独自の政策を打ち出し独裁体制をかため、ついにはフランス皇帝となりました。 ヨーロッパを着々とその手中にし、なおもナポレオンはその手を広げようとします。 しかしスペイン、ロシア、ライプチヒとあいついで負けた彼は皇帝の座を降り、フランスは再び王朝が復活します。 そしてナポレオンはエルバ島へ。 しかし国民の不満がまたもやつのり、彼は近衛兵達の手でフランスへと戻ります。 それを知ったヨーロッパ諸国は再び連合軍を結成し、フランス軍は奇しくも敗れてしまいました。 エルバ島から戻りわずか三ヶ月。 これをナポレオン百日天下といいます。 そして彼は南大西洋の孤島セント・ヘレナへ流されました。 それから約6年の後、偉大なる皇帝ナポレオンは52才でその生涯の幕を閉じました。

次の