ドラクエ11 育成。 ドラクエ11

【完成版】ドラクエ11S|全キャラのおすすめスキル育成ルートのまとめ!

ドラクエ11 育成

ドラクエ11職業とは? 画像引用元:ドラクエ11公式サイト ドラクエ11の職業は最初から各キャラで決まっています。 固有職業一覧はこんな感じ。 主人公…勇者• カミュ…盗賊• ベロニカ…魔法使い• セーニャ…僧侶• シルビア…旅芸人• マルティナ…武闘家• ロウ…武闘家、賢者 トルネコに似ているロウが2つも職業がありますね。 あーダーマ神殿で転職したかった…。 主人公の勇者が一番強そうです。 ストーリー攻略ではギガデインなどの雷魔法が攻略を助けてくれそうです。 また、ロウだけ武闘家と賢者2種類の職業を持っているので杖とツメを両方装備できるみたいです。 強さ関係なく、好きなキャラを育成していくのがおすすめです。 最近、ドラクエ11のグッズの人気が凄いらしいです。 ドラクエ11スキルパネルシステムとは? ドラクエ11スキルパネルシステムは、主人公や仲間たちの固有職業にに応じた獲得したいスキルがパネル状に並んでいます。 経験値を取得してレベルアップするとスキルポイントを獲得できます。 スキルポイントはなかなか貯まりませんので 「スキルの種を使ったり、効率の良いレベル上げ方法」で貯めましょう。 ドラクエ11効率の良いレベル上げ方法はこちら。 このスキルポイントをスキルパネルに割り振ることで特技や呪文、パッシブスキル 能力ステータス常時上昇 を習得できるシステムです。 ドラクエ11パッシブスキルとは、常にステータスがアップしている数値です。 レベルアップでステータスが上がるのとだいたい同じシステムです。 スキルパネルシステムは全てのキャラクターパネルの中央からスタートし、順にスキルポイントを割り振ってパネルを開放することで隣接したスキルパネルが習得可能となっていくシステムです。 一番似ているスキルシステムではFF10なんかと似ていますね。 PS4のロトエディションを買ってみたら凄いのが家に届いたのでご覧ください。 ドラクエ11スキルパネル色種類 スキルパネルには色があります。 この色によってどんな特技を習得か分かります。 スキルパネルの色の種類はこんな感じ。 橙色パネル…攻撃系特技• 青色パネル…強化系特技• 紫色パネル…状態異常系特技• 緑パネル…回復、補助系特技• 武器の赤色パネル…装備武器の攻撃力アップ• 力こぶの青色パネル…パッシブスキル、ちからアップ• 鎧の青色パネル…パッシブスキル、みのまもりアップ• 手の青色パネル…パッシブスキル、きようさアップ• 足の青色パネル…パッシブスキル、すばやさアップ• 黄色パネル…特殊、ゾーン系など• 茶色パネル…未習得のスキル• 黒色パネル…まだ覚えられない、解放条件を満たしていない• ?ひみつパネル…隣り合う4つのスキルを開放すると覚えられる スキルの種でスキルポイントを入手出来ますが、一度しか使えないのでどのキャラに使用すればいいのか迷いますね。 やはり自分の好きなキャラへスキルの種を使うのが育成のおすすめです。 ひみつパネルは最強の技を覚えられます。 隣接するスキルパネルを習得していくとヒビが入っていき4つ習得すると解放されます。 気になるドラクエ11の購入特典と最安値はこちらの記事をご覧ください。 ドラクエ11攻略本の特典がヤバい?.

次の

【ドラクエ11】最強パーティーに必須!育成すべき仲間と対策まとめ

ドラクエ11 育成

攻略のポイント• 不思議な鍛冶• 期間限定要素• ストーリー攻略チャート• 魔王誕生まで• ゲーム開始~ベロニカ&セーニャ加入• 虹色の枝を求めて• 6個のオーブ集め• 命の大樹のもとへ• 魔王誕生後• キャラクターエピソード(Switch版追加要素)• 魔王誕生~グレイグ加入• 仲間集め• 闇を打ち払う力(勇者のつるぎ)入手• 魔王との決戦• 過ぎ去りし時を求めて• 運命の分岐点~ケトス覚醒• 邪神復活後• ネルセンの迷宮(試練の進み方)• 邪神撃破後• その他• クエスト• ヨッチ族(Switch&3DS版限定)• Switch&3DS版の要素• Switch版限定の要素• 3DS版限定の要素•

