お 花見 スポット。 葛飾区内の桜の名所となる公園や通りをまとめてみました【お花見スポット】

葛飾区内の桜の名所となる公園や通りをまとめてみました【お花見スポット】

お 花見 スポット

徳島のおすすめの桜の名所 徳島と言えば阿波踊りや鳴門の渦潮などが有名です。 徳島も東西にかなり長く三好市から海陽町まで移動すると約160キロあり高速を利用しても約3時間もかかるほど広いのです。 その中で西の方から紹介していきます。 約400年を過ぎた樹姿は良好で、樹勢も旺盛な桜として有名。 樹高約20m、幹周りは約4. 5mでこの種の桜では県内でも最大規模を誇る。 平坦部より一週間ほど開花が遅い。 花見の時期にはボンボリが灯り、夜桜が楽しめる。 遊水池の周りにはソメイヨシノ・しだれざくら、牡丹桜などが咲き誇る。 桜まつりなども開催される。 桜街道の情報まとめ 場所 住所: 徳島県海部郡美波町志和岐 アクセス 徳島ICから車で約80分 桜の本数 約1000本 例年の見頃 3月下旬~4月上旬 トイレ 潮吹展望台にあり 駐車場 なし まとめ 今回紹介したのはあくまで私の知っているスポットです。 まだいけてないところばかりです。 まだまだ徳島には桜の名所があるようなので、行きしだい追加していきます — 2019年 1月月17日午後9時23分PST カテゴリー• 137• 383• 183• 134• 431• 132• 1 人気記事.

次の

葛飾区内の桜の名所となる公園や通りをまとめてみました【お花見スポット】

お 花見 スポット

1.糸島の花見スポット 加布里公園 前原駅前を抜けて、国道202号線を唐津方面に進むと、5分程度で加布里公園に到着です。 加布里公園への入り口は、202号線の道沿いにあって、国道からも桜がよく観ることが出来ます。 小高い山の途中に駐車場もあります。 登って最初の駐車場。 花見の会場でもあるので、人がいっぱいで駐められない場合があるかもしれません。 次の駐車場。 ここでも宴会中ですね。 一番上の駐車場。 広いのでけっこう駐められそうですね。 ただ注意点として、ここに来るまでの道は車1台分しか通れませんので、対応車が来たら対応がかなり難しいと思います。 お互いに譲り合って事故がないように、ご注意下さい。 小山の一番上には小さな展望台もあります。 北側を望むと、目の前に可也山が。 手前は加布里の漁港です。 うららかな春の陽ですね。 2.糸島の花見スポット メジャーな笹山公園 糸島の花見スポットとして、メジャーな笹山公園 糸島市の中心部、JR筑肥線前原駅から徒歩でも行ける絶好のお花見スポットです。 車が入れるところまでで写真は終了です。 この上にお花見の場所があって、糸島市内を一望することが出来ます。 2014年は、駐車場の関係もあって、公園の外から桜の写真を撮っただけでした。 2015年は、きちんと公園中の様子も撮ってきますね、 3.糸島の穴場の花見スポット 池田川河畔 最後は、穴場の花見スポット 池田川河畔です。 個人的に、イチオシの花見のスポットです。 JR筑肥線、周船寺駅と波多江駅との中間あたりに流れる池田川(瑞梅寺川)の両岸にズラリと並んだ桜並木があるんです。 波多江駅からのほうが近いので、波多江駅から歩いてきてもいいでしょう。 また、車の方は駅周辺のパーキングで駐めて歩いてきてもいいでしょう。 両岸のどてにシートを敷いて、お花見をお楽しみ下さい。 川面に流れる桜の花びらを眺めながら、うららかな春の日差しを浴びるのもいいですね。 202号線バイパスから、北側を見たところ。 桜並木がキレイです。 国道202号線と202号線バイパスとの間の区間に桜並木があります。 駐車場は無いので、JR筑肥線で来てもいいかもです。 糸島の桜をお楽しみくださいね。 お花見情報 こちらもご覧ください。

次の

川越のお勧めお花見スポットはココ!小江戸の桜景色5選

お 花見 スポット

島崎藤村記念碑とゆかりの茶室「不染亭」 また、中院は島崎藤村ゆかりの寺でもあります。 藤村の二番目の妻・加藤静子は川越の出身であり、加藤家の菩提寺がここ中院だったのです。 藤村は、静子の母・加藤みきとも大変仲が良く、みきが茶道の師匠であったことから、藤村が彼女に贈った茶室「不染亭」が境内にはあります。 境内におよそ100本あるソメイヨシノの満開時は、空が桜色に埋め尽くされ気持ちが高揚してきます。 枝垂れ桜は3月中旬~下旬頃、ソメイヨシノは3月下旬~4月上旬に見ごろを迎えます。 五百羅漢。 人の姿をした石には魂が宿っているよう。 桜の他にも、名物・五百羅漢や、江戸城から移築されてきた「家光誕生の間」、「春日局化粧の間」などは、一見の価値あり(要拝観料大人400円、小中学生200円)。 見どころ豊富な喜多院はゆっくり時間をとって訪れていただきたい場所です。 春には、この新河岸川に沿っておよそ500mほどに植えられた桜並木が花を咲かせます。 川面に映る桜の花々、桜散る時期の花吹雪、いずれも記憶に残る光景になるはず。 こちらの桜並木は、川越の老舗和菓子店「亀屋栄泉」の当主が、昭和32年に戦没者を慰霊するために寄贈した約300本の桜の苗を植えたことに始まります。 これらの桜は 「誉桜(ほまれざくら)」と命名され、今では立派に成長して毎年花を咲かせています。 新河岸川桜まつりの時に出される和舟。 桜のトンネルをくぐり抜けます。 例年3月下旬から5月のゴールデンウイークの頃にかけて行われるの開催イベントのひとつとして、新河岸川では4月上旬の週末に「新河岸川桜まつり」が行われています。 「新河岸川桜まつり」では、模擬店などの出店やイベントの開催のほか、桜を眺めながら舟遊びを楽しむことも! 和舟で、時に花びらが散る桜のトンネルの中をのんびりくぐり抜ける。 なんとも優雅で趣のある花見ではありませんか。 駐車場はありませんが、川越氷川神社の駐車場などの利用が便利です。 イーグルバスの「小江戸巡回バス」に乗り「氷川神社前」下車すぐ。 地図: 【伊佐沼桜並木】桜祭り中は規制で歩道に。 宴会もできる花見スポット 伊佐沼は川越でも自然の豊かさを感じられる場所。 空が広々していて気持ちいい! 魚釣りを楽しむ人も多く、川越市民の憩いの場となっています。 春には車道に並ぶおよそ230本の桜並木が美しく、車で通りすぎるだけでも気持ちいいのですが、毎年4月初旬の土曜日に行われる「桜の道広場」という桜まつり期間中は、一部規制が行われ歩道になります。 伊佐沼脇の車道の桜並木。 また、近くの伊佐沼公園では、レジャーシートを広げて宴会を楽しむ人々で賑わいます。 伊佐沼公園にはフィールドアスレチック「伊佐沼冒険の森」があり、子供たちにも好評です。 家族でのお花見には最適な場所ではないでしょうか。 この時期の川越では、市内各所において様々なイベントが行われます。

次の