次の

ドラクエ11S オススメパーティキャラ

ドラクエ11 育成

スキルパネルとは レベルアップ時、決まったスキルポイントがキャラごとに得られます。 溜まったスキルポイントを消費してスキルを習得する事ができるのがスキルパネル。 キャラ育成でプレイヤーの自由度があるのはスキルパネルのみ。 ドラクエ11におけるキャラ育成のほぼ全てといえます。 中央のスタート地点から1マス隣のスキルが開放可能。 消費するスキルポイントはスキルごとに差があります。 なかには「?」となっている「ひみつパネル」というものがあり、周囲のスキル4つを習得しないと解禁されません。 キャラごとに武器種2~3系統と職業や特性にのっとった系統がいくつか。 まずは同じ方向へ進め、より上位のスキル取得を目指すことをおすすめします。 解放されてないスキルパネルがあるんだけど? 後半、 ストーリー進行によって各キャラのボードが拡大し新たなパネルが出現します。 カミュのスキルパネルはLv33あたりで拡大部分が暗く表示だけはされました。 解放は出来ません。 それぞれの拡張については各キャラのページにて。 ネタバレに抵触するので折りたたまれている文章を任意で開いて見ていただく形にしています。 スキルリセットについて 教会、女神像といったセーブポイントにコマンドが追加され、スキルを忘れてポイントを取り戻すことが出来ます。 取り戻したポイントは再度振り直しが出来ます。 ストーリー後半で可能です。 スキル系統ごとにまとめてリセットのみ可能。 例えば主人公の「片手剣」スキル系統をまとめてリセットするという具合。 ゴールドが必要で、スキルポイント1あたり20ゴールド。 100ポイント使って覚えていれば2000ゴールドということに。 何度でも可能です。 セーブして試してはロードしなおせばゴールドの節約に。 11Sでは序盤のベロニカ、セーニャ加入時点でリセット機能が開放となります。 7人が揃い6つのオーブを集めて命の大樹へ行った後、一度仲間が散り散りになったとき、主人公のスキルパネルに変化が生じると同時にスキルリセットが追加。 スキルパネルの「アタリ」 キャラのスキルパネルごとに1箇所、くじ引きで言う「アタリ」のパネルがあります。 キャラごとのアタリパネルは決まっており、以下の通り。 ひみつパネルの「ベホマ」解放に必須なので無駄がない。 「ぶんしん」取得のためにもここをまず目指すと早期にスキル習得が進められる。 かなり後回しでよいパネルばかりなので、アタリが出ても今更感が漂う。 キャラ別オススメ習得例 マークは「ひみつパネル」 主人公 オススメ武器 片手剣 オススメスキル 二刀の心得、つるぎのまい、ゾーン必中 武器種は 片手剣がオススメ。 盾装備による防御、二刀による攻撃と切り替えられる。 「ゆうしゃ」系統ではゾーン突入率+5%をはじめ、ゾーン必中は必ずゾーンに入る強力スキル。 中盤以降、強力な「れんけい」が増えてくると多用したいが起点となるメンバーに勇者(主人公)が含まれている技がほとんど。 ゾーン必中で「れんけい」の使用機会を一気に増やしたいですね。 片手剣 メタル斬り|メタルスライム相手にミスやダメージ0がなくなり1ダメージ保障。 経験値稼ぎに便利。 ソードガード|単独での戦闘が何度かあるので、物理主体の敵相手に有効。 二刀の心得|両手に武器を装備できる。 2本めの武器の威力は低めに。 ボス戦など、回復が追いつかない場合は盾装備をオススメします。 詳細は後述のカミュの説明で。 剣神 つるぎのまい|グループにランダムで4回攻撃。 ボス単体なら4回攻撃の高火力スキルとなり、万能。 片手剣でも両手剣でも使用可能。 ゆうしゃ ゾーン必中|(ひみつパネル)必ずゾーンに入れる。 「ゆうしゃ」スキルが一時的に消えたことでポイントが戻っています。 ボス向けの火力スキルとしては「つるぎのまい」がオススメ。 れんけい重視なら「ゆうしゃ」スキル復活後にゾーン必中。 役割によって攻撃呪文のギガデイン、攻撃特技のアルテマソード、全体回復のベホマズンと迷いどころ。 れんけいの観点からは味方全体がほぼ無敵になる聖竜の守りを使えるようになるベホマズンか、大火力のミナデインを使えるようになるギガデインがオススメ。 どちらも勇者以外の3人誰でも可の4人れんけいなのでメンバーを選びません。 それでも決められない時 > ベホマズンで!一番使いました。 カミュ オススメ武器 短剣(ボス)、ブーメラン(ザコ) オススメスキル ヴァイパーファング、タナトスハント、ぬすむ、ぶんしん、二刀の心得 スキルで火力を上げられるキャラ。 二刀流に関しては唯一「二刀の極意」を習得するため他のキャラより頭一つ出ます。 加えて、分身3体で特技の効果もダメージも3倍になる「ぶんしん」が強力。 ベロニカ オススメ武器 両手杖 オススメスキル 魔力の息吹、魔力かくせい 武器は両手杖。 スキルは「まどうしょ」メインに一通り取得をオススメします。 セーニャ オススメ武器 スティック オススメスキル 戦闘終了時MP小回復、女神の守り、キラキラポーン、二刀の心得 回復役としてはスティック一択の勢い。 Lv45でザオリクを一番早く覚える。 今回は攻撃面の運用は考えておらず、「ヤリ」は除外しています。 スティックを一通り習得したら「たてごと」スキルを習得。 ボスに合わせて属性耐性をつけると防御面で心強い。 シルビア オススメ武器 ムチ(ボス)、片手剣(強いムチがない間) オススメスキル ハッスルダンス、ローズタイフーン、極竜打ち バイシオンを最初に使える他、ピオリム、リホイミなど持久戦=ボス戦向きの補助呪文を覚える。 マホトーンにも強い全体回復ハッスルダンスを最優先に取得をオススメします。 続いて雑魚戦向きにローズタイフーン、それなりの攻撃力のムチがあれば極竜打ち。 ロウ オススメ武器 両手杖 オススメスキル 復活の杖、各種ステータスアップ ツメは攻撃力不足になりがち。 趣味としてどうぞ。 呪文を幅広く覚えるのでスキルパネルは特技よりステータス向上メインでも十分に仕事ができます。 かつ、ダメージの10%(後半では追加スキルで合計30%)分のHPを吸収できる常時スキルあり。 (ツメ装備時限定) かいしん率アップで会心の一撃が高確率で出るため、結果的に攻撃力以上の火力となります。 終盤、最強クラス武器ではヤリの攻撃力設定のほうが高めなのでヤリがオススメ。 表ボス直前のラストダンジョンの宝箱で手に入る「きしんの魔槍」がガードされない脅威の特性を持つため、ヤリに切り替えるひとつのタイミング。 お色気を見たい気もしますが…。 まずはツメをオススメします。 8人目 片手剣、両手剣、オノ(片手装備)を扱う。 盾スキルもある。 崩壊後、最初のパーティメンバー。 タイプとしてはナイトやパラディンのイメージ。 回復、防御系呪文と重装備を扱える。 武器はいずれも利点があり絞りにくい。 防御重視ならオノ or 片手剣+盾、攻撃重視は両手剣。 オノはダメージとともに敵の守備力を下げる技があったり、攻撃力が高めだったり有能。 片手なので二刀の心得で二刀流可能。 後半に手に入るオノ最強クラス武器は追加効果で攻撃力を下げる。 以上から オノがオススメ。 まずは「えいゆう」の中央にあるひみつパネル 「天下無双」の習得を目指したい。 脅威の6回攻撃。 一撃は軽くなるので6倍ダメージというわけにはならないが、通常攻撃の3倍近くにはなりボス戦で活躍。 メタル狩りにも便利。 どの武器でも使える特技なので攻撃力の高い両手剣の相性もいい。 なお「超はやぶさ斬り」は「えいゆう」スキルの分類だが片手剣装備が条件。 両手剣では使えないので取得の際はご注意ください。 その後デルカダール神殿のイベントボスを条件付きで倒せばOK。 条件はシルビアとのれんけい技「大まじん斬り」でトドメを刺すこと。 れんけい技の習得にグレイグは「まじん斬り」が条件。 スポット参戦時に役立った味方全ての攻撃を受け止める「におうだち」は「はくあい」系統にあるので表ボスクリアまではオアズケ。

次の